】 Fire Talker 】X【 Truth of Grief 【

人を知り、愛を語る。悪鬼羅刹を今日も斬る! 自分でも何を言ってるのかわからない!

すべての記事を表示

好きな映画監督はいる?

お題ブログ:好きな映画監督はいる?(十六夜サヤカさんのお題)

お!十六夜サヤカさんじゃないですか!
お題主おめでとうございます!

んー、本来であればお詫びもかねて
1記事で終わろうと思ったんですが、

これはまぁ知人のお題。
お答えしておきましょう。

ひと昔前とかなら、
Luc Besson(リュック・ベッソン)監督や
Danny Boyle(ダニー・ボイル)監督。

有名どころなら最近特に紹介して回っている
Steven Spielberg(スティーヴン・スピルバーグ)監督、
Alfred Hitchcock(アルフレッド・ヒッチコック)監督、、

色々候補があり過ぎるな。

まぁでもやっぱあれかな。
Clinton Eastwood(クリント・イーストウッド)監督
にしときます。

うちのブログの見た映画で
「これ素晴らしい」
と絶賛する作品に結構な確率でノミネートしているのが
彼の造る映画なんですが、

彼自身もハリウッドの俳優として
長年キャリア積み重ねており、その影響もあってか
凄くいい作品を多く世に出しておられる。

上述で紹介済みのスピルバーグ監督が確か、
自分の後継者は彼であると言われているんだったか。
私もその意見には激しく同意といったところです。

まぁでも監督はあくまでも作品を完成に導く1つの要素
でしかなくて、
脚本や俳優、女優、エキストラ、
セットや特殊な演出とアイデア、
様々な物が合わさって、
いい映画にかろうじてなるかどうかのスタートラインに
ようやく立てるわけで。

日本はそれより大幅に、
遥か手前の地点の状態がほとんどである事が
嘆かわしくてしょうがない。勝負になっていない。
アニメ映画に嫉妬する前にほんと、
1から全部ぶっ壊して造り直してもらいたいね。

この記事の先頭へ▲

ゆるふわニュース その45

アニゲー速報 10月21日
『【悲報】例の歌う猫、
 やっぱり尻尾を握られて歌わされていた』
 ※問題となった動画もアドレス先にあります。


ごめんなさい。ブログのバックナンバーが多すぎて
何処だか忘れてしまったんだが、
確実に当ブログで紹介したことは事実なので。

飼い主のリズムに合わせて歌う猫の動画
の続報です。

報道側が用意した動画だけをみて、
しかも捨て猫で、
飼い主への愛情やコミュニケーションから来るものだ、
と、思っていたんですが、、

今回に関しては全く同じ、ではなく、
編集される前であろう動画が
そのまま残されていて。

以前紹介したのはどうやら
編集された後の動画のようです。

今回判明した動画では、
飼い主と思しき方が猫のしっぽを不自然に掴んでいる
部分が動画としても残されていて、
都合よくその部分がカット、
その上で撮影された内容だったようです。

猫のしっぽを意図して握って、
リズムを刻むよう指示していた可能性がある。
(先日紹介した動画ではそのシーンが一切なかった)

現段階では可能性の範囲で、
握るたびに悲鳴が上がるというシーンもないため、
あくまでも現段階疑いまでだが、
今後の展開次第では
その可能性が出てくる、というお話だそうだ。


まず、謝罪します。

皆様にご不快な思いと、
動物に対する冒とくになるかもしれない行動を
結果、褒めてしまった事を深くお詫び申し上げます。

誠に申し訳ございませんでした。

私自身に今回の件で悪評が飛ぶ事自体や
信頼が無くなってしまう、という事自体は、
もし発生しても、
しょうがないとあきらめています。

嫌いになる方や友達登録を削除する、
ブラックリストに登録する、といった作業は
お任せします。私の方からはしません。

この点に関して、悪口を書く方が居られても
私は基本気にしない方向にしようと思います。
(当ブログ内ではボーダーラインの範囲内でなら
 甘んじて受け止めますが、限度を超えた内容に関しては
 当ブログ内限定で、対処はさせて頂きます。)


まぁ、ただね。

開き直りと言われてもかまわないんだけど、
この際だから言い訳というか、

このお話に対して謝罪の上で、
きちんと反論というか、
自分の意見は書かせてもらう。

まず、この報道は公共の電波などでも
流通している動画で、
どこぞの闇サイトから引っ張り出した
ネタではない点や、
この動画主や動画の編集、内容に関して
私は一切無関係で、
作成依頼も当然していないし、
知り合いでもないという点だ。

