】 Fire Talker 】X【 Truth of Grief 【

人を知り、愛を語る。悪鬼羅刹を今日も斬る! 自分でも何を言ってるのかわからない!

東北の記事

本当に学ぶべき原発やその他関連のお話は、、

***************************

  東京電力福島第1原発事故に伴い帰還困難区域に
   指定されている福島県飯舘村の長泥地区では、
 除染土を使った農地で、
 野菜や花を栽培する実証事業が行われている。

 環境省は、除染土を農地造成や公共工事に再利用する計画
 を掲げるが、安全性を懸念する住民から反発も出ている。

試験栽培の野菜「安全」 環境省、除染土再利用で―福島

 「実証事業の結果、
  安全性をしっかり示すことができた」。

 昨年12月、飯舘村で開かれた会合で、
 環境省の担当者は胸を張った。

 放射性セシウム濃度が
 1キログラム当たり5000ベクレル以下の除染土
 のみで、インゲンとキャベツを栽培。

 収穫物の放射性セシウム濃度はそれぞれ
 同0.4ベクレル、
 同1.6ベクレルと、
 国の基準値(同100ベクレル)を大幅に下回った。

 環境省は、除染土の再利用を通して
 最終処分量を減らす構想を描いており、
 最大99%が再利用可能と見積もる。
 
 中間貯蔵施設で保管する膨大な廃棄物を、
 全て県外に搬出して処分するのは
 現実的でないとの事情が背景にある。
 
 ただ、実証事業は県内2カ所でしか実施されておらず、
 県民からは
 
 「事実上の県内最終処分」

 との声も上がる。
 同県二本松市などでは、住民の反対運動によって
 計画が頓挫しており、今後の広がりは不透明だ。

 飯舘村から福島市に避難している女性(70)は、

 「安全だと言われても抵抗感がある。他県で
  再利用事業を受け入れるところなどあるのだろうか」

 と先行きを案じた。

(出典:時事通信社 3月9日
 『除染土で野菜栽培 再利用に住民反発も
  ―環境省・東日本大震災10年』)

***************************

 東日本大震災から10年という節目。
 これはいろんな意味で重要となる期間となります。

 例のセクシー大臣のネタ記事の時にも語ったが
 まぁ改めてまとめて意見を述べようか。総括。

 何故かタブー、批判的な見解を許さず、
 皆で応援しようね?(脅迫)の実態というのが
 私はどうにも好かん。事故当初から。 

 汚染水がもう貯蔵限界で
 2022年夏が期限で、おそらくはその前に
 それらの海洋放出が始まる。

 それらも含め、今更除染だの、アイデアだの、
 震災地の有効活用を議論とかほざいているけど、
 それならばもっと2011年の頃から
 国民らで広く語らせる土壌を作っておけ、と。

 ドイツの原発の解体作業のネタにしても
 以前ブログで語った通り、作業員の作業時間も
 被爆回避のための安全対策からか、
 長時間は無理で、結果どうしても時間がかかる。

 原発という施設だけでもだ。東北の一部地域とは
 いえ広範囲ならもう絶望的で、
 今大半の人が生きているうちに除染など
 出来るはずがない。新技術でもない限りは。

 その新技術と称されている方法も
 その大半が嘘偽りで、2011年の頃はTVでも
 公然とこういうやり方があると宣伝、
 のちに効果がない事が立証、
 でも誰も責任を取らない。

 「黙れ」というわりに、小手先で誤魔化しばかりで
 マジメに研究がない。本腰を入れる前に『コロナ禍』
 そちらが優先。救いがない。

 原発事故による流出した放射能では
 癌との因果関係は明らかではない、という
 報告も実はこっそり各方面で行われているのも
 大半ご存じないだろう。

 ボランティア活動を全国津々浦々から
 呼んだ本当の理由は・・言わずもがなですね。

 核廃絶だの、軍を持たぬだの、原発は必要だの、
 方向性がぐちゃぐちゃでコントロール不能なぐらい、
 
 それらの現在も工作中のエコファシストらが、
 各国で商売として成り立つ原因は
 我々の無知にこそある、といえる。

この記事の先頭へ▲

お名前メモする