】 Fire Talker 】X【 Truth of Grief 【

人を知り、愛を語る。悪鬼羅刹を今日も斬る! 自分でも何を言ってるのかわからない!

2021年10月の記事

本日はハロウィン!ご予定は?

お題ブログ:今日はハロウィン!ご予定は?

某テレビCMで耳残るフレーズに、

「今年の汚れ♪今年の内にっ♪」

というのがあります。

「今年のハロウィンの汚れ♪今年の内に♪」

ゴロ&テンポ悪っ!
でもね、私は少しだけ
いや、語れる範囲で愚痴を語りたいと思う。


ちょっとね、嫌になる事があった。
プライベートな事だから詳細は語らないんだけど、

一生懸命を踏みにじられたり、
人扱いされなかったり、
異常に傷つけられたり、体というよりは精神や心ね。

いや、承認欲求があるわけじゃないんだよ。
認めてもらわなくてもいいんだけどさ。

何でもかんでも押し付けて、
何でもかんでも完璧超人みたいに、
ちょっと強いられる環境にあってね。

それがなまじ動けてしまうと、

「じゃぁ、これできるよね?」

といわれ、更に150,200%を要求され、
要求してくる人間は大体3%もしないという状態でね。

私自身口癖で「マイペース」を常にできるだけ、
ここで周りに言ってるのは
優しさでもなんでもなくて、自戒でもあるんですよね。

自分のため。そうしないときりがない。
人の欲望は際限ない。
極端な事を言えば、相手が死ぬまで気づかない。

死んでも自分のせいじゃないと思う身勝手さがある。
だからそんな奴のために身を粉にするんじゃなく、
「マイペースに出来る事だけをやったらいいんだよ?」と。

誰も欲しい時に言ってくれないので、
自分で自分に語り掛けている。
そんな状態。相手に善意だけで接するわけでは無い、
この悍ましさが時折自分を嫌いになる。

普段はそれでも気にせず、ため込まないように、
時に忘れて、時にふるいたてて、
でも時折回避しきれずに破裂寸前になる時がある。

今日がその日だった。そんな感じです。

皆、大変な中で生きているから、
自分が最悪だとは思わないようにしたい。
自分の中では最悪でも。

でも今日は勘弁してほしかったな。
少し迷惑のかからない程度に羽目を外したい
予定だったんだが、狂った。

数日休もうかな、とさすがに思ったんだけど、
ここにきて救いがありまして。

もうサプライズというか、スタンプで
皆様のトリックオアトリートや、
コメントでハロウィンを、お忙しい中
コメントを頂いてね。

んー、まぁひねくれもので
素直じゃない、こんな暴言吐きまくりな
毒男に対してなんてお優しい事かと。
正直若干泣いております。ありがとうございます。

この気持ちがあれば明日からもがんばっていけそうです。
ほんと、皆様には感謝しております。

そういえば昨年だったかな?
私がマイペースに、と語った相手から
「マイペースに」と言われる事があって。

ハッとさせられたっけ。ほんとにね。
生きる事はなかなか難しい。

よし!今日はとりあえず良く冷えた麦茶を
少し多めにがぶ飲みして、顔を洗って、
それから寝ちまおう。寝て忘れちまおう。

おやすみ!皆。ほんとありがとう!
明日から11月ですが、明日からも宜しくですなb

この記事の先頭へ▲

様々なニュースに一言 特別篇 ハロウィンver

今回は珍しく一本記事ですかね。
何となく普段思う事や言いたい事がある。


togetter 9月13日
『「韓国産食品」に基準値超えの有毒物報道に
 ネットで大反響…「怖すぎだろ」
 「外食とかだと確認出来ない」 
 記事に、「それこそ輸入全面禁止にするレベル。」
 「大手マスコミがスルーしてるから
 国も本気で対策せずにどんどん
 国内に入ってきちゃうんですよ。」など感想ツイート』


これ何の関係があるの?というお話ですが、
韓国産のカボチャ、
めちゃくちゃ国内に入ってきているんですよね。

パプリカもそうだけど、健康にいいとか
寄生虫だらけだったり、不衛生な環境で作られた
キムチが発酵食品として日本の漬物より健康的とか、

反日思想を教育に未だ取り入れ、
そこで人格形成をしている特定の国、地域の方々が、
日本に対して母国や仲間内の、
その手の情報を無視してでも好意的に、
そこまでいかずとも一般社会常識の範囲で、
きちんと対応してくれる人は少ないと見ています。


なので、一応秋の食材、料理として以前
お題で『カボチャ』も上げましたが、

国産と判明しないカボチャに関しては
極力口にしないように心がけているわけです。
カボチャのてんぷらにしても

マッシュしてポテトサラダ風にしたり、
色々好きな食材の1つだったんですけどね。

外食先の場合、よほどの値段設定の場所以外のは、
おそらくは、、、という疑いがある。
その辺はもう我慢するしかないんですが。

そういうストレスにさらされていて、
カボチャと聞くと実は、
私は怒りがこみ上げてくるんですよね。

異文化交流が悪い事だとは思いません。
というか、人間だけじゃなく、
生物も無生物も、地球上に住まう者たち
全て、分かり合える可能性がある場合は、ですが、
分かり合ったり平和的解決が望ましい。

