ELSWORDを中心としたしょーもないブログ

家の子トークを中心としたしょーもない独り言を書き連ねていきます。

その他の記事

自分用PC壁紙



主要キャラ全員集合


左から ミコト、クレア、愚骨ノ狐、ジル、シオン、アルロウ、まがっち

右から ルシア、テス、スピラ、ミツヒデ、シン、リヒト、シスネ、サラ、アルカ


なんかずいぶん前から作りたくて、今回ようやく手を出したモノ。



この記事の先頭へ▲

キャラ紹介:アルカ・シルト・ヴェルシウス


アルカ・シルト・ヴェルシウス

歳:19 ⇒ 20 〜 21 ⇒ 26


好きなもの:家族、友人、可愛いもの

好きな食物:お好み焼き

嫌いなもの:魔族、うるさいヤツ、、クレア、母

嫌いな食物:「…特にないなー」


「家族」の大黒柱。

世界最強クラスの実力者であり、炎と闇を扱う女剣士。得物は紅の大太刀。

「紅髪の女剣士」「紅髪の英雄」は彼女を指す。


得意技:イジェクションバスター、ブラッドフォール、フェイトスマッシュ


名セリフ

「魔族は絶対殺す、…昔はそんなことも言ってたな」

「私はもう一人じゃないんでな…、そういう勧誘はお断りだ」

「可愛いは正義、異論は認めん」

「モフりたいしゃぶりたい舐めたいメチャクチャにしてやりたい」


19歳:

冷酷無慈悲な性格。魔族絶殺時代。

赤い騎士団団長であったが、数年前にベルダーにて起きた人魔戦争にて騎士団が全滅してしまい、彼女自身も穢され堕ちてしまった。

これの影響から魔族を極端に嫌っており、目に入った魔族全てを惨殺するほど暴走してしまう。また、炎しか扱えなかったが、堕ちた影響で闇も扱えるようになり、自身の命を省みない危険な戦法を取っていた。

しかし、ハーメルにてランが先導となって勃発した人魔戦争にて、その暴走からサラを斬ってしまったことを機に己の行動を省みるようになり、「力」というものを何なのかを知る。

それと同時にその時まで考えていなかったサラ、まがっちの存在が自分にとっても癒しになっていたことに気が付き、サラに対して甘くなり、まがっちとも打ち明けるようになる。

旅が終わり、ルーベンにギルドを設営しながら、サラにギルドマスターの座を譲り、世界各国を回る浮浪者になり、「何でも屋」を営むようになり、世界的に認知されるようになった。


20〜21歳:

徐々に丸くなっており、この頃には感情豊かになっていく。アホなこともやるようになる。

上位クラスだった実力は更に成長しており、世界でも指折りの実力者として数えられるようになった。

世界各地を回る浮浪者ではなくなり、東国にてまがっちが再興した村に護衛として住むことになる。

サラの姉、パラレルワールドの自分たち、なつかしの友、夜桜一家の面々、そして母との再会など様々な出来事にかなり楽しんでいた。

サラに対して異常に甘くなっており、可愛いものを見ると(変態的意味で)襲うようにもなった。


26歳:

誰に対してもフレンドリーな性格。

ペイター・ベルダー・ハーメルなど各地域に滞在する騎士団を合併させた連合騎士団の総団長を務める。

高かった実力も爆発的に向上しており、それに加えて命削る闇の扱いもコツを掴んだことで命を削らなくても同等の威力を出せるようになり、並大抵の相手ならデコピン一発で撃沈させられるようになった。ただし母には届かない。

総団長という立場上、サラたちのいるギルドアジトになかなか戻れなくなったことが悩みらしく、就任した日に何でも屋も廃業している。ふらっと何処かに消えてしまうことがあるが、仕事を終わらせてから出ている。

不在の時は、大体サラたちのギルドに顔を出したり、友人宅に遊びに行ったりなど緊急時以外は基本まったり過ごしている。





この10年後、次元監視者率いる軍団との世界の命運を懸けた大戦争にて、負うと必ず死んでしまう傷を負ってしまい、呪いと戦いながら最期まで戦い抜き、世界に平和が戻ったのと同時に、家族・友人たち・仲間たちに見守られながら、ルカとジョウに騎士団を託し、サラの腕の中で息を引き取る。



この記事の先頭へ▲

何か思い付いた奥義(敵編)。

更新日:2018/11/28

ラン
技名:絶影
影さえも消える速度で対象を斬り刻み、零距離暗黒の波動を放つ。
台詞例:「欠伸が出る…」「消えろ」


カリス
技名:空間狩鎌
自身の鎌を巨大化させ、そのまま大きく横凪ぎ一閃に振る。
振った時に遅れて地面から魔の波動が噴出する。
台詞例:「狩り取ってあげるわぁ!」「くーかん、しゅれぇぇぇぇんっっ!!!」

