きれてない?のブログ

あなたを詰将棋の世界にご案内いたします(^0_0^)

将棋弐の記事

@詰将棋をどうぞ@

@前回 詰将棋おもちゃ箱 を紹介しましたが、その中にあぶり出し曲詰の名作が集まっている詰将棋五十音図というサイトがあります。イロハ48文字のあぶり出し曲詰がほぼ全部揃っているのでもし興味ある方は 詰将棋五十音図 で検索してみて下さい。>^_^<

手前ミソですが、詰将棋おもちゃ箱 の中には「きれてない?のブログ」も紹介されてます。(詰将棋サイト一欄のカ行の左側の所)

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

     ≪将棋を教える方のためにアドバイス≫  〜其の九〜

 

※今回も引き続き「小駒図式」です。3手詰が5問 5手詰が5問

 いずれも易しい問題です。皆さんが良く見かける詰将棋とは一線を

 画した(笑)モノばかり。小駒のみではさすがに良い作品にはな  

 りにくいですなぁ〜(^_^;) まだしばらくは「小駒図式」を続け 

 ます。でも次回はチョッと変わった事をやってみようかな・・

  と思っています。

 

 5  4  3  2  1
┯━━┯━━┯━━┯━━┯━━┓  @
│  │▽金│▲銀│  │  
┃一
┼──┼──┼──┼──┼──┨  ▲持ち駒・・銀
│  │  │  │  │  ┃二
┼──┼──┼──┼──┼──┨   ←【3手詰】
│  │▽歩│▽玉│  │  ┃三
┼──┼──┼──┼──┼──┨
│  │  │  │  │  ┃四
┼──┼──┼──┼──┼──┨
│  │  │▲金│▲香│  ┃五
┼──┼──┼──┼──┼──┨

▲3四銀 ▽3二玉 ▲2二香成 まで

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


 

 5  4  3  2  1
┯━━┯━━┯━━┯━━┯━━┓  A
│  │  │  │▽玉│  
┃一
┼──┼──┼──┼──┼──┨  ▲持ち駒・・銀 銀
│  │▲金│  │▽銀│  ┃二
┼──┼──┼──┼──┼──┨
│  │  │  │▽銀│  ┃三  ←【3手詰】
┼──┼──┼──┼──┼──┨
│  │  │  │  │▲香┃四
┼──┼──┼──┼──┼──┨
│  │  │  │  │  ┃五
┼──┼──┼──┼──┼──┨

▲3二銀 ▽同 銀 ▲1二銀 まで

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 4  3  2  1
┯━━┯━━┯━━┯━━┓  B
│  │  │  │  
┃一
┼──┼──┼──┼──┨  ▲持ち駒・・金 香
│  │▽歩│  │  ┃二
┼──┼──┼──┼──┨
│  │  │▲歩│▽玉┃三
┼──┼──┼──┼──┨   ←【3手詰】
│  │▲歩│  │  ┃四
┼──┼──┼──┼──┨
│  │  │▲銀│  ┃五
┼──┼──┼──┼──┨
│  │  │▽銀│  ┃六
┼──┼──┼──┼──┨

▲1四香 ▽2三玉 ▲1三金 まで

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 7  6  5  4  3  2  1
┯━━┯━━┯━━┯━━┯━━┯━━┯━━┓  C
│  │  │  │  │  │  │  
┃一
┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┨ ▲持ち駒・・金
│  │▽金│  │▽玉│  │▲銀│  ┃二
┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┨
│  │  │  │  │  │  │  ┃三
┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┨  ←【3手詰】
│  │  │  │▽歩│  │  │  ┃四
┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┨
│  │  │▲香│  │▲桂│  │  ┃五
┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┨
│  │  │  │  │  │  │  ┃六
┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┨

▲4三桂成 ▽同 玉 ▲3三金 まで

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

  9  8  7  6  
┠──┼──┼──┼──┼   D
┃  │  │  │  │五
┠──┼──┼──┼──┼  ▲持ち駒・・銀
┃  │  │  │  │六
┠──┼──┼──┼──┼  #3手詰の最後は曲詰
┃▽玉│  │  │  │七  数字が現れます。
┠──┼──┼──┼──┼
┃  │▲香│▲銀│  │八  左側の入玉形です。
┠──┼──┼──┼──┼
┃  │▲金│  │  │九
┗━━┷━━┷━━┷━━┷

▲8六銀 ▽9六玉 ▲8七銀 まで

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

 5  4  3  2  1
┯━━┯━━┯━━┯━━┯━━┓ E
│  │  │  │  │  
┃一
┼──┼──┼──┼──┼──┨  ▲持ち駒:金 香
│  │  │  │  │  ┃二
┼──┼──┼──┼──┼──┨  ←【5手詰】
│  │  │  │  │▽玉┃三
┼──┼──┼──┼──┼──┨  #3手で詰まないように・・
│  │  │▲歩│▽桂│  ┃四
┼──┼──┼──┼──┼──┨
│  │  │▲桂│  │  ┃五
┼──┼──┼──┼──┼──┨
│  │  │  │  │  ┃六
┼──┼──┼──┼──┼──┨
▲1五香 ▽2二玉 ▲2三桂成 ▽同 玉 ▲3三金 まで

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 4  3  2  1
┯━━┯━━┯━━┯━━┓ F
│  │▽歩│▽玉│▽香
┃一
┼──┼──┼──┼──┨  ▲持ち駒:なし
│  │  │  │  ┃二
┼──┼──┼──┼──┨  ←【5手詰】
│  │  │▲銀│  ┃三
┼──┼──┼──┼──┨
│  │  │▽金│▲香┃四
┼──┼──┼──┼──┨
│  │  │  │  ┃五
┼──┼──┼──┼──┨

▲1一香成 ▽同 玉 ▲1三香 ▽2一玉 ▲1二香成 まで

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 4  3  2  1
┯━━┯━━┯━━┯━━┓  G
│  │  │  │▽玉
┃一
┼──┼──┼──┼──┨  ▲持ち駒:金 桂
│  │▲金│  │  ┃二
┼──┼──┼──┼──┨  ←【5手詰】
│  │  │▽金│▽歩┃三
┼──┼──┼──┼──┨
│  │  │  │  ┃四
┼──┼──┼──┼──┨