まして言語が違えど、
近しい地域に住まう者ならなおさら
もうちょっと大人になれよと、
私が言いたいんだが、

子供の頃から大人になって、
ずっと見てきてもずっと変わらず
『あの姿勢・態度』ですからね。

もうその手の特定の人種の方々とは
分かり合えないものだと思っています。

国内の問題でも国外のでも、
思うのは『譲り合い』が双方足らないんですよね。
片方だけあっても、それじゃダメなんですよ。

ハロウィンのイベントとて、
以前も語ったと思いますが、
ポケモンバトル以上に物騒な、
悪魔召喚やら、死者を複数仕向けて
敵対、あるいは富める村を襲わせていた、
代理戦争状態のマジックバトルだったのでは?

との逸話があるぐらいです。
本来これ物騒なんですよ?

それとて今現代においては形骸化して
「皆でハッピーハロウィン!」
と騒いで楽しんで、思想・主義などお構いなしに、
パーティタイムなのですから、

始まりがそうであっても、そのままとは限らない。
人の認識次第では物騒な物事も
平和的解決が望めるのでは?

最近ハロウィンを改めて考えて、
そう思うようにしていますね。

皆さんはハロウィンに何を見て、
何を求めるでしょうか?

この記事の先頭へ▲

ちょこっと一息の日記 『10月の総括』 後編

≪前編より≫


変異種、とは文字でもわかる通り変化した種だ。
悪さをしているウィルスが変化したのなら、
答えが一定である事はあり得ない。

まして期限切れの薬をそのまま使って大丈夫
半年以上切れてても大丈夫だからそのまま
体内に入れとけ!とか正気の沙汰とは思えぬ
緩和策に打って出ている状況の方が
私は異常に映るのだが?

この前も語ったが、平時における
薬大好き大国日本ですらCMで連呼されていた文言
最近意図的にテレビでほとんど流されていない事は
テレビっ子ならわかるだろう。


NEWSポストセブン 2010年12月10日
『薬のTVCM 最後に「ピンポン」と
 音が流れる背景に厚生労働省』

東京都福祉保健局
『医薬品的な用法用量について』

TIME&SPICE 2015年11月10日
『お薬は用法・用量を守って正しくお使いください』


日本では『薬事法』という法律があり、
その法律に則ってこういう注意文句をCM中に流す
決まりになってたんだったか。

それはもう散々安全性を検証し、どのような副反応が出ているのかを
きちんと把握されている薬ですら、
きちんと期限と保管方法を守り、正しく服用しなければ
どんなことがあるか分かったもんじゃないんですよ!

と語るためだ。
私はその姿勢を実は平時から評価していた。

医者嫌いの私からすればおかしな話かもしれないが、
親族が病院のお世話になった際、
病院次第で人の寿命が大幅に変わる体験をしている。

民間療法なんてのは、まったく無意味とは言わんが、
博打の要素が強すぎて、何があっても文句は言えない。
だからこそテレビという強い宣伝力のあるものを使って
周知させていく姿勢は正しい。

そう、個人的見解があったわけですよ。

新薬はただでさえ、何があるかわからない。
そんな中でどんどん、本来決めていた規則を
悪い意味で緩和して何でもOKにしている姿勢や、
露骨にワクチンによる主原因で死亡が強く疑われるケースの
追跡調査に対して及び腰や無視、
続報無しで決めつけの姿勢からは、

冷静で客観的事実を分析、評価した上での
明瞭な回答から来る保証とは言い難い。

「ワクチンがそれほど効果を発揮していないのなら、
 感染者も死者も、もっと急増しているはずでは?」

と思いかもしれないが、

日本人特有の免疫『ファクターX』が
『HLA-A24』と呼ばれるもので日本人の約6割が
所持している事は判明している。

で、そもそも新型コロナは皆さんご存じの通り
8割無症状、2割重症化。
大半が自動的に回復するが再感染。

この要素に関しては今の所、
ウィルスの特徴の基本を維持している。

だがこれはあくまでも今の所、でしかない。
先ほどもお伝えした通り、
ウィルスが変異し、合体し、別なものが生まれている。
その変化のスピードが速く、
2度接種した人が確実に感染したという事実が
世界中から報告されている。

「だから3回接種すれば90%以上大丈夫!」
「死者出てないやろ?ワクチンが効いている証拠だ!」

ワクチンが出始めの頃って
そもそもワクチンを打てば95%以上予防できる。
感染を防げる、だったんですよね。

そこから段々トーンダウンと、ダウングレードを繰り返して
「打っても感染するけど?何言ってんの?(すっとぼけ)」

最近当ブログでも「言った!」「言わない!」の
水掛け論を芸能界とかでも繰り広げられていて、
皇族すらも精神病を安易に利用して
国民から顰蹙を買っているわけですが。

些末な事ですらひたすらに浅い領域で
つまらぬ争いを繰り返すような、
こんな世の中、そんなに『誠実』ですかね?

