燦然たる黒歴史の溜まり場く(´(Å)`)ツルリ

誤字脱字発見有難いです〜グッドボタンに感謝〜

2017年07月17日の記事

あめにこまいぬ555回目/町編

あめにこまいぬ555回目/町編

終章3◆

三十五節〜虎斑(とらふ)と金輪〜

 

 夕は健脚と拳銃で、蛸への牽制と移動を繰り返す。虎児は得意の脂ぎった火球を宙へ吹きあげては、蛸たちの脳天へ落とす。
 虎児の肩乗り砲台、この作戦はつぼにはまった。蛸たちはここぞという時でないとすばしっこく動かないし、たいして長続きしない。夕は回避に適当な距離を保つ。海棲にも関わらず地を這ってきた連中といえど火炙りは身に堪えた。十、二十とたちまち大火傷にのたうつ蛸たちが出来上がる。
「うしうし順調」
 捨て置けじと前にも増して蛸の軍団が壁を離れてわらわらと向かってきている。ようやっと歩調を乱せるまでになってきた。
「かふっ」
 虎児の吹いた火球は小さくて頂点に達する前にかき消えた。そろそろ弾切れらしい。


「ちょっと。がんばんなさいよ、もう終わりぃ」
 そういう夕も疲れてきた。片方の肩に乗られっぱなしというのもあって、次第に重みが増していくようだった。しかほど激しい動きをしていないのに息が乱れている。これしきでへばるはずもない。彼女に思い当たる節がある。
「もしかしてあんた、いたいけな乙女から精を吸いとっているんじゃないでしょうね」
「ふがっ」
 人間臭く、罰の悪さを表明されて夕はふうと息をつく。
「やっぱりか。このどら息子。勝手に親の財布から抜き取るみたいだわ。寝てるだけの飼い主からとんなさいよね」
「くうん」
 困ると虎児は犬になる。勘弁してくれと泣きを入れた。夕の鼻柱にぴちょんと水滴が落ちる。ぽた、ぽたぽたと勢いがつくと、たちまちざあっと土砂降りになる。真砂が水の術で派手に暴れた反動か、乾きひび割れていた赤い大地の筋目に水が流れていく。
 蛸に水気はよろしくない。蛸たちはにわかに活気づき脚をにゅるうと伸ばす。人が背伸びをするように、草木が生長するように潤う悦びを体中で表現する。銃で狙われているのも忘れてはしゃぐ。
 他方、夕の士気は鎮火気味だ。彼女の常識内だと鉄砲は水気に弱い。火の術も同様。着物が濡れて肌にくっつく。
「あれもあんたの仕業じゃないよね」
「ぐるう」
「余計な真似を。いい線いってたのに。火遊びでやめときなさいよ。まったく、あれもこれもとやりたがってどれも半端でちらかしてる。悪い癖までそっくりね。あいつが定寸二刀流なら、あんたは火と水。親子ねえ」
「ぐるがあ」
 悪戯をとがめられた子供のよう。叱ってくれるな理由がある、一方的にどやしつけられるのに不満気な唸り。

「なにさ文句あるならいいなさいよ。あっ、ちょっと」
 とたたと肩から腕を伝って手首へ降りていく。羽衣の下帯で結界が貼られていても柔肌に爪を立てられると不機嫌にもなる。放り捨ててやろうかと思った時、虎児は懐刀に姿を変えた。

 

 大きな物体がごおろ、ごおろ転がっていく。樽はとても大きいので窮屈ではないが居心地はよくない。獏も序盤は中で歩いていたがすぐにすっ転んでしまい、以後そのまま。居心地の悪いことになっている。妖術の力を受け頑丈な鉄の輪が地面を噛んで進んでいく。
「こんな珍妙なからくり樽に乗り込んでで切り抜けられるんですかねえ」
 同乗したくのいちは四つん這いのはいはいで対応中。秋と蝸牛はいない。別の樽に同乗している。
「私だって不安です、桶で」
「変に細かいですね。棺桶にならないことを祈るまでです」
「縁起が悪いといい張るんですね。でしたら樽でいいです。とろいの樽で」
 転がっている最中も、くのいちと獏はこの乗り物は樽か桶のどちらかで少し揉めた。職人なら一目瞭然だろうが彼女らは此度の件があるまでは興味もなかった。曖昧な知識をぶつけ合うので決着はつかない。
「とろとろ、牛歩ですね。走ったほうが早いです。おかめさん、後々詳しい方にまた尋ねるということで棚上げにしましょう。怒るなんて不毛です」
「違うんです。外洋から入ってきた童向けの物語に左様なものがあるんです。箪笥や長持ちに隠れて、油断したところで奇襲を」
 くのいちの新しい面が怖い。角と牙がにゅっと突き出している。般若のようだったが、彼女は生成(なまなり)です、まだまだ怒りは本番じゃないですよ、といった。獏にとって充分ご立腹に思える。細かい違いがわからないので曖昧に頷いておく。
「あんまり怖がらないで。面の裏側は可愛いんですよ。板目を灯りに照らしてみましたがなんの木だかわかりますか」
「そうですか。私は疎いので」
 どう答えればいいのやら。


「別の話題にしましょう」
「次郎さん邪魔」
「寝てますけど」
 くのいちにぞんざいな仕打ちを受ける次郎は哀れ布団でぐるぐる巻きにされたままで樽の奥側にうっちゃられていた。前以て、頭の補強なり眠り薬で措置をしておいた。緩衝材のお陰で痛みは薄いが揺れはいかんともしがたい。無体な扱いをされても起きず転がされている。
「現状、病み上がりで下手に起きられて騒がれるとかえって迷惑ですからね。変にやる気をだしてもらう場面でもないので」
「なのりさんって、次郎様がお好きなのですね」
「どう転がるとそうなりますかっ。いいえ誤解です。訂正しておきます。お客様、金づるですから。私の理想の伴侶から最も遠いですよ。秋さんもいないので転がりながら恋話はやめましょう。緊張感が大事です」
「私たちの企みが失敗したら、あられもない姿できっとはしたないめ目に遭うのです、よよよ」
 息を弾ませるくのいち。獏はげんなりしながら答える。
「想像逞しくするのはやめましょうね。男運ないといいましても蛸に好かれても。そんなに堕ちてもないです」
「ああ、帰ったら奈良漬の湯漬けが食べたい。あいたっ」
 くのいちはそう答えてから注意を怠り、面の角部分をぶつけて痛がった。
「飛びましたね、突然。他の桶に引っかかってくれるのを願いたいです。あちらはやや単純ですけど、こちらの桶の不思議な忍術、使い物になりますかね」
「体験者の喜びの声は聞いていないですね。なにせ使う場面が限られているので。私の直感を借りた神仏のお告げだと思います」
「それでよく選びましたね今更ながら。いえやめましょう。喧嘩は沢山です」
 ぽちぱち、急な雨の音が樽を叩く。
「雨の慕情ですね」
「そんないいものですか」

この記事の先頭へ▲

お名前メモする