▲2一金打 ▽1二玉 ▲2四桂 ▽同 金 ▲2二金寄(引)まで

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 5  4  3  2  1
┯━━┯━━┯━━┯━━┯━━┓  H
│  │  │  │  │  
┃一
┼──┼──┼──┼──┼──┨  ▲持ち駒:金 銀 香
│  │  │  │  │  ┃二
┼──┼──┼──┼──┼──┨
│  │  │▽玉│  │  ┃三  ←【5手詰】
┼──┼──┼──┼──┼──┨
│  │▲香│  │▲香│  ┃四
┼──┼──┼──┼──┼──┨  #持ち駒3枚で5手という
│  │  │  │  │  ┃五  ことは・・
┼──┼──┼──┼──┼──┨
│  │  │▲銀│  │  ┃六
┼──┼──┼──┼──┼──┨
│  │  │  │  │  ┃七
┼──┼──┼──┼──┼──┨

▲3四金 ▽同 玉 ▲3五銀打 ▽3三玉 ▲3四香 まで

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 4  3  2  1
┯━━┯━━┯━━┯━━┓  I
│  │  │  │  
┃一
┼──┼──┼──┼──┨  ▲持ち駒:金 桂 香
│  │▽香│  │▽香┃二
┼──┼──┼──┼──┨
│  │▽歩│  │▽玉┃三  ←【5手詰】
┼──┼──┼──┼──┨
│  │  │  │  ┃四
┼──┼──┼──┼──┨
│  │▲歩│  │▲銀┃五
┼──┼──┼──┼──┨
│  │  │  │  ┃六
┼──┼──┼──┼──┨

▲2三金 ▽同 玉 ▲2四香 ▽1三玉 ▲2五桂 まで

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

@物足りない方に、おまけで実戦取材の問題をどうぞ〜

 7  6  5  4  3  2  1
┯━━┯━━┯━━┯━━┯━━┯━━┯━━┓  〜中級編〜@
│  │▲竜│  │  │  │▽桂│▽香
┃一
┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┨
│  │  │▲馬│▽金│▽玉│  │  ┃二
┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┨ ▲持ち駒:銀 銀
│▽角│  │  │  │  │▽歩│  ┃三
┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┨ ←【11手詰】
│  │  │  │  │▽銀│  │  ┃四
┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┨  実戦で逃したら
│  │  │  │▲歩│▽歩│  │  ┃五 相当凹みそう。
┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┨
│  │  │  │  │  │  │  ┃六
┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┨

解答はここをスクロール 又はCtrl+A 解除は左クリックです

    ↓

▲3三銀 ▽同 桂 ▲4二馬 ▽同 玉 ▲3一銀 ▽4三玉

▲6三竜 ▽3二玉 ▲5二竜 ▽3一玉 ▲3二(2二)金 まで

焦点に一発!の問題

※2手目▽同 玉 は▲3一竜 ▽2四玉 ▲3四竜 以下

※2手目▽同 金 は▲4一馬 ▽2二玉 ▲3一馬 ▽1二玉

 ▲1三銀 以下

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

 ▽後手持ち駒:飛 銀  先手番です  〜中級編〜A
  9  8  7  6  5  4  3  2  1
┏━━┯━━┯━━┯━━┯━━┯━━┯━━┯━━┯━━┓
┃▽香│  │  │  │  │  │  │  │▽香
┃一
┠──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┨
┃  │▲竜│  │  │  │▽金│▽玉│  │  ┃二
┠──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┨
┃  │  │▲と│  │  │▽歩│  │  │  ┃三
┠──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┨
┃  │  │  │  │  │▽桂│▽歩│▽歩│▽歩┃四
┠──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┨
┃▲歩│  │▽歩│  │  │  │  │▽桂│  ┃五
┠──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┨
┃  │▲角│▲歩│▽角│  │▽金│▲歩│  │▲歩┃六
┠──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┨
┃  │  │  │  │  │  │  │▲歩│  ┃七
┠──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┨
┃▲香│  │  │  │  │▲桂│▲銀│▲玉│  ┃八
┠──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┨
┃  │  │  │  │  │▲金│  │▲桂│▲香┃九
┗━━┷━━┷━━┷━━┷━━┷━━┷━━┷━━┷━━┛

 ▲先手持ち駒:金 銀 銀 歩7枚  【11手詰】

 #途中合駒が出てきます(2択ですが・・)「歩」は全部余ります

 ※最終手より4手長変化あり

  解答はここ

    ↓

▲2一銀 ▽同 玉 ▲2二銀 ▽同 玉 ▲4二竜 ▽3二銀合

▲3三金 ▽1三玉 ▲2三金打 ▽同 銀 ▲2二竜 まで

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

@今度は盤面をひっくり返した局面。今度は難問です・・(+_+)

 

▽後手持ち駒:金 銀 銀 歩7枚  先手番です 〜上級編〜@ 
 
 9  8  7  6  5  4  3  2  1
┏━━┯━━┯━━┯━━┯━━┯━━┯━━┯━━┯━━┓
┃▽香│▽桂│  │▽金│  │  │  │  │  
┃一
┠──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┨
┃  │▽玉│▽銀│▽桂│  │  │  │  │▽香┃二
┠──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┨
┃  │▽歩│  │  │  │  │  │  │  ┃三
┠──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┨
┃▽歩│  │▽歩│▲金│  │▲角│▽歩│▽角│  ┃四
┠──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┨
┃  │▲桂│  │  │  │  │▲歩│  │▽歩┃五
┠──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┨
┃▲歩│▲歩│▲歩│▲桂│  │  │  │  │  ┃六
┠──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┨
┃  │  │  │▲歩│  │  │▽と│  │  ┃七
┠──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┨
┃  │  │▲玉│▲金│  │  │  │▽竜│  ┃八
┠──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┨
┃▲香│  │  │  │  │  │  │  │▲香┃九
┗━━┷━━┷━━┷━━┷━━┷━━┷━━┷━━┷━━┛

