asakabitoのラジオ日記

〜風の吹くまま、気の向くまま〜

グルメ/お酒の記事

越乃景虎・梅酒

新潟県:旧栃尾市(現長岡市)にある諸橋酒造の看板商品『越乃景虎』の梅酒です。関東ではほとんど出回ることがなく、現地でも販売している酒店が限られている貴重品(量販店にはまずありません)。
梅酒好きにはたまらない逸品!

※お酒は20歳になってから

この記事の先頭へ▲

ジャンボあぶらげ

ずいぶん前に1度紹介した栃尾地域名物の『ジャンボあぶらげ』。
写真は『道の駅ルート290とちお』の外で売っている『ねぎ乗せあぶらげ』。
休日は行列ができます。所詮油揚げかと思いきや、これが一品料理になるんだから、また不思議(しかもメインディッシュになれる)。
関東地方だとスーパーのヤオコーで手に入ります。フライパンで焼いて、ザク切りにしたら、ねぎとかつお節、唐辛子を軽く振って、醤油かだし醤油で食べると、これが旨いんだなぁ。

この記事の先頭へ▲

芋ようかん

最近のハマリモノ、『青梅・つつじや』の芋ようかん(315円)。まるでスイートポテトのような味わいで、お茶にもコーヒーにもよく合う。添加物が砂糖・塩・バターだけなのも良い。10月いっぱいの限定品とのこと。
芋ようかんと言えば『浅草・舟和』が有名だけど、「限定品」という言葉に弱い日本人にはオススメ。

この記事の先頭へ▲

アジ祭り

昨日食べた川越市場「花いち」の『アジ祭り』(880円)。
アジの刺身とフライがセットで1000円でお釣りが来る。フライもしっかり揚がっており、美味しかったなぁ。

この記事の先頭へ▲

佐野ラーメン

昨日のコト。
大学に遊びに行った帰り、ふと思いました。

「そうだ!(栃木県の)佐野まで行ってこよう!(笑)」

佐野市と言えば、アウトレットとラーメンの街。東京からの近場に便利な街があるものです。

佐野ラーメン、食べた事ありますか?スープはあっさり醤油味が多いですね。大きな特徴は不揃いの太麺。店によっては麺を打っているのを見る事ができます。太い竹を使って麺を打つんです。
この麺は弾力があり、太麺ゆえ食べ応え抜群。ですが、食べやすいのも良いところ。具はネギ・メンマ・チャーシュー(と店舗によってはナルト)と至ってシンプル。濃いモノ好きには物足りないかもしれないですが、ラーメンの『源』って感じがしました。

世の中、凝ったラーメンも多いですが、シンプルなラーメン(『中華そば』や『支那そば』といった表記が良いかも)も無性に食べたくなる時ってありませんか?

この記事の先頭へ▲

お名前メモする