】 Fire Talker 】X【 Truth of Grief 【

人を知り、愛を語る。悪鬼羅刹を今日も斬る! 自分でも何を言ってるのかわからない!

旅行/アウトドアの記事

二階の使徒の仕業じゃないの?

私は原則この手の話題を、触れたっけ?
たぶんスルーしていたと思います。
触れたとしてもそんなにまともにはしていないが、
未だちょっとあれこれ言ってる奴がいるんよね。


なのでまともに触れます。
私の得意の指使いがしなりますよ(意味深)


・・あ、タイピングって事ね?
なんもいうてへんからなっ!(2月)


アニゲー速報 2月6日
『【正論】大学4年生、「卒業旅行をするな」
 に対し華麗に反論して拍手喝采』
アドレスはこちら


他でもやたらサイトでちょくちょく出て来るけどさ。
そこによると、えーとなになに?

 『「卒業旅行するな」というなら、
  2〜3年後でいいので、新型コロナが収まった後、
  今の大学4年生に2週間ほど休みをください。』

だってさ。
まぁ即反論して追い詰めて号泣なんてちょろいんですが、
その前に聞きたいですね。

 「卒業旅行って何?そんなに『今』したいの?」

そんなに行きたいの?
でもそれ全員の、当たり前の通例行事みたいにさ
こいつ語ってるけど。

私はそもそもいかないし
誘われても行かないし。「群れて遊ぶ」が常識みたいに
語るの止めてもらっていい?差別もいい所だよ。

しみじみと
しんみり卒業の瞬間を味わいたいと思う人もいるんだよ。
そういう人たちを侮辱する気か?
感想も受け止め方も人それぞれなんだよ。
多様性ってやつだ。

大体、人生初めて経験することだらけで、
それらを経験するたびに、
ある種『卒業』な状態なわけですよ。
2年ほど前にタピオカミルクティーだっけ?
私は経験しましたが、


例えばね、職場で上司にね、

「私は先日タピオカミルクティーを初めて飲んで、
 飲まなかった自分を無事『卒業』しました!
 2週間ほど旅行に行ってきてもいいですか?!」

フルスイングでどつかれると思うよ。
パワハラ認定すらされんと思うわ。「それはお前が悪い」
皆、口を揃えて言われると思う。当たり前だ。
実際これやって殴られたとしたら私も自分でもそう思う。


写真を見る限りではてめぇ女だろうけど、
お前の浅知恵なんざその程度という話だ。
屁こいて寝とけ。

毎年恒例の『初詣』もいまだに行ってないんだが、
別にこのままいかなくてもいいと思ってる。

人生は80年前後ある。寿命や病などで変動するが、
後日にずらす事も出来るし、
分割して日帰り、あるいはショートの旅行もすりゃいい。
出来る立場になるよう立身出世に努めるのも1つだ。
幾らでも方法はある。
それ以降人生において、全く旅行が出来ないのなら、

二階幹事長があそこまでごり押しでGoToトラベルを押して
それが日本の経済対策になるとかほざけぬよ。

私が考えるにむしろこれ、ひっかけ問題だと思う。

こういう議論をよんで、
若者にわざと旅行への関心ごとをもたせて、
煽って旅行させて、んで感染が広がっている現実が
全世代関係なく起こっているという事実を隠ぺいするべく
情報流していると思うよ。

んでバカが動くと、そしたら

「それみたことか!ほらみてみろ!若者が!
 若者が―!感染を広げているんだ!これがその証拠だ!」

お前のようなアホな女子らがいるおかげで、
二階みたいな毒の養分になって、権勢維持って所だ。
つまり奴らのせいで国が傾いているのだとしたら、
それはお前らの責任でもあるという事だ。

我慢は大人の重要なスキルだ。
旅行せずに心を区切って大人の階段を上れ。
大体我慢しているのはお前らだけだと思ってんのか?

じゃぁ俺が昨年女我慢していた件を
お前が解消してくれるのか?

わかった?こんな「●●●●ホイホイ」みたいなね、
わかりやすいトラップに引っかかってちゃ
この先長いのに生きていけないよ?1つ、賢くなったな。

この記事の先頭へ▲

アウトドアからのアウトワールドを防げ。

**********************************
  8月に入ってから、静岡県内で海と山の事故が相次いでいる。
 今年は新型コロナウイルス感染症の拡大で海水浴場が
 開設されない地域もあり、県警は

 「ライフセーバーや監視者がいない中での遊泳は
  重大な事故につながる危険性がある」

 として注意を呼びかける。【古川幸奈】

 同県警によると、2019年7〜8月に起きた水難事故は15件(24人)で、
 8人が死亡。海が10件(13人)▽河川が3件(7人)
 ▽湖沼や池などが2件(4人)――だった。
 水遊びやサーフィン中が全体の半数を占めており、
 レジャーを楽しむ際は警戒が必要だ。

