wnngb728のブログ

( ´・ω・)y─┛~~~oΟ◯

グルメ/お酒の記事

みそらーめん かたぶつ(尾張旭市)

 



【店名】                   みそらーめん かたぶつ   


【場所】                        尾張旭市


【営業時間】                    11時〜15時


                            18時〜21時


【定休日】                       不定休


【席数】                         24席




 



【メニュー】                  KARA辛みそらーめん(味玉付き)


【値段】                           1020円


【2020年合計金額】                   40750円 


【スープ】                           味噌


【麺】                           中細麺ストレート


【点数】                            72点


【感想】


2020年45軒目は、約半年ぶりのみそらーめん かたぶつ=B


文字通り、味噌らーめん≠フお店になります。


今回は、KARA辛みそらーめん≠ノ毎度お馴染みの味玉を追加。


まず、スープを口に運べば、濃厚な味噌のコクと風味が広がり始めると、煮干し独特の風味が顔を出す。


2種類の唐辛子を使っていると言う辛味噌は、最初は確かに辛さを感じるが、動物系の旨味や味噌の甘


みの存在感を楽しめる様な旨辛な感じだが、スープに添えられている唐辛子?を馴染ませると攻撃的な


辛さに変貌する物の、動物系の旨味・煮干しの風味・味噌の風味とコクを損なわない程度の辛さになる。


麺は、しっかり固めの中細麺ストレート≠ェ味噌スープに濃厚に絡む。


肉味噌が良いアクセントになっているが、メンマはコリコリ・チャーシューは厚みは無いが旨味を感じる。



この記事の先頭へ▲

ラーメン福 十一屋店(名古屋市港区)

 



【店名】                     ラーメン福 十一屋店


【場所】                       名古屋市港区


【営業時間】                     11時〜23時


【定休日】                        火曜日 


【席数】                          20席






 



【メニュー】                       ラーメン


【値段】                         600円


【2020年合計金額】                 39730円


【スープ】                         醤油


【麺】                         細麺ストレート


【点数】                          64点


【感想】


2020年44軒目は、店舗は違うが約7ヶ月ぶりのラーメン福=B


今回は、十一屋店≠ノお邪魔しました。


名古屋市内を中心に展開するチェーン店なのでメニュー構成は全く同じ。


この店のラーメンは、正直に言えば無茶苦茶美味いラーメンと言う訳では無いが、忘れた頃に食べた


くなるから不思議。


表面が油のせいで白っぽく見えるが、スープは醤油=B


豚骨ベースでは無く、確か・・・・・豚の背脂を使っていた筈で仄かに豚の存在感が見え隠れするが、


全体的には、口当たりは軽く後味もスッキリとしている。


但し、大量のモヤシが原因で次第にスープが薄くなるのと、スープの冷めて行くスピードが結構早い。


モヤシの存在のお陰でボリューム感は有ります。


麺は、お馴染みの細麺ストレート=B弾力は有り噛み応えも十分。


豚バラスライスチャーシューは特に味も香りも弱めだが、何気に好きである。





この記事の先頭へ▲

麺家 一進 港店(名古屋市港区)

 



【店名】                       麺家 一進 港店


【場所】                        名古屋市港区


【営業時間】                      11時〜15時


                            17時30分〜22時


【定休日】                          なし


【席数】                            ?




 




【メニュー】                    赤辛味味噌らーめん


【値段】                          790円


【2020年合計金額】                  39130円


【スープ】                          味噌


【麺】                          中細麺ストレート


【点数】                            68点


【感想】


2020年43軒目は、約半年ぶりの麺家 一進 港店=B今回は、赤辛味味噌らーめん≠チョイス。


スープを口に運べば、思ったよりも見た目以上に唐辛子の風味は強めだが、辛さ自体は控え目。


それでも、味噌独特のコクが有る。


ややトロミの有るスープに中細麺ストレート≠ェ良い具合に絡んで来る。茹で加減は緩め。


チャーシュー・白髪ネギ・味玉半分。


チャーシューは厚みが有る分食べ応えは有る。脂身の甘みは良い感じだが少し硬さを感じた。


白髪ネギはアクセントには良いけれど、もう少し量が有ると存在感が増す気もする。

この記事の先頭へ▲

中華蕎麦 生る(名古屋市千種区)

 



【店名】                       中華蕎麦 生る


【場所】                       名古屋市千種区


【営業時間】                    11時30分〜14時


                             18時〜21時


【定休日】                         月・火


【席数】                          10席




 



【メニュー】                     特製赤鶏白湯そば


【値段】                          1100円


【2020年合計金額】                  38340円


【スープ】                         鶏白湯


【麺】                         中太麺ストレート


【点数】                           78点


【感想】


2020年42軒目は、名古屋市千種区に有る中華蕎麦 生る=Bやっと行く事が出来ました。


券売機から選択したのは、特製赤鶏白湯そば=B


所謂、泡系鶏白湯≠ナすが、スープに泡状にする事での利点や通常の鶏白湯≠ニの違いは何


なのか?と問われても明確に答えれる訳ではない。


このスープを口に運ぶと、滑らかでクリーミーな口当たりの中に鶏の旨味が凝縮されたコクが広が


る。


と・・・・・言葉で表現するとなると、有り勝ちで陳腐な文句しか浮かばない。


魚介系も入っていると言う事だが、風味自体は控え目で余韻を楽しむ程度。


濃厚な旨味のスープだが後味は非常にスッキリとしている。


スープに添えられている液状な物はラー油かな?確かに香りが次第に良くなって行く。


麺は、自家製麺の中太麺ストレート≠ナ、モチモチの食感と小麦粉の香り・甘みが広がるのと同時


にスープが濃厚に絡んで来る。


柚子の風味が良いアクセントだが、薬味の何かしらが少々煩く感じたのはネギかな?


鶏・豚のチャーシューは、鶏はしっとりとした食感・豚は柔らかく濃厚な味わい。


メンマもコリコリ。味玉は黄身がしっとりとしていて、スープ・麺・具材とのバランスが非常に良い。


理屈抜きに美味いのか?美味くないのか?≠ニ問われれば間違いなく美味い!!<堰[メンで有る事


には違いない。

この記事の先頭へ▲

一番軒 浄心店(名古屋市西区)

 



【店名】                     一番軒 浄心店


【場所】                      名古屋市西区


【営業時間】                    11時〜23時


【定休日】                       不定休


【席数】                         50席




 



【メニュー】                  白豚骨ラーメン(うずら付き)


【値段】                          750円  


【2020年合計金額】                  37240円


【スープ】                         豚骨


【麺】                         中細麺ストレート 


【点数】                           70点


【感想】



2020年41軒目は、一番軒 浄心店=B今回は、基本となる白豚骨ラーメン≠ノうずら≠トッ


ピング。


何度も食べているので特別な感想は浮かばないが、クリーミーな口当たりと、しっかりとした豚骨の旨


味を堪能出来るスープには一番軒≠轤オさを思わせる安定感・安心感が有ります。


只、店舗によって微妙に何かが違う気がするのも事実で、やはり一番軒の基本となるのは本店。


本店で食べた時のイメージと系列店で食べた時のイメージが合致しないのは何故だろう?


メニュー構成は、本店を含めて系列店ほぼ同じだが、屋号が微妙に違う事も理由に有るのかな?


麺は、中細麺ストレート=B歯切れの良さと小麦粉の香りと甘みが濃いのは嬉しい。


チャーシューは厚みは無いが、適度な噛み応えが有る。

この記事の先頭へ▲

お名前メモする