】 Fire Talker 】X【 Truth of Grief 【

人を知り、愛を語る。悪鬼羅刹を今日も斬る! 自分でも何を言ってるのかわからない!

仕事/アルバイトの記事

職を失う恐怖をそこまで世間が盾にするならば。後編

私は現場を知っていて、実際の人事担当者とも話した事はあるが、
面接や採用試験を、
採用する気もないのにしている企業が多いのを知らないのだろう。
実際にそれを行っているという、
実績だけを手に入れて、それ以外は雇い止めで適当な理由を付け
あしらっている事に気が付かないのだろう。

不採用理由に関して明確な提言、並びに調査が正確に行われる事も
法律の義務も罰則もないから、好き放題にされている実態を
知らないのだろう。

『就職氷河期の再来を防ぐ!』という標語は、
不正確で、実際にはずっと氷河期のままだ。
それがさらに悪化して、悪化した部分を『第二の就職氷河期』
と呼んでいるだけだ。

就職に成功している人たち?
高学歴か、学生時代の部活動でのコミュニティー、
親や親せきが勤めているなどのコネ。特殊な人種の方々。
何ら頭の提供での裏口、特殊技能を持つ者etc

その都合のいい部分だけを抜き出したに過ぎない。
意味をなさないハローワークの実態それも水増しや過小評価だらけの
内容を表示して、世間の全てを表したデータ化のように
語っているのは以前ちょこっと話した通りだ。

中には確かにそれらが一切なくとも、
運よく就職できた人もいるだろうが、それは誤差でしかない。
ある新聞の一面では、大企業が業績不振で他社に出向命令ごときで
人材の流動化が進むと、警鐘を鳴らすほどだ。
世間全体の事=大企業の動向と混同している。
間違いではないが、正しくもない。

目に見えない、見ようとしないから存在しないとされている。
これは、実際にはあちこちで感染と自己治癒を繰り返し、
無症状や症状の出る患者は
観測されている以上にあちこちで存在する、
まさに『新型コロナ患者の経緯』と同じである。
ほったらかしにしていること=ほぼ存在しない、ほぼ起こっていない
とされているだけなのだ。

その修羅場を潜り抜け、今もなお生き残っている人たちにとって、
少々不遇の目に遭って、すぐに助けを呼ぶ人たちを軟弱に思うのは
当然の事だろう。
私も過去に、幼少期の頃あちこち体の不具合があり、
名目上健康体扱いのため、酷い差別と日常的に苦労を強いられたことは
ほんのちょっと、一部話したと思うが、

本音で話すと、新型コロナで騒ぐ大衆や各国家に対して、
「はぁ?こんな程度で?」と呆れている。
私からすれば苦の範囲にこれぐらいでは入らんですよ?
と実は思ってる一面がある。
まぁ私も人ですからね。心の内には人も天使も悪魔も住まうものです。

ただ、自分は苦労した人間なので、
苦労して生活をする人の気持ちが痛いほどわかるので、
「まぁ大変だよね。」と、思い直す事が出来る。
だから天狗にもならず、下にも見ずに自制と自戒を込める事が出来る。

そもそもそう思ってるなら、
最初からこんな面倒な事を趣味と言い訳をして、
ブログででも書いたりしない。これも立派なアイデアですからね。
対処法だとか、日本は?世界の情勢は?とか。
無料でなんで皆に塩どころか、砂糖を提供しなきゃならんのよ。

黙って1人防衛して、身内や親しい人だけ救って、
後は世が阿鼻叫喚だろうが見て見ぬふりをすればいい。
何も語らなければいい。実際に私は未だに入院もせず薬も打っていない。
新型コロナは恐らくは何度か感染しているだろうが、
その事自体で体調不良など1度たりとも起こしていない。

おっと、誤解しないでね。
こんなのたいした事ねぇよ?じゃないよ。
たいした事なのだよ。普通の人にとっては。
多くの人が感染し、重症化し、人の命が奪われるし
本当かどうかこれに関してはわからんが、後遺症もあるとされる。

だが私にはそもそも通用しない。
こんなもんより遥かに酷い状態異常を受けてた身としては。
今年は頭を蜂に刺された話はしてたっけ?まぁ
心配かけたくないから言わなかったかもしれないが。
多少ふらついて酔っぱらったような状態になったが、
半日立たずに治ったよ。頭を刺されるのはこれで2度目のはずで、
アナフィラキシーショック発生したはずだが、
毒を絞り出して消毒して、ハイおしまいだよ。
ピンピンしてる。・・もちろんこっちもビンビンしてる(ぉぃ