 今年は7月1日から8月3日までに海に関連した事故が10件(11人)、
 山での遭難事故が3件(3人)あった。
 8月に入ってから好天が続いており、事故も増えている。

 5日午後3時ごろ、
 牧之原市の相良港の南東4キロの海上で御前崎市の男性(79)が
 心肺停止状態で見つかり、死亡した。御前崎海上保安署によると、
 早朝に1人で小型船に乗って釣りに出かけ、海中に転落したとみられる。
 救命胴衣は着用していなかった。

 沼津市の男性会社員(42)は2日に市内の千本浜海岸で
 素潜り中に行方不明となり、沖合約60メートルの海中で発見。
 死亡が確認された。溺れたとみられる。
 
 愛知県豊川市の男性会社員(56)は2日に湖西市新居町の海岸で
 遊泳中に死亡。波が高いため、遊泳禁止エリアになっていた。

 一方、3日に川根本町の接岨峡温泉付近の山中で登山中だった
 浜松市浜北区の男性会社員(25)が死亡。
 島田署によると、男性は単独で入山し、途中で滑落した可能性が高い。

 県警地域課は

 「8月に連続して死者が出ている。釣りやボートで水辺に行くときは
  必ずライフジャケットを着用してほしい」

 と注意喚起した。

(出典:毎日新聞 8月18日
 『暑い8月、海の事故が急増 コロナ余波、
  ライフセーバー不在に注意 静岡』)

**********************************

 これは静岡に限った事ではないんですよね。
 全国的に、です。

 毎年毎年、、んー。
 当ブログの力なんてたかが知れているので、おこがましいとは思いますが、
 それでもこれはいいたいね。

 「なぜ自然を侮る?」
 「なぜ泳げると思う?」

 遊泳禁止エリアに無断で侵入は紹介記事にも書いていますが、
 今年は過激化していて柵を設けて
 通常の遊泳エリアでも禁止にしていても、
 それを乗り越えて侵入するバカも相次いでいるそうで。

 そこまでしていこうとする理由よりも、
 そこまで自分が安全だと思える自信はどこから来るのでしょう?

 私の知人に山登りのプロの人がいて、
 その人曰く、

 「山登りはきちんと準備をして登っている。
  そこでケガを負う覚悟も想定もして登っている。」

 とまぁそういうお話を色々伺っていて、
 アルピニストの野口健さんも某番組で
 
 「登る時は常に遺書を書いている。」とのこと。

 私は一応水泳の元プロで、海でも川でも泳いだ経験も当然あるんですが、
 これも何度も説明している通り、
 何があっても比較的無事に生還できる、、という考えすらありません。
 一定の確率で死にます。
 その中には『泳げず溺れる』という末路も選択肢に入ってきます。

 天候が良かったり、
 見た目穏やかに見えても水中は全く違う動きをしていたり、
 流れが急だったり、コケや様々な物体により足をとられたり、
 何処までも想定して注意深く過ごしていても、
 わずかなミスで簡単に人は死にます。

 大体レジャーで泳げると豪語している人は、
 アマチュアだったり、あるいは運動神経の良さから習わなくても何となく
 我流で出来てしまって、それで泳げていると勘違いしているだけで。

 きちんと習って、あらかた知ってる私とて、
 「溺れますよ。死にますよ。」と語っているのは
 脅しているわけではなく事実です。

 自分でも気づかない体調の悪化が突如発生して、
 身動きが取れなくなることもあるんですよ。
 それはレジャーに限らずですが、
 街中でも危険ですが、自然の中では余計と発覚が遅れます。
 病院にすぐ担ぎ込めるわけじゃない。搬送できるわけじゃない。
 そもそも今年は『コロナ禍』病床数圧迫して病院は疲弊状態だ。
 今年は特に宜しくない。
 
 じゃぁなんでレジャーに遊びに行ってる人は、
 もっと大量に死んでいないのか?というと、
 海水浴の砂浜も、その近辺の海も、 
 そこを管理する組合や、あるいは各都道府県の整備により、
 出来うる限りの安全策が取られている、というだけで、
 そこに遊びに向かっている観光客らのサバイバル能力が高い、
 というわけではないんですよ。

 その割に人が多く死んでいる、と捉えた方が良い。
 だから異常事態なんですよ。

 自然災害の規模が徐々に大きくなってきていて、
 甚大な被害をもたらす事が全国各地で起こっていて。
 これは誰も経験した事の無い事態に陥る事が、
 素人でも予想できるわけで。
 普段守ってくれている『誰か』の想定外や例外が、
 もしその場で突如発生、多発したとしたら?