 ▲先手持ち駒:飛 銀   【21手詰】

#最初の5手は2通りあります 

 解答はここ

  ↓

▲7四桂 ▽同 桂 ▲7三銀 ▽同 桂 ▲同桂成 ▽同 銀

▲同 金 ▽同 玉 ▲8五桂 ▽6四玉 ▲6五銀 ▽同 玉

▲5五飛 ▽6四玉 ▲5三飛成 ▽6五玉 ▲5五竜 ▽7六玉

▲7七歩 ▽8六玉 ▲5三角成 まで
※最初5手を ▲7三銀 ▽同 桂 ▲7四桂 ▽同 桂 

 ▲7三桂成 としてもOKです

#「7三」からバラバラにして上部に追います。11手目の▲6五銀が妙手。最後は自玉が働いてきれいに詰み上がります

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

      次回もお楽しみに〜〜♪(*^-^)ノ~~

 

 

 コピー用 ご自由にお使いください。

  ↓

 

 ▽後手持ち駒:
 
 9  8  7  6  5  4  3  2  1
┏━━┯━━┯━━┯━━┯━━┯━━┯━━┯━━┯━━┓
┃  │  │  │  │  │  │  │  │  
┃一
┠──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┨
┃  │  │  │  │  │  │  │  │  ┃二
┠──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┨
┃  │  │  │  │  │  │  │  │  ┃三
┠──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┨
┃  │  │  │  │  │  │  │  │  ┃四
┠──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┨
┃  │  │  │  │  │  │  │  │  ┃五
┠──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┨
┃  │  │  │  │  │  │  │  │  ┃六
┠──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┨
┃  │  │  │  │  │  │  │  │  ┃七
┠──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┨
┃  │  │  │  │  │  │  │  │  ┃八
┠──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┨
┃  │  │  │  │  │  │  │  │  ┃九
┗━━┷━━┷━━┷━━┷━━┷━━┷━━┷━━┷━━┛

 ▲先手持ち駒:

 

 ▲持ち駒・・      ←【手詰】

 

▲飛 ▲竜 ▲角 ▲馬 ▲金 ▲銀 ▲全 ▲桂 ▲圭 ▲香 

▲杏 ▲歩 ▲と ▲玉

 

▽飛 ▽竜 ▽角 ▽馬 ▽金 ▽銀 ▽全 ▽桂 ▽圭 ▽香

▽杏 ▽歩 ▽と ▽玉

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

使用上の注意・・この盤面をコピーして使用する時は

文字の書体を『MSゴシック』又は『MS明朝』

大きさは『大』統一することブログ全体で統一して下さい。

そうしないと盤面がグチャグチャになり修正できなくなります 

この記事の先頭へ▲

初心者の方へ

※使用駒は「玉金銀歩」のみ で解説します

 

@詰みになるには、ほとんどの場合2枚以上の駒が必要です。

 

#▽玉の周りで自分の駒が2つ効いていて敵の▽玉しか効きのない

マスが最大の弱点です!  ⇒XXの印

 

#▽玉の周りに「自分の力が 相手の力がのマス」を作るのが

 大切です。

 

 4  3  2  1
┯━━┯━━┯━━┯━━┓
│  │  │  │▽玉
┃一
┼──┼──┼──┼──┨  ←【1手詰】
│  │X │XX│XX┃二
┼──┼──┼──┼──┨  #1二と2二が弱点!
│  │X │▲金│▲金┃三
┼──┼──┼──┼──┨
│  │  │  │  ┃四
┼──┼──┼──┼──┨

 4  3  2  1
┯━━┯━━┯━━┯━━┓
│  │  │▽歩│▽玉
┃一
┼──┼──┼──┼──┨  ←【1手詰】
│  │X │X │XX┃二
┼──┼──┼──┼──┨ #2二は相手の力がA 自分の力もA
│  │X │▲金│▲金┃三 1二が弱点です!
┼──┼──┼──┼──┨
│  │  │  │  ┃四
┼──┼──┼──┼──┨

 4  3  2  1
┯━━┯━━┯━━┯━━┓
│  │  │  │▽玉
┃一
┼──┼──┼──┼──┨  ←【1手詰】
│X │XX│XX│X ┃二
┼──┼──┼──┼──┨  #2二が弱点
│X │▲金│▲金│X ┃三
┼──┼──┼──┼──┨
│  │  │  │  ┃四
┼──┼──┼──┼──┨

 4  3  2  1
┯━━┯━━┯━━┯━━┓
│  │  │▽玉│  
┃一
┼──┼──┼──┼──┨  ←【1手詰】
│  │X │XX│XX┃二
┼──┼──┼──┼──┨  #1二と2二が弱点
│  │X │▲金│▲金┃三
┼──┼──┼──┼──┨  2二に金が動けば▽玉の逃げ道
│  │  │  │  ┃四  がゼロになり「詰み」です
┼──┼──┼──┼──┨

 5  4  3  2  1
┯━━┯━━┯━━┯━━┯━━┓
│  │  │▽玉│  │  
┃一
┼──┼──┼──┼──┼──┨  ←【1手詰】
│X │XX│XX│X │  ┃二
┼──┼──┼──┼──┼──┨ #4二と3二が弱点
│X │▲金│▲金│X │  ┃三
┼──┼──┼──┼──┼──┨
│  │  │  │  │  ┃四
┼──┼──┼──┼──┼──┨

#隅や端にいる▽玉は逃げ道が少ないので詰みになりやすいのです。

 4  3  2  1
┯━━┯━━┯━━┯━━┓
│  │X │X │  
┃一
┼──┼──┼──┼──┨ ←【1手詰】
│  │▲金│XX│▽玉┃二
┼──┼──┼──┼──┨  #2二が弱点
│  │▲金│X │▽歩┃三
┼──┼──┼──┼──┨
│  │  │  │  ┃四
┼──┼──┼──┼──┨

 4  3  2  1
┯━━┯━━┯━━┯━━┓
│  │  │  │  
┃一
┼──┼──┼──┼──┨
│  │X │X │  ┃二
┼──┼──┼──┼──┨
│  │▲金│XX│▽玉┃三
┼──┼──┼──┼──┨
│  │▲金│X │▽歩┃四
┼──┼──┼──┼──┨
│  │  │  │  ┃五
┼──┼──┼──┼──┨

 4  3  2  1
┼──┼──┼──┼──┨
│  │X │X │X ┃六
┼──┼──┼──┼──┨
│  │XX│▲金│X ┃七
┼──┼──┼──┼──┨
│  │▲金│XX│▽玉┃八
┼──┼──┼──┼──┨
│  │X │  │▽金┃九
┷━━┷━━┷━━┷━━┛

