】 Fire Talker 】X【 Truth of Grief 【

人を知り、愛を語る。悪鬼羅刹を今日も斬る! 自分でも何を言ってるのかわからない!

ニュースの記事

様々なニュースに一言 年跨乱編 その418

本日の共通のテーマは
「衆院選前哨戦」ですかね。
全てを記載はしないけど、
既に色々見えている部分がありますね。

これ10月末までに記載できるかな?
出来なかったとしたらごめんね。

(※衆院選は既に終了してますが、
 その当時のニュースをそのままお楽しみください。)



@牧島デジタル相、就任前にNTTから5万円程度の接待2回
 …「一議員としての政治活動」
▼読売新聞オンライン 10月8日の記事の題名なのですが、 
 アドレスはこちら。

 これさぁ、前任者の大臣やNo2の接待問題も含めて
 今後の新規内閣の人員や政府の機密情報が
 NTTに筒抜けで、
 それがゆえに接待が組まれた可能性もあるんじゃないの?

 ある一定以上の大企業と政府との癒着が
 「初耳!」や「そんな事なんてありえない!」
 なんておぼこい事は言わない。

 だってまぁ諸外国もやってるこっちゃし。
 某ホテルの女社長も堂々と民放番組で
 ぶっちゃけてましたからね。そういうのあるよーって。

 ただ、東京五輪2020の期間中に4億5000万回の
 不正アクセスがあったり、
 その前後でも不審な事件が多発したり、
 政府関係の肝いり政策のシステムが
 度重なり失敗していたり、

 ガード緩々で機密を知る人間を増やし過ぎてしまったら、
 漏れた場合どうするわけよ?

 最近近隣諸国物騒で、俗にいう『台湾有事』の際には
 情報戦もまた重大となってくるんだけど。

 そんな時に国益にならない党利党略や個人の利益ばかり
 を優遇して、間に合うんですかね?
 そういう憂いを就任前から起こす人員に、
 これまでと違った『新資本主義』だっけ?
 出来るんでしょうかね?ただの継承路線と揶揄されても
 仕方のない事では?

 これもセーフなら、あれもセーフとなりそうだ。
 原則接待禁止、したりされたら
 アウトじゃダメなんですかね?
   
 
A与野党、一斉に「分配」主張=経済支援、衆院選を意識
▼時事通信社 10月11日の記事の題名なのですが、
 アドレスはこちら。

 衆院選を国民がどの政党からキチンをお金をもらえるのかで
 判断するという地獄絵図を、
 公的に是として報道している狂気、ってところか。

 お金は大事ではあれど、
 それで票を堂々と買うのはどうなんだ?
 アウトじゃないのか?

 「赤信号、皆で渡れば怖くない」

 なんてひと昔前のギャグだったけど、
 マジでそれを素で議員や政党としての活動にしている所って
 自分で言ってて無法地帯を自覚していないのかなと。
 堂々『賄賂』で汚職事件やん。おかしくない?

 そうじゃなくて、コロナ対応にしても
 今後の日本の行く末や舵取り、発展や財政の健全化、
 それら総じてどうしていくかの具体的な政策論争と目標を
 それぞれが掲げて、そこでどこのどれを支持するから、、
 
 というのが本来あるべき選挙の姿で、
 それを実行していない、未達成、じゃぁここを変えて、
 こうやってこう効果が出ました。
 思った以上に効果が出ませんでした。

 そういう建設的な議論を専門家を交えて
 考えていく必要があるんじゃない?

 『全員野球内閣』とか岸田首相いってなかったっけ? 
 何番煎じか知らんけど、それなら国民も枠組みに入れて、
 一緒に考えればいいやんか。
 メモ帳見せて庶民派アピールするよりよっぽど
 支持得られると思うよ?

 
B岡山1区の立民・原田ケンスケ氏
 「●交中に同意を得て、手で首を絞めて●んで
  しまっても違法性はない」
 「けんけんはうすでのおっぱいトークやばい···」
▼はちま起稿 10月10日の記事の題名なのですが、
 アドレスはこちら。

 自公与党以上に立憲の連合はありえないという、
 見解は既に示したのだが、
 自分たちそれを立証してしまっているとは。

 これ以外にも数多くの異常者、、もとい、
 問題発言のオンパレードと
 まともな政治信条の欠片もない候補者だらけで、
 勝負をする気が無いような人選は、

 裏で与党のサポート役を担うために、
 権勢維持のためにわざとこうして悪を演じているように
 すら思える。要は「裏で握手」状態。

 それぐらいしか、わざわざこんな暴挙の限りを尽くす
 理由がわからない。政治の空白を与党以上に
 職責を全うしないイメージなんて、なぜ今?

