】 Fire Talker 】X【 Truth of Grief 【

人を知り、愛を語る。悪鬼羅刹を今日も斬る! 自分でも何を言ってるのかわからない!

映画の記事

劇場版 鬼滅の刃 無限列車編

はい、というわけで、
アニメ、さらには映画という
私の得意分野?の範囲のお話ともあれば、
語らずにはおられぬだろうなぁと。

いつかこういう日がやってくると思っていたんだけど、
まさかね、
こんなに早く地上波で見れるとは
私も思っていなかったよ。

ちょうど昨日。2021年9月25日
地上波初放送、ノーカット版、と称しているが
ほんのわずかにカットが入った?らしく、
ほぼノーカット版状態となった

『劇場版 鬼滅の刃 無限列車編』

しかしまぁ、
ものの見事に予想通りの1つが展開。

蛇足のCMだらけで盛り上がりが中断とか、
ありうるだろなぁと。
だから録画してCMを飛ばす準備してたんですけどね。

地上波で生の放送を見ていた方は
さぞ途中途中で夢から強制的に覚まさせられて、
炭治郎さん以上に
白目剥いてたんじゃないですかね?

「各駅停車編かな?」とか
まぁ秀逸なコメントもネット上にはちらほらとあって、
イライラの方々はお疲れさまでしたね。

えーと、
映画興行収入400億突破だっけ?
その偉業に敬意を表して
『400億の男』となった煉獄杏寿郎さんの
苛烈にして熾烈、そして炎となって駆け抜ける
その姿に、皆さん魅了されたようですね。

この物語は既に原作が連載されていた
週刊少年ジャンプでは連載は終了、
物語は完結されており、

このあたりのお話の原作、実は私は結構ね、
割とリアルタイムで読んでいたんですよね。

家族を殺され、妹が鬼化した出発点も
主人公である竈門炭治郎さんの
重要な人生の転換点になったのと同様に、
この物語は彼にとって、再びの試練であり、
また重要な分岐点となったと、
その当時も感じていましたね。

それまでの道筋もそうですが、
それ以上にここから一気に、
さらに面白くなっていった。

その部分をちょうど映画化するとあって、
きちんと見る人ならば、
この良さがわかる、
理解できると踏んでいましたが、

意外と皆さん、よく見ていらっしゃる。
その通り、いい映画ですよ。
アニメとしても、
映画としても、きちんと基本を押さえて、
その上できっちり構成が出来ている。
まるでお手本のようです。

わかりやすく、しかし複雑で、
考えさせられもする。
色々詰め込んでも嫌味にならない。
蛇足もない。そこが素晴らしかった。

ただ、、
何度も言うように、これは所詮
私の予てからのお伝えの通り、
『凡作の良作』であり、
その域は出ません。
強いてそこに付け加えるとすれば
言葉は悪いですが
『ゲートウェイ漫画&アニメ』でしょうね。

子供の見るもの、所詮そんなもの。
日本はそもそもそこまで偏見まみれではないにしても
大人になっても楽しむというコンセプトは
かつては嫌煙されていた時代もありました。

だがこれに限らずどの分野でも、どのお話でも
良いモノは良いモノです。それを忘れないで
誤解もせずに、きちんと認めていけたのなら、
きっと、現実世界でも彼のいう、
『心を燃やせ』をきちんと
体現できるのではないでしょうかね?


点数は95点/100点満点中

映画そのものの出来に関しては、
普通に75点程度なんですが(辛口)

悪意と偏見に満ちた世界に、
更にはコロナ禍もあって混迷する中でも
記録という意味でも、漫画&アニメ界にとっても
希望の火を灯した希少な作品と
ファン、ファンでない方の頑張りにも答えた結果
加点20点を加えておきましょう。

「えー?75点+加点だと?!」
「100点じゃないってどういう事?」

仰りたい事はよくわかりますがね、
これでも大分とサービスした点数付けだよ?

