日記

(実話)宝くじで1千万円

お題ブログ:実は…内緒にしていたことってある?

うちの親戚が数年前に、ジャンボ宝くじで1千万円に当せん!
・・・というのが、今年の正月に発覚しました。

「どうして教えてくれなかったの?」と尋ねたら、
「もう、何年も前のことだし、そろそろ言っても大丈夫かな〜」だって。

よく「私のまわりでは『宝くじが当たった』という話を聞いたことがない」
というコメントを見ますが、
親戚の間であっても、数年間も内緒にしているのですから、
これが「私のまわり」という赤の他人なら、黙っていて当然ですよね。

この記事の先頭へ▲

来年から500円玉が新しくなります

「2024年から新紙幣発行」というニュースと同時に発表されましたが、その後いろいろなことがありすぎて、忘れている方も多いと思います。

この記事の先頭へ▲

等価交換してきました

大きさは普通の百円玉と同じです。来年の五輪が中止になれば価値が出ると思います。




この記事の先頭へ▲

昨日の様子

静岡市の清水区は真夏日


北方領土の択捉島は雹(ひょう)

この記事の先頭へ▲

貨幣は額面価格の二十倍までを限り法貨として通用する

簡単に言うと、210円の支払いで十円玉21枚を出すと、お店の人は「20枚を超えているからこまかすぎる」と言う理由で断ることができる(もちろんそのまま受け取ってもOK!)と、日本の法律で定められているのです。

例えば2300円の支払いで、百円玉23枚を出して「こまかすぎる」と断られたら、百円玉20枚と十円玉20枚と五円玉20枚を出せば大丈夫になってしまうという・・・。なんだかモヤモヤする法律です。

なお、紙幣の枚数には上限がないので、100万円の支払いに千円札1000枚を出されても「こまかすぎる」とは言えないのです。こちらも、なんだかモヤモヤしますね。

この記事の先頭へ▲

お名前メモする