 4  3  2  1
┼──┼──┼──┼──┨
│  │  │  │  ┃六
┼──┼──┼──┼──┨
│  │X │X │X ┃七
┼──┼──┼──┼──┨
│  │XX│▲金│X ┃八
┼──┼──┼──┼──┨
│  │▲金│XX│▽玉┃九
┷━━┷━━┷━━┷━━┛

 4  3  2  1
┼──┼──┼──┼──┨
│  │  │X │X ┃六
┼──┼──┼──┼──┨
│  │X │XX│▲金┃七
┼──┼──┼──┼──┨
│  │X │▲金│XX┃八
┼──┼──┼──┼──┨
│  │  │X │▽玉┃九
┷━━┷━━┷━━┷━━┛

『金』(成金も含む)で王手して詰みになるのが一番多いのです。

 

 4  3  2  1
┯━━┯━━┯━━┯━━┓
│  │  │  │▽玉
┃一
┼──┼──┼──┼──┨  ▲持ち駒・・金
│  │  │X │  ┃二
┼──┼──┼──┼──┨
│  │  │▲歩│  ┃三
┼──┼──┼──┼──┨

 4  3  2  1
┯━━┯━━┯━━┯━━┓
│  │  │  │  
┃一
┼──┼──┼──┼──┨   ▲持ち駒・・金
│  │  │  │  ┃二
┼──┼──┼──┼──┨
│  │  │X │▽玉┃三
┼──┼──┼──┼──┨
│  │  │▲歩│▽歩┃四
┼──┼──┼──┼──┨

※その中でも『頭金』(あたまきん)は一番多い詰みの形です。

 4  3  2  1
┯━━┯━━┯━━┯━━┓
│  │  │▽玉│  
┃一
┼──┼──┼──┼──┨
│  │  │▲金│  ┃二
┼──┼──┼──┼──┨
│  │  │▲歩│  ┃三
┼──┼──┼──┼──┨


#王様が下段(自陣の一番下)にいる時は▽玉のすぐ前のマスに駒を効かせて置くのが良いのです。

 

@今度は銀を使ってみましょう

 


 4  3  2  1
┯━━┯━━┯━━┯━━┓
│  │  │▽玉│  
┃一
┼──┼──┼──┼──┨  ▲持ち駒・・銀
│  │X │X │X ┃二
┼──┼──┼──┼──┨   #X印のどこに打つ?
│  │  │▲金│  ┃三
┼──┼──┼──┼──┨
 4  3  2  1
┯━━┯━━┯━━┯━━┓
│  │▽玉│  │  
┃一
┼──┼──┼──┼──┨  ▲持ち駒・・銀
│▽歩│X │X │X ┃二
┼──┼──┼──┼──┨  #X印のどこに打つ?
│  │  │▲金│  ┃三
┼──┼──┼──┼──┨

@「銀」は「金」と違ってななめ後ろに動けます。それが決め手になることも多いのです。


 4  3  2  1
┯━━┯━━┯━━┯━━┓
│  │X │X │▽銀
┃一
┼──┼──┼──┼──┨  ▲持ち駒・・銀
│  │▲金│X │▽玉┃二
┼──┼──┼──┼──┨  #弱点に打ち込む!
│  │  │▽歩│▽歩┃三
┼──┼──┼──┼──┨
 4  3  2  1
┯━━┯━━┯━━┯━━┓
│  │  │  │  
┃一
┼──┼──┼──┼──┨  ▲持ち駒・・銀
│  │X │X │▽銀┃二
┼──┼──┼──┼──┨
│  │▲銀│▽歩│▽玉┃三
┼──┼──┼──┼──┨  #王様しか効いてない弱点に・・
│  │  │X │▽歩┃四
┼──┼──┼──┼──┨
 4  3  2  1
┼──┼──┼──┼──┨
│  │  │  │  ┃六
┼──┼──┼──┼──┨  ▲持ち駒・・なし
│  │  │  │▲銀┃七
┼──┼──┼──┼──┨  #弱点はどこ?
│  │X │XX│▽歩┃八
┼──┼──┼──┼──┨
│  │▲金│X │▽玉┃九
┷━━┷━━┷━━┷━━┛

@「王様の弱点」に自分の駒を打つか動かすことで王様を取ることが出来ます

 

@ただし ▽玉の逃げ道があれば詰みにはなりません 

 4  3  2  1
┯━━┯━━┯━━┯━━┓
│  │  │  │  
┃一
┼──┼──┼──┼──┨  ▲持ち駒・・銀
│  │▲金│  │▽玉┃二
┼──┼──┼──┼──┨
│  │  │▽歩│▽歩┃三
┼──┼──┼──┼──┨
│  │  │  │  ┃四
┼──┼──┼──┼──┨

    ↓
 4  3  2  1
┯━━┯━━┯━━┯━━┓
│  │  │▲銀│▽玉
┃一
┼──┼──┼──┼──┨   ←詰みません
│  │▲金│  │  ┃二
┼──┼──┼──┼──┨
│  │  │▽歩│▽歩┃三
┼──┼──┼──┼──┨
│  │  │  │  ┃四
┼──┼──┼──┼──┨

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


 4  3  2  1
┼──┼──┼──┼──┨
│  │  │  │  ┃六
┼──┼──┼──┼──┨  ▲持ち駒・・銀
│  │  │  │  ┃七
┼──┼──┼──┼──┨
│  │  │  │〇 ┃八
┼──┼──┼──┼──┨
│  │▲金│  │▽玉┃九
┷━━┷━━┷━━┷━━┛

     ↓

 4  3  2  1
┼──┼──┼──┼──┨
│  │  │  │  ┃六
┼──┼──┼──┼──┨  ←詰まない
│  │  │  │  ┃七
┼──┼──┼──┼──┨
│  │  │▲銀│▽玉┃八
┼──┼──┼──┼──┨
│  │▲金│  │  ┃九
┷━━┷━━┷━━┷━━┛

@詰ましにいく時は、相手の王様の逃げ道を良く確認しましょう!

王手を掛ける前に▽玉の逃げ道を確認することが重要です!