これは始まりに過ぎない。
この世界は、もっと広くて深いんだよ。

この記事の先頭へ▲

グリーンブック

今回ご紹介する映画は
2018年、アメリカの作品。
『GREEN BOOK』(グリーンブック)です。

白人と黒人がひょんな事から
共に旅をする物語なのですが、

あえてあらすじは割愛。
あえて、ね。
知った上でも問題ないけど、
知らずに見ても、猶更問題は無いですね。

一応存在は知っていたんですが、
劇場では見ずにレンタルという形で、
時を待ったのは理由がありまして。

まぁこれがね、ちょうどあれこれと
人気を博していた頃って、
黒人至上主義が
アメリカ国内で台頭してきた頃なんで、

「(プロパガンダや国策や、
  その手の類のモノだったら嫌だなぁ)」

と、見る前から忌避反応がね。
酷かった。イメージは悪かった。

それは正直な気持ちです。

アカデミー賞受賞したとて、
その気持ちを覆すほどには至らなかった。
前評判が良かろうが、
私はそういうのを気にせずに、
映画を見る方だったので、

持ち上げられすぎて実態が
そこまででも無い映画は嫌いだし、
作為的に洗脳目的の「それ」は
映画を汚すものだから、どれほど良かろうと
認める気にはなれない。

その辺を、影響受けずにきっちりと
見極められる体制づくりが
出来てから見たかった。
劇場公開当初って、ちょっと忙しかったのと
体調悪かったっすからね。


ただ、それらはそれらとして、
まぁ詳しい内容は知らないにしても、
私の名作を見抜く直感というか、
そういうセンサーにはビビビと反応があったので
いつか見てやろうと思ってたんですが、

思ったより早かったですね。
みました。

そういう思惑があったとて、
そういう意図があったとて、

というか、んー、
それを加味したとて、
この映画の品位を汚すものではないですね。

非常に微妙なのだとしたら、私はこの完成度の高さに
敬意を表して『無縁』と評価しておこう。

めちゃくちゃ面白かったし、
凄く、いい映画でした。

普通に「地上波でやれよ!」と思う。
この映画は、単にそういう
人種間のトラブルだけを描くモノだけではなくて、
様々な事を考えさせられて、
それを時にパンチの効いた、
しかし、ソフトタッチに考えさせられる部分がある。

何より色々、勉強になる。

思わぬ「あー!これ!」と、
唸るシーンもありますよ。


点数は200点/100点満点中
実話ベースゆえ、基礎点マイナスからの
加点連発で100点越えを大幅オーバーですね。

出ている俳優も女優も、ストーリーも
この物語の攻勢も素晴らしかった。

色んな方々に、
是非一度は見てもらいたい作品ですね。
評判が多方面からすこぶるいいようですが、
私も太鼓判を押させてもらいます。

この記事の先頭へ▲

Ray

日本の、主婦の友社の出している
ファッション誌の事じゃないですよ?
そんなもの紹介するわけないでしょ^;

2004年、アメリカの映画なのですが、
まぁこれだけの題名を聞くと、
何なのかはわからないかもしれません。

レイ。これは人の名前です。
これだけ聞いても
やはりわからない人もいるでしょう。

ピアニストであり、シンガーであり、
多才に溢れる、魅力的な人物。
サングラスをかけて、にこやかに体を揺すって笑う。
楽しそうに歌う。

彼を最初に見た印象はまさにそのもので、
当ブログでもちょこっとだけ名前を出した人物です。

そう、
Ray Charles (レイ・チャールズ)
私の好きなミュージシャンの一人です。
彼の生きた人生を描いた映画となっています。

この映画は日本ではPG−12指定なので、
みれる年齢は限られています。
それだけ苛烈に、
しかし赤裸々に描かれているとはいえ、

『ボヘミアン・ラプソティー』がいけるなら、
これも放送してほしいところですよね。

出ている方々全員凄かったんですが、
特にね、んー、
Jamie Foxx(ジェイミー・フォックス)さんの怪演がもう
ちょっと気を抜くと「本人か?」と思ってしまう程に
とてつもなく上手かった。

これが彼の代表作となったわけですが、
それはもう頷けます。そりゃその年のアカデミー主演男優賞
取るだろなぁと。そこまでは知らなかったです。

この映画の中でも多くの曲、
何処か聞いた事のある、超有名な歌の数々。
きっと「えー?これがそうなの!!」
の連発だと思います。
その中でも今回はこれを紹介しよう。

Ray Charles - Hit The Road Jack (Original)

公式かな?と思うアドレスを載せときます。

元々詳しく翻訳せずに何となく、
「この歌いいなぁ・・」
と思って好きだった曲なんだけど、、

歌の生い立ちを聞いてなおさら好きになったよ。
やっぱ私はそういうものに惹かれるんだろうか?
『同病相憐れむ』ってとこですね(笑)