利害だの商売だの、それも1つの立派な行動理由だけど、
経済的な観念だけが世界の全てじゃないでしょ?
それは道具で、概念の1つで、
仁義や義理や人情があまりに足らないんだよ。

誰しもに優しくする必要はないと思うが、
せめてな、同じ日本人同士でこの未曾有の危機位
もっと助け合おうよ。
何がそんな世知辛い世の中にしようとしてんだよ。
操られ過ぎだ。色んな思惑に。
もうちょっと己を持とうぜ?物や考えは人が操るものだよ。

あっちこっちで責任逃れや押し付け合いの内乱誘発とかさ、
ほんとやめろっての。
人類結束ネタは映画やドラマの常とう手段だろうが?
今こそその時でしょうに。
自分の国の中ですらある程度統一できなくて、何が協調体制だよ。
笑わせるってんだよ。
そういう凝り固まった思想事、流してしまえ。
考えが急遽・急激に変わったところで今はコロナだ。

こういう平和的な利用をしろって、言ってんでしょ?
そうすりゃ事実誤認のまま、
真顔で歩き続けなくても済む事になるよ。

この記事の先頭へ▲

職を失う恐怖をそこまで世間が盾にするならば。 前編

自粛や緊急事態宣言に関して反発が起こり、
「このままじゃ生きられない!」「生活が出来ない!」
などと、騒ぐものが後を絶たない。
特にやり玉に挙がっているのが東京都の小池都知事で。
何度言えばわかるんだろうかね。
これは国の管轄だと話してるでしょう?
そしたら今度は都知事に国に要望(文句言え)とか、
頭がおかしいんですかね?

こういう事を言うと小池さんのファンなのか?とか
そっち側なのか?と思われがちだが・・

・・毎度毎度この説明をするのもうんざりである。

単純に騒ぐ者皆、覚悟も足らねぇだけ。
それは第一波の時にも「腹を括れ!」と私は発言したわけで。
まぁ私の戯言など、ネットの片隅でもあるわけだし、
聞こえるはずもないか。

以前、同じく第一波の頃に、あるツイッターのつぶやきの言葉がありまして。
詳細は載せませんが、

「『就職氷河期時代』に自分たちは何も助けてもらえなかったのに、
 休業要請だの、支援金だの、助けてくれという。そのまま潰れて結構だ。」

一部表現方法を変えていますが、
そういう趣旨のツイートがありましてね。

まさにその通りで、
あの時大半が更なる追い打ちをかけ、
それで命を絶ったもの、犯罪に走るもの、精神や体が壊れるものなど、
それ全てを被害者の自己責任として片づけた事は、
私自身も一生忘れない記憶の1つとして、
記録として残していきたいですね。

取り沙汰されはするものの、そういう裏の側面や本質は、
無かった事にされていますからね。未だに。

お題として取り上げようともその時思ったんですが、
今は時期尚早と、とりあえず置いておきました。
別の形では確か触れたとは思います。

現在猛威を振るう新型コロナウィルスの第三波。
半年以上も前に予定して付けられた国家予算残り約7兆円は手つかずのまま、
それも含めて次の予算編成が必要とあるが、
専門家曰く、それはそれとして使い、それとは別に30兆円規模の追加予算
が必要との試算。しかし財務省の思惑と、
現場・現状を理解しない政治家や官僚らの頭の悪さ故、
20兆円かそれ以下の規模での第二次補正予算だっけ?編成を協議中、
、、だそうだ。

こうして強く要請して、明らかに国庫を開いて対策に打って出る時期に来ても
政府やその関係各所は重い腰を動かしているように見せかけている。
『ディープフェイク腰振り疑惑』がでているわけだが。

ある専門家はテレビで堂々とこう、公言する。
「就職氷河期を再び起こしてはならない!」
と。

一見すると民を案じ、民の代弁者として政府に提言する
それこそ正義の味方の如き発言に聞こえるのだが、

正直私からすると、
「(何言ってんだ?こいつ)」がぬぐえない。
お前の認識からすれば、きっと就職氷河期はとっくに終わっていて、
今は誰しもが職業選択の自由アハハーン♪なんだろう。
数字ばかりを気にして信じ込む、専門家の悪い癖である。

