】 Fire Talker 】X【 Truth of Grief 【

人を知り、愛を語る。悪鬼羅刹を今日も斬る! 自分でも何を言ってるのかわからない!

音楽の記事

改め、たまには音楽でもどうよ?特別篇

んー、羽生君はまぁ残念でしたが、
それ以前に、、

日本フィギュア界のコネ坊主と、
中国・アメリカの裏工作連合軍との一騎打ちってとこか。
あー、フィギュアで対決せぇよとキレそうだったわ。

まぁいいです。昨日お伝えした通り、
本日は音楽ネタを書きましょう。

女子フィギュア選手権で流れた曲に、
聞き覚えがあったんですよね。

カナダのマデリン・スキザス選手の
『I Will Wait For You』

公式はこちら。
※給食時には歌の無いバージョンだったけどね。


韓国のキム・イェリム選手の
『映画 ある愛の詩より』

公式はこちら。


の曲がね、私の小学校の給食の時間に
校内放送で流れていたBGMだったんですよね。

もう1つは『禁じられた遊び』


公式はこちら。


この3曲をベースにね、
ほんとヘビーローテーションでスピーカーから流れてたわ。

ホント酷いでしょ?
まぁフィギュアみている時はこの2曲で
踊っている選手には悪いが爆笑してたわ。

これこれ、この陰鬱とした歌を聴きながら
激マズの給食食わされていた、
あの時の地獄が思い出されてね。

いやそれぞれ単独で聞けばいい曲だよ?うん。
それは誤解しないでほしいんだが、

食欲はそそらんでしょ^;どんな食育だよ?と。
私はそこでもう色々ね。学びましたよ。
ひねくれたわ。

いやー、『三つ子の魂百まで』だね。
このシュールさが、
今の私の基礎の一部を造ったのだと思う。

音楽はいいと思いますよ。情操教育には。
でも使い方を間違えると、
私のようなこういう、
辺りかまわず毒を撒き散らす生物へと変わるのです。
ヒュドラか私は(´ω`;)

この記事の先頭へ▲

改め、たまには音楽でもどうよ?パート4

良き友人たる、けろけろ56さんとのお約束もあって、
おススメの音楽をご紹介しようと思います。

偶数は邦楽
奇数は洋楽

つまり今回は洋楽という形です。

Andrea Bocelli(アンドレア・ボチェッリ)さんです。
イタリアのテノール歌手の方で、
当ブログでも何度かご紹介しているんですが、


何の前情報もなく、
フィギュア・スケートのとある選手のBGMとして
歌と共に流れた曲を聴いて、

「・・誰だ!こいつは!」

と、それがきっかけでしたね。


聞いてわかる通りべらぼーに美味いんですが、
彼が目を閉じているのはそういうスタイルではなく、
目が見えない方なのですよ。

無論、そういう方であろうと何であろうと、
彼の音楽に世辞を投げかけるモノではなく、
私は単純に、彼の歌声に聞きほれているのです。

ではどうぞ。超有名な曲ですが。

Ave Maria / Andrea Bocelli 
(アヴェ・マリア/アンドレア・ボチェッリ)

 UNIVERSAL MUSIC JAPAN

この記事の先頭へ▲

改め、たまには音楽でもどうよ?特別篇

今日、某音楽番組でもご出演され、
音楽活動を引退されると、まぁまた引退詐欺でもしようとしてるのかな?
私の好きなアーティストの方が歌っておられたようで。

『小椋 佳(おぐら けい)』さんですね。
以前確か『たまには音楽でもどうよ?』で

『シクラメンのかほり』という曲を紹介したんですが、
まぁそれ以外にも素晴らしい曲を数多く御作りになられ、
また、ご自身でも歌われて、
ホント凄い才能の塊のような方だなぁと、
未だ尊敬の念を変わらず抱き続けております。

上述の曲も布施明さんの曲のように思えて、
確かにそれはそうなんだけど、
彼は彼の味を、雰囲気を持っている。
それが全くぶれず崩れず、すごく味がある。

今回ご紹介するのは『夢芝居』
実はこの曲を御作りになったのも、この方なんですよね。
梅沢富美男も渋い歌声でとても良いのですが、
小椋 佳verもこれはこれでしびれるんですよねぇ。