さ、そのあたりはあまり深く掘り下げず。

点数?
150点/100点満点中

実話ベース=原則減点対象なのは
以前の評価基準通りです。
その上でのこの加点とみてください。

全員素晴らしかったが、特に主役がよかった。
素晴らしかった。
それにちょうど、この『今の時期』にね、
ぴったりかなぁと思います。

この記事の先頭へ▲

Better Watch Out

えー、ようやく紹介できる。
というか掲載が今日まで遅れたので、
明日も映画を一本ご紹介する予定です。

ではまず本日の分。ご紹介する映画は、、

『Better Watch Out
(邦題:ベター・ウォッチ・アウト
    クリスマスの侵略者)』

2016年、米・豪(アメリカ・オーストラリア)
の映画です。
日本では2020年の12月頃に放映されたとか。

うら若き16歳のアシュリーはベビー・シッター役として
昔からお世話になっている一家の元へと急ぐ。
一方、その家の長男の12歳のルークは、
アシュリーに淡い恋心を抱いており、どうにかして
自分の思いを伝えようと日々を過ごしていた。

クリスマス当日、その最中にも度重なる元カレからの
着信に応じ続けるアシュリーに、その様子に、
一層燃え上がる恋心のルーク。
果たして彼女、そして彼の恋の行方は一体、、、?

という風に、
考えていました。ここ最近疲れているんだよ。
癒されたいんだよ。わかるよこの年頃の男の子ってさ
色々あるんだよ。同級生を好きになる事もあるけど
年上のお姉さんに恋を押し付けたりさ。

わかるわかる。
まぁいくつかのパターンがやっぱね、
こう見えて大人ですから。
頭の中には想定されていたのはいた。
その通りだったとしてもね、私はそれでもそういう
映画を見たいと思って借りてきたのに。、、、

終始、、、

「思ってたんと違ーう!!」

感想全部『これ』でしたね。
何に対して?
何が?いや、言えない。
言わない。でもそういう感想になる。

事前情報0%で見たのが功を奏しましたよ。
公式ホームページもあるっちゃあるが、
まぁ何も情報を入れず、題名だけで探して
そのまま映画を見る事をお勧めしますね。

点数はね。
120点/100点満点中

映画自体は100点だと思うが、
20点+したのは主役、
Olivia DeJonge(オリビア・デヨング)さんと
Levi Miller(リーヴァイ・ミラー)さんを中心に、
出ている俳優や女優さんら全員の演技が途轍もなかったよ。
その完成度の高さに加点しとく。

とてもいい映画だ。宣伝したくなるが、
すると調べちゃうし、余計な情報も目にしちゃうし、
んー、取り扱いが難しいよ。これ。

とにかく重ねて言うが、

興味を持った場合は、一切調べず、
事前情報を知らずに、ネットでもレンタルでも、
そのまま題名だけを探してみる事を進めする。
予告編すらも、見なくていい。
映画の本編だけを見たらいい。

※ちなみに、R15+です。ご注意を。

この記事の先頭へ▲

ハドソン川の奇跡

えー、ついこの間、7月31日だっけ?
地上波初放送として放送された
『ハドソン川の奇跡』という映画。
2016年作。私の敬愛する
クリント・イーストウッド監督の作品ですね。

ノーカット版としても当然初。
いやー、この事件は実話で、
おそらくここで描かれている内容もまた、
2009年頃の史実に基づいているのでしょう。

それにしても映画本編の大部分、
この話の何処を切り抜き、
何処に着目するか?それ一つで、
この映画随分と様相が変わっていた危険がありますね。

ただ、ダラダラと実話ゆえに胡坐をかくのか、
肝心な部分をサラッと流して
お涙頂戴、感動ポルノチックに描くのか?
日本辺りなら両方選んで駄作となりそうだが、

さすがだなぁと。
改めて偉大なる監督のセンスに脱帽ですね。
事故調査のための国家運輸安全委員会とのやり取りの
様子をあえて映像化する事で
その裏のやり取りを表舞台に出来る事や、

そこでの緊迫としたやり取りや過程には、
それぞれの視点、プロ目線から来る
物語の解説にも一役買っていて、
映画全体を支えているという仕組みも素晴らしい。

こういう繊細で、かつ大胆なプランニングを
もっと日本の映画は学んで教科書にするべきだなぁと。
まるでお手本ですよ。


点数はもう100点/100点満点中

実話ベースは本来マイナス点をつけるのだが、
その上で後に出来栄えに加点。結果100点としておく。


それから来週の土曜日はどうやら
『ヴェノム』をやるそうですね。こちらも地上波初。

これだけ聞くと、予告映像を見ると「何ぞ?」と?
あの気持ち悪そうな
べたべたした黒っぽい化け物なんだ?と。

えー、簡単に言うと
スパイダーマンのライバルです。
で、下手をするとスパイダーマンより人気があります。
ヴェノム側の視点から見た物語が
今回お話となるわけです。実はすでに見ています。
それなりには面白い出来になってると思いますよ?

そういえば今年、この続編やるもんね。
それも兼ねての放送だと思いますよ。
その辺はまた後程。

この記事の先頭へ▲

お名前メモする