♪himuro♪の映画日記

ギャル文字/ゎ等の小文字/【は】→【わ】/半角カナ/ぢゃ等の文字表記はご遠慮下さい( ・(x)・)b

続・エヴァンゲリオン展@松屋銀座

松屋銀座で開催中のエヴァンゲリオン展のブログの続きです。

会場付近の撮影可能な場所の画像を追加UPしておきます。

 

写真は相変わらずビミョーでスミマセンが、雰囲気だけでも伝えられれば。

 

また おえかきの森カテゴリを間借りします。

 

前回ブログでは会場のある8Fとチラシ等を中心に紹介しましたので、

今回は別の階にある撮影スポットと会場内の様子を文章でご紹介。

 

 

1Fエヴァ展直通エレベーター【エヴァ機】↓

1Fエレベーターの中で1機だけ綾波さんがラッピングされています。

エレベーターに乗ると、内部はエヴァ展のポスターが貼られていますが、

他のお客様もいらっしゃったので、内部の撮影はしていません。

 

 

 

 

 

1Fエレベーターの近く、階段前の写真撮影コーナー↓

綾波さんのパネルが置いてあります。

 

 

 

 

 

3F婦人服、リタズダイアリー前、アスカさんのフィギュア↓

隣のマネキンが着用している服は、アスカさんの私服コーディネートだそうです。

このトップスは一体…。

 

 

 

 

 

 

5F紳士服、タケオキクチ前、カヲル君のフィギュア↓

こちらも隣のマネキンがカヲル君の私服をコーディネートしていたようですが、

見切ってしまいました。なおアスカさんとカヲル君のコーデは、毎週変わるそうです。

 

 

 

 

 

5F紳士服、ゲンドウさんフィギュア↓(あ、コレはパネルだったかも?)

ハンゲでこのポーズのアバがありますので、それで自分もわかりました。

隣に皮張り?の椅子があるので、一緒に同じポーズをして撮影が出来ると思います。

 

 

 

 

 

松屋内は大体こんな感じですかね。

 

 

チラシ裏面には会場に展示されている原画等の一部が紹介されています↓

 

 

 

 

 

ネットのニュースでも沢山取り上げられていますが、

入場者数は初日から5,000人超とのことで、非常に賑わっています。

何より報道陣の数に驚きました…自分が見た時間帯だけでも

5社くらい入っていて、これまでに無い多さです(通常は見かけても1社程度)。

 

会場の客層は、20〜30代の男女といったところで、

銀座という場所柄のせいか、いかにもな感じの人は見かけなかったです。

 

他のエヴァ展は行った事がないのですが、これまで松屋銀座で開催された

同様の展示と比較すると、原画や絵コンテの数がもの凄く多いです。

 

絵コンテにいたっては、会場デザインが祖父江さんだけあって、

描かれた用紙が額装されずそのまま壁に隙間なく貼ってあったり、

曲面のパネルなどを使ったスペースなどが見受けられました。

 

 

展示されている画のほとんどに色は載せてないものの、

少しずつ表情を変えていく様子や、配置を変えていく製作過程がわかります。

 

展示の後半部分では、BGMでバッハの無伴奏チェロ組曲が流れていました。

バッハってアニメ界では人気なんですかね?

 

 

グッズショップのコーナーは、会場入口脇にあり、チケットが無くても購入可能です。

 

年代的に大人のファン層というコトもあり、みな粛々と品定めしていて、

さらに大人買いしてる人が多かったです。

 

手軽に買えるモノですと、主要キャラの絵が描かれたミント缶¥380など。

コレはお値段的にも購入しやすいので、早々に売り切れそうな予感。

 

変わったモノだと、エヴァをイメージした色合いのスニーカーやサンダルなども。

 

購入はしていませんが、個人的に気に入ったのは、「えゔぁ屋」のグッズで、

浴衣着用の登場人物のクリアファイルは色合いがキレイで良かったですね。

えゔぁ屋は箱根湯本にあるんだそうです。

 

敵の使徒を ゆるキャラにした「ゆるしと」も初めて知りました。

最初見たとき、(え?カオナシ?)と思いましたけど。

 

会期中の土日は「ゆるしと」グリーティングがあって、

着ぐるみがやってくるそうです…握手や写真撮影が出来るとか。

もしかしたら、くまモン並みの人気が出るかも?

 

 

 

8/10より、ショップが大幅に拡大されたそうです↓

http://www.evastore2.jp/news/2013/08/entry_656/

(エヴァンゲリオンストアのNewsより)

 

 

 

ではでは、エヴァ展レポートはこれにて終了いたします。

 

 

少しでもご参考になれば幸いです、ごきげんよう( (x))

 

 

 

この記事の先頭へ▲

お名前メモする