asakabitoのラジオ日記

〜風の吹くまま、気の向くまま〜

すべての記事を表示

牛丼屋のサイドメニュー

牛丼屋に入って、並盛と生卵を注文。
そこで、ふと思いました。牛丼屋のサイドメニューは粗利益率がめちゃめちゃ良い。

例えば生卵。牛丼屋の相場は1個50円位でしょうか。しかし、スーパーで買えば、1個15円位ですよね(特売なら10円以下)。
卵の原価が10円だとすれば、粗利益率はなんと80%。セットで10円お得だとしても、75%あるんですね。

あと生野菜。牛丼屋の相場は1皿100円前後でしょうか。これも原価は50円しないでしょうから、粗利益率50%以上あるんですね。

それでもなぜ人はそんなぼったくりサイドメニューを注文するのか?それはやっぱり美味しいからですね。10円の生卵を5倍の50円にする付加価値、これが牛丼屋の美味さなんですね。

この記事の先頭へ▲

10歳

本日、愛犬のLavie(Mダックス)が10歳の誕生日を迎えました。
おめでとう。

この記事の先頭へ▲

森へ行こう〜生川の延命水

昨日、車で森に行ってきました。

場所は埼玉県秩父郡横瀬町。

飯能市・日高市側から国道299号線をひたすら登り、正丸(しょうまる)トンネルを越えると秩父地方。

秩父市の手前にあるのが横瀬町です。

 

この横瀬町に『生川の延命水(うぶがわのえんめいすい)』なる湧水があると見まして、どんな場所なのか興味を持ったので行ってみました。芦ヶ久保の道の駅を過ぎて、しばらく行くと『生川入口』の信号があり、これより山道。

山道と言ってもしばらくの区間は道路が広く、道の両側に石灰やセメント関係の工場が立ち並ぶ風景が続きました。某日曜日夕方の名物番組で秩父地方とセメントが出てくることがありますが、この景色を見ると納得してしまいます。道路は石灰で白く、またプラント1つ1つが大きいこと、工業地帯好きにはたまらない(?)光景かもしれません。工場が続く中、きれいな水にありつけるのかと思いましたが、工場が途切れた途端、道が車1台分位まで細くなり、山道っぽくなりました。

 

再び広くなり、また狭くなった少し先にありました、『生川の延命水』。水の量が豊富だったので、汲み取りに時間もかかりません。何よりも、水の冷たいこと。夏場でも非常に冷たい水が採れるんですね。

 

もちろん煮沸推奨ですので、以下自己責任で。

 

500mlのペットボトルに水を汲んで、その場でグイっと飲んでみます(これはマジで自己責任です)。見上げるとそこは森の中。木々に囲まれた中で飲む冷水は良いものですね(まるでミネラルウォーターのCM撮影みたいに感じました)。

この水が湧き出る武甲山は石灰岩の山。ゆえにミネラル豊富なのかもしれません。私は今の所大丈夫ですが、お腹がゆるくなりやすい方は気を付けた方が良いかも?

 

ちょっと下った所には、ごうごうと水が流れる砂防ダムがあったり、そのすぐ近くの道路脇には小さな滝があって水の流れを実感したりと、涼を感じられる場所でもありました。

この記事の先頭へ▲

言葉・発言を4つに分けると…

非常にまじめな話となること恐縮です。

 

世の中の言葉・セリフ・発言は4つに分かれる…これは私の持論です。

全ての言葉は次の4つのいずれかに当てはまると思うんです。

 

@言うべきこと、言わなければいけないこと

A言っても良いこと、言わなくても良いこと

B言わない方が良いこと

C言うべきではないこと、言っちゃいけないこと

 

@はぜひ言ってもらいたいこと、むしろ言わないと逆にまずいことです。本来言うべきことなのに、あえて言わないケース(それが先日の野球のボールの話)もありますが、その場合損をするリスクが含まれている話のことです。

 

Aは時と場合によります。言うことで何かメリットがあるのなら言った方が良いでしょうし、特にメリットがなければあえて言わなくても良いというケースです。@と違うのは、言わない場合でも損をしない(またはリスクが極めて低い)という点です。

 

Bは言葉にしない方が良い場合の考えです。何か言った後に「やっぱり言わない方が良かったかな?」って後悔する時ってありますよね。あえて言わない方がメリットがある場合の考えですね。

 

Cは『思っても言っちゃいけないこと』、暴言・失言なども入ってくると思います。口にすることで損をするリスクが極めて高いケースです。

 

 

最近に限らずですが、世の中の流れはBやCの発言をクローズアップする傾向が実に高いということです。それが芸能人やスポーツ選手、ましてや政治家の発言ならなおさらです。考えや価値観は人それぞれですから、良い悪いの判断は人によりますが、それにしても「あえて言うほどのことか?」とか「それは言うべきではないでしょ!」という発言が失言として度々採り上げられ叩かれるのはよくあることですね。

 

せっかく良いことをしても、ちょっとした一言で世間を騒がせる人は結構います。それが政治家や著名人など『それなりに影響力を持った』人がするんだから困りもの。もちろん何もしないのも問題ですが、自分の存在や言葉にそれ相応の影響力があると分かっている人はちょっとリスク(※)を考慮すべきなのではないでしょうか?

取材やインタビューは自分をアピールする場でもありますが、それは同時にリスクを抱える場でもあるんですね。

 

※ちなみに、これは誰しもが抱えているリスクであると思います。影響を及ぼす範囲は状況によりますし、その範囲も著名人の発言に比べれば狭いかもしれませんが、それでも、親子・兄弟・夫婦・友人関係・会社の部内など、何かしらの範囲はあるものです。

発言する前に「言うべきことかどうか、言っても良いことかどうか」ちょっと考えることで、少しでも損をしない発言が出来るはずです。

この記事の先頭へ▲

6月の休日は…?

お題ブログ:祝日の無い6月。もし祝日を作るとしたら何の日にする?

何年か前まであった5月4日の『国民の休日』を復活させれば良いんじゃないですか?

全く当たり障りのない名前ですし。

 

まぁ、仮に祝日を増やしたとしても、勤め先が「今日は通常稼働!」って言えば、その日は平日と同じ扱いですし、逆に世間的に平日でも「今日は休み!」って言えば休日になるわけで、祝日が増えても喜ぶ人がどれだけ出るかは分かりません。

学校にしてもそう。休日を1日増やせば、その分平日を1日別に設けるはずです(授業日数の都合で)。夏休みのスタートが1日遅くなったりするので、それはそれでどうなんでしょうね?

この記事の先頭へ▲

お名前メモする