*小はる日和*

小さなひとりごとです(*´ェ`*)

2020年07月21日の記事

ただ泣きたくなるの

初恋は いつですか?


はるさん(私^^)は 幼稚園のときでした^^


小さな島で育ったのですが なぜかその小さな島には


芸能人になれるのでは? というくらいの イケメンくんや


とても育ちが良くて 可愛い女の子がいました


はるさんが ほんのり恋心をいだいた相手は 賢くて足が速い子でした^^


あまり 一緒に遊んだ記憶はないのですが


”今日 誕生日会するから 来れる人きていいよ”と言ったので


みんなで その子の家に遊びに行くことになったのですが


生まれて初めて参加する お友達のお誕生日会で しかも当日でしたので


何もプレゼントを用意していませんでした


それでも お母さんがいつも家にいる子は お小遣いをもらって


小さなプレゼントを用意していたのですけれど


はるさんは どうしたらいいのかわからなくて


一番のお気に入りで 大切にしている 貝殻がたくさんついた


ネックレスを 宝箱から出して


その子に ”おめでとう〜これ あげる”って 渡したら


”え〜〜ネックレス? 僕 男の子だよ?”とか言わず

”あ・・ありがとう”といって

受け取ってくれたのです

(きっと 妹にあげたと思うんだけれど(*´m`)ププ)


家に帰って 母にそのことを話すと


”あらぁ・・ ちょっとまって〜 プレゼント買ってくるわ”と言って


仕事から帰ってすぐ 慌てて 色鉛筆を買って

プレゼント用に綺麗に包装して リボンをつけてもらい

その子の家へ 一緒に行きました


”今日は すみませんでした〜”と母が プレゼントを渡すと


”あらぁ〜 かわいいネックレスをいただいたんですよ〜”と

上品で優しいその子のお母様が言ってくださったので

子ども心に ホッとしたのを 憶えています(*´ェ`*)


小学校は 島の中でも 違う学校に通うと知っていたのですが


お父様が 学校の先生で 転勤になり

同じ県内の 国立の小学校へ行ったと 噂でききました


お別れが言えず 残念でしたが とても良い思い出です^^


元気にしているかなぁ〜。。


「ただ泣きたくなるの」





この記事の先頭へ▲

お名前メモする