】 Fire Talker 】X【 Truth of Grief 【

人を知り、愛を語る。悪鬼羅刹を今日も斬る! 自分でも何を言ってるのかわからない!

ファッションの記事

クレームから始まるファッション論 後編

骨格にしても脂肪を蓄える遺伝的要因にしても、
平べったい顏のアジア人と彫りの深い顏の欧米顏、
黒人さんらの特徴的な顔立ちも
現在のアフリカ大陸から人類が環境と共に歩んだ足跡、
旅や定住先が長きに渡り違ってきたため、
そこに適して人類は分化し、進化したんですよ。

それを安価に、短時間に、短期間に求めようと
画策するのが中国人や韓国人らで、
彼らの整形技術が発展したのは、
誤魔化で即席の実力を課題に見せようと、
手段を選ばない民族性にあるんですよね。

商品にしても盗んだり、
文化にしても片っ端からこれは自分たちのモノだと称する。
我が強いわりに、努力の方向性も自身を高める事もしない。
他者から楽して奪う事が前提の考えです。

そしてそんな彼らの思想や彼らの肩を持つような
時にスパイも紛れ込んでいるマスコミら、
テレビ関係者らが真面だと思いますか?

以前書いた?とは思いますが、
『一つ目族の世界に迷い込んだ人間』のお話の通りで。

例えば、目に映る芸能人らやモデルが恥も外聞もなく、
整形しまくって、そういう人たちばかりを映して、

「これが『可愛い』である」
「これが『美』である」

不自然でマネキンのように作りこまれたツラや
漂白剤に全身を漬け込んで皮膚の色を強制的に抜いた白を
本当の美肌で美白な女性よりも白くして、それが正しいと
情報を常に流し続けたとしたら?

ファッション雑誌における、間違った固定概念となる、
食事を抜き、過度にやせ細って骨と皮だけに近い体型を
モデル体型と呼び、それを流布させた事で、
あれこそが正しい、本来の姿であると信じてしまい、
拒食症の女性が増えた事件。

これはフィクションではなく実際に起こったお話で、
最近ではふくよかな女性向けの、
そういうモデルさんらも多く起用し、美の価値観を歪める
報道に対し、規制をかけ始めたのは近年になってからのお話です。

その『整形』バージョンですよ。
その洗脳に、世の女性たちは大半が憑りつかれている。
そうなれば、当然日本よりも安価で手術の出来る
諸外国、特に渡航しやすい距離にある中国や韓国が
美容整形の客としてがっぽり儲けられる。
場合によっては、それも脅しのネタに使う事も出来る。

日本の芸能界も、天然の美女や美少年らを探すよりも、
作り出して売り出した方が早い。ましてそっちで手術するなら
元手も少なくて済む。

過去の写真?いえいえ、
過去の写真すらもデジタル加工技術の進化で、
弄る事は可能で、別に他の写真が出てきたとしても、
心霊写真すらかつてねつ造しまくっていたテレビ局らが、
恥も外聞もなく、投稿写真のねつ造を叩きまくるご時世ですよ?
でたとしても加工してそう見せかけただけ!と
恍けるだけですよ。

こうして刷り込まれて、間違った美の意識を植え付けられた
日本人女性は、安室が受ければ茶髪にし、
ヤマンバメイクが受ければ化粧を濃くし、
整形で整えている人たちが悪びれずにメディアに出れば
自分たちもと後に続く。
自分たちが何をしているのかも気づいていない。疑問にも思わない。

例えば、
髪の毛の色を変える、毛染めの薬品の中に発がん性物質があって、
それを髪の毛から体内に取り込んでしまうという危険性が
かつて報道された事がある事自体、知らんのだろう。

今日生まれた新生児とその親を紹介する番組を
見ている限りでは、奥さんの茶髪率が95%以上だった。
旦那さんも染めたり、染め直した形跡があるが、
そういう御家庭は全員、子供が将来がんにかかるリスクを
母体とその父親から注入している事を知るべきなのだが、
「大切に育てるよ~」と豪語している。

自分たちが子の、自分自身の首を既に絞めている事に気づかず、
それを愛情と称する。
これを家族と、今の時代は称する。
そこに整形やら、得体のしれない薬の注射で、
治療目的では無く、
ファッションと称して体のあちこち弄りまわされたとして、
今後どういう弊害が出てくるのだろう?