技名:誘惑
ベヒモス器官を利用した洗脳技。
触手に取り込まれた者はカリスの魔の波動に侵食され、彼女の下僕と化してしまう。
台詞例:「跪きなさぁい…🖤」


スカー
技名:咬牙爆炎掌
地面に魔の波動を叩き込み、地から周囲を吹き飛ばす衝撃波を前方扇状に起こす。
台詞例:「消えよ!咬牙!爆炎掌!!」


ホアキン
技名:死菌散布
ゾンビと化してしまう死のウイルスを自分の周囲にばら蒔く。
範囲は不定であり、風に乗るととんでもなく広がる。
当時のアルカの部下たちや戦争参戦者がゾンビ化したのもコレのせいである。
台詞例:「成り果てよ…」

技名:肉体大活性
体型が変わるほどの劇薬を服用し、戦闘能力を爆発的に向上させる。
シスネとの最終決戦で使われ、一回シスネを殺している。
台詞例:「壊して、もう一度私の奴隷にやろう…」


死霊ノ人形(シスネ)
技名:ヘルフレア
永久凍土の氷をも融かす熱を持った炎を放つ。
彼女の故郷をあっという間に滅ぼした時に使われた。
台詞例:「あ゛ぁ゛ぁ゛ぁ゛ぁ゛ぁ゛ぁ゛ぁ゛!!!!!」

技名:メテオ
尋常じゃないほどのサイズの隕石を落とす。
墜落した場所は永久の灼熱地獄と化してしまう。
若き頃のアルカと戦った時に使用されたが、アルカの命賭けの攻撃で破壊されて失敗している。
台詞例:「燃えて尽き果てろ…、メテオ…」


ソーレス( World of ホープver. )
技名:大氾濫 - 大海嘯
自身から漏れ出した膨大な量のオーラを川から溢れた水のごとくそのままぶつけ、対象が呑み込まれた時に自身に向けて逆流させる。
台詞例:「呑み込まれて去ね」「溺れて去ね」

技名:ビッグバン
ありとあらゆるモノを破壊し尽くす大爆発を起こす。
巨大隕石やオリハルコンでさえも微塵も残さず消し飛ばすほどの威力を持つ。
魔法の道を極めた果てに存在する世界最古にして最強の魔法であり、シスネでさえこの魔法を習得できていない。
台詞例:「原初(はじまり)の光よ、全てを無に還せ!」「これが神の力だ!」


エルトリオン( World of ホープver. )
技名:サイキックアーティラリー・OD
超極太の波動砲を放つ。
メタ視点で言う強制ゲームオーバー技。
「OD」はオーバードライブの略。CBSのサイキックアーティラリーよりも超広範囲で威力も桁外れ。

技名:鉄の雨
自身に内蔵している膨大な量のミサイルを降らせる。
その量は世界の半分を焦土の地になるだろうと言われている。


ドラバキ( World of ホープver. )
技名:コンプレッサー(圧縮者)
自身の周囲の空気を圧縮させることで、周りの動きを鈍くさせる。
その倍率10倍と凶悪であり、常人ならば直ぐに戦闘不能になる。
これを克服しない限り、彼とまともに戦うのは不可能。

技名:グラビトン・ボム
超強力な重力を伴った大爆発。
重力で押さえ付けられてるため、大爆発をモロに受けてしまう危険な技。


ペルキサス( World of ホープver. )
技名:炎禍
自分と敵対者以外の乱入者が入ってこないように巨大な炎の渦を作り、戦闘箱庭とするいわゆる領域支配技。
触れた者を骨まで焦がす熱気を持つため、相当な耐性を持っていないと突破できずに倒れる。
台詞例:「逃げ場はないぞ…」

技名:爆禍
一点集中に熱線を当て、その場所から大爆発を起こす。
熱線を当てられた場所は徐々に赤くなり、「白く」なった途端に大爆発が生じるため、判別しやすいが炎禍に囲まれた全域が範囲なため実質逃げ場がない。

技名:烈禍
人間形態のみ使用。
空に飛び上がり、自身を中心に熱を伴った巨大な衝撃波を起こす。
こちらも「爆禍」と同様の範囲を誇るため、防御に専念しないとあっという間にボロボロになる。
台詞例:「耐えられるか?」「これで終わりにしてやろう」