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

#次は一手詰みの形を教えるのが良いでしょう。※金銀歩のみで

一手詰みをたくさん解かせることが重要!

 4  3  2  1
┯━━┯━━┯━━┯━━┓
│  │  │  │  
┃一
┼──┼──┼──┼──┨  ▲持ち駒・・金
│  │  │  │  ┃二
┼──┼──┼──┼──┨
│  │  │▲銀│▽玉┃三
┼──┼──┼──┼──┨
│  │  │  │  ┃四
┼──┼──┼──┼──┨
 

 4  3  2  1
┯━━┯━━┯━━┯━━┓
│  │  │  │  
┃一
┼──┼──┼──┼──┨  ▲持ち駒・・金
│  │▲銀│  │  ┃二
┼──┼──┼──┼──┨
│  │  │  │▽玉┃三
┼──┼──┼──┼──┨
│  │  │▽歩│▽歩┃四
┼──┼──┼──┼──┨
 4  3  2  1
┯━━┯━━┯━━┯━━┓
│  │  │  │  
┃一
┼──┼──┼──┼──┨  ▲持ち駒・・金
│  │  │▽金│  ┃二
┼──┼──┼──┼──┨
│▲銀│▽玉│  │  ┃三
┼──┼──┼──┼──┨
│  │  │  │  ┃四
┼──┼──┼──┼──┨
 4  3  2  1
┯━━┯━━┯━━┯━━┓
│  │  │  │  
┃一
┼──┼──┼──┼──┨  ▲持ち駒・・金
│  │▽銀│▲銀│  ┃二
┼──┼──┼──┼──┨
│  │  │▽玉│  ┃三
┼──┼──┼──┼──┨
│  │▽歩│▽歩│  ┃四
┼──┼──┼──┼──┨

 4  3  2  1
┯━━┯━━┯━━┯━━┓
│  │  │  │  ┃一
┼──┼──┼──┼──┨  ▲持ち駒・・なし
│  │▽銀│▲銀│  ┃二
┼──┼──┼──┼──┨
│  │  │▽玉│  ┃三
┼──┼──┼──┼──┨
│  │▽歩│▽歩│▲歩┃四
┼──┼──┼──┼──┨


 4  3  2  1
┯━━┯━━┯━━┯━━┓
│  │  │  │  
┃一
┼──┼──┼──┼──┨  ▲持ち駒・・銀
│  │  │  │▽金┃二
┼──┼──┼──┼──┨
│  │▲金│  │▽玉┃三
┼──┼──┼──┼──┨
│  │  │▽歩│  ┃四
┼──┼──┼──┼──┨
│  │  │  │▲歩┃五
┼──┼──┼──┼──┨
 4  3  2  1
┯━━┯━━┯━━┯━━┓
│  │  │▲金│▽歩
┃一
┼──┼──┼──┼──┨  ▲持ち駒・・金
│  │  │  │▽玉┃二
┼──┼──┼──┼──┨
│  │  │  │  ┃三
┼──┼──┼──┼──┨
│  │  │▲銀│  ┃四
┼──┼──┼──┼──┨


 4  3  2  1
┯━━┯━━┯━━┯━━┓
│▽金│▽玉│  │  
┃一
┼──┼──┼──┼──┨  ▲持ち駒・・銀
│  │  │  │  ┃二
┼──┼──┼──┼──┨
│  │▲銀│  │  ┃三
┼──┼──┼──┼──┨

 

 4  3  2  1
┯━━┯━━┯━━┯━━┓
│  │▽玉│  │  ┃一
┼──┼──┼──┼──┨  ▲持ち駒・・銀
│  │  │  │  ┃二
┼──┼──┼──┼──┨
│  │▲銀│  │  ┃三
┼──┼──┼──┼──┨

 4  3  2  1
┯━━┯━━┯━━┯━━┓
│  │  │  │  ┃一
┼──┼──┼──┼──┨  ▲持ち駒・・なし
│  │  │▲金│  ┃二
┼──┼──┼──┼──┨
│  │  │▲銀│▽玉┃三
┼──┼──┼──┼──┨
│  │  │▽歩│▽歩┃四
┼──┼──┼──┼──┨


 4  3  2  1
┯━━┯━━┯━━┯━━┓
│  │  │  │  ┃一
┼──┼──┼──┼──┨  ▲持ち駒・・金
│  │  │  │  ┃二
┼──┼──┼──┼──┨
│▲金│  │▽玉│  ┃三
┼──┼──┼──┼──┨
│  │  │  │▲歩┃四
┼──┼──┼──┼──┨
│  │▲銀│  │  ┃五
┼──┼──┼──┼──┨


 4  3  2  1
┯━━┯━━┯━━┯━━┓
│  │  │  │  ┃一
┼──┼──┼──┼──┨  ▲持ち駒・・なし
│  │  │▲銀│  ┃二
┼──┼──┼──┼──┨
│  │  │  │  ┃三
┼──┼──┼──┼──┨
│  │▲銀│  │▽玉┃四
┼──┼──┼──┼──┨
│  │  │  │▽歩┃五
┼──┼──┼──┼──┨
│  │  │▲銀│  ┃六
┼──┼──┼──┼──┨


 4  3  2  1
┯━━┯━━┯━━┯━━┓
│  │  │  │  ┃一
┼──┼──┼──┼──┨  ▲持ち駒・・金
│  │  │  │▲金┃二
┼──┼──┼──┼──┨
│  │▽歩│▽玉│  ┃三
┼──┼──┼──┼──┨
│  │  │  │  ┃四
┼──┼──┼──┼──┨
│  │  │▲銀│  ┃五
┼──┼──┼──┼──┨


 4  3  2  1
┯━━┯━━┯━━┯━━┓
│  │  │  │  ┃一
┼──┼──┼──┼──┨  ▲持ち駒・・なし
│  │▲銀│▲銀│  ┃二
┼──┼──┼──┼──┨
│  │  │  │  ┃三
┼──┼──┼──┼──┨
│  │  │▲銀│▽玉┃四
┼──┼──┼──┼──┨
│  │  │  │  ┃五
┼──┼──┼──┼──┨
│  │  │▲銀│  ┃六
┼──┼──┼──┼──┨
 4  3  2  1
┼──┼──┼──┼──┨
│  │  │  │  ┃六
┼──┼──┼──┼──┨  ▲持ち駒・・なし
│▲銀│▲銀│▲銀│  ┃七
┼──┼──┼──┼──┨
│  │  │▲銀│  ┃八
┼──┼──┼──┼──┨
│  │  │▽玉│  ┃九
┷━━┷━━┷━━┷━━┛

