】 Fire Talker 】X【 Truth of Grief 【

人を知り、愛を語る。悪鬼羅刹を今日も斬る! 自分でも何を言ってるのかわからない!

2021年10月16日の記事

様々なニュースに一言 五輪禍バックナンバーズ 8

@これは5月の段階でのお話、そして現在は・・
▼**************************

 【ニューヨーク時事】米国で
 3種類目の新型コロナウイルスワクチンとして
 登場した米製薬大手ジョンソン・エンド・ジョンソン
 (J&J)のワクチン。
 接種が1回で済むため鳴り物入りで使用が始まったが、
 血栓症の報告を受けて一時中止された。
 製造面でも問題が起き、逆風が続いている。

 J&Jのワクチンは日本では承認申請されていないが、
 米国では2月末に緊急使用許可が下りた。

 先に許可された米ファイザー、
 米モデルナ製が2回接種が必要な一方、
 J&J製は1回で済み、他社製に比べ保存も簡単。
 
 バイデン大統領も
 「危機収束に向けた心強い進展」と期待を寄せた。

 ところが、英アストラゼネカ製ワクチンでも報告された
 深刻な血栓症が接種後に発生。
 4月下旬までに17人が発症し、うち3人が死亡した。

 ただ、既に約800万回の接種が済んでおり、
 当局は発症が「非常にまれ」と判断。
 使用再開を許可した。

 一方、3月には同じ委託先工場で製造されていた
 アストラ製ワクチンの原料が混入し、
 約1500万回分が使えなくなる事態が発生。
 既に完成していたワクチンも出荷できなくなった。

 こうした問題を受け、
 接種再開前に実施された世論調査では、
 J&J製が「安全だと思う」と答えた米国人は半数未満。
 ファイザー、モデルナ製の7割超を大きく下回った。
 しかし、米国ではファイザー、モデルナ製ワクチンの
 2回目の接種を受けていない人がおり、
 専門家はJ&J製の利便性を強調する。
 変異ウイルスが広がり、
 米国で新規感染者数の下げ止まりが懸念される中、
 接種の底上げにはJ&J製の信頼回復が
 カギを握りそうだ。

 (出典:時事通信社 5月2日
  『米J&Jワクチン、続く逆風 
   血栓症懸念や製造問題』)

 **************************

  これね、恐ろしいのがこういう問題が
 この時点であったにも関わらず、
 今現在はデルタ株(インド株)の変異種に
 高い効果を発揮するとか
 そういう触れ込みで売り出しているんですよね。

 以前、日本で現在も販売されている『ラウンドアップ』
 という除草剤は
 その有効成分であるグリホサードに発がん性が
 あるのでは?
 とされてアメリカで損害賠償の裁判が起こされた件を
 ご存じない方の方が多いと思います。

 その上で、現在も日本国内で堂々と
 販売されているんですよね。
 そのあたりは以前当ブログで載せたと思います。

 そういう前例とかがあるからこそ、
 有毒性のありそうな情報が1つでも判明した際には
 身構えてしまいます。
 
 これはまぁ当然の自己防衛機能だと思うんですが、
 これに過剰にね、ワクチン反対派だとか、
 ワクチン保存しているコンセント抜いているんだろ?
 とか。
 言われるのが本当に腹が立つ。

 ワクチン不足ゆえの混合接種の候補に
 これがもしあったとしたら、どうなるんでしょうかね?


A立憲民主党の議員さん
 「1年間我慢してきた。正月も帰省しなかった。」
  速攻で嘘とバラされる
▼ハムスター速報 5月3日の記事の題名なのですが、
 アドレスはこちら。

 これ以外にも腹立つ話が連鎖している。
 本来はじっくり料理したいところだが、
 取り上げたいネタが多いのでもうここで
 先行して書いてしまおう 

 **************************

  中国共産党創建100年の記念日となる
 7月1日を控え、
 自民党が二階俊博幹事長の名義で
 中国側に電報を送ったことが30日、分かった。

 中国側から依頼があり、外交儀礼を踏まえて応じた。
 党幹部が明らかにした。

 党関係者によると、電報には、日中両国が東アジア地域の
 平和と安定への責任を果たすことや、
 国際社会の期待に応えることの重要性について
 盛り込んだ。

 中国共産党創建100年をめぐっては、
 かつて自民党総裁を務めた
 河野洋平元衆院議長が祝意を寄せたと
 中国国営通信の新華社が報じているほか、
 立憲民主党や、
 同党の小沢一郎衆院議員もメッセージを送っている。
 
 (出典:産経新聞 6月30日
  『<独自>自民、中国共産党100周年で電報 
   二階幹事長名で』)

 **************************

 その上で、、

 日刊スポーツ 7月11日
 『立民枝野氏「どこかの国が香港で行ってることと一緒」
  酒類提供巡り政府批判』

 はちま起稿 7月10日
 『立民・福山幹事長「緊急事態宣言を出すべき」 →
   緊急事態宣言発令 → 
 「最悪のシナリオ。政府は追い込まれた」
  わずか5時間の出来事』

 こういうのを蝙蝠外交っていうんだよ。
 韓国の文政権の真似事ですかね?
 今どういう末路だと思ってるんだよ^;

 どの方面にも都合のいい事言って、
 支持を集めようなんて虫が良すぎるお話で、
 信条も理念もブレブレならば、自民の派閥の弊害以上に
 政策実行部隊の大半がこれではもう悪政腐敗が
 今の段階で予見可能である。

 無いなぁ。自公以上に、立憲民主党無いわぁ〜。 

この記事の先頭へ▲

お名前メモする