2019年11月17日の記事

福井に行ってきました(東尋坊その2)F

遊覧船は「雄島」北岸からUターンして船着き場の方向へ戻って行きます。

東尋坊周辺の岩場には釣り人の姿がちらほら。そんな岩を横目に船は進んでいきます。

船は先ほど上からのぞき込んだ断崖の間へ。断崖には柱状節理がびっしり。そして、上から見下ろす人の小ささからいかにこの断崖が高いかがわかります。

断崖には相変わらず大勢の観光客がいます。それに崖の上からは分かりにくいですが、断崖を形作る岩の形がなかなか面白いです。

中央に見えるのは「ライオン岩」。ライオンが座っているように見えることからこう名付けられたそう。ただ、この岩、船からしかそう見えないそう。

30分ほどのクルーズが終わった後、おなかがすいてきたので東尋坊付近の食堂で海鮮丼を食べました。ウニもいくらも越前ガニも新鮮であるせいかとてもおいしかったです。

昼食後、まだバスの時間まで時間があるため、「雄島」からの見えていた「東尋坊タワー」に登りました。

高さは55mほどでそれほど高くはないですが、先ほど訪れた「雄島」を一望でき、天気がよければ、丹後半島もくっきりと見ることができるのだそう。


バスの時間が近づいたので、バスに乗車してえちぜん鉄道・「三国港駅」へ向かいました。

この記事の先頭へ▲

お名前メモする