 理解しがたいですね。そんな余裕は何処から?

 それとも若者に安易に政治を任せるとこうなると
 自分たち野党の権勢維持のために、わざと
 頭のおかしそうな奴にスポットライトかな?
  
  だとしたらなおさらこんな奴らに
 政権交代などさせちゃダメですね。

この記事の先頭へ▲

様々なニュースに一言 年跨乱編 その417

本日の共通のテーマは
『お薬(意味深)』ですね。

意図しても全くお世話にならない方法が
ほぼ無いといっても過言じゃないですね。

ゆえに何が入っているのかを常に気にかけて
過ごさねばなりません。これは日常です。


@薬の効能、一側面は野放し
▼***************************

  スウェーデン:30歳未満のモデルナ接種を一時中止

  フィンランド:30歳未満のモデルナ接種を中止
 
  デンマーク:18歳未満のモデルナ接種を中止

  ノルウェー:18歳未満のモデルナ接種を非推奨

  アイスランド:
  全ての年齢層でのモデルナ接種を一時中止 ← NEW

 (出典:暇人速報 10月9日
  『【速報】モデルナ、本格的にヤバい』) 
 
 ***************************

  かつて妊婦の睡眠導入剤として世界中で多用されていた
 『Thalidomide(サリドマイド)』がその後、
 服用した女性から生まれた胎児に対して被害をもたらした
 症例が多数発生し大問題化した。
 しかしながらその後、『多発性骨髄腫』の治療に対して
 一定の効果を発揮したケースが報告されている、、

 という歴史が実際にあるが、
 これをどこで区切るかによって、この薬のイメージや効果、
 重要性が変わるとみていい。

 「●●は、用法・用量を守って、正しくお使い下さい。」

  自分たちで薬のCM、
 国内にて文言を決めて放送しているはずなのに、
 どうやらそれを、
 お忘れになられている方々が多いようだ。

  負の側面はそういう意味できちんと明るみにして
 リスクを承知の上で投薬する方向に舵をいい加減
 きるべきだろう。今既にしていると豪語する人たちが
 居るとすればその説明や提示している資料、内容が
 明らかに足らない、隠蔽している点をもっと指摘して
 自浄作用を促すべきではないだろか?

 
A国内初、ファイザーが3回目接種の承認申請
 …すでに米仏で高齢者などに開始
▼読売新聞オンライン 10月7日の記事の題名なのですが、
 アドレスはこちら。

 元々ワクチン開発がどうこうといって、
 諸外国が先行接種して、、という状況下は
 日本が出遅れた事ばかりが槍玉になっていた当時も含め、
 今も誤認が酷いと思う。

 言い方は非常に悪いのだが、

 「得体のしれない新薬を、人体実験にて諸外国の人にて
  試し結果が遠巻きにでもわかる。」

 というアドバンテージを、
 日本はきちんと理解してもおらず、
 この段階においても生かしてもいない。

 ワクチン=打つもの。打たないより良い。
      副反応?あるにきまってるだろ!
      はい!結論っ!

 それだけなのだ。
 その偏った見解前提を崩さないのだ。
 一貫性は「そこ」で発揮するべきではないのだが?

