wnngb728のブログ

( ´・ω・)y─┛~~~oΟ◯

すべての記事を表示

エベレスト3D



【公開日】                      2015年11月6日


【上映時間】                        121分


【あらすじ】


エベレスト登頂ツアーの参加者達が頂上アタックの日を迎える。ところが、固定ロープの不備や参加者の体調不良等が重なり、スケジュールに狂いが生じて下山が大幅に遅れる事に。

更に未曾有の嵐が接近で急激に天候の悪化。

人間が生存出来ないとされる死の領域で登山家達はバラバラになってしまい、サバイバルを余儀なくされるのであった。




 



【感想】


通常字幕も用意されている作品ですが、3Dで鑑賞して来ました。久々の3Dメガネでの鑑賞であったので少し目が疲れましたが、映画と分かっていても3Dならではの避けたクレパスの上を梯子越しに渡るシーンは、立体的に目の前に迫る。

すぐそばの氷塊が崩壊して、嵐の中のブリザードの映像も迫力満点で、疑似エベレストを体験することが出来ます。

作品としては、面白かったのですが、面白い≠ニ言う表現が適切なのかは正直に言って疑問が浮かびます。

何故ならば、1996年にエベレスト登頂で11名の大量遭難者を生み出した史実を忠実に再現した作品なので、実際に命を落とした人もいると言う事で複雑な感傷に浸りつつあります。

自分は登山にも興味なければ登山自体の経験もありませんが、山に限らず様々な自然の脅威の下では人間の儚さのような物を改めて感じさせる物語でありました。

で〜この作品は、所謂、大量遭難者を出してしまった事故≠フ背景が描かれております。

初めてエベレスト登頂を成功した人物が出現してから、困難な攻略も一巡すると経験を積んだ登山家達が、攻略対象ではなく、商業化としての対象となって行きます。

そんな背景のなか、富豪や高所得者に人気が殺到し、後に公募隊による登山が主流となって、例えアマチュア登山家≠ナあっても必要な費用を負担すれば容易にエベレスト登山に参加出来るようになったのです。

なので〜簡単に?言えばあの人が出来たんだから自分にだって出来るんじゃないの??=E皆で登れば怖くない?%Iな感覚なのだと思う。

物語の序盤は、主人公の登山ガイド一行ツアー組がネパールに到着したところから始まります。

エベレストのベースキャンプで約1ヶ月入念な準備を整えた後、他の登山隊と協力体制を取りながら頂上を目指す事になりますが、天下のエベレストも、商業登山の専門スタッフがサポートすれば簡単に登れると思う前半でありました。

しかし、頂上目指す直前で想定外の事が起こります。

固定ロープの不備や参加者の体調不良などでスケジュールが大幅に狂い始めます。

しかも、変わりの酸素ボンベの準備不足?などもあり、酸欠・寒さという条件下で登山者達の体力が激しく消耗していくことになります。

そこへ、登頂時には好天だったエベレストが登山隊に牙を向きます。突然の嵐の接近で急激に天候が悪化したのです。

極限状態の中、主人公であるロブ隊長以下、スタッフ・登山家達はブリザードと酸欠・そして凍るような寒さの中、散り散りになってしまい、個々の生き残りの能力?を試される事になる訳であります。

猛吹雪のなか、動けなくなり絶命したかと思われた登山家が自力で生還出来たり、僅か2時間の物語のなかで、一体何が運命の分かれ道≠ノなったのか?そんな事を考えさせられる作品になっています。

もちろん、ロブ隊長やスタッフ・登山家達の僅かな判断の狂いも事故≠フ原因の一つかも知れないが、○○だったら的なタラレバを探せばキリがないのも事実だと思う。

商業化によって、ガイドなどによるルート工作や荷揚げも前もって行われるため、本来ならば必要である登山技術や経験を持たない素人登山者が増えた事も一つの原因だと思うし、経験豊富なロブ隊長は、時間制限である14時を超えたら頂上が目の前にあっても参加者を強く説得して引き返して来たのに、予定外のアクシデントの連発で、この時は1時間も遅れていたのです。