≪後編へ続く≫

この記事の先頭へ▲

8月を前に、働き方を改めて問う 後編

全ての記事や記者に罪があるわけでは無いので、
まぁ一応載せます。

あれからもうすぐ8月となるわけですが、
この記事をあえて今載せるのは、、


*******************************

新型コロナウイルス感染症対策を担当する西村康稔経済再生相は
26日の記者会見で、テレワーク(在宅勤務)や時差出勤を
はじめとした感染防止対策の再徹底を、近く経済界に求める考えを示した。

 西村氏は、企業でのテレワークの取り組みが一時より減ったとして、

「ぜひテレワークを後戻りすることなく、時差出勤も(合わせ)
 多様な働き方を推進して欲しい」

と述べた。同日夜には自身のツイッターに、経済界に要請する項目として
「テレワーク7割・時差通勤、大人数の会食を控える」などと投稿した。

 政府は4月に緊急事態宣言を出した際、職場への出勤者を7割削減すること
などを企業に要請。宣言を解除した5月25日には、基本的対処方針で、
引き続き7割削減をめざすことも含めテレワークなどの推進を掲げていた。
(津阪直樹)

(出典:朝日新聞社 7月26日
 『西村担当相、在宅勤務7割「再徹底を」 経済界に要請へ』)

*******************************

正社員の方々並びに、
上級国民の方々にとって、非正規雇用に該当する労働者は
他人事であり、何時でも替えの効く存在として重宝という名の
『奴 隷化』を
暗に認めてしまっているわけですが。

平時において、随分と是正を声を無視し続けてくれたせいで、
大半の企業内、店内での作業を彼らが従事していた分が
劣悪な職場環境とその激務に対し正当な報酬や待遇を受けられない事
がさも当たり前であるかのように根付き
その事から離職者が相次ぎ、滞り、

「最近の人や今の若者らはすぐに職をやめてしまう!(加害者目線)」
→「人手不足である!(奴 隷募集中!)」
→「売り手市場だ!(混乱)」
→「そうだそうだー!(政府もグル)」
な暴言すら正論化されているわけですが。

継続して職務に従事できる環境にないと、作業効率が落ちるんですよね。
職務に対して責任を負えなくなるんですよね。
だって、職場の上司や雇い主のさじ加減で、
いつ辞めさせられるかもわからんのに、どうしてマジメに勤める事が?

そんな基礎中の基礎を誰も知らないんだろうか?
それにむしろ休憩時間、仮眠の時間を設ける事によって、
午後の業務をむしろ円滑に進められる様、
推奨している企業もあったと、報道がかつてあって、
ようやく是正の一歩となるかと見るや、いまだそれは浸透せず。
検討もされず。広がりもせず。

歪んだ世の中でも労働者の立場や実情を
きちんと判断して対応できているケースもあるのですが、
残念な事に全体から言えば少数派です。

豪雨災害でも、
台風がきても、
東日本大震災で混乱の最中でも
「通勤しろ。何もなくてもデスクに座れ。休んだら辞めてもらう。」
というパワハラが横行したニュースは
私が言うまでもない事ですが、
世界は各国それぞれで問題があるものの
日本も日本で俗世間一般の表現でいう
『隷 属姿勢』『奴 隷根性』が抜けない。いや抜けづらい。

上の報告だけを聴く、参考にしているのが浮き彫りですね。
テレワークが出来たとか、出来ないとか、
下はそういう問題ではないし、そこが論ではないし。
現場を見ずに政策決定をしている事が問題だと、
何度言えばこいつらはわかるのだろうか?