 柔軟にその後の経過をみて、
 このワクチンが危険である場合は取りやめたり、
 今開発が進んでいる数多くのワクチン、治療薬候補を
 もっと俯瞰して、第三者目線で、
 科学的にも医学的にも判断して、
 安全性を決めてほしいのだ。

 なぜに反対派の私がこんな気構え解説なんだよ^;
 ほんと恥ずかしいよ。まったく。
  

Bポール・マッカートニー、●麻植物を農場で栽培
▼BANGShowbiz 10月10日の記事の題名なのですが
 アドレスはこちら。

 諸外国人に対しては良くも悪くも、
 極力理解は仕様と心がけているんですが、
 
 これに関しては、全く理解できない。
 日本では現在、当然ですが違法行為です。

 以前当ブログでも現在もテレビでご活躍中の
 外国のコメンテーターが堂々とこの手のものを
 日本でも認めるべきだと、国内で喚いているのに
 未だメディアで重用している異常さといい、

 ここまでの有名人が自分の名を晒して、
 堂々と語り、これがさもビジネスとしても
 公に許される事だと宣伝している事に、

 私は恐怖を感じますね。
 
 仮に今現在薬物とは縁を切っていると
 証明できたとしても、
 今現在こうした倫理性などが問われる際に
 「え?これ悪い事なの?」と
 自分で自分をコントロールできない事もまた

 薬物による弊害だと思います。
 はっきりいいます。貴方を軽蔑します。

この記事の先頭へ▲

防げずとも認識は同じのはずだが、そこでも狂う。

FNNプライムオンライン 11月2日
『【速報】「ジョーカーの人を殺しても何とも思わない態度
 に惹かれている」京王線切りつけ事件 新供述』

わんこーる速報 11月2日
『【速報】ジョーカーに刺された爺さん(72)、
 逃げずに「何やってんだ」と
 声を掛けていた事が判明する・・』

そろそろ触れるか。
あらかた捜査は進んでいるし、
そもそも犯人は逮捕されたし。

2021年10月31日のハロウィン真っただ中に
発生した凶行。現在の所、ではあるが死者が出ていない事は
幸いだが、多くの人たちの今後の人生に悪影響を
与えるであろうこの手の事件の発生には
憤りを隠せない。

まず下からいこうか。

アドレス先コメ欄では英雄扱いしているが、
これに関しては100%間違いであるといっておく。

爺さんが引き受けていたから被害が減った、
この程度で済んだかどうかは証明しようがない。

真面目でいい子だったのが彼女に振られて
職場で盗撮騒動を引き起こし退職に追い込まれ、
世の中が嫌になり犯行に至る、だったっけ?

これを真面目に「そうなんだ・・」と
同情するアホと同じだ。

真面目な奴は彼女の一人や二人ごときで
そのせいにして犯罪に走ったりなどしない。
つまり前提が間違っているという事だ。

この犯人は真面目でもなく何でもなく
ただの犯罪者予備軍でしかなかっただけで。
それすら見抜けない周りの人選や人を見る目も、
登場人物全員、
あらかた狂った世界だったというだけだ。

狂ってる奴に道理は通じない。
未然に防いだのならまだしも、発生した段階で
手遅れで、むしろ状況を悪化させた可能性すらある。
単純にこんな蛮勇を正しいと語るのは
無駄に最悪死者を出す選択を選ばせる事にも繋がる。

現在の所命があって助かった事は改めて幸いだと
その事ぐらいしか良い部分が無いとみている。

そして上の記事を中心に語ろう。

どの世界にも物語に没入できる程に
深くものを掘り下げられる人間というのは居る。
私もそうだし、私以外にも複数居るのは
私に言われるまでもない事で。

その集中力が高さが逆に災いして、
その考えに染まったり、
言動全てがそれっぽく聞こえてしまう。

簡単な例では『厨二病(ちゅうにびょう)』
コスプレイヤーや
職業で言えば俳優、女優、声優、
演劇やダンスの演出家やコーチなども
それに至るだろう。歌や楽器、
芸術に纏わる者は大体特に顕著にそうなる。

他にも人から『匠の技』と称される
人間国宝クラスやプロの各方面の専門家の方々も
そういう気質がある。

そして、
犯罪心理学を研究している人が
犯罪者の心理に触れすぎて、
我を失い犯罪者になってしまった。

こういうお話も、残念ながら現実としてある。

埼玉新聞 2020年 3月18日
『<県庁前で妻殺害>逮捕夫は人気の准教授、
 教え子ら衝撃…ニュース疑う 
 犯罪心理学が専門「信じられない」』

この実害が発生したとて、どうだろう?
大学の学問もこれは受講させないとか、
あるだろうか?

