■監督名:長見良■のブログ

お堅い話は、しばらくすると カテゴリー「ハンゲーム全般」に移します。

長見の鯉日記 -4-  ver.2012

ハンフェス報告

 

 

皆様、お久しぶりです。

 

昨日は ハンゲームフェスティバル(inパシフィコ横浜)に行ってきました。

 

以下はその報告です。

 

 

---------------------------------------------------------------------------------------------------

 

SCENE 1( 旅立ち )

 

 

長見:  ファミスタ関連のオフイベントに参加するのは、初めてじゃ。

 

番記者: なんだか、意外ですねぇ。

 

 

長見:  日頃から散々、当ブログで(正論とはいえ)いいたい放題 言ってきたからの。

 

     ハンゲ関係者に 顔をあわせることになると思うと、ちと気が引けたのだ。

 

 

番記者: まぁ、その心配もないほどの大盛況でしたねぇ・・・会場 暗いし。

 

 

---------------------------------------------------------------------------------

 

【入場時に受取る、スタンプラリー用の冊子】

 

 

 

---------------------------------------------------------------------------------------------------

 

SCENE 2( みなとみらい駅に到着 )

 

 

長見:  この手のイベントは 混雑するのが相場。

 

     さすがに 開場直後の時間帯は避けた。これは正解だったようだ。

 

番記者: みなとみらい駅には、予定どおり 11:30すぎに到着。

 

 

長見:  いきなり、駅ビルの あまりに立体的な構造に、圧倒されてしまった。

 

     駅改札を出た時点で、すでに方角がわからん・・・(太陽はどっちじゃ)

 

   

     また、吹き抜けホールで行われていた、生演奏が 大音量で 騒々しいの何の。

 

 

番記者: グチのオンパレードですねぇ・・・

 

 

     時間帯のせいでしょうか、人の流れもあまりなくて、

 

     ひたすら 案内表示を探して、キョロキョロしていましたからね〜

 

        まぁ、今回覚えたので、次からは 大丈夫だと思いますけど。

 

長見:  次があるのか? 

 

  

     来年、同じ場所で、たとえ ハンフェスが開催されたとしても、だ。 

 

       ファミスタに、果たして 次はあるのか?

 

 

番記者: (・・・それは 禁句や)

 

 

---------------------------------------------------------------------------------------------------

 

SCENE 3( イベントホールに入る )

 

 

番記者: 住友林業さんの健全イベント(ホールA・B・Cで開催中) の前を横切り、

 

     エスカレーターを下って、真っ暗な Dホールに入る・・・

 

     あの時点で すでに、何だか 後ろめたい気分になりましたね。

 

長見:  何を今さら。

 

  

     しかし誤算だった。「ファミスタのエリア周辺はそんなに混まないだろう、

 

     だから、さっさと買い物を済ませて 帰ろう!」と思っていたのに・・・

 

 

番記者: 見事に、目論見が外れてしまいましたね。

 

    「物販&ゲーム内アイテム販売コーナー」が、全ゲーム共通だったなんて・・・

 

長見:  大戦略? エルソード? ドラゴンネスト?

 

     ワシには全く、関係ござらーん!

 

 

番記者: スタッフのお兄さんたちが、売り切れ商品リストを持って、

 

     待ち行列の周りを 何度も巡回していましたが・・・

 

長見:  売り切れ、全く関係ござらーん! 

 

 

番記者: 結局、2時間待ちでした。 

 

 

---------------------------------------------------------------------------------------------------

 

       

SCENE 4( 目的を果たした後で )

 

 

番記者: 当初目的の 買い物を終えた時点で、13:40。  

 

 

長見:  あそこで 帰っておけば良かった、かな?

 

番記者: でも カントクはその後、ファミスタのアトラクションに直行!

 

   

     その名も「ストラックアウト」!