随時更新。


この記事の先頭へ▲

何か思い付いた協力奥義。

更新日:2018/11/28

アルカ&サラ
技名:インフィニティブレイク
アルカは自身の剣を模した闇を、サラは召喚した槍を大量に出現させ、これらを前方に高速で飛ばす。
飛ばしたところから再度出現させてるため、その数は「無数」と言っても良く、縦横ともに超広範囲という驚異の殲滅力があり、数だけで攻めてきた者らをこれで何度も返り討ちにしている。
台詞例:
1. サラ「うるさいネズミたちだね」アルカ「全くだ」
2. サラ「ゴミ掃除の時間だよ、アルカ」アルカ「はいよ」

技名:ラスト・ジャッジメント(二人の世界)
ほんの一瞬だけリミット解除し、縦横無尽に飛び回りながら対象を打ち上げつつ攻撃していき、トドメに左右から×状に斬り抜ける。
息がピッタリすぎる二人の連携技であり、白と黒の剣閃が交錯し、最後に弾けるその様は見る者全員が息をするのも忘れる。
当時の人魔戦争で、アルカの因縁の相手ホアキンとの決戦で使われた。
実はこれ、ミツヒデとクレアもできたりする。
台詞例:
1. アルカ「行くぞ!サラ!」サラ「うん!私とアルカの力を見せてやる!」    二人「裁きの時だ!!ラスト・ジャッジメント!!!」
2. アルカ「幕引きだ!ホアキン!!」サラ「協力するよ!」    アルカ「さよならだ」二人「ラスト・ジャッジメント!!!」


アルカ&まがっち
技名:地獄道
頭上に闇を掛け合わせた巨大な気弾を作り、対象目掛けて落とす。
愚骨の「地獄道」を再現したもの。
台詞例:
1. まが「さぁ…」アルカ「沈め…」二人「地獄道!!」
2. まが「できちゃいましたね」アルカ「そうだな」まが「それっ!」二人「地獄道!!」

技名:空狐
重い一撃を交互に数撃与え、距離を離した後に「白」を出現させ、彼の口から螺旋状に渦巻く闇の気弾を放つ。
まがっちと「白」は繋がっており、更にアルカから直接闇を受け取っているために「白」は銀のような体毛に染まっている。
発射する際に上記のことからアルカとまがっちは手を繋いでいる方を前方に突き出したポーズをとっているため、これを見たサラが盛大に勘違いしたとか。
台詞例:アルカ「はっ!ふんっ!まがっち!」まが「やっ!はぁ!行きます!」    二人「空狐!」白「消え失せよ!」


アルカ&ジル
技名:炎劇殺陣
互いに炎を纏った拳(アルカ)と脚(ジル)で敵を徹底的に叩きのめす乱撃を繰り出す。
アルカが炎を纏った拳で格闘するという極めて珍しい動きが見れる。
台詞例:ジル「参ります!」アルカ「手伝うぞ!」二人「はぁぁぁぁぁ!砕けろォ!!」


アルカ&シスネ
技名:朱爪豪雨
膨大な闇を上空に展開し、出来上がった闇の幕から紅い槍を豪雨の如し大量に落とす。
シスネは操るのに魔力を使用しているため、威力はアルカの魔力依存。
台詞例:アルカ「はぁぁぁぁぁ!」シスネ「天から降り注ぐ血の雨…、朱爪豪雨!!!」

技名:イジェクションバスター・殲滅
刀身に二人の魔力を纏わせつつ、居合いのような下段構えから一気に振り抜き、超速極太ビームを放つ。
触れたもの全てを破滅に追いやる。
台詞例:シスネ「団長!」アルカ「消し飛べ!イジェクション、バスター!!」


アルカ&リヒト
技名:セプテュプル・ブレイム
辺りに闇を漂わせ、そこから生じた冷気をリヒトが吸収し、それをエネルギーとして掌から放出して吹っ飛ばす。
アルカの闇の特性があってこそできる芸当であり、他の者の闇では不可能(類似している特性を持つシスネの闇でも無理)。
台詞例:アルカ「ふん…」    リヒト「セプテュプル…、ブレイム…!」

技名:ディストラクション
アルカとリヒトの闇を混濁させた「力」をリヒトの拳に纏わせ、それをそのまま地面に叩き付ける。
地面に着弾、解放された闇は非常に大きなドーム状に広がり、呑み込んだモノ全てを無に帰す。
ちなみに内部は宇宙のような風景であり、中心に意識を持った闇が呑み込んだ対象を逃さんと捕らえてくる。
台詞例:アルカ「頼んだ」リヒト「任せよ、ディストラクション… 貴様たちを逃がしはしないだろう」


