タルティーン司令部戦略課室長日誌

ここだけで読める、戦略課の秘話その他。

映画の記事

劇場版 TIGER & BUNNY -The Rising-

17日、映画『劇場版 TIGER & BUNNY -The Rising-』を観てきました。

 

 

劇場版 TIGER & BUNNY -The Rising-
http://www.tigerandbunny.net/

 

ご存じの方もおられるかもしれませんが、もとはテレビアニメでして、少々風変わりなヒーローものです。
登場するヒーロー達はそれぞれスポンサーを抱えており、テレビは彼らの活躍を報じることでそれぞれのポイントや人気が動くという設定。いわゆる防衛軍的なものや宇宙機関等とは無縁の、極めて商業的な要素を内容として盛り込んでおり、しかもスポンサー企業はいずれも実在のもの
ありそうでなかった、ユニークなものだと思います。

 

ですが、私はこのアニメ番組にそれほど関心を示さず、スルーしていました。
今回初めて劇場で本作を観たわけですが…、

 

こんなに面白いならば観ておけばよかった。

 

主人公はワイルドタイガーバーナビー・ブルックスJr.という人のヒーロー
タイガーは一人娘も持つ身ですが、そこはバディものの性。人のやりとりがじつにやおい妄想を掻き立ててくれます。(笑)

 

本作はテレビアニメ版の後日談ですが、冒頭ではキャラクターや設定等の紹介がありますし、そうした設定を忘れてしまっても、物語本編もテンポが良いのでどんどん引き込まれていきます。
伏線もよくできており、特に終盤になるほど加速度的に回収していくので観ている側のテンションも上がります。

 

なお本作は、ヒーロー事業を行うアポロンメディアに新たなオーナーのマーク・シュナイダーが就任し、タイガーが解任されると同時にバーナビーの新パートナーとしてゴールデンライアンが登場。
一方、街では能力を使っていると思われる事件や事故が多発。その真相とタイガーの行方は…、というものがあらすじになります。

 

 

以下、ネタバレになります。

 

 

観ている者への引っ掛けや伏線が見事です。
新オーナーのマークは最初からいかにも胡散臭く、ライアンも横柄で我儘な態度であることから、「いかにもこいつらが怪しい」と思わせてくれます。
実際、マークはほとんど詐欺同然でタイガーバーナビーを含めたヒーロー達を騙くらかし、権力を盾に振りかざして傘下の企業を黙らせます。
ライアンも自ら「俺を疑ってるんだろ」と言ってくるほどです。

 

しかし彼らは事件とは無関係でした。
あれほどイヤな奴であったマークが襲われ、さらわれる身となり、観ている側としてはスカッとする爽快感がありますし、ヒーロー達のバトルも楽しめるので二度おいしい演出です。

 

火を操るファイヤーエンブレムは、夢を操る敵に眠らされてしまいます。
彼 ── それとも彼女と呼ぶべきか? ── はいわゆるニューハーフであり、そのことによる心的障害を抱えた夢の世界へと放り込まれました。
この彼を救おうとするヒーロー達のやりとりも伏線とその帰結になっており実に面白いのですが、いわゆるLGBTを理解する私としてはその後の、ファイヤーエンブレムが目覚めたときに放った言葉が何とも印象に残りました。
「男は度胸、女は愛嬌って言うけど、オカマは何て言うか知ってる? ……最強よ!」
エンターテインメント性に溢れているだけでなく、社会派的なメッセージも込められている。もうたまりません!

 

脇役も含めてキャラが立っており、それぞれにドラマを感じることができるので、たっぷり感がありますし、それでいてテンポが良く軽快なので観ていてダレることも疲れることもない。
楽しい映画を観た!…と感じさせてくれる一品でした。

 

 

この記事の先頭へ▲

スノーピアサー

相変わらず記事を書くのが遅れてしまっていますが、17日、映画『スノーピアサー』を観てきました。

 

スノーピアサー
http://www.snowpiercer.jp/

 

映画ブログでお世話になっている知人から紹介され、設定や内容がものすごく私好みのにおいを感じたため、近所では上映していなかったのですが、幕張まで出掛けて観て参りました。

 

期待に違わぬ、
じつに私好みの映画でした。

 

設定は極めて特異です。
2014年、地球温暖化の対策として冷却を図るため、CW-と呼ばれる薬品を世界規模での散布を行うものの、想定を越えた効果となり、瞬く間に氷河期へと突入。地球は氷に覆われた死の惑星と化す。僅かに生き残った人間は、世界を走り回る列車「スノーピアサー」をシェルターとした。
列車は序列が敷かれ、富裕層は前部車両に、貧困層は後部車両に住まい、徹底した管理がされていた。
そして17年が経った2031年。最後尾で暮らすカーティスは、自由を取り戻すべく富裕層から列車を奪おうと企てていた。