個人の責任を問う形で留めていると思う。
そしてその姿勢は現在の所、正しいとみている。

過去に関係者が犯罪を発生させたから
世に蔓延る全ての関連情報に規制をかけ、
知る事を阻害する道理など、

「あ、これ自分に関係ない分野だし、
 ま、規制かけたっていいか。
 なんかよくわからんし。」

そんな幼稚な理由で
決めている気がしてならない。

いくら調べても客観性や
具体的根拠に乏しいんですよね。

どんな些細な事でも犯行動機にはなるし、
どんな人界に溢れた物事でも、
悪用は可能で、それすら言い換えれば
「世渡り上手」「発想力」と褒めたたえるケースもある。

他にも、

「アニメや漫画が好きです。そのせいです!」
「このゲームを見て思いつきました!」
検証されず決めつけて規制が入り、
これもダメあれもダメ。大人になっても見ているなんて
ほんと犯罪者予備軍扱い。
加害者の偽証や責任逃れの発想には
いつまでたっても至らず。

「直接部活と称して子供を●していってますが事故です」
「元高校球児です!複数人の女性に乱暴しました!」
「金属バットで襲い掛かりました!」
二次元どころか三次元で、
スポ根気質や縦社会、直接洗脳を施している
球界の闇に関しては未だ手つかずで、
薬物汚染が発生しても「まぁまぁよいでわないか」
で終わって野放しだったり。

その辺を本気で調査して、
分類して研究しているとは言い難い。
主観や利害関係先の都合が露骨に
事実解明を歪めているとまで言えると思う。

そこにきて

「映画『ジョーカー』を見てこう思いました!」
「映画『ジョーカー』を参考にしました!」

→【上】「よし!映画規制!これで解決!」

・・バカじゃないの?
いつまでこんな幼稚な茶番を捜査機関や
無数の大人を使って演じさせてるわけ?

人の心や考えや内面というのは
表示しにくいものだ。どうとでも出来るし
どうとでも言える。そこを都合よく
犯人側も捕まえる側も使用しすぎでは?

純然たる物証や状況証拠、犯行動機もあくまでも
可視化できる範囲を冷静に情報を集めて、
それまでの公正・公平な立場と経験と歴史と、
威厳を持って対処してまず一旦の区切りをつけ、
後から第三者による検証も可能な資料として
保存していく事が肝心なのでは?

その辺をきっちりしていないからこそ、
この手の犯罪の分類がさ、
曖昧で杜撰なままじゃないの?

この手の事件を報道する機関もそうだけど、
皆たるんでるよ。
それで「なぜ?!」とか言ってるんだから。
自分たちでわからなくしている事に、
気が付いて抜本的に方針転換してくれる事を、
早期に望みますね。

この記事の先頭へ▲

意に添わぬ預言者の烙印 後編

≪中編より≫


 新型コロナだけ例外だろうかね?
 『幽霊病床問題』やその手のコネや制度を利用して
 尾身茂氏をはじめとする
 医者やその団体関係者らがぼろ儲けしている話は
 少し触れたと思うが、
 

 47NEWS  11月8日
 『予算の無駄、公開点検を開始 
  コロナワクチン接種を議論』

 同じく 11月9日
 『職場接種、3回目も実施へ 政府、コロナワクチン』


 国からの二転三転の説明やワクチンの数などの情報の
 食い違い、混乱やそれら責任を現場に全て押し付けた
 状況を是正するべく担当する方が
 牧島かれん行革担当相なわけですが、デジタル庁の方で
 既にご存じの通りNTT側と利益相反関係にある事が
 指摘されても許容範囲と逃げてる人物で、

 就任前から汚職丸バレのノーガードさでは
 政治手腕をいかんなく発揮する、とまでは期待できず、
 改善する見込みは無いですね。
 女性の社会進出アピールのための
 ぬいぐるみレベルなのが私の偏見であってほしいが、、

 既に周知が遅れているようですね。


****************************

  新型コロナウイルスの流行が収束する中、
 日本感染症学会(東京)などはインフルエンザワクチン
 の早めの接種を推奨している。
 生後6カ月以上13歳未満は2回、
 13歳以上は1回の接種が原則。
 12歳以上でコロナ・ワクチン接種と重なる場合は

