セフィロトの樹

〜舞い落ちる漆黒の羽根達の記憶〜

2010年10月04日の記事

ロダン作・考える人

 今回私が描いたもの、それはかの有名な彫刻家、オーギュスト・ロダン作「考える人」だ。

 

 この「考える人」、見れば見るほどに哀愁を漂わせている。

 これを可憐な美少女に変えたとしても、その美しさに衰えは無いのではないかと感じた。

 

 そして描いた。

 

 この少女もまた、「人」というものについて考えているのであろうか。

 人間は考える葦であり、我思う故に我あるのだと…。

 

 ロダンはやはり天才だ。

 彼はこの時代の為にこの作品を作ったとしか、私には思えない・・・。

 

 ↓Before

 

↓After

 

 

 

この記事の先頭へ▲

お名前メモする