 4  3  2  1
┼──┼──┼──┼──┨
│  │  │  │  ┃六
┼──┼──┼──┼──┨  ▲持ち駒・・なし
│  │  │▲銀│  ┃七
┼──┼──┼──┼──┨
│  │  │▲銀│▲金┃八
┼──┼──┼──┼──┨
│  │  │▽玉│  ┃九
┷━━┷━━┷━━┷━━┛

 4  3  2  1
┯━━┯━━┯━━┯━━┓
│  │  │  │  ┃一
┼──┼──┼──┼──┨ ▲持ち駒・・なし
│  │  │  │  ┃二
┼──┼──┼──┼──┨
│  │▲銀│▲銀│▽玉┃三
┼──┼──┼──┼──┨
│  │▲金│  │  ┃四
┼──┼──┼──┼──┨
│  │  │▽金│  ┃五
┼──┼──┼──┼──┨

 4  3  2  1
┯━━┯━━┯━━┯━━┓
│  │  │  │  ┃一
┼──┼──┼──┼──┨ ▲持ち駒・・なし
│  │  │  │  ┃二
┼──┼──┼──┼──┨
│  │  │▲銀│▽玉┃三
┼──┼──┼──┼──┨
│  │▲金│  │  ┃四
┼──┼──┼──┼──┨
│  │  │  │▲歩┃五
┼──┼──┼──┼──┨


 

この記事の先頭へ▲

【詰将棋の作り方79】

「プロポリスの錠剤を カラオケ好きの友人に薦められてこの頃毎日飲んでいるんだけど  これはホントに良く効きます。

高音域が以前より1音伸びました。♪〜θ(^0^ )( ^0^)θ~~♪

 

 免疫力を高める効果があり 風邪をひいた時 真っ先に「ノド」にくる人には 特にオススメです。(*^^)v
プロポリス独特の臭いがありますが 慣れると気になりません。まれに皮膚炎や下痢になる人もいるようですが 何千人に一人位とか・・

 

 僕はドンキホーテで買いました。野口英世の写真が付いてるヤツで
一瓶2580 90粒入り 一粒30円弱 一日B粒で90円足らず。 
栄養ドリンクに比べればとってもお得です!


 試しに3日飲んでみて 効果が無かったら止めちゃって良いと思います。

 

 もっと早く知っていたら良かったのに...と思う「きれてない?」でした。

 

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

 

          〜正算法の続き〜

 

まずは前回の復習!! 詰め上がりは(▲3三馬+▲?)の形
 【13手詰】 詰み形がパッと浮かべば合格(*´・ω・`)b です♪

 

解答はここをスクロール↓

▲1二金 ▽同 玉 ▲2四桂 ▽同 歩 ▲2三金 ▽2一玉 ▲2二金 ▽同 馬 ▲3二銀 ▽1二玉 ▲2三銀成 ▽同 馬 ▲1一飛まで

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

 5  4  3  2  1
┯━━┯━━┯━━┯━━┯━━┓
│  │  │  │@玉│A玉┃一
┼──┼──┼──┼──┼──┨  ≪基本図≫
│  │  │  │  │B玉┃二
┼──┼──┼──┼──┼──┨
│  │  │▲馬│  │  ┃三
┼──┼──┼──┼──┼──┨
│  │  │  │  │  ┃四
┼──┼──┼──┼──┼──┨

 

≪基本図≫から今度は攻め方の駒を「1枚」だけ 盤上に追加してみましょう

 

こうすると かなり実際の詰将棋らしくなります。o(*・ω・)ノ ♪

 

 拠点を盤上に2つ以上作っておくのはというのは実戦でも重要ですね。

 

 

@ 「桂」を盤上に追加

 

 桂といえば 「金頭桂」 典型的なのはコレ↓   【9手詰】

 

解答はここをスクロール↓

▲2二歩 ▽同 銀 ▲同 馬 ▽同 玉 ▲2三銀 ▽3一玉 ▲4三桂不成 ※▽同 金 ▲3二金まで

 

※最後2手は ▽4一玉 ▲5一金でもOKですが 詰将棋のお約束として 盤上の駒が最も少なくなる手順を本線として記載します。 φ(・ェ・o)メモメモ... 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

A 「桂」を盤上に追加

 詰め上がりにこだわった作品。玉方の「▽2四歩」配置が重要!!(^^) 【9手詰】


 

解答はここをスクロール↓

▲1一金 ▽同 飛 ▲2二歩 ▽同 金 ▲同 馬 ▽同 玉 ▲2三銀 ※▽3三玉 ▲4三金 まで

 

※最後2手は ▽1三玉 ▲1四金 又は ▽3一玉 ▲3二金 又は ▽2一玉 ▲2二金 でもOKですが 詰将棋のお約束として ▽玉が最も広い方に逃げる手順を本線として記載します。  φ(・ェ・o)メモメモ...

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

B 「と金」 を盤上に追加

 

  「▲桂」で「▽竜」の利きをそらす手筋を使います。 

 

解答はここをスクロール↓

▲1三桂 ▽同 竜 ▲3一と ▽同 玉 ▲3二銀まで

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

C「と金」を盤上に追加

 

 最後7手は 以前解説した「超定番」の収束形


 4  3  2  1
┯━━┯━━┯━━┯━━┓
│  │  │  │  ┃一
┼──┼──┼──┼──┨  持ち駒:金
│▲金│▲銀│▽玉│▽玉┃二
┼──┼──┼──┼──┨  【7手詰】
│  │  │  │  ┃三
┼──┼──┼──┼──┨  ←この形に持ち込みます
│  │  │  │  ┃四
┼──┼──┼──┼──┨   #▽玉が「1二」でも同じ手順です。(^_-)

 