その自慢のテレワークとやらも、大半の中小企業が出来ていないわけで、
大企業の中にもできてない所もあるわけで。
大体、政府の会合や記者会見らも全然テレワーク化してないやん。
一部だけやん?
それで「民間やれよお前ら!」とか
「民間は出来てる(真顔)」とかよくいえるよ。

コロナ対策をしている店やその対策が不十分な店を仕分けして
罰則規定を設けるが補償はしない方針なわけですが、
その点に関しても、
後日、改めて矛盾点を指摘していきたいと思いますが、
まずは、非正規雇用の人たちの人権や労働環境を
是正する事が結果としてコロナ対策となり、
感染者数を減らす事に繋がる事をそろそろ検討し、
実行し始めてほしい。

生活に余裕が無く、
外に出て働きに出なくてはいけない人が感染していく状況なのだから、
そこを批判の対象にする事はしても、
その絶対数の多い部分を保護せずして、何がコロナ対策なのだろう?
遊んで暮らせる人間の幼稚で世間知らずな意見で
世を混乱に陥れているのはむしろ、フェイクニュースを流すSNS住民
らではなく、政権に直結する上級国民と称される少数派ではないのかな?


遅すぎる。
そういう現在一番多い集団らに対しての保証が無さ過ぎる。
このまま滅びて、
その部分を外国人労働者で安易な穴埋めは、
感染拡大を招くだけだぞ?
いい加減中流〜一般庶民らの日本人を保護する事を始めろ!
それがしいては経済を保護にも繋がるのだ!

この記事の先頭へ▲

8月を前に、働き方を改めて問う 前編

*******************************

妊娠中に派遣切りにあった。日本語が理解できないまま書類に
サインしたら退職届だったーー。

非正規雇用で働く人たちから、こうした相談が労働組合に相次いでいる。

全国ユニオンは5月19日、オンラインで会見。政府に対し、
労働者への直接的な支援制度を整えることや、
感染拡大を理由にした雇い止めなどを行わないよう
メッセージを出すことを求めた。

「正社員は在宅勤務、派遣社員は出勤」「休業補償でない」

全国ユニオンには非正規雇用の人たちから相談が殺到。3月ごろから、
正社員は在宅勤務しているのに派遣社員は
「パソコンが用意できないから」と出勤させられる、
休むよう言われたが休業補償が全く出ない、
といった内容の相談が寄せられたという。

5月に入ってからは雇い止めや契約中途解除の相談が増加。
自動車の部品工場やホテル、観光関係で働く人が多いという。

内容理解できないまま退職届や同意書を書かされるケースも

会見には三重県の労働組合「ユニオンみえ」も参加。
派遣など非正規雇用で働く人が多い外国人労働者から多くの相談が
寄せられているといい、厳しい実態を明らかにした。

ユニオンみえによると、感染が拡大していった3月から、減産を見込んで
派遣労働者を「選別」するような動きが出始めたという。
書記長の神部紅(じんぶ・あかい)さんは

「妊娠中、子育て中、有給休暇の取得を申し出たなど、
 企業にとって『使いづらい』労働者から切られる対象になっている」

と指摘する。

さらに、外国人労働者に対していわゆる「派遣切り」を行う際、
母国語ではなく日本語で説明、日本語の退職届や
解雇通知への同意書にサインをさせるケースも。こうした場合、
サインした本人は内容を理解していないこともあるという。
仕事中、手を離せないタイミングで「早くサインを」と急かされて
書いた例もあった。

広岡法浄(ほうじょう)委員長は

「企業は無理やり書かせていない、自らの意思だとアピールし
 切り抜けようとする。責任を労働者側に押し付けている」

と憤る。

企業ではなく、労働者に直接補償を

新型コロナウイルスの感染拡大を受け、政府は企業が従業員に支払った
休業手当の一部を助成する「雇用調整助成金」の条件を緩和している。
しかし全国ユニオンの関口達矢事務局長は

「かなり使い勝手が悪く十分に機能していない」と指摘。

申請のハードルが高い上、大量の申請に処理が追いついていないこと、
そもそも休業手当を払う余裕がない事業主もいることなどを上げ、

「企業に対してではなく労働者に直接補償が行われるべきだ」

と求めた。

NHKによると、自民党の作業チームは
雇用調整助成金の上限額を引き上げることに加え、
勤務先の企業から受け取れない人を対象として国が
直接給付金を支払う制度の案をまとめている。

鈴木会長はこうした動きについて「前進ではある」としながらも、
「手続きは簡便で簡単でなければならない。スピードが大事」
と求めた。さらに、雇用保険であぶれがちな
フリーランスも対象にすべきだと訴えた。