 

SFではありますが、設定は前述のように荒唐無稽です。
鉄道の整備を行う者もおらず氷雪に覆われているにも関わらず、何故に列車が17年も走り続けていられるのかというのも然ることながら、人類に与えられたシェルターがこの列車だけというのも有り得ない話です。
まして、17年間も生存維持できるようなライフラインを列車内部に構築する方法が(少なくともこの21世紀の時代に)あるとも思えません。

 

ですが、本作にあっては、それらを追求するのは無意味という気がしています。いわゆるマクガフィンというものにあたるでしょう。
むしろ「列車」というモティーフは詩的な表現として解釈し、そのような環境に於いてある人間模様を描いていると割り切って観るべきと思います。

 

私にはこの設定から『銀河鉄道999を髣髴させました。くだんの漫画にインスパイアされながら、まったく別のものを書いたらこうなった、という作品に感じたのです。
『銀河鉄道999には矛盾も多く、そもそも宇宙を往来するのに列車という形態をとる必然性は科学的には有り得ません。ですが、鉄道による旅路という詩的な表現に加え、個々の世界を惑星や駅として象徴させることで、隠喩を込めた寓話的な作品として成功していました
本作『スノーピアサー』の列車は、氷河期という死の世界を疾走するシェルターである故に停車駅こそ登場しませんが、鉄道という舞台を以て人間を描いたSFということから、どこか999のにおいを見た気がしたのでした。
そう思っていたら、実際、本作の原作はフランスの漫画でした。

 

私好みであった理由は、その極めて特異な設定によるSFである点と、そこに生まれる人間模様の描写、そして伏線と演出の絶妙さです。
勘の良い人ならばラストで待ち受ける謎については想像が付いてしまうかもしれません。
しかし、そこに到るまでの展開は変化に富み、かつ、ひとつひとつが伏線にもなっている為、目を離せない緊張感があり、観ている者を飽きさせません。

 

 

以下、ネタバレを含みます。

 

 

列車が全体で何両編成からなるのかは判りませんが、相当に長い列車であることは確かです。
最後尾車両が主人公の男カーティスらが乗る貧困層の世界。彼らは氷河期となったとき、着の身着のままでこの列車に逃れてきた一般人であり、即ち無賃乗車です。
ウィルフォード産業が敷設し運行させている世界鉄道であるスノーピアサー年を掛けて地球を周。言うまでもなく長距離豪華旅客鉄道です。
その前部車両には乗車料金を払ってこの列車に乗り込んだ裕福な層が住んでいます。先頭車両はこの列車を牽引する機関車であり、この鉄道を運行させるウィルフォード産業の代表であるウィルフォードの城でもあります。

 

カーティス達は抑圧されています。
強制労働をさせられるようなことこそありませんが、厳密に管理され、また、定期的に子どもが奪われていくということが行われていました。
これに抵抗した者は処罰され、そのことで手足を失う者も多くありました。
カーティスが反乱を起こそうとした理由はここにあります。

 

ひとつ前の車両には牢獄として割り当てられた車両があり、そこには薬物中毒で投獄されたセキュリティ技術者のミンスがいました。
それぞれの車両間には電子システムにより施錠された扉があり、解除にはミンスの持つ技術が欠かせません。
列車の警察権を持つ軍隊が自分たちの車両に来る時こそが、牢獄車両へと道が開かれる瞬間であり、その一瞬を突く計画をカーティス達は進めていくことになります。

 

 

ここまでで幾つかのことが判ります。
まず、この列車はそれぞれの車両に役割があること。即ち、車両ごとに異なる世界があるのです。
カーティス達は列車を最後尾車両から順に前へと向かって行く訳ですが、つまり車両ずつ制覇していくことになります。制覇するごとに異なる世界が現れる訳であり、どこかテレビゲームか何かのような印象が感じられます
この、車両ごとの変化が「次は何が起きるのだろう」という気持ちを観客に起こさせるので、展開に退屈することがありません。

 

もうひとつ。カーティス英語を話すアメリカ人ですが、ミンス韓国語を話す韓国人です。
この映画では他にもフランス語日本語も飛び交い、列車の中には世界中の人間がいるのだ、という世界観を端的に描いています。
また、カーティスミンスの話す言葉が異なるため、劇中では翻訳機を使って会話をするのですが、逆に言うと翻訳機が無ければ意思疎通に支障をきたすという意味にもなります。このあたりの遣り取りも、臨場感や緊迫感を演出する要素となっています。

 

 

