imprezafdの爆走伝説

   氾外恵夢、夜露死苦!!   http://blog.hangame.co.jp/ggg

集まれ!コスモトレーナーの記事

昭和のトロリーバスや市電を公開 大阪市営地下鉄が見学会

大阪市交通局の往年の市電や トロリーバスを保存している「 森之宮検車場」( 大阪市城東区)の施設見学会が15日開かれ、昭和初期に活躍した市電車両などが公開された。また、この日は今月下旬に地下鉄谷町線にデビューする新型車両も登場。鉄道ファンら250人が、レトロな車両と最新車両を楽しんだ。

 会場には、昭和7年から39年まで活躍し、海軍の 水雷艇に形が似ていたことから「 水雷型」と市民に呼ばれ親しまれた801型や、振動を少なくするためにゴム入りの弾性車輪を採用した2201型といった市電車両のほか、昭和30年代に活躍した トロリーバスが展示された。

 一方、新型の30000系は、電車を動かすモーターの電圧と周波数をきめ細かくコントロールし、必要な電気を無駄なく使う省エネルギー車両。車内には 大阪市営地下鉄としては初めて、 液晶ディスプレーの運行案内を採用した。

 見学会の後、新型車両の試乗会が森ノ宮駅から コスモスクエア駅間で行われ、参加者は振動の少ないゆったりした乗り心地を満喫。 大阪市住吉区の小学3年、原田樹君(9)は「初めての乗客になれてうれしい」と試乗を楽しんでいた。

2009.3.15 17:39

この記事の先頭へ▲

お名前メモする