そして大きく遅れた参加者であるタグ(登場人物)を待ち続けて、更に1時間以上頂上で待ち続けてしまったため、結局下山出来なくなってしまったのであります。

ベテラン登山家としては無理し過ぎな気もするし〜危ないと思ったら諦めも大事だと思うし〜。

判断の甘さと言えば、それまでだと思いますが、事故の背景はそれだけじゃない≠ニ思います。

何も知らなかった自分は何で??≠ニ思っちゃうシーンもありましたが、そこまでして登りたいのかな?とも思うし、浪漫≠フ一言で片づけられても生きて下山しなければ意味ないじゃん!!とも思うし〜経験がない自分には正直に言って言葉は見つからない。

しかし〜このエベレスト11人の大量遭難者≠ノ日本人が含まれていたことも知りませんでした。

決してハッピーエンド≠ナ終わる訳ではないので、最初から嫌な?気分のままの鑑賞になると思いますが、こういう出来事もあったんだ≠ニ頭の片隅にでも認識出来れば良いのかな?

登場人物が混乱しますので注意は必要かな?





 



本作の群像劇を演じるキャストは結構豪華であります。

ターミネーター・新起動≠フジェイソン・クラーク=Eアバター≠フサム・ワーシントン≠竍キーラ・ナトレイ≠ネど実力派の役者さん達が出演しております。

この記事の先頭へ▲

なごみや 高蔵寺店(春日井市)



【店名】                      なごみや 高蔵寺店


【場所】                         春日井市


【営業時間】                     11時30分〜24時


【定休日】                          なし


【席数】                            44席







【メニュー】                     塩白湯ラーメン


【値段】                          680円


【スープ】                          塩 


【麺】                         細麺ストレート


【点数】                           64点


【感想】


豚ガラ・鶏ガラ・香味野菜などで作る白湯スープ≠フ塩味。

約3ヶ月ぶりのなごみや=B

相変わらず、程よい動物系の旨味と野菜の甘みを感じる丸みがあるスープは決して濃厚ではないが、平均的。

そこに角のない塩を加えて、旨味たっぷりなのに後味がさっぱりでコク自体も強すぎず弱すぎず。

麺≠ヘ、細麺ストレート≠ナ、プリプリとした独特の食感の良さと十分コシを感じるし、喉越しも悪くはない。

チャーシュー・メンマ・味玉・モヤシ・ネギ。

チャーシューは相変わらず柔らかなのに肉の厚みがあり中々の旨さ。

味玉は味が濃いのも相変わらず。

可もなく不可もなくという印象も以前と変わらない。


この記事の先頭へ▲

PAN ネバーランド、夢のはじまり

 


【公開日】                      2015年10月31日


【上映時間】                        112分


【あらすじ】


ロンドンの孤児院で暮らす少年ピーターは、ある日、地下室で古い手紙を見つけ出す。

『ピーター愛しているわ。別の世界で必ず会えると約束する。』

母からの手紙を見つけた時、ネバーランドへの旅が幕を開ける!

カラフルで不思議な、夢と希望の世界で彼を待っていたのは、妖精ティンカーベルや人魚、心躍るキャラクターたち。

実はピーターの仲間だった若き日のフック船長、戦うプリンセス、タイガー・リリー。

立ちはだかる海賊・黒ひげが、ネバーランドを踏みにじる。

ネバーランドは一体どうなるのか?やがて明らかになるピーターの出生の秘密〜彼は母に会う事が出来るのだろうか?




 


【感想】


永遠の少年・ピーターパン誕生を描いた作品。彼はいかにしてネバーランドに来て、ピーターパンとなったのか?そもそも正直に言えば、ピーターパンの物語って何だっけ?という程度の認識しかなく、ディズニー版やアニメ版?ティンカーベルを観て少し知ってるだけであるのだが、こーいう解釈の仕方もあるのか?というのが率直な感想であります。

序盤は孤児院時代・世間は第二次世界大戦の真っただ中〜しかし、子供のピーターは良く言えば好奇心旺盛で自立心強くて、簡単に言うならばやんちゃ坊主=B辛い状況にもめげずに、顔も知らない母との再会を夢見る。

本当にピーターパンの出生ってこんなんじゃないのか?と考えさせられるし、ピーターパンである地盤は踏まえている。でも確か原作は?公園で散歩中に乳母が目を離した隙にベビーカーが〜だった気もするが、これはこれで良いと思う。

突如空飛ぶ海賊船が来襲し、連れ去られるピーターや孤児たち。観る側も不思議な世界〜ネバーランド。

しかし〜孤児たちは解放されず妖精の石?≠探すための労働者になってしまう。

そのネバーランドは、泣く子も黙る海賊の長、黒ひげが支配する世界。

予言では、空飛ぶ少年が黒ひげを倒すという〜。ひょんなことから空に浮かんでみせたピーター。彼が予言の少年なのか?出生の秘密・名前の由来・この世界に居るとされる母との再会、そして黒ひげを倒して自由と平和を手にすることが出来るのか?ピーターの勇気が試される!