特に素晴らしいと感じたのは、ミンスの娘ヨナが扉を開けてはならないと叫んだときの展開です。
扉の向こうに、ひどく良くないものがあるということは判ります。果たしてそれは何なのか。
次第にその姿が明らかになります。覆面をした武装集団これは下手な化け物なんかよりも怖いです。演出がひじょうに巧みだと思います

 

その後も色々とありながら、カーティス達は前部車両へと進んで行きます。
富裕層のクラブがあり、そこではミンスが中毒に陥ったものと同じ薬物で誰もがハイになっています。
贅沢に溺れ、堕落した世界とも解釈できますが、より伏線的に読むならば、これは富裕層がウィルフォードによって丸め込まされているという意味になるような気もしました。
何故ならば、最後尾車両にいる貧困層が働かなくとも良い反面、自由が無いことによろしく、富裕層もこの閉鎖的空間では決して人生を楽しめるとは思えなかったからです。
なのに貧困層のような不満が噴出しないのは、富裕層が何らかのかたちで丸め込まされているとしか私には考えられなかったのです。

 

 

ともあれ紆余曲折を経てカーティスミンスヨナ人は、多くの犠牲の末に先頭車両に辿り着きます。
ここまで来て、奪われた子ども達と出会うことが無かったとすれば、もう嫌な予感しかしません
もとより999のオマージュ的なものを本作に感じていましたので、答えはそれしかないと思っていましたが、案の定だいたいあっていました。

 

ただ、ここまでならば「思った通りのラスト」で終わってしまうのですが、この先の展開はまったく読めませんでした。
主人公カーティスの死亡。そして、結局は助け出せなかった子ども。最後に残ったのはヨナと、機関の異常により新たに配備された男の子

 

僅かばかり温暖化の兆しを見せ始めた地上に降り立つ人。
アダムとエヴァを思わせますが、宗教的、聖書的に解釈するならば、これはリリスとアダムと捉えるのが妥当な気がします。

何故ならば、男の子よりもヨナが年上だからです。

 

 

この記事の先頭へ▲

キック・アスって知っている?

お題ブログ:キックスクーターって知っている?

お題ブログ:キックスクーターって知っている?

 

『キック・アス』ならば。(何

 

『キック・アス』(アメリカ、2010年、マシュー・ヴォーン監督)

 

「「キック」しか合っていないじゃないですか!

 

いちおう「ス」も付いていますし。(何

 

 

この記事の先頭へ▲

BUDDHA2 手塚治虫のブッダ−終わりなき旅−

一か月も経過してしまいましたが、14日、映画『BUDDHA 手塚治虫のブッダ−終わりなき旅−』を観てきました。

 

BUDDHA2 手塚治虫のブッダ−終わりなき旅−
http://www.buddha-anime.com/

 

タイトルに「」とあるように、『手塚治虫のブッダ −赤い砂漠よ!美しく−』を前作に持ちます。
前作『手塚治虫のブッダ』はあまり評判のよくない作品でした。構成が悪く、納得のしづらい作りであるという評価が見られます。
その第作目のときより、もともと部作として制作することが予定されており、ようやくその第作目の公開と相成ったわけです。

 

原作は手恷。虫のマンガ作品になります。その名の通り、仏教の創始者ブッダの生涯を描いた大河ドラマ的なコミックです。
ただしブッダの伝記をそのままマンガにしたものではなく、多くの脚色や彼なりの解釈を交えたエンターテインメント性溢れる冒険性や哲学性も高いヒューマンドラマ作品でした。

 

今作『BUDDHA 手塚治虫のブッダ−終わりなき旅−』の主人公ブッダは、すでに出家した青年です。修行の旅路が物語の中心となります。
そして、前作に対して今作の評判は上々ではあります。

 

ですが…。

 

私は今作にも合格点は出せませんでした。

 

まず第一に宗教色が濃すぎるきらいが感じられます
もちろんブッダ仏教を開いた人物ですから、宗教と切り離すことはできません。仏教バラモンの教えが劇中の軸して描かれることとなるのは当然です。
しかし原作にはそこまでくどい宗教色は感じられません。ヒューマニズム溢れる冒険譚といったニュアンスのほうがより強いものでした。

 

また、アニメーションとしても、どこか欠けている印象を受けました。
映画は冒頭、弱肉強食を中心とした自然の摂理を描いた場面から始まります。これは原作にもあるシーンで延々ページにも渡って展開される、原作『ブッダ』全編の中でシオンが最も好きなシーンでもあります。

 

 

 

 

 

言うまでもなく原作は紙媒体のマンガですから、絵が動くなどということはありません。しかし、その描写はじつに躍動感があり、まるで実写でも観ているかのような動きを感じられ、初めてそれを読んだとき、心を揺さぶられたような思いをした記憶があります。まさに手恷。虫の真骨頂ともいえる場面です。
これが映画では、どこか間の抜けた感じがしたのです。少なくとも劇場版のアニメーションとしては貧弱なものとして見えたのです。
原作のメッセージ性は映画でも健在です。しかし、それでも色々と足りない。そんなふうに思えました。