染めなくても元の黒髪が美しく、目鼻立ちに彫りが深くなくても、
民族性の違いをきちんと見分ける人からすれば、
日本人の良さは、そんな加工をしなくても美はあるんですよ。
漫画でもキャラの書き分けの下手くそな人が、
男でも女でも全員同じで、
声だけわずかに違うだけじゃ誰が誰やらわからない。
それで物語が成立するとでも?
(まぁ『タッチ』とかは成立しているけども)

これは美容整形の医者の先生らも言ってる事だが、
「整形は医療行為」だ、と。
金儲けに繋がってるため強くは言っていないが、
本来は事故や病によって欠損したり、破壊された外見などを
修復する作業としての技術だ。
もちろんその技術の向上は、人類にとって必要だが、
こういう美に取りつかれた人たちや騙され続けている人たちは
それらを悪用している。
間違った固定概念を、自分たちも広告塔となって、
他に植え付けようとしている。

私からすれば、
こういう奴らも『無責任にわざとまき散らすタイプのコロナ患者』
と同じで、平時から腹を立てている。

美に対して悩みがあるのは男女も人種も関係ない、
人類共通のものだが、そこから逃げて安易な手段を取るのは良い。
だがそれが唯一無二の正しさであるかのように
強要・強制してくるのはメディアも含めて自粛を要請したい。

人類から、日本人から、
特に日本人の女性から個性を奪うな。

この記事の先頭へ▲

クレームから始まるファッション論 前編

**********************************

モデルの小倉優香(21)が、29日放送のMBSラジオ
「アッパレやってまーす!水曜日」(水曜、後10・00)に出演。
生放送中に「辞めさせてください」と、
番組降板を直訴するハプニングがあった。

 番組終了間際、共演するケンドーコバヤシ(48)から
「お知らせの方はいかがですか?」と振られた小倉は
「ちょっと時間あるかな?あと1分?手短に話しますね」と切り出した。

「朝早く起きて、夜早く寝るという生活をしていて、
 ラジオがつらくなったので辞めたいと事務所に言ったんですけど、
 3〜4カ月話してくれないのでここで言います。辞めさせてください」

と訴えた。

 突然の降板直訴に、共演するAKB48の柏木由紀(29)や
アンガールズの山根良顕(44)、田中卓志(44)が「えっ!?」
と驚きの声を上げる。ケンドーコバヤシも「ものすごいこと言うね…」
と困惑した。山根が「卒業したいってこと?」と真意を問うと、
小倉は「卒業したいんです。はい」と返答した。

 ケンドーコバヤシは
「それは申し訳ないけど、事務所の方で…。我々には何の権限もないので」
と苦笑。続けて

「問題発言もありましたが、また来週お会いしましょう」

と締め、小倉の直訴をうやむやにしたまま放送は終了した。

(出典:デイリースポーツ 7月30日
 『小倉優香 生放送中にレギュラー番組降板直訴
 「辞めさせてください」ケンコバ困惑』)

**********************************

最初に言っておくと、これは話の掴みの部分であって、
重要な話題ではありません。

たいした事のないグラビアアイドルが、
分を弁えなかったというクズエピソードです。
というか、私はこの小倉優香という女が大嫌いで。

別にいいんですよ。
こんなストッキングを被って左右に引っ張ったような顏が
何をしてようが気にならないですが、
グラビアの活動をするにおいて『リアル峰不二子』と
伝説の二次元女性の名を語る事が許せないんですよね。

事務所が勝手にやった事で、自分の意思ではないと、とある番組でも
釈明していたとは思いますが、その活動をしている以上、
本人が辞めさせず商売として続けているんでしょ?

ルパンの、そして峰不二子のファンからすれば、
まぁ私の個人的な恨みがある。

「どこが?」その貧相な体のどこに峰不二子要素がある?
数値で合した?
いやいや、辿り着いてすらいないし。
辿り着いたとしても、公式のプロポーション数値すらも実は偽装で、
実際にはもっとメリハリのある、しかし肉付きのいいボディで、
あの数値すら過少報告だという事実を、
この女も事務所も考えていない。

それも含めた上での、悪女で義賊でわがままで、しかし時に情の深い、
魅力満載な女性の要素が積み重なるんですよ。
語るなら、せめて基礎位学んだらどうだ?
こういう悪意ある浅知恵と、インスタントな肩書で、
勝手なレッテルをファンの業界に張り付けてくる。
「素人が場を荒らす」という構造は、これに尽きる。

大体、既に最初の着想の時点で終わっている。
日本人の体型というのは、
まぁ名目上、峰不二子も日本人とされているけど、
あんな体型になる事はかなりのレアケースです。
(居ないとは言いませんよ?なぜそれがわかるのかは割愛)

それは日本人女性を侮っているわけではありません。
ほぼ無理だと言ってるんですよ。
数年、数十年自然に変化を狙っても、
それは難しい話です。

≪後編へ続く≫

この記事の先頭へ▲

夏場、より試される男たちの・・。

少し前の、とある報道番組で、
『女がNGとする夏場の男性のファッション』
第1位が「(男の)乳 首が浮き出ている」
だそうです。


調べてみると同じようなランキングでも複数回答はありまして、
必ず1位というわけではないにしても、
「服が透けている」という感じに共通している項目はあるようです。
 


そして男の乳 首隠しのためのアイテムとして
肌色のインナーニップレス
絆創膏を張る。大胸筋を鍛えて乳首の向きを下にする
など様々な解消法を提言していたわけですが、、


夏で薄着の結果シャツから浮き出る女性の、
男の喜ぶナスカの地上絵のような線探しや、
信号を慌てて渡ろうとしてダブルドリブルしているOLさんとか
油断して薄着でスーパーに着た奥様連中が、早ければ入店直後、
遅くても冷凍食品コーナーとかに差し掛かると出現する、
2つの山頂付近の絶景が垣間見えても、

見ていて不快どころか
むしろ、よだれが・・あ いえ(´ω`;)
男はダメなんですかね?