ネットは誰が何をしているのかなんて
わからない。この動画主と私が同一人物
あるいは関係者と推察する人も出るかもしれんが、

全くの別人だ。
知人とかそのレベルですらない、赤の他人だ。
宣伝して広告費をどうこうとか、
そういう利害関係者やステマチックな行為は
今後も昔も一切かかわっていない。

ここは、
完全個人の趣味ブログである事を明言しておく。

次に、動画は動画主の好き放題出来る内容で
大半が自分にとって都合のいい切り抜きや
演出が可能で、その点から疑った場合
もう何も語る事も話す事も出来ない、という点。

ある程度は私も警戒しているものの、
それでも人である以上限界というものはある。

プライバシーを侵して相手のPCなどの中身を
ハッキングして、編集前の動画を全て
閲覧しても構わないという許可や技術を
『裏取り』と称して行使してかまわない!

というなら調査不足も自己責任の範囲なんだろうが、
当然ながらこれは違法なので
今までもしてないし、これからも無理です。
世の中に無数有る動画を1つ1つそんな形で検証なんて
実質不可能ですからね。


主だった反省はこれら2つかな。

無論、反省だけではなく、
今回のこの出来事を生かして、防止策は取ろうと思います。

今後はより注意喚起と、
言葉や表現が悪くなりますが、
もっと疑ってかかるようになると思います。

この動画が違法性の何ら頭の演出を込めて
こういう映像を収めた可能性に関して、
示唆する文言を意図して書く事は、
今後紹介するかもしれない動画には例外なく
聖域なく、行います。

ただ、それらは今回の事件を踏まえた上での
対策の一環であって、動画主やそれら紹介された内容
への理由のない悪意のあるバッシングなどではない事を
この場を借りて宣言させて頂きます。

皆様からすればこの動画主も、
私も一緒に批判される立場
なのかもしれませんが、

私は私でこんな汚れた片棒を担がされた
形になった事、一生許せません。
虐待があろうがなかろうが、
人から猫に対しての過度な接触は、
保護猫であろうとそうでなかろうと、
猫にとっては良くないというのは、『常識』です。

これまでしてきた全てに猛省をし、
動物愛護活動に生涯を捧げて償ってほしいですね。

この記事の先頭へ▲

あなたの休日の過ごし方を教えて!

お題ブログ:あなたの休日の過ごし方を教えて!

その前に申し訳なかった。
本日は2記事態勢にする予定がなぜか文字数オーバー。
文章の構成をいじって省略したりして
1記事内に合わせるのも1つだったのだが、
今日はめんどくさかったので分割しました。


というわけで、本日のイベント記事ネタは
休日の過ごし方、なのですが、
私の場合時間が余ってたらいろいろやる事が多くて、
列挙して書き出していたら、
またしても文字数オーバーしそうだ。

その中の一つをご紹介しよう。

休日、というよりは空いている時間、
蝶々の卵や幼虫を取っては捨ててますね。

アイツらもう、ほんとに、、
しつこくてしつこくて。
生きるために必死なのは理解できるんだがね。

こっちも植物育ててるのに都合も考えんとバクバク
葉っぱ食いやがって(激怒)

飛んでいる分にはこちらに害をなさないため
以前は無害だと思い、
好きでもないが嫌いでもなかった蝶々が
最近は憎くて憎くて仕方がない。

だが飛んでいても駆除はしない。
本当は飛んでくる奴片っ端からちぎってやろうかと
思うぐらいなのだが、それは驕りである。

自然は人だけのものではない。
住宅地とはいえそこは自然の中。
こちらの妥協点もある程度は寛容でなくてはならない。

それに一つ、聞いた事がある。

蝶々の中には死者の生まれ変わりがいて、
あの世からこの世に遊びに来ているものもいる、
とかなんとか。
客人ならぬ客魂を無碍に扱うのは、
それはそれで違う気がする。

じゃぁ、その卵や幼虫もほっとけよというお話なのだが、
それはさすがに勘弁してほしい。
植物の都合マジで考えないから、植物がガチで死ぬんでね。

こうして私の手間がまた一つ増えているというわけだよ。
とほほ(涙)


この記事の先頭へ▲

様々なニュースに一言 年跨乱編 その409 後編

 ※文字数オーバーするほどの文字数か?
  メンテ後だから安定のバグ発生中かもですね。


≪後編より≫


 が、それ以前にね。
 今も政権にこうして携わる谷垣さんらの発言に
 私はひどく違和感を覚えるというか。

 一部の免除対象を除き、
 大半の国民から金をほぼ強制的に徴収して、
 運用してたはずの国が、『消えた年金騒動』や
 『箱物政策の失態』など年金の浪費をしてたのってさ、

 長く政権を携わっていたおたくら自公与党の責任が
 主ですが?