 

なお、くだんのシーンは原作では狼少年ダイバダッタのエピソードに登場するものです。

 

コマ左下の少年がダイバダッタ。連鎖の末、魚は彼に捕獲され食べられた。

 

主人公シッダルタと、修行を共にするデーパ達の旅路が描かれるなか、その物語を中断して挿入される話であり、私の大変好きな場面でもあります。
しかし映画『BUDDHA 手塚治虫のブッダ−終わりなき旅−』に彼は登場しません。映画の構成として冗長になる等の理由で省かれたのだろうとは思いますし、それは理解できます。それでも少し残念な気がしました。

 

 

以下、ネタバレになります。

 

 

本作のクライマックスは、中盤にあるアッサジの死でしょう。
少年アッサジは予知能力を持ち、自らの運命さえも予言していました。主人公シッダルタは、その死の運命を受け入れているアッサジに驚愕し、また、彼をその運命から救おうとします。
しかしその運命は変えられず、シッダルタアッサジが獣に食べられている場面を目撃し、絶叫をあげます。

 

正直言って、画的には平凡な演出です。
無論、本作が全年齢向けであるという理由もあるのでしょうが、原作の『ブッダ』全編を通しても極めて象徴的なシーンにしてはあっさりしすぎている感はあります。
ですが、シッダルタ役の声優吉岡秀隆氏の名演によって、見事に本作のピークを築き上げていました。

 

後に悟りを開き、我々の知るブッダへと成るシッダルタですが、この頃は子どもであるアッサジから多くのことを学ぶ身であり、そこに人間「ゴータマ・シッダルタ」の何たるかがあるのだと思います
そうしたことも含めて、このシーンが本作のクライマックスと言えるでしょう。

 

 

この記事の先頭へ▲

危険な関係

一か月以上も書くのが遅れてしまいましたが、日、イオンシネマシネ・アーツ枠で映画『危険な関係』を観てきました。

 

危険な関係
http://www.kikennakankei.jp/

 

原作はコデルロス・ド・ラクロ(Choderlos de Laclos17411803)の小説で、18世紀のフランスを舞台としていました。
ヨーロッパ文学の古典でもあり、これまでにも映画をはじめとして舞台芝居やドラマなど様々な翻案がなされており、時代や舞台となる背景もまた多くのバリエーションがあります。本作では近代の香港に置き換えた内容となっています。

 

内容は富裕層社会にある風紀の乱れと、そこに生じたラブゲーム。
富豪にしてプレイボーイのシエ・イーファンは婦人モー・ジユと賭けをします。それは、少女フェンユーを堕とせるか否か。もしフェンユーと寝床をともにできたらモーイーファンのものに、もし出来なければ港付近の土地はモーのものに。
偽りの“愛”が交錯する、大人向けの作品です。

 

時代は第二次世界大戦へと向かう直前。この時代背景がうまく溶け込んだものとなっています。
反日運動の描写もあるため、イデオロギーを持ち込んで論じてしまうと、恐らくはつまらないものとなってしまうかもしれません。

 

ですが、むしろ日本人には、原作では読み取りにくい「もうひとつのテーマ」を、この反日抗争と重ねて浮かんでくるところを感じて欲しいと思いました。
画家志望の青年ダイと、彼が想いを寄せるベイベイが話に絡んでくる部分では、こうした時代背景による伏線が、よりうねった渦を作っています。

 

 

以下、ネタバレになります。

 

 

恋愛と疑似恋愛の境が曖昧になるスリルとともに、先述でも触れた抗争運動の頻発する時代背景があいまって、物語全体によい緊張感を漂わせています。
主な登場人物達にはそれらの運動はノイズですらなく、まるで別の世界の出来事でもあるかのように直接的に交わる場面はありません。
ですが、彼らが、そうした社会とは異なり世界に没頭していることを示していると同時に、カオス(混沌)の対比も演出しています。

 

その頂点とも言えるものがラストシーンでしょう。
ダイベイベイの元へと走るもデモの群集がそれを許さない
そして、ダイイーファンを撃ちますが、しかし群集の雑踏はこれを掻き消し、誰も事件に気が付かない

 

結局、誰も得をしない結果を招くことに終わるのですが、私達はこの時代の後、どのようになるのかを知っていますから、より深く読み解けます。
即ち、主要登場人物はもちろんのこと、この世界にいる誰もがカオスの只中にあり、そして著しい不幸へと巻き込まれていくのです。

 

 

この記事の先頭へ▲

お名前メモする