燦然たる黒歴史の溜まり場く(´(Å)`)ツルリ

誤字脱字発見有難いです〜グッドボタンに感謝〜

旅行/アウトドアの記事

山河を駆け巡る20エピロ〜グ・ご挨拶(高知遍路)

みなさんありがとう(*''ー'')ノ~~☆日記

 2005/09/25 09:03<!--?xml:namespace prefix = o ns = "urn:schemas-microsoft-com:office:office" /-->

ハンゲのみなさんに元気づけられ無事に13日間
の旅を終える事ができました。ありがとう^^
これからもヨロシクっす!d(ゝc_・ )

 

※さすがにけっこうヘロヘロだったような・・w

 

 

 

旅を終えて・・

日記

2005/09/26 19:50

祭りの後のような、なんか寂しい気分です^^;
600枚に及ぶデジカメ写真をBGM付けてスライ
ドショーで見てみました。感慨深いものですねェ

 

※この旅で撮った写真の数・・なんと600枚

友人宅に招かれて、

解説付きでスライドショーを流してたら

30分以上かかりましたね。。

 

今改めて見ても感慨深いです。。

 

 

 

 

 

 

 

この記事の先頭へ▲

山河を駆け巡るR高知大返し(高知編)

友は日が暮れて、そろそろ宿を取ろうかと思っているときに現れた。。

 

Σ( ̄ロ ̄)

 

 

見たことがある原付が(´・ω・`)を抜いて止まった。。。

 

d(´▽`)ヤァ

 

 

なんとまぁ彼は原付で四国一周の帰りだとかw

(´・ω・`)の大冒険が影響を与えたのは間違いないでしょう(したり顔)

なんというネタ的展開。最後の最後で出会うとは。。。。

 

彼の最初の一言が・・・

 

「くさい(´Д`;) 」

 

でした・・・( ゚∀゚)・∵.( ゚∀゚)・∵. ( ゚∀゚)・∵.( ゚∀゚)・∵.

 

そらめさ暑い時に一日中ぶっつづけで走ってきたらアセだらけで臭いだろうよw

めっちゃ素直な物言いをwwwww

 

 

コンビニでささやかな夕食www

 

 

s「途中で水着のおねいさんみたで( ̄u ̄ )」

 

友「まっぢっかぁ〜〜くっつそ〜〜」

 

「どこにいっとったん?」

 

「四国一周して、今日は松山城によって帰ってきたw」

 

「(・0・*)ホ,(゚0゚*)ホ--ッッ!!! 」

 

「で?これからどうするん?」

 

「あ〜〜ちょっと遠いから(8〜50キロ位か?)泊まるのもアリかなと」

 

「○○(他の友人)ならこの距離くらいなら帰ってくるデww(°ε°`)」

 

「!?」

 

「○○なら軽いで〜〜〜( ̄u ̄ )」

 

「!!?」

 

「。・゚・(´∀`*)゚・・。ヴァノヽノヽノヽノヽノヽノヽノヽ」

 

 

「!!!!・・・・・・・なら行ったらぁΣ( ̄皿 ̄)」

 

「おう、がんばってな♪(ニヤ)」

 

友人の挑発伝説が炸裂wwww

負けん気スイッチをはげしくプッシュしたのだったww

水着のおねいさんを見たことを激しく自慢したからなぁ(スケールちぃさw)

自慢気だったので友人に火がついたのだろか;`(;゚;ж;゚; )ドゥフッ

 

別れを告げて、それぞれの乗り物に乗る友人二人w

下り坂でムキになって漕いであわや原付に追いつかんばかりの加速を繰り出したのですがw

友人がさらにスピードを上げて軽くちぎられました。。。;`(;゚;ж;゚; )ドゥフッ

 

 

そして一人ひたすら漕ぎ続けて・・・

ふらふらになりながら見慣れた地域に到達。。

懐かしい徳島市の看板w

 

最後はやはり体力より気力しかない状況でしたww

友人の挑発(激励w)のお陰でww漕ぎ続ける踏ん切りがつきましたw

 

家迄もう少し・・・

 