「労働者の生の声を聞くべき」
政府に対して求めることを問われると、
ユニオンみえの広岡委員長は「行政には危機感がない」と指摘。

「企業への支援をしようとしているが、生活できない、仕事がない、
 明日の暮らしも成り立たないという労働者の生の声を聞くべきだ」

と、労働者側に立った政策を求めた。

鈴木会長は

「医療に関する取り組みと経済、労働者の生活を
 維持する政策を並行してやらないと崩壊する」

とした上で、

「まずやっぱり政府は明確に、労働者の首を切らせない。
 解雇してはダメなんだという明確なメッセージを出すべきだ」

と強調した。

(出典:ハフポスト日本版 5月19日
 『非正規労働者から悲鳴相次ぐ。
  内容理解できないまま退職届にサインも… 全国ユニオンが訴え』
*******************************

≪後編へ続く≫

この記事の先頭へ▲

今、そこにある労働力

NEWS ZEROを本日視聴していたところ、
ついさっきだったんですが、
中々面白い特集をしていましたね。


今後10年で労働者が664万人?だっけ?
足らなくなるとか。
その補充要員として円グラフにて表示されていたのが
外国人労働者、シニア世代、女性・主婦
そこでは最大で大体55%ぐらいしか確保できず、
残りはAI・ロボットによる補充でなんとかしようという
試みがあるとのこと。


おいおい、
この時点で既におかしいとなぜ気づかないのだろう。
誰も突っ込まないのだろう。
思わず吉本ばりにズッコケかけてしまったよ。


現在の政府の発表によれば
就職内定率が98%と誇っており、
少し前には「いざなみ景気」
日本の経済はかつてないほど勢いがあると称していなかっただろうか?
参議院選の広告でも自民党は
自分たちがいかに庶民の生活をよくしたかを
羅列していなかっただろうか?


内定率がいいのに、人手不足?
これって矛盾ではないんですかね?
人口や出生率の減少が影響?
いやいや、
普通にアルバイトですら落ちてる人いるけど?
あぶれている人いっぱいるけど?


それに、
離職率の高さの原因を企業側だけの言い分を通す方針や、
若者の死因第1位が未だ自殺である事実。
働き世代全般における企業内でのパワハラ等の
職場環境の悪化、過重労働、
そして口先だけの就職氷河期世代への支援(笑)


問題点として発表するわりには
それらを労働力として都合のいい時には
数値として挙げるが、それを活用しようとする動きが全くない。


まぁ当然ですよね。
円グラフの中にある共通項って、
「人件費を平然とカットできる。企業の都合で即首が切れる。」
なんだし。


結婚関連でうやむやに出来る女性たち
ミスが多い分、それを指摘し人件費をそこまでかけず
いずれ勝手に消え去るシニア世代。
そもそもこき使う前提にある外国人労働者
先行投資は高いものの、その後は維持とメンテナンス費だけで賄える
とあっては、そちらを社会全体で押していきたいのだろう。
というか、それを推進したい思惑ある人たちがいるのだろう。


労働力に対して、
現在の物価や一般的な生活水準を保てるだけの対価
報酬を支払うのは当然の義務なのだが、
それをカットして国の赤字財政を支えようと?


だって不景気は理由じゃないでしょ?
まぁ統計は偽装だったから実際は不景気なんだろうけどさ
(でも自分たちで景気は良いといったんだから。)


それならまずはさ、
政治家や国家公務員の給料のカットが先では?
国営でも民間でも企業のそうした横暴を許してるんだったら
まずは自分たちの人件費をカットして
それでも同じクオリティーを最低限保ってみたらどうだろう?


実際には減らすどころが増額しているそうだが?
個人情報流出も酷い上に外部の団体に作業丸投げなんだが
国会議員も増やしたんでしょ?
犯罪犯しても取り締まらないし、取り締まっても優遇措置つけまくりだし。
池袋のジジイ警察からVIP扱いで警備までついてるんだってね。
笑っちゃうよね。人 殺  しなのに。


私からすれば
与党の公言している悪夢とされる民主党政権時代の
何倍も政権を握り続けている結果、
出来た現在の世界こそがよっぽど悪夢である。
日本を壊す気なのか?お前らは。


参議院選で与野党がそれなりに接戦を繰り広げている
というニュースはあるが、
そのこと自体が既に残念極まる。


どういう形であったとしても
本当の政治に対する決断を国民一人一人が
していく必要が今まで以上にあると思う。

この記事の先頭へ▲

お名前メモする