】 Fire Talker 】X【 Truth of Grief 【

人を知り、愛を語る。悪鬼羅刹を今日も斬る! 自分でも何を言ってるのかわからない!

アニメの記事

様々なアニメをご紹介。

久々ですね。2021年秋アニメだっけ?
まぁ一応今追ってる、あるいは見ているアニメを
ご紹介していくこのコーナー。


共産党にむかついたので余計と紹介してやる。
腹立つわぁ。



@『白い砂のアクアトープ』
●まさかの2クールとは思ってなくて、
 「え?続きあるの?」

 と、そのまま続けて見ていますね。
 動物ネタは結構好きなんだよ。

 沖縄と水族館とアイドルと、
 世知辛い世の中とをミックスさせたようなこのお話。

 主人公の二人の女の子のその後、
 周りの取り巻く環境の変化に関しても、
 割と現実的にはみせていて、
 表面上の絵面以上に内容は案外、
 人にとってきついシーンも多いかもしれない。

 でもこれもまた
 動物も命で、そこに携わる以上負わなければいけない
 責任をきちんと描いている以上は
 好感の持てる作品といえますね。


A『海賊王女』
●声優頑張ってくれ。
 嫌がらせに聞こえるかもしれないが
 主人公のフェナ?だっけ。
 大声で叫んだり早口になるとな

 ・・『ラ』に聞こえるんだよ。『ラ』に。
 言わせんな恥ずかしい。

 もうさ、見ててひやひやなんだよ。
 別の意味でひやひやなんだよ。
 初回の第1話からずっとそうだから
 怖くてしゃぁない。

 絵柄の綺麗さとキャラの動きの滑らかさ、
 そして豪華な声優陣たちと、
 物語のいくらでも発展のしがいの在りそうな
 この手のネタはやっぱ心躍りますね。

 閉塞感のある時代だからこそ、
 逆に冒険物が見たくなるものです。

 苦言を呈する点があるとすれば、
 主人公のフェ、、フェ、、 フェナ様ね。
 危うく文字でも言いかけそうだ。
 まったく感情移入出来そうにないぐらいキャラで
 当惑している点ですかね。
 まぁ今しばらく我慢しましょう。


B『彼女、お借りします』
●最近えー、原作とアニメの方をちょくちょく見始めている
 作品で、2021年の秋アニメでは御座いません。
 
 浮 気や不 倫を主題テーマに、というわけじゃなく、
 『レンタル彼女』というシステムが生業として
 存在している世界でのお話なんですが、

 まぁそうですね、
 現実世界でもこれと似たような
 職業は存在しているといえば、まぁその通りなんだが。

 私自身もまぁよく
 よそ様の彼女さんや奥様お借りしますというのは、、
 
 ・・ハッ(´ω`)!
 いやそんな経験あるわけないでしょっ!
 まったくもー、
 私がそんな事するわけないでしょ?

 私がこの作品を注目しているの点は
 男女の恋愛の線引きや心理状態を
 嫌味にならない程度に、掘り下げつつ
 エンタメ化の範囲で留めている調整が
 非常に上手い点ですかね。よく考えられている。

 この辺はくどくなりがちだったり、
 お腹いっぱいになったり、主題テーマがテーマなだけに
 なのだけどきちんと部分部分で
 落とし処をつけている。
 
 まぁ空いている時間に
 これからも追っかけたいと思います。
 あ、そうそう、2期決定おめでとうございます。

 
C『王様ランキング』
●多分2021年秋のアニメの中で
 私が最も注目している作品が『これ』ですかね。
 1話目を見ましたが中々いいじゃないか。
 いい出来だ。

 多くは語らず、今後を見届けたいと思います。
 大いに期待しておるぞ?

この記事の先頭へ▲

様々なアニメをご紹介。

2021年夏アニメに関しては、
もう何が放送されるかは決まっていまして、
その中でも、

 『乙女​ゲームの破滅フラグしかない
  悪役令嬢に転生してしまった…X』

    『転生したらスライムだった件』(第2期 第2部)

 『魔法科高校の優等生』

 この3つは確実に見る予定ではありますね。
 それ以外においては適時審査と選別。

 
ではえーと、
春アニメでまだ紹介していなかった作品を1つ紹介と
いよいよ公開されたPVと共にあるアニメをご紹介。


@『シャドーハウス』
▼13話で一区切りなのだろうか?んー、
 それとも続けて24話とかそういう編成?
 その辺はあえてネットなどで確認せずに
 拝見していたんですがね。