しかし、ふらついて電信柱に激突したり;`(;゚;ж;゚; )ドゥフッ

それをたこ焼きやのお兄ちゃんに目撃されてたり。。

 

諸に遍路の格好してるのにチャリンコの職務質問を受けたりしましたね

もはや 意識が飛びかけでしたな。。。

 

 

そしてやっと家にたどり着くと、ハンゲにログインして、日付が変わる前に

日記に書き込みをいれたのでした。

 

その後はふらふらでシャワーを浴びて大の字に転がりました・・・

 

こうして最終日は一日で高知から徳島市内の家迄帰ってきたのでした。。。

この記事の先頭へ▲

山河を駆け巡るQ山河を駆け抜ける(高知編)

日記

2005/09/24 19:04

高知から徳島の自宅まで、最短ルートを一日中
チャリを漕ぎ、(ギリギリ)1日で帰ってきました。
その裏には漫画的な、友人との再会が絡んでた
りする・・。寝て起きたら違う世界に居たらどうしよ
う(゜∇゜|

 

準備そっちのけでブログを書き上げてしまおうとしてもはやとまらなく

なっております・・・

変なスイッチを入れてしまったようです・・・。・゜゜・(>_<)・゜゜・。ビエェーン...

 

旅最後の日・・・

 

南国市から徳島の家迄、約150キロの帰路を

一日で帰ってきました。。。

日記の日付がおかしくなっているのか

当時日記をつけたのが23:54だったようなw

日付変わるギリギリですww

 

 

道の初めは思ったよりも急で、

近くのコンビニから見ても

初めの登り口は上に向かって綺麗に道が沿ってましたねww

 

なんぢゃぁこりゃあ(; ・`д・´)!

・・まぁいいか;`(;゚;ж;゚; )ドゥフッ

 

後でそれをしった友人はしきりに謝ってましたがw

彼のアドバイスは正解だったと思いますw

 

 

この日もやはり晴れw

ですが、風がとても強い日でしたw

 

 

 

国道32号線を通り大豊町にたどり着きましたw

そこには美空ひばりが歌がうまくなる事を

祈ったという、大木がw

めっさでかいwwww

 

そして昔、友人達とバレンタインデー

に訪れてチョコレートを貰ったという

ちょっと悲しい地大歩危小歩危にいたりますw

ここ歩くのが危ないって意味で歩危(ボヶ)

っていう意味みたいですww

 

ここには遊覧船乗り場とかがあったり

祖谷蕎麦等が食べれる、観光スポット

と化していますw

そこで綺麗な川を眺めて休憩w

(; ・`д・´)!!!

水着のおねいさん発見!!!!

あ・・・目が悪くてよく見えん。。。。

戻ったら、友人にしこたま自慢してやろう・・・wwww

煩悩とはおさらばしてない男なのであった; ̄▽ ̄)

若いなぁ・・・・・

お色気と全く無縁の生活を送って来たからなぁ。。。。

何十キロも走ってきてそんな元気があるとは

感心しますな(ォィォィ)

 

そんなこんなでネタを獲得した(´・ω・`)は

さらに北上をつづけますww

 

 

途中2000円で泊まれる宿を発見www

やっすww

 

そうやって旅を続けている(´・ω・`)の前に

ある男が現れたのでした。。。

 

 

 

 

 

 

 

この記事の先頭へ▲

山河を駆け巡るP忘れないで夢を(高知編)

自転車男…その後

日記 2005/09/23 17:04

帰るはずがアンパンマンミュージアムで何故か和んでいた自分。(゜o゜)\(-_-)
朝パンを食べたのがいけなかった。アンパンマンの歌と共に急速北上。鍾乳洞探検までして一日過ぎました(゜ω゜;)

 

全ての高知のお寺を巡った(´・ω・`)でしたが・・・・・

北上の先にむかったのは

彼が向かった先はア○パンマンミュージアムでしたw

 

フリーダム!!