王道のファンタジー作品ともいえる内容であるが、そもそも個人的に考えるに童話だとか御伽噺って、その当時の社会風刺や世相等が反映して書かれている物が多くて、読む側・観る側の解釈で幾つものストーリーが浮かび上がると思っております。でもピーターパンだけは不思議な物語なんだけど。

序盤の海賊船がロンドン上空飛行の映像や幻想的な風景、アクションも良くて、テンポも非常に良く出来ております。

終盤の空飛ぶ海賊船と空飛ぶ海賊船・黒ひげ戦とジェットコースターばりの怒涛の展開に、最後の最後にピーター・パンが真の力に目覚める件は見応え十分だし、今回で言えば、やはり永遠のライバル?的存在であるフック船長≠ェ最初は仲間(ピーターにとっては友達)であったという解釈は面白いと思う。

でも、この作品はピーターパン誕生の前日談を描いているので、じゃあ何故フック船長と敵対関係になったのか?〜までは描かれていないし、腕もまだあるのだ。

しかし、敵はかつての友。まだ両手がある若かりしのフック船長が、後の自身の手になるであろう鉄の爪?を研いだりして、ワニや時限爆弾などディズニー版のオマージュも入っている。

そして、何故、ピーターパンが永遠の少年なのか?ネバーランドとは何なのか?という疑問には少しだけ語られているのだが、この辺りはもー少し突っ込んで描いても良いのでは?とも思いました。

全体的に観れば非常に分かりやすいストーリーだし、CGと分かっていても圧倒的な映像美・ユニークな発想と親子で鑑賞するにも最適だし、もちろん大人でも楽しめる内容となっております。

この作品のテーマは、恐怖に打ち勝つ勇気≠ゥな?

もちろん、ピーター役の子役も良かったのですが、何と言っても黒ひげ扮するヒュー・ジャックマンの存在感が凄すぎる。

人魚が出て来るシーンが幻想的でした。




 



本当の主役は黒ひげ?と思うほどの存在感でした〜ヒュー・ジャックマン。ウルヴァリンに見えなくて良かった?(´・ω・`)

この記事の先頭へ▲

ごまめ家 岐阜六条店(岐阜市)

 


【店名】                    ごまめ家 岐阜六条店


【場所】                         岐阜市


【営業時間】                     11時〜15時


                             17時〜22時


【定休日】                         なし


【席数】                          100席



 

 


【メニュー】                  ごまめ家らーめん(熟みそ)


【値段】                           650円


【スープ】                          味噌


【麺】                           中細麺ちぢれ


【点数】                            61点


【感想】


流石休日のチェーン店。家族連れで多かった昼食でした。

注文したのは、店名が入っているごまめ家らーめん≠ゥら熟みそ≠チョイス。

鶏ガラと海藻系?野菜も入ってるかな?をベースのスープに味噌を加えてある。

確かに、スープを口に運べば鶏ガラの優しい旨味と共に昆布?の仄かな風味が香る。

そこに、味噌独特の香りが漂うが、コクと言う点では弱いかな?

味噌独特の力強さは感じられないが、味噌らーめん≠ニ考えれば妥当・普通かな?

麺は、中細麺ちぢれ。プリプリとした強めのコシを感じる食感で、喉越しは普通かな?

チャーシュー・メンマ・味玉・海苔・ネギとオーソドックスな彩りは変わらないが、チャーシューの程よい脂身の甘みと程よい肉質のホロホロと口の中で崩れて行く感覚も相変わらず。

トータル的には可もなく不可もなくチェーン店らしい一杯。

ただ〜少しスープが温かったのは気のせいだろうか?