出来るだけ私は、
ここまで語っても、
いい方向に考えようとしているんですが、、

むしろそれとは逆の結末しか、
何処を探しても見つからない。

今以上の『強毒化』への進化や変異が起きない事を
神に祈る以外ないところですが、

物理的に、人の力の及ぶ範囲で止めたいのであれば、
これを撒き散らしたであろう、『かの国』の暴挙を、
人類の存続のためと思って、
もっと本腰を入れるべきですね。

蛇口をひねったままで「ああ!どうしましょう!」

いつまで三文芝居を、
見させられているんだろうか?

この記事の先頭へ▲

ちょこっと一息の日記 『10月の総括』 前編

さて、今月の総括なんですが、

『選挙と傲慢と』

ざっと見てこれですね。

これまでの第●波それぞれに
「これで終わりにしたい。終わりにしないといけない。」
「感染予防に努めて、再拡大防止するべく・・」

と散々お偉い先生方が報道の通り、
真面目に考えておられたのであれば、ね。
全力を投じてきたのだと思う。

国内と世界の動きも連動させ、
海外の情報をいち早く取り入れて、
そこから分析や情報を国内に流布して、
「こうだから、こうなる」

専門家らのそれぞれの見解を報道番組や
各情報媒体物を通じて国民に訴えかけてきた。

それこそまさに選挙の公約の如し。

ただ、皮肉な事にその結末も、
各国、そして我が国内の政党の無責任さと同様に
守られる事もろくに無く、
成果強調するものの、再拡大を何度も繰り返している。


テレ朝News 10月27日
『ワクチン接種の60代女性 会場トイレで死亡』


この手の報道はこれまでにも数多く
報じられているが、死因に関しては楽観的な見解が続いている。
それはきちんと検査されたわけでは無く、
死因そのものをそもそも、
特定するのが難しい、という現実的な難題がある。

他の要素によって死ぬ可能性がある場合、
当然検討されるべきなのだが、
ことコロナのこの手のワクチンに纏わる見解では

【ワクチン接種者のコロナによる死亡
  =ワクチンとの因果関係も死因も不明】
【ワクチン未接種者コロナによる死亡
  =ワクチン接種してないからだ!(ほぼ断言)】

この形に固定されている。

この流れには2つ、
可能性が考えられる。

1つは本当にそれが事実で、
ワクチンによる副反応やその後の後遺症を含めても
安全性がある程度担保されており、
心配いらないと太鼓判を押している事。

これは一般的に国内外の潮流で、
頭で考えたくない、『餅は餅屋』として
完全に信じ切っている方々の神託に近い。

そしてもう一つは、、

『(何がどうであろうとこの路線で)』

という誤魔化しだ。

変異種が存在していて、更にはこれまで観測されている
変異種同士の掛け合わされた混合変異種?というべきか。
そういう存在も確認されている。
数字上、感染者は現在世界各国で増える傾向にある中で
日本は減っている。その理由も断言されておらず、
特定もされていないが、「ワクチンの効果だな!」と
その点においては強調されている。

ならば日本よりワクチン接種を世界に先駆け
トップクラスで進めていたイスラエルの現状や、
日本とほぼ同じ接種率を誇るイギリスの現状を
本当に分析して物を言ってるのか、
第三者目線で見ていても、

正直参考にしているとは言えない。

≪後編へ≫

この記事の先頭へ▲

あなたのちょっとした贅沢ってなに?

お題ブログ:あなたのちょっとした贅沢ってなに?

結局こちらも短めになりそうだ。
まぁ明日載せる予定の総括がね、
少し長くなりそうだし、
ここ最近長めの文章も多かったからいいか。


えー、と。
御飯、メインのおかず、汁物、野菜、添える物など
夕飯の一通りのセットを例えば作って、
そのまま食べるのが普段なんですが。

その御飯に『ふりかけ』をかける事ですかね。

いや、わかってるんですよ。
御飯はおかずとかそういうので食べろよ、と。
それを承知であえて、御飯にふりかけなんですよ。
一品プラスしたわけですよ。

味が混ざったり、邪道なのかもしれないけど、
その辺の味の住み分けというか、
「(あ、この感触や刺激はふりかけのほうだな)」
と口内で競わせつつ、それとは別に同時に、
普段の食材の味も味わうという。

私の中ではそれがちょっとした贅沢ですかね。
んー、そうだなぁ
丸美屋の『味道楽』辺りはもうまさにそれですよね。

あのごわごわとした味の尖がり方にあえて挑んでいく。
その辺のひやひや感がたまらんのです。

この記事の先頭へ▲

お名前メモする