+++彷徨える異能者ハドの不可知戦域+++

ハードSFからソフトSMまで、幅広く取り揃えております笑

2019年08月22日の記事

ニセコ家族旅行2日目

ニセコ旅行2日目。

夜中に降った雨は朝までにあがり、晴れ間が見えてきた。

涼しくて気持ちのいい朝だ。

 

今日は特に行くとこを決めてないが、朝のうちに行きたい場所があった。

ニセコの道の駅・ビュープラザだ。


ここは9時オープンだが、朝イチで行かないと駐車場が一杯になってしまう。

採れたての地元産の野菜がふんだんに揃った産直コーナーが人気だ。


今夜泊まるところはキッチンが充実しているから、まずは地元産の新鮮な野菜を調達したいところ。

 

オープンと同時に入ったが、すでに大勢のお客さんで賑わっていた。

人参、ジャガイモ、にんにく、キュウリ、トマト、パプリカ、ズッキーニ、オクラ、ピーマン、ルッコラを買う。


これだけ多種多様な野菜が、地元で採れるなんてすごい。

晩ご飯が楽しみだ♪

 

 

晴れてきた。

羊蹄山がその雄大な姿を現した。

北海道を代表する独立峰だ。

 

道の駅を出て、手近な観光スポットを探す。

有島武郎ゆかりの記念館があるらしい。

寄ってみるか。別に有島武郎のファンという訳ではないけど。

池には幻の魚・イトウを飼っていて、泳ぐ姿を見れるらしい。

 

残念。休館日だった。

お庭のラベンダーが綺麗。

この時期にも咲いてるんだな。

 

 

前に行ったダチョウ牧場に行ってみようか。

まだあるだろうか?

クルマを10分ほど走らせる。

 

あった^^

前と同じだけど、牧場脇にレストルームが建っていた。

100円でエサのデントコーンを買ってダチョウに与える。

「あ」

油断した訳じゃないが、目ざといダチョウにエサを袋ごと持って行かれた。


袋はビニールではなく、紙封筒だ。

ダチョウは袋ごと食べてしまった。

きっと、こういうことも想定して、紙にしてあるのだろう。

 


レストルームではダチョウの卵から作ったプリンやどら焼きを販売していた。

ダチョウの卵はずっしりと重い。

殻も丈夫そうで、セラミックのように硬い感触。

ダチョウスイーツは濃厚な味わいで、思ったほど癖もなく食べやすかった。

 

スイーツを提供してくれた中年女性は、ここの牧場を拓いた創業者の娘だという。

「ここのダチョウは、よく人に懐いてますねぇ。鳥類って、普通はもっと警戒するものでは?」

と聞いてみる。


「特に教えた訳じゃなくて、エサがもらえる事を知って人に寄ってくる鳥と、無関心な鳥と自然に分かれてきた感じですね。奥の方に居る鳥たちは、こっちに来ることはあんまりなくて、気ままに過ごしてます」

そーなんだ^^;

 

 

それにしても、牛と一緒に放し飼いしててもいいのかな?

「草食動物同士だし、牛とは食べる草が違うので喧嘩にはなりませんね。ダチョウはその辺の雑草を食べてくれますし、牛のフンを食べることもあります。ただ、オスが多いと縄張り争いが激しくなるので、オスの数は減らしてます」

 

確かに居るのはメスばかり。

黒い羽根のオスは、ここから見る限り2羽しか居ないなぁ。

 

冬は捕まえて屋内で過ごしているらしい。

けど、実は雪遊びが大好きなのだとか。


アフリカのサバンナを駈け回るダチョウの姿と、雪面に遊ぶ姿が結び付かなくて首をかしげていたら、写真を見せてくれた。

 

おお^^;確かに、真っ白な雪面を悠々と闊歩している。

すごいなぁw

 

 

ダチョウ牧場を出て、遅めの昼食をレストランで食べると、倶知安町まで足を延ばし買物。今日泊まるとこはニセコひらふにあるコンドミニアムで、セレブな気分が味わえるリゾート物件だ。

なので、チェックインも15時と早めにしておいた。

 

ニセコひらふスキー場に向かうひらふ坂に面したこの物件は、1フロアに4部屋あるのだが、そのうちの2部屋を借りて泊まる。

床面積は126平方メートルに及ぶ。つまり1つのフロアの道路に面した側を、すべてウチの家族で使うという贅沢さだ。

 


リビングはこんな感じ。

6人掛けのテーブルがあるので、家族一緒に晩ご飯を食べられる。

 

ベッドルームはツインベッド。


子供達は3人だから、1人は布団かソファーで寝ることになる。

早速そのベッドで寝る権利を賭けて、子供達はカードゲームを始めた。

 

 

私と女房は近くにあるセイコーマートで飲み物などを買った後、晩ご飯支度を始めた。

ニセコ産の野菜をたっぷり使ったサラダにポトフ。ジンギスカンは南幌町のものを買ったと女房が言う。


何とチーズを削る道具があった。長男が買ったパルミジャーノ・レッジャーノをたっぷりとサラダにかける。これは豪勢だなぁ^^

 

赤ワインを開けて「いただきまーす♪」

野菜がとにかく美味い^^

草食動物の気持ちが少しだけ分かった気がした。




この記事の先頭へ▲

お名前メモする