 2週間の間隔が必要としている。

 インフル・ワクチンの接種によって感染を
 完全に抑えることはできないが、
 発病を一定程度抑えるほか、
 重症化を防ぐことに最大の効果がある。

 同学会によると、特に生後6カ月以上5歳未満の子どもや
 高齢者、妊婦、呼吸器疾患などの持病がある人らが
 感染した場合、合併症のリスクが高いという。

 10月中は、全国の感染者数の報告は1週間当たり
 多くても20人で推移し、流行していない。

 ただし、兵庫県小児科医会の藤田位会長は

 「小さい子どもらは感染リスクも重症化リスクも高い。
  昨年流行していない分、今年は大流行の可能性を
  秘めているので、今のうちから接種して予防してほしい」
 
 と訴えている。

 接種に保険は適用されず、費用は原則、
 全額自己負担で医療機関によって異なり、
 1回3千〜4千円程度。
 高齢者らの接種費用を助成する自治体もある。

 コロナとインフルのワクチン接種が
 時期的に重なれば、県ワクチン対策課は

 「コロナ対策を優先してほしい」

 としている。(井川朋宏)


(出典:神戸新聞  神戸新聞NEXT/神戸新聞社 11月7日
 『インフルエンザワクチン、早めの接種を 
  学会が呼び掛け コロナワクチンと2週間の間隔必要』)

****************************
  
  当ブログの定期愛読者の方々からすれば、
 既に言い当てている点があるのはもう言わずもがな。

 3回目の接種は12月〜1月。
 そうなると踏んでいました。
 つまり年末年始です。
 元都民ファーストの税金泥棒ババア議員の如く、
 いつでも休める人ならまだいいんですがね。

 忙しいんだよ。一般庶民は。
 予定組むのだって凄く大変なんだよ。
 『上』はわかんないんだろなぁと。
 だから「できんじゃね?」と。

 100%皆が打っているとは限らないが、
 毎年打っている人もいるんだよ。
 新型コロナに関係するお話を素人の大臣らに
 詳細説明を求めているなら酷だが、

 インフルエンザ知らないなんてあるのか?
 どこぞのアホの元皇室女じゃあるまいし
 世間知らずのレベルどころではないが。
 毎年の事なのになぜわからないのか?

 理解に苦しむわけだが、こんなのはざらである。


 朝日新聞社 伊藤弘毅 11月8日
 『テレワークなどで出勤者7割減
  「見直すべき」 経団連が政府に提言』


 政府も子飼いも「定着した!」「出来た!」
 と庶民の生活を語った、
 別の角度でも大嘘がこれでまた一つ露見である。
 (最初から分かっていたし、指摘散々してきたけど)

  政権とズブズブの経団連の方々ですら、配慮しつつも
 「このままではマズい」と踏んで
 是正に踏み込んでいるぐらいのこの『方針』ってさ、
 効果0%ではなかったにせよ、
 そこまで感染拡大を予防させるに至る実効性や
 有益性があった話ですかね?
 無いからこういう提言されてるんじゃない?

 誰だっけ?これ決めたの。
 今は安倍派とか派閥政治うぜぇのに新たに増やした
 どこぞの詐病無責任野郎じゃなかったっけ?

 何にもわかってないんですよ。
 何にもわかっていないのに、自分たちのいつでも休めて、
 生活にも困らなくて、どうせこれ適当に言ってたって、
 バレやしねぇだろ!

 そういう目算で政策決定している点が浮き彫りです。
 ・・どうしてこうなった?
 全員が全員そうじゃないと思っていたいが、
 多数決が物を言う国会においては、致命的です。

 こういうズレた考えで決められ、
 動かなければまたしてもきっと若者や中高年層が悪く
 それで終わらなければ庶民らが悪い。
 我々は悪くない。あー感染拡大!誰だろうな?
 誰のせいだろな?(チラッチラッ)
 
 となる『年跨乱(としまたぎのらん)』
 がいよいよ、このままでは既定路線となりそうです。
 
 早く私のこういう予測が大外しで、
 大噓つきレッテルに認定されたいね。第一波発生時から
 もう外したくて外したくてね。

 だが我が想いは通じず、
 未だ願い叶わず、だよ。

 なぜ私の最悪の想定がそのままなんだよ。
 『国民の健康と安全を守る』とか、
 えー、誰か言ってたっけ?
 誰のセリフだったっけ?

