すべての記事を表示

日記

本も読み終わったし、また退屈だし困ったな。最初の1〜2頁くらいは
読んでも脳みそが受け付けず理解するのに2〜3回読み直したが、残り
は流し読みくらいの速度で、寸分たがわず理解できた。久しぶりに読書
すると最初の数ページだけ苦労するって事で、残りは大丈夫みたいだ。
ネット小説に「黄泉夜譚(よもつやたん)」という書き物があったのだ
が、そこにある文字には面白い読みが結構あった。怨嗟(えんさ)もそ
うだけど、十六夜(いざよい)。書店で買ってきた本だけではなく、図
書館で借りる事もあるし、ネット小説もあり、またサイトの記事もある。

この記事の先頭へ▲

日記

漫画は全然読まない。正直に言うと若いころは読んだけど漫画の場合
イメージがお仕着せだから想像力が養えない。活字を読んでイメージ
に変換するという作業が必要ない分確実に読者の頭が悪くなる。同じ
読書の時間を浪費するにしても、それでは勿体ないので意図的に活字
の本を読むことが多くなった。書店の店頭に並んでいるベストセラー
本には興味がなく、ジャンルもこだわっていない。それに作者につ
いても特定のファンではない。先週も書店で本買ってきたが、これも
また今まで読んでいない著者の作品で、特別ベストセラーになってい
るものではない。ジャンルはミステリーだが今月中に最後まで読むか。

この記事の先頭へ▲

日記

ノーベル文学賞の選考過程は勿論知らないのだが。村上春樹氏ですか
そうだな俺は今40代なのだが、春樹氏の「羊をめぐる冒険」につい
ては高校生のころ読んでいた。だがあれはまぁ不吉な曲がり角はあっ
ても良いのだが、イルカホテルとか、北朝鮮の羊は無いだろうと思っ
た。不可思議な世界を描く文学にせよ、ちょっとイメージが貧困だな。
同世代の文学で不思議な世界であれば、ミヒャエル・エンデのほうが
本物っぽいかもしれないと思う。鏡の中の鏡などは中学生の頃から好
きだった。なんにせよ春樹氏は不思議な世界っていうのはむしろ鬼門
なのではないのかな。俺が思うに氏は達成生まれだな。不思議な世界
に免疫があるのは、達成生まれの正反対である停止生まれだからね。
もっとも細木数子氏というのは龍神憑きであり、六星占術のオリジナ‐
リティは他の占い師にあるそうですがね(笑)。神の眷属にも色々ある。

細木数子の六星占術は、そもそものはじまりが窃盗で。泥棒だけど、
龍神が憑いてるから大規模な事業を展開したわけだろう。俺れはそう
思ってる、あれに中身はない。神の眷属は人間に憑いた場合、憑かれ
た人間は身を滅ぼすのが相場なのですがね。神の眷属は神に従ってい
れば良いわけです。人間には分からないことで人知を超えたものかな。

どうして細木数子氏のことを悪く言っているかといえば、あの占い師
は本の中で停止生まれの事を霊合星生まれと言っている。非現実的な
ことは停止生まれにしか分からない。ある意味出家した僧侶のような
天命の生まれだね。それのことを霊魂の集合体よばわりしたのは俺は
許せない。あれは中身のない只のバカだろうと思う。

この記事の先頭へ▲

日記

確かに野党の国会発言はなってないな。でも、消費税2回も上げてるのは
まぎれもない安倍政権なのであり、晋三消費税(?)からこれからの日本
がどうなるのかといえば、晋三消費悪社会だろうな、やっぱり。それとも
ややもすれば、晋三悪税社会になるのかもしれませんがね(笑)。

この記事の先頭へ▲

日記

いや〜すごい台風だ。昨日は居間の窓ガラスを養生テープで補強した。
でも数日前から気温が低いから、暴風の怖さと言うより大雨だろうか。
なんにせよ今年一番の被害は千葉県にあるのだろう。千葉県ではない
がずっと関東地方に在住している。地デジは別に何ともないが、時折
BSにはノイズが走るようだ。ケーブルではなくアンテナなものでorz。

この記事の先頭へ▲

お名前メモする