 たいした知識もなく、経験もなく、
 毎年犠牲者が出ていても危機意識の欠片もない人たちが
 どうやってご家族を守るのでしょう?
 コロナ以前の問題のように思えます。

 アウトドアをするなとは言いません。
 旅行にも出かけるなとも言いませんが、
 旅行先でのトラブルというのは、自然災害に見舞われる事も
 各自、各家庭にて想定の上で、スケジュールや
 行動に移すかどうかをお決めになって下さい。

 ただ遊びに行く、というざっくりとした考えはおやめください。
 もちろん子供も含めて。
 それに慣れてください。そうすればこのような
 不慮、でもないのですが一応名目上は『不慮の事故』なので、
 それに遭遇する事はもっと減らせると考えます。
 

この記事の先頭へ▲

GoToトラベル申し込み殺到と報道はあるが、、?

たまにはちょっとショートなブログの推察記事?
っぽい意見も書いてみるか。


残念ながらたいした規制もかけず、
ほぼノーガードで
たいした対策や予防策も提示できぬまま、
お盆に向けた連休と大移動が開始となりまして。


こんな幼稚なほったらかし行政だと誰が予測出来たでしょうかね?
私はもっと優秀だと思っていたのだが、
日を追うごとに、元々支持していなかったとはいえ、
上の人たちへの生理的嫌悪感が増していく一方である。


こんな混乱と無責任が混在する時期に、
普通に考えた場合、
単純な旅行目的だけだとしても、
使いませんよね。
感染したくないし、もし自分が知らぬ間に感染していて
広げたとしたら?
どうなるかは大体想定できるわけじゃないですか。


そこまで我慢できないほど、国民はバカじゃないと思う。
一部を除いて。


感染者は重症者数が重要として、当初規定していた人数を大幅にオーバーし
とっくの昔に宣言発令でもおかしくないんですが、
それには当たらぬの一点張り。GoToも継続。
お盆休みは移動は構わないが感染はするな。
人込みは避けろ。補償はしないが
休業要請断ったら罰則付けちゃおうかなぁ?(チラチラっ)


なおさら、申し込みが殺到するはずがないと思う。
だが殺到しているという報道がある。
実際にその手のデータがあるとして、
その恐怖を払いのけてでもするとすれば、それはなんだろうか?


かつて、最も行きたい旅行先ランキング
で中国や韓国が1位、2位辺りをウロウロしていて、
その根拠となっていたのが大型連休などにおける、
実際の出入国、渡航先の統計によるものだが、
それらが全て日本人で、理由が遊興目的かどうかまでは、
調べられていない。


コロナ蔓延の時期、感染者において半分以上が日本国籍を有していない、
諸外国人であったことは記憶に新しい。


それぐらい、日本に住んでいる諸外国人はいるっちゃいる。
それも日本人枠として総感染者数に未だにカウントしている以上、
日本人の動向に混ぜ物がある。、
その人が母国に帰国する事も、
「あ!これ旅行先としておこう!」と、
どこぞのバカがしていたとしたら?
ランキングの意味が大きく変わってくるだろう。


例えば、普段日本で活動している中国人らが、
一気に帰国すりゃ、数としては正しいという事になる。
今回の申し込みにも当てはまりはしないだろうか?


つまり、遊興目的の旅行ではない目的で、
このGoToトラベルキャンペーンを利用するものがいるのでは?と。


会社員でそれまで業務として滞っていた出張。
経費節約のために多用するのは当然で、
別にビジネスマンが使ってはいけないという禁止事項は無かったはずだ。


その理屈からすると、
今年の10月に解散総選挙を一部報道では予定している、
自公連立において、地元に帰り、あるいは地方を行脚して、
あっちこっちで支持を約束させていく過程においても、
当制度は流用可能ではないだろうか?
なぜなら、大枠では政治家も日本人であり、国民の範囲なのだから。
となると、
これは経済活性化と国民への還元策というよりは、
当初からその後の選挙をにらんで、
そこにかかる諸経費を国の税金で出来るだけ負担させて、
楽に選挙戦を行うための、政治家、政党らへの還元策?


国民はどうせビビって出来ない。
企業や会社員はこのカラクリに気づいたものの、
「お前らも使ったよね?だったらわかるよね?」
という脅しにもなり、
結果組織票をゲット?