この記事の先頭へ▲

意に添わぬ預言者の烙印 中編

≪前編より≫



 複数の治療方法の開発は各国急務となっているわけですが、

 「『mRNAワクチン』が新技術で
  よくわからないがこれで助かる!」

 そう見ていたらダウングレードと異物混入、
 接種してもブレイクスルー感染など、
 当初喧伝していた内容通りには至らず、
 情報が未だに偏りだらけで、都合の悪い部分は
 因果関係がはっきりしないが、打たないとダメは断言姿勢を
 現在も崩していないところを見るに、、、

 これを思い出しますね。


 東洋経済 本田 雅一 : ITジャーナリスト 
 2019年7月5日
 セブンペイの不正アクセスはなぜ起きたのか
 「設計、現状認識、後日対応」すべてが甘かった


 さすがに覚えている方も多いと思いますし、
 今も電子マネー決済をされている方からすると
 構造的にわかりやすいと思います。

 他でも既に行われているサービスですら、
 導入はしたは良いがこんな状況に陥った。
 隠蔽や誤魔化しが不可能だったのはセブンの上の無能さと、
 これが比較対象できるぐらいの、
 流通済みだった既存技術だったからであって、

 これが全くの未知のものなら、
 誰も指摘できないだろう。
 あるいは未知ではなくても、情報が秘匿されがちな
 専門分野であったのなら?話は違っていたと思う。

 治療薬そのものがプラセボ、つまり偽物で、
 世界のその手の情報を握っているの奴ら全員で
 嘘をついているという
 恐怖の想定はさすがに考えない事にして。
 (それ前提だと一言で結論が出てしまう)

 開発するだけの技量はあると思うんですよね。
 ただ、時間とそれにかかる費用と、
 研究結果を生み出すための
 数多の犠牲は誰からデータを取るのかとか、

 ほんとに色々不明な点が多いんですよね。
 試験段階中で、商品化にこぎつけていないのを
 誤魔化しているんじゃないですかね。

 私は安直な言い回しはしたくないが、
 一部陰謀論者のいう
 『コロナワクチンは大規模な人体実験説』ね。
 私はあれは全部じゃないけど、
 ある種正しいとみていますね。
 当ブログでも過去に指摘したとは思いますが。

 「形はかろうじて成したが、中身がきちんと伴わず、
  効果も未知数、ならば
  もう実戦でいろいろとデータとっちまえ!」

 それだと思う。
 『赤信号、皆で渡れば怖くない!』という暴論ですね。

 だって後から検証しようにも、

 8割無症状、2割重症化。
 症状が他の病の症例と酷似しており、見た目の変化は
 重傷化でもしない限り判別不能。
 未だに遺体を解剖したとて原因不明の心不全なども
 含まれていて因果関係は明らかではないんでしょ?

 医療事故が平時から発生せず、
 何かあった場合は全て証拠が残るというわけでは無い。
 大半は迷宮入りで、例えば糖尿病の治療薬に関して
 他の安価で効果的な治療薬よりも高価だが効果の薄い方を
 あえて病院側で選定し、患者に治療費高額請求していた
 問題が全国各地で発生していた件は
 ご存じだろう。

 載せようと思ったんだが、
 ん?報道の痕跡が消えたな(怖っ)
 私のバックナンバーにはもしかしたら載せたかな?んー、
 覚えてないわ^;
 まぁこれは話の参考用にと思ったので深く追及はしないが。
 (私の親族に処方された薬がガチでそれだったので
  調べようと思えば調べられるが、、まぁ一応割愛。)

 要するに、
 近代においても薬を買わせよう、飲ませよう、
 それで健康維持という安全神話を謳い文句にする反面、
 その薬そのものに問題が発生したとしても
 きちんと責任を取る姿勢も管理も、
 行き届いていないのが現状で。

 そこには医療を提供する側の病院に、
 病院の経営や運営、維持をしなくてはならないという
 商売性を持たせている事も原因の1つとなっている。

 「儲けを出さなければならない」

 そういう概念がある以上、
 患者の命や健康よりも拝金主義に走らせていても
 一方的に問題視も出来ない。
 (無論、許される事ではないが)

 
≪後編へ≫

この記事の先頭へ▲

お名前メモする