ELSWORDを中心としたしょーもないブログ

家の子トークを中心としたしょーもない独り言を書き連ねていきます。

2020年06月11日の記事

【ELSWORD】 ネタ帳集回41【二次創作】

新日常回:終編 Ep.19 - 方針






アルカ

「にわかに…信じられねぇな…;」



ニュー

「事実でございますよ、総団長」



彼女はニュー。

私が率いる連合騎士団第三師団団長。


数日前に起きた東国の件で急に席を空けることになったため、シスネとともに代わりを頼んでいたのだ。

それで数日後に騎士団の方に帰ってきて、彼女から報告を聞いたら…。


なんとルカっちが毎日仕事しに来てるという。


「ジョウさんに毎日無理やり連れられたんじゃなくて?;」

「いえ、自らの意思で来ているような感じでした」

「どういう心境の変化だ?;」

「第一師団の皆様もかなり驚いていましたよ」

「そらそうだろうな;」

「シスネ様にも確認してみるといいですよ」

「いや、お前の証言で充分だ;」


ルカの性格や勤務態度をよーく知ってるアルカであるため、ニューの言葉にものすっごい苦笑顔。


「……こちらで寝てらっしゃるのがスピラ様です?」

「ん、会ったことはあるだろ?」

「見かけてはいましたけど、こんな近くで見たことはないですね」



スピラ

「Zzz... Zzz...」



総団長室に設置されている応対用のソファーいっぱいを使って熟睡しているスピラ。


「よく寝てらっしゃいますね」

「東国の件でここ数日徹夜していたみたいだからな…」

「そうですか、徹夜されたのでしたら仕方ないですね」

「…うん、お疲れさん 仕事に戻ってくれ」

「はい」


ガチャッ…バタンッ


「…………

 (まがっちとこに母さんとルフさんが残って…、

  スピラさんはシーとテスさんも巻き込んで、何かを調査してるみたいだし…)」


不在中にシスネとニューがまとめていてくれた報告書に目を通しながらそんなことを考えているアルカ。


「(ペルキサスの攻撃一発で気ィ失ったし…もっと強くならんとな…)」


……………。


「ダメ元で母さんたちに特訓を頼んでみるか…」


そう呟くと席を立ち、部屋を出て行く。





「…ふふっ…♪」











− 続く −



この記事の先頭へ▲

お名前メモする