】 Fire Talker 】X【 Truth of Grief 【

人を知り、愛を語る。悪鬼羅刹を今日も斬る! 自分でも何を言ってるのかわからない!

ニュースの記事

様々なニュースに一言 年跨乱編 その409 後編

 ※文字数オーバーするほどの文字数か?
  メンテ後だから安定のバグ発生中かもですね。


≪後編より≫


 が、それ以前にね。
 今も政権にこうして携わる谷垣さんらの発言に
 私はひどく違和感を覚えるというか。

 一部の免除対象を除き、
 大半の国民から金をほぼ強制的に徴収して、
 運用してたはずの国が、『消えた年金騒動』や
 『箱物政策の失態』など年金の浪費をしてたのってさ、

 長く政権を携わっていたおたくら自公与党の責任が
 主ですが?

 で足らない、支払う額の記録が無いからこれぐらいです。
 と低く支払ったり、財源が無いから?
 今の国民らから別の形で徴収して補填します?だと?

 でも自分たち国会議員や公務員の給料は
 減額していたのを戻します?
 議員特権は維持します。高給取りです。
 病欠という名の仮病に関しても満額支払います。
 汚職をしていても退職金なども、
 民間より多めに頂きまっせ?

 無かった事にすんなよ。他人事みたいに語るなよ。
 大失態を起こした原因はそれで、
 働く世代や人口減少も、
 安定した家庭を築けない社会構造を
 安易に作ったこれもまた、自公与党の責任なのだから、
 なんにせよお前ら大罪人やんけ。

 お前らの給料や議員特権をカットする事から
 始めてもらえませんかね?
 労働に対する対価が適切ではないよ。

  
B橋下徹氏、感染者数激減で「8割おじさん」西浦博教授を
 バッサリ「はっきり言って、もう信用できません」
▼報知新聞社 9月20日の記事の題名なのですが、
 アドレスはこちら。

 本日のオチですかね。
 まぁでもしょうがないですよ。うん。

 公の場での発言って、何かの根拠や情報をもって、
 分析にしてもなんにしても語らねばならず、
 その資料作成している人を、当然信用して、
 その上でそれを基盤として、ですから。

 基盤が崩れるような事を公然として
 「知らんぷり」はねぇよな?

 これは別に橋下さんに限った事じゃなくて、
 他のコメンテーターの方々も困っている事です。

 『ファクトチェック』はそちら側が
 言い始めた事なんだから、
 しっかり自分たちでもしておいてくださいよ?
 社会的立場を鑑みても、
 一般人のフェイクニュースより
 遥かに質悪いですからね。

この記事の先頭へ▲

様々なニュースに一言 年跨乱編 その409 前編

本日の共通のテーマは、
『信用ならない。』

私はわりとよく騙される人間で、
これだけ疑り深くても、変わらず騙されてしまいます。
それぐらい、人を信じやすいんですよね。


@4K8K視聴可能機器 
 1000万台突破 巣ごもり需要などが後押し
▼FNNプライムオンライン 9月23日
 の記事の題名なのですが、アドレスはこちら。
 ※アドレス先には動画もございます。

 このコロナ禍に景気の良い業界がある事は、
 とても喜ばしいお話です。
 むしろ、こういう実態もあるんだよーと、
 紹介して盛り上げていきたいところなんですが、

 私はそれ以前に庶民の味方なので、
 「ちょっと待った」とこの報道には言いたい。

 4Kのテレビを売り出した当初の頃に
 4K受信できず見れない状態だった件については、
 釈明も謝罪もろくに無い状態で8K?

 「え?これ4K?」と消費者騙したでしょ?

 プラズマクラスターも未だに使っている店とか企業
 とかがさ、
 コロナ禍で効果があるんじゃないか?と
 愛用している残念な方々もいるけど、

 科学的根拠示されてないんだよね。
 消費者庁の発表あったでしょ?
 あっちこっち不当表示だらけだが?

 多かれ少なかれ商品には騙しがあったり、誤魔化しがある
 のはある程度甘受する分はする。
 でもアホ程値段吹っ掛けて、結局違いが判らず
 観れているかどうかわからん映像機器を
 好調だろうがそのまま何事もなかったの様に、
 は許せない。そういう信頼を失う行動は後に
 大きな社会的損害を与える事になる。
 
 誠実であれ。きちんと説明した上で
 新しい物好きなどに売るとよい。
   
 
A谷垣氏、河野氏の最低保障年金を批判
▼産経新聞 9月22日の記事の題名なのですが、
 アドレスはこちら。

 別に河野さんの肩を持つつもりも、政策を良し悪しも
 今の段階では何とも。他の候補者に関してもですが。
 (これ載せる段階では決まってるんだろうけど)


