+++彷徨える異能者ハドの不可知戦域+++

ハードSFからソフトSMまで、幅広く取り揃えております笑

2019年08月24日の記事

ニセコ家族旅行最終日

ニセコ家族旅行もあっという間に最終日。

天気は再び曇りがちになった。

けど、雨が降る心配はなさそうだ。

 

10時ちょっと前にチェックアウト。

もう少しゆっくりしたかったが仕方ない。

昨日倶知安町のTSUTAYAで借りたDVDとレンタルコミックスを返しに行かないといけないが、まだ読み終わってないマンガもある。

もう少しどこか、のんびりできる場所に行きたかった。

 

 

クルマを少し走らせる。

向かったのは、ニセコ高橋牧場・ミルク工房。

http://www.niseko-takahashi.jp/



ここは前にも来たことはあるが、牧場を中心とした乳製品や農産物加工品のテーマパークみたいなところだ。

新鮮な生乳を使っているソフトクリームが絶品。

レジ前から券売機まで行列が絶えない。

 

 

お土産と自家用にチーズケーキを買う。

小豆が1袋200円で売っていたので、買ってみる。帰ったら小豆ゆでて、白玉ぜんざいとか作ってみたい。

 

辺りを散策する。

ひまわり畑は入っても大丈夫なようだ。


他にも色んな作物が植えられている様子。

これはブルーベリーの木。よく見ると実が生っている。


チーズ工房とか、バームクーヘン工房なども見て回る。

これだけの生産設備を揃えるのは大変だったろうなぁ。

 

 

かつてニセコ町は過疎化に悩んでいたが、2000年以降は人口が増え続けている。

北海道のなかで、札幌圏以外で人口が増えている自治体は数少ない。豪雪地帯だから冬場は生活するだけでも大変だ。

それでも人口が増えるということは、魅力的な土地であることはもちろん、その土地の付加価値を高める努力を先人たちがしてきたということであろう。

 

外のベンチに座って、マンガを読み終えると倶知安町まで戻ってDVDとともに返却。

もうお昼だ。

どこに食べに行こう?

 

 

女房が倶知安町と京極町との間にある洋食屋さんを見つけ出し、そこに行こうということになった。

お店のそばには湧水池があり、いい雰囲気だ。



ところが、来客がいっぱいで入店を断られた。

隣にあるそば屋もイマイチ。

 

じゃあ別のところに行こう。

クルマを走らせ、京極町の吹き出し公園まで行く。

しかしここも駐車場がいっぱいで入れない><;何てことだ。

 

仕方なく京極町の市街地に入る。

(*’ω’*)?なんだかお祭りやってる?

クルマを止めて、商店街に足を踏み入れる。


ステージ上では地元の子供達がダンスパフォーマンスを披露していた。

こじんまりとした夏祭りだけど、屋台で色々買ってつまみながら楽しむのもいいね^^

 

 

さて、これから札幌に帰るのだけど、ここからなら中山峠経由で帰った方が近いな。

クルマを走らせる。

隣の喜茂別町の道の駅にも寄る。

あれ?こんな場所にあったっけ?

 

なんか記憶と違うなぁ(~~;)ウーン。

もっと町外れの広々とした場所で、大きな花壇がある公園があったような。。

と思って、後で自分のブログを読み返してみたら、留寿都の道の駅だったか。

http://blog.hangame.co.jp/hadoron1203/article/42065455/

 

まぁいい。

ここも例によって地元産の野菜の産直市場がある。


なんとビーツを1個300円で売っていた。

思わず衝動買い。


ロシア料理のボルシチを作るのには欠かせない根菜だが、なかなか売ってない上に結構高い。前に三田の青果店で見かけた時は、600円くらいしてて買うの躊躇したことがある。


子供達は人参の詰め放題にチャレンジ。



レジに持って行くと、おばちゃんが「もっと詰めるって。袋閉じなくていいから、遠慮なく詰め込んで」とダメ出しされる。

それではと、もう一度あふれんばかりに詰め込んでレジに持って行くと「ダメダメ。もっとパンパンに詰めなきゃ」と再度ダメ出し。

 

最初に取った量の倍以上になったw

ニセコで買った人参もまだ残っている。

「しばらくは人参使った料理に困らないね」

「料理のレパートリー増やさなきゃ」

 

 

中山峠の道の駅にも寄っていく。

名物の揚げいももいいけど、お腹は空いてないのでホットコーヒーだけ飲んで小休止。

子供達も飲み物だけ。

ここを出たら、あとは家までノンストップだ。


 

峠を越えて札幌市に入ると、晴天になった。

どんより天気は、中山峠の向こう側だけだったようだ。

定山渓の温泉地を通過する。

 

道路沿いから見た印象だけだが、以前あったお店や人家がなくなって寂れた感じになっていた。リゾートマンションの新築工事が目立つニセコとは対照的な風景だ。

温泉の質としては決して悪くない温泉地だけに惜しい。

 

今の札幌市長の愚鈍な顔が浮かんだ。

高い住民税搾り取る癖に、ファイターズから愛想尽かされるとか失策が目立つ人物だ。

札幌市が誘致している国際会議やコンベンションなども成功しているとは言い難い。

5大都市はおろか、神戸市にも負けているのが現状だ。



そもそも札幌で稼げる仕事があれば、私も出稼ぎ生活なんてしなくていいのだ。

早くこの無能なトップの首をすげ替えてほしいよ。まったくもう。



夏の夕暮れ。

今年の夏も家族と過ごすことができた。

それだけでも感謝したい。



この記事の先頭へ▲

お名前メモする