【17手詰】 

解答はここをスクロール↓

▲2一銀 ▽同 玉 ▲3二銀 ▽1一玉 ▲1二歩 ▽同 玉 ▲2四桂 ▽同 角 ▲2二馬 ▽同 玉 ▲2三金 ▽1一玉 ▲2一銀成 ▽同 玉 ▲3二と ▽1一玉 ▲2二と(金)まで

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

D 「歩」を盤上に追加

 

   成り捨ての手筋でひとつ・・ 

 

解答はここをスクロール↓

▲1一歩成 ▽同 玉 ▲2三桂 ▽2一玉 ▲3二金 ▽同 馬 ▲1一馬まで

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

E 「歩」を盤上に追加

 

  一回打った大駒を捨てる手筋を使ってみましょう。
 

解答はここをスクロール↓


1三桂 ▽同 香 ▲1二角 ※▽3一玉 ▲4三桂 ▽同 金 ▲2一角成 

▽同 玉 ▲2二金まで
※4手目 ▽同 銀は ▲3二馬と「▽金」を取って並べ打ちです

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

F 「歩」を盤上に追加

 

  「▲馬」と「▲金」で上から押さえ込む手筋最後の7手は良く使われます。

 

 

解答はここをスクロール↓

▲1三銀 ▽同 玉 ▲1四金 ▽同 金 ▲同 歩 ▽同 玉 ▲1五金 ▽1三玉 

▲2四金 ▽1二玉 ▲2三金 ▽2一玉 ▲2二金(馬)まで

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

G 「歩」を盤上に追加

 穴熊図式で実戦風にしてみました。合駒も出てくるので少し厄介・・

  5分で三段くらいかな?    【19手詰】

 

解答はここをスクロール↓

1二歩 ▽同 玉 ▲1三歩 ▽同 桂 ▲1一金 ▽同 玉 ▲2三桂 ▽同 銀 

▲3一飛 ※▽2一桂合 ▲2二馬 ▽同 玉 ▲3三歩成 ▽同 桂 ▲2一金 

▽1二玉 ▲1一金 ▽2二玉 ▲2一飛成 まで


※10手目は「桂合」が最善! 他の合駒は「▲3三歩成」を取れず早詰です。(>_<)

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

H 「歩」を盤上に追加

 

 チョッと反則ですが 江戸時代からある有名な 【15手詰】を逆算してみました。

収束形を知らないと かなり手こずると思います。(^0_0^) 

【23手詰】 

解答はここをスクロール↓:

▲2三桂 ▽1二玉 ▲1一金 #▽同 金 ▲同桂成 ▽同 玉 ▲2二馬 ▽同 玉 ※▲3三銀 @▽2三玉 ▲2四金 ▽1二玉 ▲2三角 ▽1一玉 ▲2二銀成 

▽同 玉 ▲3三歩成 ▽1一玉 ▲1二角成 ▽同 玉 ▲2三金 ▽2一玉 

▲2二と(▲2二金) まで

#4手目 ▽同 銀は ▲同桂成 ▽1三玉 ▲3五角以下

※9手目の▲3三銀からは定番の収束形です

@10手目に▽1三玉だと ▲3五角以下 早詰

 

 ...もう こうなってくると 詰め上がり形を予想するのはかなり困難ですね....(^_^;)

 

                 今回はここまで・・

 


          

                          次回につづく・・♪(*^-^)ノ~~

                            ついでにココをクリック!↓

 

この記事の先頭へ▲

【詰将棋の作り方78】

  今回のテーマは「正算法」の続き にしようと思ったけど・・ 

 

        気分で握り詰」にします。>^_^<

 

 某将棋サイトで見た 

※使用駒課題:玉 飛 角 金 金 銀 桂 桂 香 歩 歩 歩 歩 歩 14枚

挑戦です

 

 まずは「正算法」で一気に作図した ≪良くない例≫ から見ていきたいと思います。

 

 

「美濃囲い図式」の綺麗な初形ですが 問題が・・ さて何でしょう?

【13手詰】

解答はここをスクロール↓

▲1三金 ▽同 桂 ▲3三角成 ▽1二玉 ▲1三桂成 ▽同 玉 ▲2五桂 ▽1二玉 ▲1三歩 ▽2一玉 ▲4一竜 ▽同 銀 ▲2二金 まで

 

※問題点:玉方▽1一香が不要駒 フィギュアスケートに例えると

規定のジャンプを「3回」必要な所を「2回」しか飛ばなかったようなもの...

減点対象です

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

 次は「穴熊図式」これも大きな問題が・・ さて何でしょう?

【17手詰】2手目の変化が少しやっかいかな〜(p_-)

 

解答はここをスクロール↓

▲2二と #▽同 金 ▲2三桂 ▽同 金 ▲2一馬 ▽同 玉 ▲4一飛 ▽3一合駒 ▲3二銀 ▽同 玉 ▲4四桂 ▽3三玉 ▲4三金 ▽2二玉 ▲3一飛成 ▽同 玉 ▲3二桂成(金)まで

 

#2手目▽同 玉は ▲2三銀 ▽同 玉 ▲3五桂 ▽同 歩 ▲3三飛 ▽同 桂 ▲3四金 ▽2二玉 ▲3三金 ▽1一玉 ▲2三桂まで早詰です

 

※問題点:合駒が詰め上がりで余ってしまう

江戸時代ならですが 現代では 不完全作です。(>_<)

体操競技に例えると 着地で「尻餅」をついたようなものかな?

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

 これらは いずれも「正算法」にありがちな失敗です

 

即興で「握り詰」を作れ! と言われた時は「正算法」「逆算法」を使うのが無難です。φ(・ェ・o)メモメモ...

 

時間は10〜20分で作ると仮定して 一番安全で簡単な作り方は・・

 

@ まず駒の「3分の2」を使い 盤上に舞台装置を作る。

 

A 次に盤上の駒を「不動駒」「可動駒」に分ける。

 

B ▽玉の可動範囲を決める。

 

C 次に残りの「約3分の1」の駒を追加しながら逆算していく。

 

・・という方法です。

 

具体的に @の「舞台装置」から・・使用駒は全部で「14枚」なので

「約3分の2」の8〜10枚を「盤上」と「持ち駒」に分けて配置します。

 

 まずは一気に「正算法」で作図  8枚の駒を使用しました。

@ 【11手詰】

解答はここをスクロール↓

2三金 ▽同 銀 ▲2五桂 ▽1二玉 ▲2三香成 ▽同 玉 ▲3三馬 ▽1二玉▲2三銀 ▽2一玉 ▲1三桂不成まで

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

 余詰がないかどうか確認。(^_-)-☆ 不要駒もナシ   大丈夫です!