≪後編へ≫

この記事の先頭へ▲

様々なニュースに一言 年跨乱編 その408

本日の共通のテーマは
『善悪の区別』ですかね。

時として人は、過ちを繰り返す。
何処の何を、どう繰り返しているのか?
というのは一人称、
狭い世界だけの事とは限りません。


@人体実験敢行
▼**************************

  千葉県習志野市は17日、市民への新型コロナワクチン
 個別接種を担う市内の診療所が、
 対象の満12歳に達していない
 11歳10カ月の女児1人に、
 1回目の接種を行ったと発表した。
 
 同診療所の担当医師は

 「本年度中に12歳を迎えるなら、
  もう接種できると思った」

 と説明。この認識誤りが原因という。

 同市によると、接種したのは15日。
 女児は家族の接種に同行していた。
 同診療所で別の人の当日接種キャンセルが生じたため、
 医師が保護者の希望も聞いて接種した。

 16日に保護者が女児分の接種券発行を
 市に要請したことで判明した。

 ワクチンはファイザー社製。
 女児の健康状態に問題はないという。
 2回目接種は、
 市がルール通りに接種券を発行する12月になる。

 市は17日、接種を行っている市内の全医療機関に
 今回の事態を知らせ、
 接種時の正しい年齢確認徹底を求めた。
 
 他に同様の誤りは報告されていないという。

 (出典:千葉日報社 9月19日
 『対象前の11歳女児にワクチン接種 習志野の診療所 
  医師が認識誤る 新型コロナ』)

 **************************

  首都に近い都道府県周辺では、より密接な
 政権との関係性が浮き彫りになる。その上で
 政策やその他もろもろの動きも
 自然と指示が行き届きやすく、、

 まぁそれに近い事を以前書いたと思うが。
 
 普通に考えれば題名通りですよ。
 で、「あっ、間違えっちった(わざと)」
 
  未成年は個人情報が保護されていますからねぇ。
 保護の仕方って、色々ですよねぇ〜?

 でも実験だとしたら1例だけを実験とは言わない。
 まして時期を跨ぎ過ぎたりしては、
 正確なデータが取れるとも言い難い。

 同一の時期か、それに近しい時期に、
 不特定多数の男女の子供で、12歳未満に対し
 ひっそりと、で判明すれば上述の通りにしておけば、
 問題なかろうと行われていたとて、不思議ではない。

  うっかり八兵衛なんて、
 政権重用・多用の諜報員ですからね。
   
Aモーリー・ロバートソン氏、
 大●合法化を改めて主張
 「取締法は時代遅れ」「メリットの方が圧倒的に多い」
▼はちま起稿 9月20日の記事の題名なのですが
 アドレスはこちら。

 少し前にイベントネタだったと思うが、
 疲労困憊であった時期があって、

 いや、生きていれば子供であっても大人であっても、
 「しんどいなぁ〜」
 そういう瞬間あると思う。

 簡単に、瞬間的にそれを忘れさせてくれたり、
 感じなくなるものがあるとしたら、
 
 人の弱さ故、善悪の区別がついていたとしても
 手を伸ばしてしまう危険性は誰しもある。

 それが酒であったり、暴食であったり、
 暴力であったり、博打であったり、異性であったり、

 タバコもかつては大人になれば嗜むもの、
 と勝手なイメージ戦略があって、そこに飲まれた
 数多くの大人たちがいた。
 そして今どうなっているだろう?
 常態化する社会問題、そして健康被害問題の1つ
 となっている。それを辞めるためにわざわざ
 『禁煙外来』なんて言葉すらある。

 世界の潮流が仮にそうであったとしても
 私は多数決は判断基準の1つであって、
 何物にも勝る金言とは思っていない。
 多数が間違っていた事など歴史上、
 良くある事だ。

 『過去から学ぶ』という言葉の方が金言である。
 これまでにも日本国内にて薬物被害の報告は
 改めて語るまでもない事実で。

 義務教育内でも厳しく「これはしてはいけないもの」
 だという教育を受けている。

 大人になって、教わったものが過ちだったと
 気づく事も多々あるが、
 これに至っては正しいと結論付けていい。

 経験してからでは遅い。
 経験などしたくない。
 こういう方々は責任など取らない。
 困ったらどうせアメリカに帰るだけだ。

 こういう妄言にはどうか、
 耳を貸さないで頂きたい。

この記事の先頭へ▲

様々なニュースに一言 年跨乱編 その407

本日の共通のテーマは、
「ちょっと、、バイデン?息してる?」

名前を間違えたり、言葉が出てこなかったり、
出てきたかと思えば主義主張がガタガタだったり
おかしなことを言ったりと、

別の意味での『暴言王』を発揮する彼の所業が
何を招いたというのでしょうか?


