wnngb728のブログ

( ´・ω・)y─┛~~~oΟ◯

2020年04月06日の記事

辣風旋(名古屋市瑞穂区)

 



【店名】                         辣風旋


【場所】                      名古屋市瑞穂区 


【営業時間】          平日      11時30分〜14時         


                            18時〜22時


                 土・祝       11時〜14時


                            18時〜22時


【定休日】                    日曜日・第1木曜日


【席数】                          20席




 



【メニュー】                    ネギ塩チャーシュー麺


【値段】                           880円


【2020年合計金額】                   24390円


【スープ】                           塩


【麺】                           中細麺ちぢれ


【点数】                            64点


【感想】


2020年27軒目は、約3年半ぶりの辣風旋=B


元々は、惜しまれながら数年前に閉店した常滑の八百善≠フDNAを受け継いでいる店。


そして、今回は八百善℃梠繧ノはメニューには無かったネギ塩チャーシュー麺≠チョイス し


てみた。


そう〜八百善≠フ特徴でも有るのがドカッと鎮座するチャーシューと言うよりも肉の塊。


スープは、鶏ガラベースの正統派の透明塩<Xープ。


そのスープからは、鶏ガラの優しい旨味を感じるが、塩自体は少し強いかな?


それでも、白髪ネギに散りばめられたブラックペッパーの香ばしくて、時折舌先に感じる辛味が良いア


クセントになっていて、白髪ネギもスープに染み込めば染み込む程、シャキシャキとした食感に麺が


絡めば口の中に幸せな音色が響き渡る。


そして、肉の塊すから出る肉汁すスープに染み込み、チャーシューにスープが染み込むと程良いコク


を感じる様になる。


麺は、中細麺ちぢれ≠セが、程良い食感と程良いコシ・そして喉越しと決して悪くは無いが、スープ


との相性は麺の方がスープに対して力負けしている印象を受けた。


そして、このラーメンの主役とも言えるチャーシューは、厚みが有るにも関わらず、箸を入れるとホロ


ホロと崩れて行く柔らかさで有りながらも、口の中に運べば濃厚な脂身の甘みと蕩けて行く脂身に加


えて、噛み応えも十分。


これだけで、酒の肴にもなりそう。


因みに、このチャーシューは1本1200円で買う事も出来ます。







この記事の先頭へ▲

お名前メモする