】 Fire Talker 】X【 Truth of Grief 【

人を知り、愛を語る。悪鬼羅刹を今日も斬る! 自分でも何を言ってるのかわからない!

聞くと元気が出る曲はある?

お題ブログ:聴くと元気が出る曲はある?

元気の出る曲?

んー、聞く気にならない。

候補無いわけでも、
ご存じの通り、音楽嫌いなわけじゃないんだよ。

浅い場合はパワフルでアップテンポな曲だったり、
自分に寄り添ってくれるバラードだったり、
そういうものなんだろうけどさ。

それを聞くとて体力が要るんだろうなぁと。
それすら実は、私は今無い状態です。

公私ともに色々あったり、
コロナ禍の収束に程遠い事を
調べるに辺りずっと見続けているのもあって、

今、疲労のピークです。
憂さ晴らしも兼ねている(?!)
こうした文章を書き殴る姿勢は
ギリ発散が勝るため続けていますが。

無理した後のアフターケアも
きちっとしているのですが、
追いついていない状態がやや積み重なって、
かな?コロナ的症状というわけでは無いので
その辺はご心配なく。別件です。

今年の夏も、まぁ昨年、その前も、
ほんと近年に近づくにつれて、
日本の四季がおかしくて。

冬は時に凍てつく厳しい冷え込みもあるし、
それなりの寒さもあるが、
やはりそれでも地元ではあまり雪を見なかったり、
ただ寒いだけの状況が続き、

夏は命を脅かす暑さに見舞われ、
今年に至っては、
夏→季節外れの寒さ→夏→涼しい気温→夏→。。

寒暖差疲労というのがある。
「暑い」と「寒い」があると
人間の自律神経がおかしくなって、
様々な症状が出る事なのだが、

老若男女問わず、人種を問わず等しく
人間に負荷がかかる。

しんどくて当然。
スタミナ料理や休憩、睡眠をできるだけ
確保して体調を整えて、調整してきたのだが、
さすがに『夏バテ』も『秋バテ』も結構してて、
きついったらありゃしない。

なので曲ではなく、
こちらの記事を紹介しようと思う。


東洋経済  小林 弘幸 9月19日
『新型コロナの陰で着々と増え続ける
 「不調」の正体 放置すれば
 あなたも「病気の戸口」に立つことに』


順天堂大学医学部の教授で長年に渡り、
『自律神経』に関して研究なされている教授の方
だそうで。

無論そうであっても当ブログの方針は
こちらのも例外は無く、鵜呑み禁止なわけですが、

整える方法など色々書いてくださっています。

万人全てがこれにより改善とは至らずとも、
体調が少しでも良くなって、
明日への活力に繋がるのならいいなぁと、
そう思い載せておきます。

この記事の先頭へ▲

お名前メモする