katzun1815のブログ

ブログに今の心境をコメントとして書き込んでいます・・・!!そしてコメントしずらぃと評判です 笑

せっせと せんかぃ・・・姫ちゃん★

お題ブログ:「せっせっせーの、よいよいよい♪」この歌の続きは?(ヨトリザワさんのお題)

夏も近づく八十八夜 

野にも山にも若葉が茂る
あれに見えるは 茶摘みで無いか
茜襷(あかねだすき)に菅(すげ)の笠

日和つづきの今日此の頃を、
心のどかに摘みつつ歌ふ
摘めよ 摘め摘め
摘まねばならぬ
摘まにや日本の茶にならぬ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
これは 現在の茶の本場 静岡では無く 
京都は宇治田原町の永谷園で生まれたとされている
なので・・・日本の茶にならぬ』は
『田原の茶にならぬ』が元歌らしぃ
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
←トシちゃんの画像でなくてゴメンネ〜!!


ペットボトル入りの日本(冷)茶が誕生して30年!!
それまでは 駅弁とセットの暖かいお茶が主流だったので
冷たい緑茶は 敬遠されていた。

そして お湯から作った
お茶は 時間とともに変色して茶色になって行くので
見た目も悪いし 苦味だけが際立つのでさすがの日本人も遠慮していた。『お〜ぃ お茶』のペットボトルが記念すべき第一号であった・・・・以上
・・・・・・・・・・・・・・・・・

1934(昭和9)年創業の老舗「矢部園茶舗」(塩釜市)が

ペットボトル入り茶「茶摘み」を発売して3カ月がたった。

ペットボトル入り茶「茶摘み」

 矢部園茶舗3代目店主で「茶匠」の資格を持つ矢部亨さんが

選んだ玉露、煎茶、玄米茶、茎茶、芽茶、ほうじ茶など、

「土作りから茶摘み、仕上げまで全ての工程で丹念に育んだお茶」(矢部さん)を販売する同店。オリジナルブレンドの最高級煎茶

「水仙1号」や「伊達茶 玄米茶」など4種類は、JR東日本の

豪華寝台列車トランスイート四季島」にも採用されている。




この記事の先頭へ▲

katzun1815

お名前メモする