 で足らない、支払う額の記録が無いからこれぐらいです。
 と低く支払ったり、財源が無いから?
 今の国民らから別の形で徴収して補填します?だと?

 でも自分たち国会議員や公務員の給料は
 減額していたのを戻します?
 議員特権は維持します。高給取りです。
 病欠という名の仮病に関しても満額支払います。
 汚職をしていても退職金なども、
 民間より多めに頂きまっせ?

 無かった事にすんなよ。他人事みたいに語るなよ。
 大失態を起こした原因はそれで、
 働く世代や人口減少も、
 安定した家庭を築けない社会構造を
 安易に作ったこれもまた、自公与党の責任なのだから、
 なんにせよお前ら大罪人やんけ。

 お前らの給料や議員特権をカットする事から
 始めてもらえませんかね?
 労働に対する対価が適切ではないよ。

  
B橋下徹氏、感染者数激減で「8割おじさん」西浦博教授を
 バッサリ「はっきり言って、もう信用できません」
▼報知新聞社 9月20日の記事の題名なのですが、
 アドレスはこちら。

 本日のオチですかね。
 まぁでもしょうがないですよ。うん。

 公の場での発言って、何かの根拠や情報をもって、
 分析にしてもなんにしても語らねばならず、
 その資料作成している人を、当然信用して、
 その上でそれを基盤として、ですから。

 基盤が崩れるような事を公然として
 「知らんぷり」はねぇよな?

 これは別に橋下さんに限った事じゃなくて、
 他のコメンテーターの方々も困っている事です。

 『ファクトチェック』はそちら側が
 言い始めた事なんだから、
 しっかり自分たちでもしておいてくださいよ?
 社会的立場を鑑みても、
 一般人のフェイクニュースより
 遥かに質悪いですからね。

この記事の先頭へ▲

様々なニュースに一言 年跨乱編 その409 前編

本日の共通のテーマは、
『信用ならない。』

私はわりとよく騙される人間で、
これだけ疑り深くても、変わらず騙されてしまいます。
それぐらい、人を信じやすいんですよね。


@4K8K視聴可能機器 
 1000万台突破 巣ごもり需要などが後押し
▼FNNプライムオンライン 9月23日
 の記事の題名なのですが、アドレスはこちら。
 ※アドレス先には動画もございます。

 このコロナ禍に景気の良い業界がある事は、
 とても喜ばしいお話です。
 むしろ、こういう実態もあるんだよーと、
 紹介して盛り上げていきたいところなんですが、

 私はそれ以前に庶民の味方なので、
 「ちょっと待った」とこの報道には言いたい。

 4Kのテレビを売り出した当初の頃に
 4K受信できず見れない状態だった件については、
 釈明も謝罪もろくに無い状態で8K?

 「え?これ4K?」と消費者騙したでしょ?

 プラズマクラスターも未だに使っている店とか企業
 とかがさ、
 コロナ禍で効果があるんじゃないか?と
 愛用している残念な方々もいるけど、

 科学的根拠示されてないんだよね。
 消費者庁の発表あったでしょ?
 あっちこっち不当表示だらけだが?

 多かれ少なかれ商品には騙しがあったり、誤魔化しがある
 のはある程度甘受する分はする。
 でもアホ程値段吹っ掛けて、結局違いが判らず
 観れているかどうかわからん映像機器を
 好調だろうがそのまま何事もなかったの様に、
 は許せない。そういう信頼を失う行動は後に
 大きな社会的損害を与える事になる。
 
 誠実であれ。きちんと説明した上で
 新しい物好きなどに売るとよい。
   
 
A谷垣氏、河野氏の最低保障年金を批判
▼産経新聞 9月22日の記事の題名なのですが、
 アドレスはこちら。

 別に河野さんの肩を持つつもりも、政策を良し悪しも
 今の段階では何とも。他の候補者に関してもですが。
 (これ載せる段階では決まってるんだろうけど)


≪後編へ≫

この記事の先頭へ▲

お名前メモする