wnngb728のブログ

( ´・ω・)y─┛~~~oΟ◯

2020年07月07日の記事

めんきち(春日井市)

 



【店名】                         めんきち


【場所】                         春日井市


【営業時間】                     11時〜14時


                             17時〜20時


【定休日】                       第1・3月曜日


【席数】                           10席





 



【メニュー】                         梅


【値段】                          1100円


【2020年合計金額】                  54460円


【スープ】                         醤油


【麺】                          中太麺ちぢれ


【点数】                           72点


【感想】


2020年60軒目は、約半年ぶりのめんきち=B


所謂、名古屋のご当地ラーメンの1つでも有る好来系≠フお店。


現在の好来道場≠元祖店で、弟子・孫弟子等が味を受け継いでいるのが好来系ラーメン=B


好来系のスタイルと味で名古屋市を中心に20店以上存在すると言われておりますが、完全な暖簾分


けでは無く各々独立の店なので、全ての店が同じ味・メニュー・値段では無い。


この好来系≠フ最大の特徴はスープ。


濁った色合いのスープは一見、豚骨醤油≠フ様な風貌だが、実際に食して見ると、全く豚骨


では無く、根菜を中心とした野菜と豚骨・鶏ガラ等とのブレンドスープ。


この店の場合は、他の好来系≠ノ比べると少し醤油が強く感じる物の、動物系の旨味が濃いの


で、優しい味付けながら、口当たりはあっさりしつつもまろやかで有りながらも、動物系の旨味・野菜


の甘み・そして時折感じる醤油の香りとコクのバランスが際立っている。


麺は、中太麺ちぢれ=B


元々、好来系≠ヘ、島田屋製麺所≠フ麺を使うのが共通だったが、島田屋製麺所≠フ廃業


に伴い、現在は、各店がそれぞれの製麺所の物を使用していますが、大体中太麺ちぢれ≠使っ


ている事が多い。


茹で加減も各店で違いは有るし、ストレート麺を使っている所も有りますが、共通しているとすれば、


もっちとした固めが多い。


ラーメンに彩り良く盛られている、チャーシュー・メンマ・ネギ。


好来系≠フメニュー表記は松=E竹=E梅=E寿≠ニ少し変わっていますが、概ね、


松=チャーシューメン≠ニ思えば良いです。因みにめんきち≠フ場合梅≠ヘ、チャー


シュー増し。


その為、基本がチャーシューメン≠ネので、チャーシューに拘っているのも特徴で、トロトロの


柔らかさで有りながらもスープに染み込めば染み込む程柔らかさの中に脂身の甘みが濃くなり、


チャーシューの旨味がスープに染み込めば染み込む程、スープの旨味に力強さが出始めて、最初と


最後の方のスープの表情は別人。


そして、毎回悩むが絶妙な箸休めに重宝するメンマ=Bこれを増しにするか?チャーシューを


増しにするか?


厚みが有るのでコリコリの食感が嬉しくなる。






この記事の先頭へ▲

お名前メモする