この記事の先頭へ▲

メイズ・ランナー2 砂漠の迷宮

 


【公開日】                     2015年10月23日


【上映時間】                       132分


【あらすじ】


巨大迷路から逃れ、自分達を操っていたWKCDという組織と攻防を繰り広げたトーマスらは身柄を保護される。

彼らは他の迷路から生き残った達の存在と、自分達がウィルスの治療薬の開発するための人体実験に使われる運命だと知る。

トーマスらは命の危険を察知して施設から脱走するが、そこは砂漠のような光景が広がっていた。




 


【感想】


メイズ・ランナーの続編・第2章ですが、いやー結構面白かった。1作目を観ている事が大前提となっていますが、一難去って、また一難のハラハラドキドキの展開や、まさかの仲間の裏切りなど見所が随所に散りばめられていて、2時間余りの時間が短く感じました。

物語の核心部分は直接的な映像ではなく、登場人物達の会話から観客が読み解く方式なので、しっかりと登場人物の言動に注意し、頭を整理しながら観て行かなければならないので少し疲れるのは確かですが、ストーリー展開は早いので中弛みを感じることはない。

で・・・・どうなるの??的な良い所で終わるので三部作の最終作への繋ぎとしては十分満足出来ると思います。

前回は閉鎖された空間である巨大迷路からの脱出であったのに対して、今回で待ち構えるのは砂漠化した街や身柄を保護(拘束ともとれるが・・・・)された施設からの脱出とフィールドが大きくなった分だけ広がりが面白くなっております。

施設を抜け出した中盤から砂漠を彷徨う事になるメンバー達ですが、そこには何とゾンビ達が!!一瞬バイオハザード観てるんだっけ??と思ったりもしましたが、意外に?足が速いゾンビ。

暗闇からいきなり出て来たり、分かっていても(予想はしてても・・・・)驚かされるシーンもあるので心臓の悪い人は注意した方が良さそう。

ガラスにヒビ入るところとか面白い展開なのに、その後の救出劇はカットかい!!とツッコミたくなる部分も多々あるのも事実だし、味方なのか敵なのか分からない人物も予想以上に登場してくるし、相変わらずのトーマスの傍若無人ぶりは正義感から来るものなのか?それとも人の言う事を聞かず自分の考えを突き通す、あんまり協調性のないやつなのか?混乱?する場面もあるのだが、前作よりも彼らの〜目的が明確になっているので、観ている方も物語に入っていけます。

よーするに、前作の復習もせずに鑑賞したので、うる覚えなのだが、何らかの原因で地球上にウィルスが蔓延している近未来の世界観で、そのウィルスの治療薬を作るには、若者の抗体が必要となる。

全ての若者ではなく、限られた条件下をクリアした若者であると言う事で、トーマス以下らが前作の巨大迷路に送り込まれたのである。

その若者を人体実験しながら治療薬を開発するのが、WKCDという組織なのだが、若者の命を犠牲にしてまで治療薬を開発することを良し≠ニする者たちと反対に、それは良くないんじゃない?≠ニ言う意見?に分かれているのであるが、主人公のトーマスらも当然?後者の考え方であるため、自分達を捕らえた組織からの逃避行・組織の目的を知り、それに抵抗を続ける主人公達の孤高な戦いが、スリリングに描かれているのであります。

用意された偽りの安定を捨てて、どんなに厳しくても自らの運命を切り開いて行こうとする姿が描かれるわけだが、最後のまさかのテレサの裏切り行為は、その偽りだけれど安定した生活を送りたい・仲間の命の保証を考えての行動だったわけで、全員が全員主人公の考えとは違うところにも面白さが詰まっているようにも思えました。

ただ〜主人公のトーマスが目立つのは当たり前なのだが、前作からのメンバーの見せ場が少なかったかな?まあ〜紅一点であったヒロインのテレサの見せ場は最後にあったので良いし、ミンホも最後連れていかれて〜っ見せ場があったのは良いけれど、あとゾンビに噛まれて?死んじゃって途中退場だったりと・・・・・。

まあ〜新キャラが結構多かったから仕方ないのかな?

主人公トーマスの記憶と共にストーリーが見えて来る作品でもあるのと、同時にテレサの記憶も大切な要素にもなっているし、これからのハリウッドを背負う若い役者さんたちの演技も見所かな?




 



主人公トーマスの勢いに訳も分からず付いて来た他のメンバーの必死さが思わず苦笑してしまいましたww




 



                         頭に血が昇るだろ!!(藁)

この記事の先頭へ▲

お名前メモする