 こちらもこちらで貯め撮りしてあとから
 一気に見た作品だったのですが、
 非常に興味深い、いい作品ですね。

 最初の数話はただただ、気味が悪く
 恐怖に彩られている点と明るく可愛い日常とが
 並立している奇妙な世界。
 そこから徐々にそれぞれの世界が入り交じり、
 変わって1つへと変貌する様を
 うまく演出できているかなと。

 第二期もあるんじゃないですかね。

 独断と偏見による私的には
 今期の順位は『ましろのおと』
 こちらの作品が同率1位ってとこかな。
 次点はまぁ、『ドラゴン、家を買う。』


A『チェンソーマン』
▼こちらは2021年夏アニメ、ではないのですが、
 元々原作からのファンですかね。
 当ブログでも語ったっけ?んー。忘れた。

 公式のホームページはこちら。 
 いよいよ本日PV公開となりました。
 いきなり動画始まっちゃいますが。
 どうぞ。

 結構いい出来じゃない?
 これぐらいのクオリティーだったら
 めちゃくちゃ期待できると思うよ。
 『呪術廻戦』のPV公開時と同様に、
 その後の本編の盛り上がりを考えるとね。

 いやー、今から楽しみだ。

この記事の先頭へ▲

様々なアニメをご紹介。

@今期の残念なアニメ。
『86−エイティーシックス−』 
  ◆戦争の悲惨さを仮想とはいえ
   描くには色々配慮が足らない。
   私はポリコレ等うんざりだが、
   それを除外したとて不快。途中で辞めた。

   原作に不具合?それとも制作陣?んー。
   いずれにしても掘り下げ予定もないな。
   
 『憂国のモリアーティ(第2期)』
  ◆改変やアレンジしていい内容と、
   そうでないものはアニメの世界にもあると思う。
   3期はあっても見ない。私の許容範囲を超えている。

 『やくならマグカップを』
  ◆陶芸には興味があるため期待したのだが、、
   絵がガサツ。あれでは焼き物の良さなど
   200%表現できん。キャラも五月蠅く
   髪の毛が全体的にファンシー、かと思いきや
   普通にモブは黒髪だらけ。
   何を考えているのか意味不明だと思う。

 『東京リベンジャーズ』
  ◆ヤンキー系統の漫画は、私は基本除外の方向。

   『デュラララ!!』とかぐらいなら
   かろうじて見れたがそれでも気に入らない。
   こういう先入観は良くないので
   これも見てやろうと思ったが、、、諦めた。
   つまらない。


A『ましろのおと』
▼今後の展開次第だが、個人の独断と偏見だが、
 今期No1候補じゃないかと思う。

 展開早めなのは今のご時世上なのか、
 原作を全く知らないまま、今もあえて調べず
 こうして書いているが、

 どちらにせよ、この作者はよくわかっている。
 それに監修、吉田兄弟とあった。
 無論存じ上げておりますよ。

 小学校の頃、
 NHKだったか民放だったか、
 どっちか正確には覚えていない。

 多分NHKの方だったと思う。
 夜遅くだったと思う。
 
 津軽三味線の名人といわれた人を特集した番組が
 放送されていて、

 その方は全盲で、かなりのご高齢の女性でした。
 黙してたたずみ、あるいは座っていればただの
 おばあちゃんにしか見えない姿。

 「これが名人?三味線の?」

 と、子供心に興味をひかれましてね。 

 それまでこちらと同じくミュージシャンで
 有名な方をせいぜい知っていたのは
 Ray Charles(レイ・チャールズ)さんや
 Stevie Wonder(スティービー・ワンダー)さんぐらい
 でしたから。それもあって、

 「どんな音楽だろう?」

 素直にそう思っていました。

 そしてその人がひとたび、
 奏で始めた瞬間、
 一気に引きずり込まれた。

 音楽を、三味線を、わかる、わからないの次元ではない、
 その『何か』が私に衝撃を与えましてね。

 画面越しからでも伝わるその波動に気圧され、
 大人になった今でも心は痺れていますよ。
 「風景まで見える」というこのアニメ、
 原作でもそうでしょうが、その表現は、

