【備忘録】ケツァルコアトルス攻略〜スタン編成〜

ケツァルコアトルス攻略

何度か編成を変えて挑んでみたものの、スタンを使わずに勝てた事はまだないです(;^_^A時間が掛かるので力押しでクリア出来るようになりたいものです。


■編成@ 現状では一番良いがリロードの可能性有り。

チェンジバトルでハミエルのスタンを使った編成。これが汎用型。
スタン編成のパターンについてはまた今度。
※フランシールに攻撃力アップの装備品を。属性バリア付きの装備品は付けると事故の元なのでやめた方が良い。以下の画像では見事に事故ったσ(^_^;


wave1と2は単純作業の為、飛ばしますw見ての通り、HP全快でwave3に突入できます。


まず先制持ちで最初に行動するプライヤを控えのハミエルとチェンジ。そしてスタン連擊を使用。



お供3体にはスタンが効くが、耐性があるのか掛かりは悪い。
この編成だと3体足止め出来ないと倒せないので、ハミエル→オペラの傀儡の2回共効かないのが居たらリロード(>_<)
面倒だけど、ここを乗り切れば勝利は近いw

画像はハミエルの番で運良く3体全てスタンし、ハミエルの2回行動が発動。ハミエルはもう使わなくても良いのでCT回復させず即プライヤにチェンジ。

オペラ…傀儡でフランシールの単体攻撃FSorプライヤの全体回復
フランシール…単体攻撃FSを優先
アーカード…フランシールに短縮
プライヤ…オペラに短縮

【注意点】
・フィールドチェンジ中にケツァルコアトルスを倒さない事!もし倒してしまうと、以降フィールドチェンジしなくなり、全部倒す前にアーカード2体が落ちる(||゜Д゜)

・ケツァルコアトルスは炎塵のFSと全体短縮FSを使用。炎塵のFSのCTが重いが、フランシールの連擊FSで闘争本能が多く発動すると、炎塵FS(フィールドチェンジ)の回転が早まる。
これを念頭に置いて、通常のフィールドでは連擊は使用しない。
炎塵になったらタイミングによってはわざと連擊を使用してフィールドチェンジを早めるのも手。

・毒の付与が切れている時は、オペラの傀儡は基本的に回復を選ぶのが得策。

・アーカード2体居ても、祝福の残数に余力は多くない。その関係で出来れば冒頭のシーンでハミエル(初手)で3体足止めしたい所。オペラの傀儡で3体足止めだとかなりギリギリ。


無事ケツァルコアトルスを倒しました。


ここからはフランシールの連撃で沈黙を付与して敵のFSを使わせないように動きます。
右下が2回行動なので、右下は最後に残すと良い。
2回行動持ちと言えど、最後の1体になればオペラorフランシールをハミエルとチェンジしてスタンループで完封♪



と言いつつ、画像では敵の行動順の関係で左下を最後に残す状況に。



■編成A 安定するけど凄く時間が掛かる。違う有力なユニットが入手できたら…かなぁ。

スタン&無敵引き付け編成。これだと、打ち消しを使ってこない右下のお供はスタンしなくても良い。
編成@と同様で、開幕プライヤ→ハミエルへのチェンジでスタン連撃。ハミエルを再度プライヤにチェンジ。
次に動くアーカードをハンナにチェンジし、自身に無敵。そしてジェペートの引き付けを付与。ハンナは闘争本能持ちなので、CT短縮を使わなくても済む事が多い♪

編成@に比べて火力が落ちるので、フィールドチェンジで回復され、なかなかHPが減らないのが難点。
通常のフィールドで一気にHPを削り、フィールドチェンジ直後に削り切れるタイミングが多く、うっかりするとフィールドチェンジ中に倒してしまう事も。長期戦で集中力が切れてくるから、分かっていてもミスをしてしまう。そしてミスしたらまた長期戦のやり直し…。
安定するけどあまりやりたくない編成^^:

打ち消し持ちのお供2体になったら、無敵引き付けは終了して@と同様の戦い方に。
アーカードの祝福が温存されているから、2体ならまとめてスタンループという手も有り。
ただし、ここのお供は効きにくいので2体と言えども完封は出来ないので油断禁物。

この記事の先頭へ▲

お名前メモする