昭和歌謡が着目されている今だからこそご紹介したい所なんですが、
残念な事に公式でネットでは公開されていなさそう。
まぁ皆さん各自でレンタルするなり何なりして聞いてみて下さい。

ああそうそう、
せっかくなのでこちらも。

当ブログのメインコメンテーターの方の1人
プリムおネェさんが
この前の懐メロのコメントを書いてくださった際、
女子アニメでは私は何に懐メロなのかは書き損じました。

こちらは公式があったので、ご紹介しておきましょう。

奥井雅美 「輪舞-revolution」 | 少女革命ウテナ | オープニング
これも以前紹介したっけな?まぁいいでしょう。
昔見てたなぁ。あー、懐かしい。

鬼滅如きで騒ぐ奴らはこれを見るとビビると思う。
埋もれた名作など通り過ぎた過去にごまんとあるのだ。知れい!

この記事の先頭へ▲

改め、たまには音楽でもどうよ?パート3

さてパート3です。

クリスマス当日、というわけで。
紅白出場となった、あるアーティストをご紹介しましょう。
鈴木雅之さんですね。


そもそもプロのアーティストですでに重鎮なのですが、
最近になって改めて注目されるようになったのは、
あるアニメのテーマソングを担当される事になり、
それでまぁ再ブレイク、アニソン界に新たな旋風を巻き起こしたという、
まぁある意味伝説の新人(笑)ですね。


海外の方も、「実年齢がそれでその若さかよ!えー!」
別の意味で驚かれているらしくて、
この人の何とも言えない特徴的な存在は、
もうワールドワイドになっていったのか?
てかあのアニメにそこまでの効果があったとは。


鬼滅もそうですが、
時代は今アニメ業界に移りつつあるのかもしれませんね。


というわけで、
今回ご紹介する曲はもちろん、
紅白で歌ってほしかったこの曲!

TVアニメ『かぐや様は告らせたい〜天才たちの恋愛頭脳戦〜』オープニング映像 ♪鈴木雅之「ラブ・ドラマティック feat. 伊原六花」

アニメのOPとしてどうぞ。
普通にいい曲だよ。やるね。さすがだ。


クリスマス本番といえばやっぱ愛でしょ。
この曲と共に一人でくすぶる人は一緒に爆発しようぜ!

この記事の先頭へ▲

改め、たまには音楽でもどうよ?パート2

はい、早速パート2です。
今宵も『逃げ道』使用を許可しましょう!
1日だけだと思ったか?2段構えだよ(暗黒微笑)

この人はまだ紹介してなかったよね。
映画で使われたテーマソングならびに、
日米切ない歌高音ボイス対決というわけで、この人を対抗馬にしちゃろか。

Sam Smith(サム・スミス)さんですね。

私はまぁ存在を知っていたんですが、
非常に可哀想だと思ったのが、2012年公開
シリーズ50周年記念すべき作品007、
23作品目の『SKYFALL』で使われ、
その後数々の賞を受賞したアデルの『スカイフォール』が
えげつなくて、以前紹介したと思うんですが完璧すぎたんですよね。

一応載せておくか。オフィシャルっぽいし

Adele - Skyfall (Lyric Video)


歴代のボンドシリーズの曲の中でもトップクラスの完成度って、
あのおばはん、やはりただもんではない。

んで次作はどうやるんだ?
この盛り上がりのバトンはさすがに実力的に補いようが、、

と思ったら匹敵するほどではないにしても、
名曲を叩きだしてきた所が凄いなぁと。努力賞ですね。
実力250%増しで仕上げてきたところはプロの意地を見ましたね。

そうです。
その2015年公開の007『SPECTRE(スペクター)』の
テーマソングたる『Writing's On The Wall』ですね。

オフィシャルがあったので、アドレスはこちら。




007をシリーズ通して初代からたくさん見てきた私としてはね、
よくまぁこういう世界観を表した。
褒めて遣わす!(誰目線?)

で、非常に残念なお知らせなのが、
その次で現在公開中だっけ?
007シリーズの最新作 『No Time To Die(ノータイムトゥダイ)』
のテーマソングは当ブログでもおなじみのイキりフェミグラマーな、
あのビリー・アイリッシュちゃんなので紹介する予定はねぇ!

大体なぁ、、
そんな身に余るような栄誉をもらっておきながらなぁ!
っざけんなこの野郎ッ!ちゃんと歌えっ!

この記事の先頭へ▲

お名前メモする