 正しいです。別にそれは誇張表現ではない。
 現に、習っていない、初めてその音に触れた私ですら
 その瞬間「見えた」のですから。

 そして焦がれるのもよくわかる。
 私も時折、聞きたくなる。

この記事の先頭へ▲

フィクションと現実の差とは  後編

≪中編より≫

「双方」というひねくれた見解もある事だろう。
 なら双方で構わないのだが、
 同じ罪とは思えない。

 何度も言うが、
 片方は架空、
 片方は実際に行動を起こした可能性がある事案。
 
 妄想や空想で、
 それぞれが脳内で数多くの、
 実際には起こしてはいけない『想定問答』を
 それぞれが平時、常時、考えるもので。

 それを実行するかどうかは、
 大きな差がある。起こしていなければ基本
 罪に問われることなど無いはずだ。

 想像力すら禁止されることなど、
 聞いた事がない。
  
 まして前半の記事のサイトのコメント
 にも書かれていた事だが、

 犯罪をモチーフに、あろうことか主人公らが
 それらを行う中、物語を展開されるケースは
 珍しくはなく、それを架空のお話として
 我々は普段テレビでも映画館でも受け止めている。

 それを実行しようとは思わないし、
 それを言い訳に犯罪を犯したところで、
 それはそいつの罪であって、作品の罪ではない。
 
 ハリウッド映画に触発されて銃乱射事件を起こした
 という実際に発生した事件も、
 そのきっかけとなった映画が発禁措置や
 上映禁止措置等なってはいない。
 
 アニメにおいてもそう。
 『ルパン三世』や『アンパンマン』なども
 暴力や銃によって事態を解決させるという
 最悪極まるお話だが、別にそれらを賛美する内容とは
 受け止めていない。

 それがそれまでの『日常』
 それすら見直すならそれはそれで構わないが、

 そうなると紗栄子氏側は『魔性』だとか、
 『恋多き女』で美談化ではなくて、
 『未成年略取(みせいねんりゃくしゅ)』という
 実在する罪に該当する、犯罪者のレッテルなのだが?

 それまでその手のドラマ、映画に携わった人たち
 脚本家や監督、それを放送したテレビも宣伝した新聞、
 広告媒体物全て、当然罪に問われるべきだろう。
 例外を一切認めてはいけない。

 さ、まずは手始めにこの女から、
 ちゃんと捜査の上で逮捕してね。さ、どうぞ?

 漫画やアニメを子供の頃から愛でてきた私にとって
 こういう簡単に手のひらを返して、
 悪意を持って屁理屈で潰して回り、
 都合のいい部分だけファンだの、なんだのと
 薄っぺらい、貼り付けた雑学程度で知った気でいる
 「にわか」どもに白眼視をしていたのは、

 こういう事を平然と起こすから、である。
 フィクションを現実だと思い込む危険思想の方が
 よっぽど世間にとって悪影響だろう?

 こういうやつらの活動の場を許している時点で、
 そういう者たちに、
 文化に関して、とやかく言う権利も筋合いもないよ。

 別にこの作品のファンでも何でもないが、
 こういう『一方的で幼稚な差別』も
 みんなそろそろ卒園したら? 

この記事の先頭へ▲

フィクションと現実の差とは  中編

≪前編より≫

「一緒に被災地を回るうちに、
 YOSHI君が紗栄ちゃんを
 本気で好きになっちゃったんです。
 最初のうちは紗栄ちゃんは
 “YOSHI君、息子みたいでかわいい”
 とやんわりかわしていたんですが、
 あまりのアプローチにだんだんほだされちゃって……」
 (知人、以下同)

 昨年3月、緊急事態宣言発出直前のある日、
 YOSHIの所属事務所の社屋屋上で
 小さな慰労会が催された。

「年度終わりに社員や関係者、所属アーティストをねぎらう
 バーベキュー大会だったんですが、
 そこにYOSHI君が紗栄ちゃんを呼んだんです。
 ごくごく内輪の会だったので“なんで紗栄子さんが?”
 という空気だったって。それでさすがに
 “会社にはちゃんと伝えておこう”という話に」

 そのバーベキューの後、
 紗栄子は自らYOSHIの事務所社長に電話をかけた。

「“YOSHI君と付き合いたい”
 と社長さんに直談判したんです。
 17歳の子どもと大人が、しかもYOSHI君と
 そう年の変わらない子どもまでいるのに、
 まさかそんな関係になるとは
 社長さんも夢にも思わなかったはず」

 事務所社長は、その場で紗栄子にはっきりと言った。

「“それは絶対ダメ! ありえない”
 と電話口で大反対されたって」

 だが、社長の怒りも言葉も、燃え上がってしまった
 ふたりには届かなかった。反対を押しきって─
 いや、無視して交際を継続したという。
 家の外でも逢瀬を楽しむこともあった。
 あるときは超高級ブランド『セリーヌ』の
 旗艦店へ買い物に。