シスネ&リヒト
技名:無界
二人の魔力を交差させた強力な魔の波動を放つ。
強力すぎる魔力に次元が割れ、対象を無の世界へと誘い、二度と出てこれないように閉じ込める。
台詞例:リヒト「行くぞ、シスネ殿…ダークプラズマ、イン…」シスネ「アビスアンゴル!!」

技名:サリエル - 審判の時 -
死を司る大天使を召喚する。
ドーム状の領域を展開し、その範囲内にいる対象の魂を狩り執ってしまう。その距離なんと半径500mという驚異の殲滅力。
容姿は血の涙を流した紫髪の女性であり、得物は極端に大きい大鎌。
台詞例:シスネ「審判の時だ…!」リヒト「貴様たちは既に魅入られた、サリエル!この者たちの価値を計られよ!」


シスネ&カリス
技名:ヒート・デスサイス
火球を纏わせた鎌をブーメランのように投げ、対象を斬り焼き尽くす。
台詞例:
1. カリス「シスネちゃん!」シスネ「はいはい」カリス「ありがと!焼き尽くせ!」
2. カリス「シスネちゃん!」シスネ「はいはいっと」カリス「ありがと!焼き尽くせ!」    カリス「…あっちぃ!シスネちゃぁぁん!?」シスネ「あ、ゴメ、全部に纏わせちゃった」


アルカ&ルカ
技名:絶
前後から逃げ場を埋め尽くすほど大量の斬撃を浴びせる。
二人で作り出した斬撃はまるで剣山。


ジル&ジョウ
技名:スターダストブレイカー
巨大な横凪ぎの斬撃を生み出し、風で細かく砕きながら対象目掛けて飛ばす。
それは砕けた鏡、星の瞬きのようで光にも反射するため美しいながら、威力はエゲツない。


シスネ&ルミ
技名:オメガエレメント
水→風→火→土→闇→光の最強魔法を次々と繰り出す魔導師が習得できることを夢見て止まない伝説の魔法。
二人の「賢者」がいて初めて扱える。


シスネ&レイジ
技名:朱月
対象を白い球体に閉じ込めて動きを止め、紅く変色した後に徐々に大きく歪みながら電子分解する。
空間支配・時間静止・電子分解という高度な技術がいる上に電子分解中は周りにも影響が出るため、禁断の魔法として扱われている。


リヒト&ルカ
技名:絶壊
ルカの連続斬り後、無慈悲に解放した超強力な闘気を纏わせた大剣で大地を裂く斬撃で吹っ飛ばし、リヒトの無慈悲の咆哮を伴った魔の波動で敵を葬る。


シン&シャル
技名:ヘキサエッジ
交差する計六つの裂傷ができる三つの斬撃を互いに繰り出す。


クラリス&ルカ
技名:クロスロード
炎を纏った突進突きでX状に交差に斬り抜ける。
見た目に反して範囲が広く、通り過ぎた所は灼熱の旋風が巻き起こる。


シスネ&リヒト&カリス
技名:デビルジョー(悪魔の顎)
顎で噛み砕くかのようにリヒトの地を這う衝撃波(ランドクラッシャー)とカリスの上から襲い掛かる鎌(デスサイス)で攻撃した後、シスネの火球で噛み砕かれた対象を焼き尽くす。
台詞例:リヒト「ランドクラッシャー!」カリス「デスサイズ」シスネ「ファイアボール!燃やし尽くせ!」    三人「イエーイ☆」


リヒト&エリィ&シャル
技名:閻魔大王 − 死刑執行 −
リヒトとシャルが自身の魔力を全て注ぎ込み、それを受け止めたエリィが召喚術を使うことで魔界の審判を司る神を呼び出す。
着弾した所から雲が裂け、クレーターができるほどの大爆発を起こし、対象を跡形もなく消し飛ばす。
発動者が適正でなくともリヒトが契約相手のため、発動後に暴走することはない。





随時更新中。

この記事の先頭へ▲

その他設定(地域など)

アルカたちがいる次元の地域。

独自設定&本家で仮定すると二年後設定なので色々変わっている。

(最終更新日:2018/09/08)

 

 

 

 

 

ルーベン

ジルたち率いるギルドの本拠地。

この地域にサラ・ジル・シスネが住んでいる。

ここから少し離れた先にある夜になると輝く湖の、さらに向こうに西のエルフの里がある。

 

エルダー

冒険者の旅の始まりの地であり、それと同時に観光街でもある。

ルーベンと近いため、買い物に来るサラの姿がよく見ることができる。

 