やたら2か月、国民も国もほったらかしで何やってんだと思ったら
党利党益をこの非常事態に最大限活用して、
最大限利益を出せないか電卓や策略を練っていたのだとしたら、
中身の全くない、先見の明もない、後手後手っぷりと、
国民に対しての無責任極まる、各専門家や政治家らの答弁も
説明がつくかなぁと。


ま、違いますよね。
まさかここまで腐り果ててるとは思わないですから。
何か理由があって、殺到し、何か理由があって、
経済(笑)に繋がっているのでしょうね。

この記事の先頭へ▲

奈良のシカに関して皆、勘違いをしている。

本来だったらまぁ
別に明日あたりに書けばいいと思ったんだけど。
ちょっと久々に怒りが収まらないので、まぁ書こうと思う。


奈良公園にも
その周辺や近くの商店街にもうろうろしている
奈良のシカ。
そのシカの凶暴さや、鹿せんべいに関して
大きな誤解がある。
「鹿せんべい高いから買わずに別のものシカにあげようぜ!」
こういうコメントをあるブログで見かけた。
自分でも信じられないぐらい 久々にその場でキレてしまった。


これしていいと思ってる人たち全員
シカを殺そうとしているのと同罪だと思ってください。
今までそれをしたことのあるやつは全員
ちょうどお盆の時期だし、
必要なく傷つけり奪った可能性のある
シカの命に謝れ。


奈良のシカに与えていいものは鹿せんべいだけです。
奈良はそれ以外の餌付けを禁止しています。
もしそれをせず、
人間の食べ物をみだりにあげてしまうとどうなるのか?
シカが病気になるんです。
そして香辛料や塩分過多な人間の食材の強烈な
匂いの着いたビニール袋等も食べ物と勘違いしてあさるようになり
最悪死にます。


それともう1つ強く言っておきたい。
最近奈良公園に注意書きの看板が出るほどに
奈良のシカは狂暴化したとある。
確かに頭突きを食らったり、中には骨折する人もいるそうだが、
それはシカがいきなり
何の理由もなく狂暴化した、わけではないっ!


観光客のマナー違反が原因なのだ。
奈良のシカは餌をもらえると思うとお辞儀をする。
そのお辞儀のポーズを見たいがために
鹿せんべいを買わず
鹿せんべいがさも手元にあるかのように装い
シカに散々お辞儀をさせる
それをカメラでぱしゃぱしゃ撮る
そして去る。
酷い人はそこいら辺に落ちているゴミや小石を
餌だと思わせて食べさせようとしてまで
お辞儀だけさせようとするやつすらいる。
恐ろしいことに2018年の現段階においても
未だそういう腐った観光客らがいる。


奈良のシカは本来おとなしく人懐っこい。
その本質は今も変わってはいないのだ。
そのシカが人を骨折させるほどに襲う理由を
もっと真剣に考えてほしい。

シカが怒るのも当然なのだ。
だから襲われる人も出てくるのだ。
だが、シカは人間の言葉を話せない。
だが、観光客は被害だけを訴え、シカに襲われた!
と のたうち回る。
その事実だけが広がる。


私に動物愛護の精神が特別あるわけではない。
奈良のシカにそこまでの思い入れがあるわけでもない。
だが、自分たちが一方的に
無害な動物らにケンカを売っておいて、
被害者のふりをする加害者らに関しては
私は断固として許すわけにはいかない。


マナーを守らず環境と動物を殺 しに来るなら
一生奈良に行くな。
自分たちの地元で好きなだけ
自分たちの土地の環境や動物を殺 しまくればいい。


この記事の先頭へ▲

ゴールデンウィークを控えている方々へ

ちょうど旅行シーズンゆえ

こういう話題はどうかと。

 

「超多剤耐性(XDR)結核」

この言葉聞いたことありますか?

簡単に言えば、

「治療不可能な結核」なんです

 

わりと水面下で動いていたみたいなんですが

調べてみると2006年からすでに警鐘が鳴らされていたそうです。

(もっと調べれば、もっと前からかもしれませんが。)

 

WHO(世界保健機関)が今年の3月の時点で世界58カ国で感染発生が認められ

年間で感染者2万5000人

多剤耐性(MDR)結核患者を含めると08年時点で44万人

死 者は15万人とされているようです。 (医学処−医学の総合案内所−より参照)

 

上記を見てもわかるとおり、かなり急激に増えています

当然です。結核は空気感染するんですから。

感染力で言えばインフルエンザを超えるそうです。

マスクをしていても場合によっては感染。

どないせいっちゅうねん!ってことですが、

妙な地域に旅行するとえらい目にあう、とそういうことです。

 

ちなみにそれがなくとも中国はNGですよ。

川が紫色だったりあわ立ったりしてますし、

空気は悪く、呼吸器系を痛めやすい。

下水から作った油で料理をして平然と出してきたりするそうなので。

得体の知れない病気にかかりたいのならどうぞご自由に。

 

韓国上海も、残念ながら中国産が多く出荷されてますし。

情操教育で日本を敵視してるので、

まともな待遇や料理が出るとは思わないほうがいいです。

 

アフリカは・・・それらよりはましだけど怖いところですし。

 

それ以外かな^^;

ま、どこいくにしても自己責任でお願いしますよ。

それではいってらっしゃい(´ω`)ノシ

この記事の先頭へ▲

お名前メモする