@「欧州外し」、深まる米不信=インド太平洋戦略でEU
▼時事通信社 9月19日の記事の題名なのですが、
 アドレスはこちら。

 某番組にて、大統領選挙戦前から最中、決着後も、
 ジョナサン・ソーブルさんという方がいて、
 アメリカのジャーナリストの方のようですが、
 ペラペラの日本語で、

 「彼は穏健派で色んな人の意見を
  取りまとめるのは得意としていて!」
 
 と、引き合いにトランプバッシングも必ずしつつ
 常にバイデンアゲアゲスタイルの発言を
 しまくっていたんですが、

「あー、この人アメリカ民主党教にでも
 加入しているんだろうかなぁ?(鼻ホジ)」

 と、適当に聞き流していました。
 でもまぁさすがに、
 まったくの大ウソではないだろうと、
 その辺は彼の発言を少しはね、
 考えてはいました。

 はて、これが計算に基づくものなのか?
 普段通りの「ボケ発動」の賜物なのか?

 いずれにしても相手側には伝わっておらず、
 反発を公然とこの場、この状況下で招く事に
 何の意味があるのか理解不能です。

 調整役が得意だったんじゃないのかよ^;
 元々そんなになかった発言の信用度が、
 そちらの毛根の如く死滅してしまったようです。
 
 
A「米国は中国を攻撃しない」
 と中国に電話した米軍トップの真意
▼JBpress  小川 博司 9月20日の記事の
 題名なのですが、アドレスはこちら。

 目を疑った、というのはまさにこの事なんですが、
 日米連携や同盟よりも米中協調路線と
 化したんでしょうかね?その転換点が今?

 驚きは無かった、と言えば嘘になりますが、
 それはまったくの想定外が発生した、
 というよりも、本当に正体を現して、
 これまでの全てを無に帰すような選択を、
 可能性はあったとはいえやるのか?マジか?

 と、その愚かさに対して、ですかね。
 怪しい動きは多数あったにせよ、
 このタイミングで、ですかぁ。

 例えば第二次大戦中の戦争中に
 米中がタッグを組んで日本やその同盟関係を結んだ国と
 戦う構図があった事は歴史の資料上、
 現状認められていて。

 裏で策謀を散々練られ、それにまんまと引っかかって
 いった様があったわけなので、

 今回が初ではない。初ではないが、、
 
 となると、アメリカと中国双方に対して
 メリットのあるような外交?
 
 誰だっけ?バイデンさんが大統領になっても
 対中国に対しては厳しくあたるよーと、
 あれだけ大嘘ぶっこいていたやつらは?

 オバマ政権下においても中国の台頭を許し、
 陰で現在の新型コロナに当たる研究を
 現在の感染症対策のトップが堂々と秘密裏に行って、、

 という報道を、当ブログで載せたものの、
 一応鵜呑みにせず、
 それすら信じすぎずにいた私なのだが、
 
 希望的観測だったのかもしれない。
 どうやら私はここまで現米政権に対して
 批判的ではあったにせよ、
 買い被りがあったのだろうなぁ。
 
Bアフガニスタンで中学・高校が再開、女子は呼ばれず
▼BBC NEWS JAPAN  9月19日の記事の題名ですが、
 アドレスはこちら。

 ・・でしょうね。

 世界に向けてはそう喧伝したとて、
 それはイスラム教の解釈の範囲内での
 女性の人権などの保護を考えるといってるわけだし。

 有言実行そのものです。
 わかりきってた事でしょ?

 とある番組内にてこれまでにアフガニスタンに
 アメリカは250兆円もの国費をつぎ込んで
 10年間に渡り様々な行動をとってきたそうですが、

 バイデンさんのおかげで、
 それら全てが砂漠の砂と化したようです。
 それ以外にもいろんなものを失ったけど、

 でも彼を選んだんでしょ?アメリカ国民は。
 日本国内でも支持している方々も、
 その影響を与えたといっていいし。

 どうぞ。これもきちんと記憶して、
 噛みしめて責任の重みを痛感して下さいね(ニッコリ)
 
 他所の国の女・子供を苦しめる事に関しては
 経験豊富なお噂は、
 選挙戦最中にも報道されていた事ですが、
 
 まさかそのままのイメージを貫くとはね〜。

この記事の先頭へ▲

様々なニュースに一言 五輪禍バックナンバーズ 8

@これは5月の段階でのお話、そして現在は・・
▼**************************

 【ニューヨーク時事】米国で
 3種類目の新型コロナウイルスワクチンとして
 登場した米製薬大手ジョンソン・エンド・ジョンソン
 (J&J)のワクチン。
 接種が1回で済むため鳴り物入りで使用が始まったが、
 血栓症の報告を受けて一時中止された。
 製造面でも問題が起き、逆風が続いている。