べスマ

相変わらず当時の町並みが建ち並ぶ地。

ファルの生まれ故郷。

 

アルテラ

アルカたちの第二の拠点。

アルテラコア最深部にクレアが造った転送装置が設置されており、アルロウ・シオン・愚骨・ミコトなど別次元の住人たちはこの装置を通ってこの次元に来ている。

サラ三姉妹の生まれ故郷。

 

ペイター

連合騎士団の総本山の地。

かつてアルカが率いていた赤い騎士団拠点跡地を、連合騎士団の拠点として新たに建てている。

実はここのすぐ近くにシルト一家の家があるが、騎士団員の寮として改装している。

 

ベルダー

連合騎士団の一翼ベルダー騎士団の拠点地。

人魔戦争が終わった今も魔族の残党が徘徊している地域が未だ点々とあり、あちこちで争いが起きている。

 

ハーメル

世界有数の大都市。

連合騎士団の一翼ハーメル騎士団の拠点地。

巨大市場、数々の観光・娯楽施設、学園などがある。

アルカ・サラ・ジル・シスネもよくこの地を訪れており、彼女らを知る者からすれば夢のような場所とも言われている。

ベルダーとは協力関係にあり、どちらかに問題が生じると特殊なサイレンが鳴るように細工されており、騎士団がすぐに動けるようになっているシステムが構築されている。

 

サンディール

広大な砂漠地方で厳しい環境であるが、街がハーメルに負けじ劣らず美しいため観光地にもなっている。

特に超巨大な獣が封印されている地は観光名所の一つ。

たまにトゥーラックが大量発生する。

 

ラノックス

この地域にある温泉街は観光名所の一つ。

間欠泉周辺は人魚目的で訪れる男性たちでいっぱい。

 

エリシオン

未踏の地域。

この地に踏み込んだ冒険者たちは二度と帰って来れない場所として恐れられている。

アルカたちも行ったことがないが、ミツヒデ・クレアは別次元界でだが行ったことがある模様。

 

まがっちの町

大陸より遠く東にある町であり、まがっちはここに永住している。

当時魔族と化した兄率いる軍によって一回滅んでいるが、後にまがっちが生き残りを呼び戻し、皆で協力して再興した。

一か月に一回行われるお祭りは他地域の人たちにも人気イベント。

町長であるまがっちの影響か非常にのどかでのびのびとした町となっている。

まがっち、かがみの生まれ故郷。

 

エルフの里

各所に人知れず隠れ潜んでいる里。

その地の名の通り、エルフ族のみが住んでいる。

東西南北の各地に里があるようだが、悲惨な事件に巻き込まれた東の里のみ地図から消されている。

この中で西のエルフの里はジルの生まれ故郷。

 

デ・アーク王国

まがっちの村よりさらに遠く東の方にある大国。

住民の内「男性2割:女性8割」という野郎にとって夢のような国。

一年に一回、女たちが誇りをかけて戦う「舞闘会」が行われており、世界各地から観客が集まって来る。

アルカもシーズンになると王族から招待を受け、たまに行っている。

クラリスの生まれ故郷。

 

深雪の亡国

魔族によって滅ぼされ、地図から消された遥か北の方にある土地。

現在はこの土地の者たちの眠りを守る守り人一人が暮らしている。

シスネの生まれ故郷であり、たまに帰って来ている。

 

シルト

100年以上前に建てられた、外部からの侵入を拒む結界のような役割を持つ非常に強力でかつ蒼く美しく輝く炎で囲まれた皇帝不在の国。

炎に囲まれている割に暑くないらしいが、その色のせいで全体的に常に蒼く落ち着かない。

世界十大強国の一つであり、騎士団も存在している。

ほんの一部の者以外、現皇帝の顔どころか名前すら知らず、国を囲む炎を発動させたのも現皇帝であることを住民は知らない。

その国の特性であるせいか文献や地図に載っておらず、十大強国の一つとして国名は書かれずに記されているだけであり、世界を隅々まで回った者でない限りまずその場所を知ることすらできない謎に包まれた国(博識中の博識であるルーやホアキンたちでさえこの国を知らない)。

国内部の仲は非常に良好だが部外者に対して非常に厳しく、この国に迷い込んだ者を介抱し、泊まらせることはあってもこの国から出て行った瞬間に「踏み込んだことをなかったことにする、記憶から消去する」能力を住民全員が持っている。

アルカの生まれ故郷。ただし、生まれて直ぐにペイターに移ったため、アルカ本人でさえ、かの者から耳にするまでこの国を知らなかった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

随時更新。

 

この記事の先頭へ▲

お名前メモする