   

長見:  だって、アレ一度、やってみたかったんだもんー

 

     やってみたかったんだもんー

 

     昔、テレビ番組(筋肉番付)で見たときからの、夢だったのヨー 

 

 

番記者: 素人向けとはいえ、かなり 至近距離からの投球でしたね〜

 

長見:  それをいうなぁ〜

 

 

番記者: あ、ちなみに長見カントクは、3球投げて 1回しか当たりませんでした〜。

 

長見:  直前に投げた兄チャンが、どうみても 野球経験者だった・・・。

 

     いいフォームから、遠慮なく 文字どおり「投げ込んでいた」。

 

     ものすごくカッコ良かった・・・

 

 

番記者: ふんふん、それで?

 

長見:  それまでは 泥臭く当てにいくつもりでいたのだけれど、急に気が変わりまして。

 

 

     本気モードで 投げたい衝動に駆られて・・・

 

 

番記者: つまり、アオられたと?

 

    「名より 実を取る」ことが信条の、長見カントクらしからぬ 心変わりですね。

 

長見:  それで 2球目と3球目は 地面にたたきつけてしまい・・・

 

     直後に、この「ストラックアウト」に 再挑戦することを誓ったのだ!

 

 

番記者: これがきっかけで、まさか帰宅が 4時間も遅れることになろうとは・・・

 

 

---------------------------------------------------------------------------------------------------

 

       

SCENE 5( スタンプラリーの旅に出る )

 

 

番記者: 入場時にもらえる「ハンゲームチケット」を

 

     アトラクション「ストラックアウト」で消費してしまった長見カントクは

 

     更なるチケットを手に入れるため、スタンプラリーの旅に出るのでした・・・

 

 

長見:  その時、見知らぬ男性に 声を掛けられてね。

 

     一瞬ビビッたよ・・・こんな所で 知り合いにでも 見つかったのかと・・・

 

 

番記者: その男性は 妻子連れで来場していたそうですね。

 

長見:  最初は 親子一緒に 回っていたけれど、途中から お父さんひとりで

 

     回り始めたそうだ。

 

     私に話しかけてきたのは、歳が近そうに見えたから、かな?

 

 

番記者: 小さな子供連れには 過酷な環境だったと思いますが。

 

長見:  某イベント並みの混雑に加え、真っ暗な空間。

 

     レイザーラモンHGが フォーフォーいっているところに

 

    「マジモン」の輪投げブースが あるって、どうなんだ・・・。

 

 

---------------------------------------------------------------------------------

 

【冊子の中(ファミスタのページ)】

 

 

 

---------------------------------------------------------------------------------------------------

       

 

SCENE 6( タイムオーバー )

 

 

 

長見:  知り合った男性と 情報交換できたことで、

 

     スタンプ収集のペースは 上がったものの、

 

     全107種のスタンプを集めることは ついに叶わず。

 

番記者: No.7〜10と、No.104〜107は、一体どこに あったんでしょうかね。

 

長見:  それでも 2条件は満たしていたので(「大スタンプ制覇」と「暗号解読」)

 

     急ぎ「スタンプラリー引き換え所」の行列に並んだ。

 

 

     だが、17:30になると 行列は全員 解散させられてしまった。

 

     無念じゃ・・・ 

 

番記者: はじめてのイベント参加で、張り切りすぎた分、

 

     落胆した時のダメージも大きかった、と・・・気持ち お察しします。

 

     ちなみに帰り際、「物販&ゲーム内アイテム販売コーナー」の状況を

 

 

     ご覧になりましたか?

 

長見:  2時間待ちだったはずの、大行列は 忽然と姿を消し

 

     まだ営業中だというのに、閑古鳥が啼いていたという・・・

 

 

番記者: アラ不思議! あな恐ろしや!

 

 

長見:  ・・・ていうか、これはこれで、やるせないのぉ・・・

 

 

---------------------------------------------------------------------------------

 

【悲しき結末(達成者の印なし)】

 

 

 

 

 

 

---------------------------------------------------------------------------------------------------

 

       

SCENE 7( 帰宅後 )

 

 

  長見カントクは 家に帰るとさっそく、PCに向かった。

 

  長見カントクは ニヤニヤしている!

 

  何かを剥がす、音がする・・・ペリペリペリ・・・

     

 

 

<完>

 

---------------------------------------------------------------------------------

 

【知る人ぞ知る・何かの残骸(18枚)】


---------------------------------------------------------------------------------------------------

この記事の先頭へ▲

お名前メモする