2016年07月08日の記事

織姫に係るマメ情報

七夕の織姫に係る情報を提供します。

 

中國の唐時代の話です。

みなさんが知ってる楊貴妃の時代でもあります。

安禄山の反乱時に皇帝玄宗は首都・長安を抜け出し蜀地方へ出奔しました。

その後、反乱が収まり長安に戻ったのですが、荒れ果てた長安では、皇族の妃達ですら生きる為に機織りをして家計を助けました。

ここに七夕の織姫に係る昔話が生まれたようです。

 

そもそも姫が機織りなどすることが異常事態です。

また、当時奈良時代の遣唐留学生として行っていた阿倍仲麻呂が玄宗皇帝と一緒にいました。

この記事の先頭へ▲

お名前メモする