 J&Jのワクチンは日本では承認申請されていないが、
 米国では2月末に緊急使用許可が下りた。

 先に許可された米ファイザー、
 米モデルナ製が2回接種が必要な一方、
 J&J製は1回で済み、他社製に比べ保存も簡単。
 
 バイデン大統領も
 「危機収束に向けた心強い進展」と期待を寄せた。

 ところが、英アストラゼネカ製ワクチンでも報告された
 深刻な血栓症が接種後に発生。
 4月下旬までに17人が発症し、うち3人が死亡した。

 ただ、既に約800万回の接種が済んでおり、
 当局は発症が「非常にまれ」と判断。
 使用再開を許可した。

 一方、3月には同じ委託先工場で製造されていた
 アストラ製ワクチンの原料が混入し、
 約1500万回分が使えなくなる事態が発生。
 既に完成していたワクチンも出荷できなくなった。

 こうした問題を受け、
 接種再開前に実施された世論調査では、
 J&J製が「安全だと思う」と答えた米国人は半数未満。
 ファイザー、モデルナ製の7割超を大きく下回った。
 しかし、米国ではファイザー、モデルナ製ワクチンの
 2回目の接種を受けていない人がおり、
 専門家はJ&J製の利便性を強調する。
 変異ウイルスが広がり、
 米国で新規感染者数の下げ止まりが懸念される中、
 接種の底上げにはJ&J製の信頼回復が
 カギを握りそうだ。

 (出典:時事通信社 5月2日
  『米J&Jワクチン、続く逆風 
   血栓症懸念や製造問題』)

 **************************

  これね、恐ろしいのがこういう問題が
 この時点であったにも関わらず、
 今現在はデルタ株(インド株)の変異種に
 高い効果を発揮するとか
 そういう触れ込みで売り出しているんですよね。

 以前、日本で現在も販売されている『ラウンドアップ』
 という除草剤は
 その有効成分であるグリホサードに発がん性が
 あるのでは?
 とされてアメリカで損害賠償の裁判が起こされた件を
 ご存じない方の方が多いと思います。

 その上で、現在も日本国内で堂々と
 販売されているんですよね。
 そのあたりは以前当ブログで載せたと思います。

 そういう前例とかがあるからこそ、
 有毒性のありそうな情報が1つでも判明した際には
 身構えてしまいます。
 
 これはまぁ当然の自己防衛機能だと思うんですが、
 これに過剰にね、ワクチン反対派だとか、
 ワクチン保存しているコンセント抜いているんだろ?
 とか。
 言われるのが本当に腹が立つ。

 ワクチン不足ゆえの混合接種の候補に
 これがもしあったとしたら、どうなるんでしょうかね?


A立憲民主党の議員さん
 「1年間我慢してきた。正月も帰省しなかった。」
  速攻で嘘とバラされる
▼ハムスター速報 5月3日の記事の題名なのですが、
 アドレスはこちら。

 これ以外にも腹立つ話が連鎖している。
 本来はじっくり料理したいところだが、
 取り上げたいネタが多いのでもうここで
 先行して書いてしまおう 

 **************************

  中国共産党創建100年の記念日となる
 7月1日を控え、
 自民党が二階俊博幹事長の名義で
 中国側に電報を送ったことが30日、分かった。

 中国側から依頼があり、外交儀礼を踏まえて応じた。
 党幹部が明らかにした。

 党関係者によると、電報には、日中両国が東アジア地域の
 平和と安定への責任を果たすことや、
 国際社会の期待に応えることの重要性について
 盛り込んだ。

 中国共産党創建100年をめぐっては、
 かつて自民党総裁を務めた
 河野洋平元衆院議長が祝意を寄せたと
 中国国営通信の新華社が報じているほか、
 立憲民主党や、
 同党の小沢一郎衆院議員もメッセージを送っている。
 
 (出典:産経新聞 6月30日
  『<独自>自民、中国共産党100周年で電報 
   二階幹事長名で』)

 **************************

 その上で、、

 日刊スポーツ 7月11日
 『立民枝野氏「どこかの国が香港で行ってることと一緒」
  酒類提供巡り政府批判』

 はちま起稿 7月10日
 『立民・福山幹事長「緊急事態宣言を出すべき」 →
   緊急事態宣言発令 → 
 「最悪のシナリオ。政府は追い込まれた」
  わずか5時間の出来事』

 こういうのを蝙蝠外交っていうんだよ。
 韓国の文政権の真似事ですかね?
 今どういう末路だと思ってるんだよ^;

 どの方面にも都合のいい事言って、
 支持を集めようなんて虫が良すぎるお話で、
 信条も理念もブレブレならば、自民の派閥の弊害以上に
 政策実行部隊の大半がこれではもう悪政腐敗が
 今の段階で予見可能である。

 無いなぁ。自公以上に、立憲民主党無いわぁ〜。 

この記事の先頭へ▲

お名前メモする