 

って言う友人の声が聞こえてきそうですがwww

行動がカオスすぎな(´・ω・`)ですw

 

「行きたくなったから」

太陽のせいくらい曖昧な行動動機です・・・・

 

 

いぁ、こういうのにも興味のアンテナが向いていたのでww

 

結果、めっさ浮いてましたね;`(;゚;ж;゚; )ドゥフッ

家族連れの中に紛れる不審者・・・

そんなオーラぷんぷんでした。。。

白装束を着て、無精ひげが生え気味で日に焼けた肌w

そんな男が好奇心全開で絵を見ている・・・

警備員に止められかねない(・┏▽┓・ ;)アイヤ〜i|||i

 

そして、比較的近くにある、龍河洞という

鍾乳洞に赴きましたwww

 

 

・・・・フリーダムですww

この日も暑かったのですが、

洞内は涼しかったですw

 

昔の人が住んでた跡や

人や動物の形にみえる奇岩w

土器の周りを鍾乳石が包んでしまったもの等

興味深いものが沢山ありましたwww

 

まぁ、前をカプ〜ルがラブラブで歩いていたのには

寂しさを隠せないのでありました;`(;゚;ж;゚; )ドゥフッ

 

 

その後は南国市にとって返しましたw

大日寺等一度廻ったお寺を少し巡りましたねw

 

高知最後の宿は南国に来たときに泊まったのと同じ宿でしたww

「今度はレストランもご利用してくださいね(ニコッ)」

 

受付のおねいさんは前回買い食いした事を覚えていたのでした

バレテ〜ラ(; ・`д・´)www

 

ということでビール券を使って

レストランで食べたのでしたw

 

 

鰹の叩き定食(うどん付きw)

 

 

明日は高知脱出ww

この記事の先頭へ▲

山河を駆け巡るO最後の寺へ・・・(高知編)

高知・関所寺へ

日記

2005/09/22 07:37

難所、神峰寺(こうのみねじ)に行きました。
イイ登りでしたd(´_` )
軽装&カツカレ-Σ(´Д`)が効いたかな。

帰路は、来た道(室戸岬)を通る事に。大歩危小歩危&温泉ルートはまたの機会っす^^;

 

 

ついに神峰寺、最後の寺へと赴きます。

今日も秋晴れですw

 

途中の道の駅で朝ごはんを食べて、東南へと

来た道をさかのぼりますw

 

 

 

麓につく頃はお昼頃。

ふもとのご飯屋で景気づけのカツカレーをほおばりますw

おばちゃんが自転車で登るのは辞めて置いたほうがいいw

とアドバイスをくれたので駐車場に置かせてもらって登りますw

 

旅に出た成果か、最後の難所は思いのほかあっさりと

登る事ができましたw

 

お寺の中には自転車を持って小山に登った事もあったもんなぁ

いろんな事がありました。。。

 

 

 

最後のお寺、思いをかみ締めて登りましたw

 

参拝を終えた後、

寺近くの茶屋で一休みw

アイスクリームをほおばりますw

 

そして視線をやると・・・

 

管さんと目があった;`(;゚;ж;゚; )ドゥフッ

店主と一緒に写っている写真だ。。

旅の終盤で再び写真で再会するとはwww

 

 

 

降りの途中、少し年下くらいの女の子達2人に

出会いましたw

「お寺まで、どのくらいですか?」

 

「もうちょっと、あるかなぁ〜頑張ってくださいね^^」

 

チャリ持参とはつわものだ・・・

 

麓から降りて、店のおばちゃんにお礼を言って

自転車を漕ぎ出しますw

 

 

そして泊まったのはまた同じサイクリングターミナルでしたw

;`(;゚;ж;゚; )ドゥフッ

・・・・安かったんでw

 

ここで、徳島への帰路について

友人と相談をしましたw

海岸沿いに来た道を帰るのか

四国の真ん中の山道を抜けて帰るのか・・

 

友人的にはストレートに山道を抜けた方がいいのでは?

という事でしたw

大きい道だし傾斜も少ないだろうという事でしたw

 

そして今日は昨日とは違うカップめん、そしてごっくん馬路村を

飲んで眠りについたのでしたwww

 

 

 

この記事の先頭へ▲

お名前メモする