「彼女、そこでYOSHI君に、
 服や財布などをプレゼントしたんです。
 “70万円も使っちゃった”って。
 YOSHI君のお母さんは、外泊が増えたり、
 突然高価な物を持ち帰ってくるようになった
 YOSHI君を心配したみたいで。
 それで紗栄ちゃんが彼の実家に挨拶に行くことに。
 たしか去年の5月ごろです」

 紗栄子の訪問を知ったYOSHIの母親もまた、
 声も出ないほど驚いた。無理もない、
 相手は有名人、それも息子の倍の年齢なのだ。

 「“YOSHI君と仲よくさせていただいている紗栄子です”
 と挨拶しにきたって。彼女が帰った後、
 YOSHI君はお母さんから
 “お付き合いを考え直すように”と言われたそうです。
 事務所からもそう言われ続けていて」

 すると、このころからYOSHIが明らかに変わっていく。
 仕事をたびたび無断で休んだり、
 マネージャーからの連絡も無視するように。

 YOSHIの母は消え入りそうな声で……
 「自分の大事な恋人と別れさせようとする事務所に
 “もう信じられない”“辞める”
 と言い放ったそうなんです」

 決まっていたYOSHIの仕事のいくつかは白紙に。

「紗栄ちゃんは“私もYOSHI君を応援するよ”
 と、独立をすすめたそうです。
 YOSHI君はすっかりその気になって、
 ますます事務所やお母さんを遠ざけるように」

 だが秋風が吹き始めるころになると、
 ふたりの関係にも隙間風が。
 紗栄子がYOSHIに別れを告げたのだ。

「紗栄ちゃんに“捨てられた”と感じたんでしょうね。
 ショックで、YOSHI君は自宅に引きこもってしまって。
 事務所も本人といっさいの連絡が取れない
 状態になっているそうなんです」

 今年5月には大手レコード会社からアルバムを
 リリースする予定だったが、
 それも制作が中断したまま、
 完成のメドは立っていないという。

「今では、事務所とYOSHI君は契約をめぐって
 話がこじれてしまっている状態だそう。
 YOSHI君に“違約金”の話まで出ているそうです。
 お母さんは“あの人と出会った日から
 息子は顔つきも何もかも変わってしまった”
 と嘆いていました」

 ただ、事情を知る、あるアパレル関係者は別の見方だ。

 「YOSHI君は才能があるぶん、繊細で純粋。
  だから悩んだり迷ったりすることも多かった。
  それでたしかに紗栄子さんを頼るようにね。
  彼女はその相談に乗ってあげていたんです。
  恋愛とか、男女の仲ではなかったんじゃ……」

 週刊女性は都内にあるYOSHIの自宅を訪ねた。
 インターホンを押すと、
 YOSHIの母親が消え入りそうな声で、
 ひと言だけ応じてくれた。

 「はいはい……ちょっと突然すぎて……。
  すみません、私からは何もお答えできなくて。
  ごめんなさい……」

 YOSHIの所属事務所社長に《紗栄子との交際》
 《紗栄子やYOSHIとの一連のやりとり》
 《YOSHIとの契約トラブル》について
  質問状を送ったところ、

「このたび、お問い合わせいただきました件に
 関しましては、
 コメントは差し控えさせていただきます」

 と否定はしなかった。
 紗栄子にも取材を申し込むと、
 所属事務所を通じてこう回答した。

「YOSHIさんは紗栄子にとって大切な友人の1人です。
 保護者の方の許可のもと、またはマネジメントが
 同席のうえでお会いすることはありましたが、
 ご指摘のような関係ではございませんし、
 また、紗栄子が所属事務所からの独立を
 YOSHIさんにすすめたようなこともありません」

 才能は生かすも殺すも大人次第、か─。

(出典:週刊女性PRIME 5月11日
 『紗栄子に恋した“17歳”天才アーティストを
  別人格にした恐るべき「魔性」ぶり』)

***************************

 アニメの方は、とある理由から街をさ迷う
 女子高生を善意で引き取り、
 素行を正す名目で、保護者替わりを務めるお話。
 手を出さずに女としてではなく、
 一人の人間として捉えて教えを説く架空のお話だ。

 一方、後半の記事は現実で未成年の子供に
 色目を使って誘惑し、名言こそされていないが
 手を出している疑いが濃厚。
 インフルエンサーとして社会的影響力も強く
 テレビのみならず、数多くの方面に宣伝力のある
 実在する人物の、事実であるなら犯罪ともいえる
 パワハラ・セクハラ案件である。
 
 どちらが危険で、どちらを取り締まるべきだろうか?

 ≪後編へ≫

この記事の先頭へ▲

お名前メモする