大体さぁ・・

乳 首絆創膏をした男なんて
誰得なんだよ?!
少し時間がたつと検証中の男が
「あ、かゆい」
とかさ。
そんな感想聞きたくねぇし!実験とかなんでしているんだよ!と。
わざわざメーカーに
「男が乳 首に絆創膏をした場合かぶれるんですが?どうしたらいいですか?」
「傷を治すためのもので、そういう使用目的は想定しておりません」
とか、
電話でマジメに質問とかさぁ!
そんな会話内容知りたかねぇんだよ!


「乳 首のかぶれは傷の範囲じゃないのか・・なるほど」

とか!思っちゃったじゃねぇかよっ!
誰得なんだよ?!と。



やっぱあれかぁ。
これからは日本男児は乳首をいかに隠すかを
課題にファッションしないといけないんだろうか?



・・『表現の自由』ってことじゃダメかな?(´ω`;)

この記事の先頭へ▲

防水スプレー&UVカットのスプレーにご用心

いやー いろいろしていたら遅れました。
牢人仙です。こんばんわ(´ω`)
ようやく?
3日前ぐらいに関西も梅雨入りという形で。
1951年からとり始めた統計上、最も遅い梅雨入りとなったのが
今年(令和元年)だそうです。


それはそうと、
昨日だったかな?某報道番組内にて
防水スプレーに関して、
驚きのニュースが報じられていまして。


靴に例えば防水スプレーを吹きかける際、
もし閉め切った玄関などの屋内で
作業をしていた場合、
最悪、死ぬそうです。


防水スプレーは樹脂を霧状にして噴射してコーティングし、
その事で防水機能を付与するそうなのですが、
その霧状の樹脂を吸い込むことで、
肺の中の肺胞に付着し、酸素を取り込むのを妨害するそうです。


要するに、
呼吸がしづらくなる。あるいは窒息するそうです。
(1996年だか1997年付近に
 実際に死亡事故が発生している、とのこと。)


UVカットのスプレーにも似た内容物となっているため
これもまたスプレーをかける際は
風通しの良い場所でマスクを着用し、
吸い込まないようにしないといけないとか。


国民生活センターに問い合わせなどが
かなりきている案件とのことですが、
どうやらスプレー本体の注意書きには
明記されているそうです。
(私は使ったことが無かったので読んだことはなかったが、、
 ビビりました。)


が、こんな危ない代物なら
細かい字で注意書きを書くだけではなく、
周知する義務があるのではないのかなぁと
きちんと読まない方も問題ですが、
それだけで自己責任を問うにはあまりにハイリスクすぎる。


梅雨の季節で準備をしようと考える方々、
既に準備している方も含め、
この事をきっちり覚えておきましょう。



この記事の先頭へ▲

インスタ映え

今年の流行語大賞の1つに
『インスタ映え』
なる文言があるわけですが、


インスタ とは インスタグラムの略
インスタグラム(Instagram)とは
スマートフォンやタブレットのアプリとして主に使用される
プログラムで、写真をインターネット上にアップすることを
主目的にするサイト?のようなものだとか。
PCでも利用可能だそうです。
インスタ映え とはつまりここで映える写真をとるかどうか
ということらしいです。


調べた限りではインスタ映えをする写真を
だして「いいね!」という評価を得られたとしても
何かしらの収入につながることはないそうです。
(少なくとも今調べた限りでは。)


自分が何をしているのか、というのを
ネットを介して全世界に発信していく行為は
芸能人や有名人の営業活動ならわかるんですが、
一般人の、特に多くはまっているとされる女性らは
インスタに写真をのっけていくのって、
本当に考えているのでしょうか?


個人情報はみだりに明かさないのは
インターネットでも一般社会でも当然のルールであって、
写真からは多くの情報が引き出せるため
顏や姿を覚悟なくさらすのはタブーといえる。


例えば本人ではなくても
海外旅行に出かけている風景を取れば
自宅にいないことが分かり空き巣や泥棒に狙われるだろう。
これはフェイスブックやブログでも言われていた危険だが
インスタも例外ではない。


また、インスタ映えを狙ってインパクトのある写真を撮るため
無理どころかマナー違反、
法律違反を犯す人も本末転倒といえる。
写真の中だけでも虚栄心を満たしたいのか?と考えると
正直わりきった趣味だとしても空しくならないのだろうか?


流行を先取りしたり
何かに打ち込むことはいいことではあるんだけども
そこにまで自分にすらも嘘を重ねる行動は
するべきじゃないと思う。
そこまで考えたとき、果たして本当にインスタが好きで
やっていると答える人は存在するんだろうか?
やってることがただの洗脳集団チキンレースなのなら
インチキ宗教にはまる人たちと
なんらかわらない愚かさでしかない。


男性もそうだが、女性は特に、
もう少し自分の趣味に対して責任を持つことを勧めたい。


この記事の先頭へ▲

お名前メモする