 

  5  4  3  2  1
┯━━┯━━┯━━┯━━┯━━┓
│  │  │▽金│  │  ┃一
┼──┼──┼──┼──┼──┨
│  │▲馬│▽銀│  │  ┃二
┼──┼──┼──┼──┼──┨  持ち駒:金 桂
│  │  │  │  │▽玉┃三
┼──┼──┼──┼──┼──┨  #不動駒は▽3一金▽1四歩
│  │  │  │▲香│▽歩┃四
┼──┼──┼──┼──┼──┨   残りは可動駒です
│  │  │  │  │  ┃五
┼──┼──┼──┼──┼──┨

 

 5  4  3  2  1
┯━━┯━━┯━━┯━━┯━━┓
│  │  │  │@玉│A玉┃一
┼──┼──┼──┼──┼──┨  ▽玉の可動範囲『6マス』のみ
│  │  │  │B玉│C玉┃二
┼──┼──┼──┼──┼──┨
│  │  │  │D玉│E玉┃三
┼──┼──┼──┼──┼──┨
│  │  │  │  │  ┃四
┼──┼──┼──┼──┼──┨

 

※残りは 飛 桂 歩 歩 歩 歩 の6枚  ここから逆算スタート!

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

 「1三」で駒交換を入れます

 

【13手詰】 

  

 #▲1三桂成 ▽同 玉 以下 ※残りは 飛 歩 歩 歩 歩 の 5枚

 

 

  持ち駒に「歩」を追加します。

 

【15手詰】 

#▲1三歩 ▽同 桂 以下   ※残りは 飛 歩 歩 歩  の 4枚

 

 

 ▲2四の香を持ち駒にして ▽玉が「2三」から移動したと考えます。

 

【17手詰】 

#▲2四香 ▽1二玉 以下   ※残りは 飛 歩 歩 の 3枚

 

 

 この辺で「飛車」を使いましょう。

 

【19手詰】 

#▲2三飛成 ▽同 玉 以下

 

「4二」の馬⇒角に変えたのは余詰消しのため

「1二」の▲歩が無いと・・▲2三飛成に ▽同 銀で詰まなくなります

 

↑上から▲2三飛成に ▽同 銀 なら ▲3三金で

 5  4  3  2  1
┯━━┯━━┯━━┯━━┯━━┓
│  │  │▽金│▽桂│  ┃一
┼──┼──┼──┼──┼──┨  持ち駒:香 歩
│  │▲角│  │▽玉│▲歩┃二
┼──┼──┼──┼──┼──┨ 『1一』のマスに逃げられない!(*^^)v
│  │  │▲金│▽銀│  ┃三
┼──┼──┼──┼──┼──┨ #以下▽1二玉 ▲1三香・・早詰です
│  │  │▽歩│  │▽歩┃四
┼──┼──┼──┼──┼──┨
│  │  │  │▲桂│  ┃五
┼──┼──┼──┼──┼──┨

  

 

 飛車を盤上に置くなら「2四」が最善の位置です

 5  4  3  2  1
┯━━┯━━┯━━┯━━┯━━┓
│  │  │▽金│▽桂│  ┃一
┼──┼──┼──┼──┼──┨  持ち駒:香 歩
│  │▲馬│▽金│  │▲飛┃二
┼──┼──┼──┼──┼──┨  【19手詰】
│  │▽銀│  │▽玉│  ┃三
┼──┼──┼──┼──┼──┨    #他の位置だと

│  │  │▽歩│  │▽歩┃四   手詰まりになってしまいます
┼──┼──┼──┼──┼──┨
│  │  │  │▲桂│  ┃五
┼──┼──┼──┼──┼──┨

 

※これで使用駒の残りは 歩 の 1枚だけ

 

 

 さぁ!もう一息です     ▽玉が「1三」から移動したと考えて・・ 

 

#▲2五桂 ▽2二玉以下 

 

@▲2五桂に ▽1二玉と「歩」を取ると・・

▲1三香 ▽同 桂 ▲同桂成 ▽同 玉 ▲2五桂 *▽2二玉 ▲2三飛成 ▽同 銀 ▲3三角成 ▽1二玉 ▲1一金まで

 

*6手目に▽1二玉は ▲1四飛以下

 

 

         さていよいよ クライマックス! 

 

          【完成図】 凄い密集形...(・▽・;) 

 

▲2三と ▽同 歩 ▲2五桂 ▽2二玉 ▲2三飛成 ▽同 玉 ▲2四香▽1二玉 ▲1三歩 ▽同 桂 ▲同桂成 ▽同 玉 ▲2三金 ▽同 銀 ▲2五桂 ▽1二玉  ▲2三香成 ▽同 玉 ▲3三角成 ▽1二玉 

▲2三銀 ▽2一玉 ▲1三桂不成まで  【23手詰】

 

 

 使用駒:玉飛角金金銀桂桂香歩歩歩歩歩 14枚ピッタリです(^^♪

 

 

 なんだか パネルクイズ「アタック25みたいになっちゃった

 

 『アタックチャ〜ンス 狙い目は「1一」番!!

さぁ〜全員に「1一」番の角(かど)に入るチャンス〜』 なんちゃって..

 

 

 

     この方法の欠点「密集形」になりやすいことですね〜

 

 

    ≪詰め上がり図≫

 5  4  3  2  1
┯━━┯━━┯━━┯━━┯━━┓
│  │  │▽金│▽玉│  ┃一
┼──┼──┼──┼──┼──┨
│  │  │  │  │  ┃二
┼──┼──┼──┼──┼──┨
│  │  │▲馬│▲銀│▲桂┃三
┼──┼──┼──┼──┼──┨
│  │  │▽歩│  │▽歩┃四
┼──┼──┼──┼──┼──┨

 

 

 もう一つ これもアリかな〜

 5  4  3  2  1    【完成図】A
┯━━┯━━┯━━┯━━┯━━┓
│  │  │▽金│▽桂│  ┃一
┼──┼──┼──┼──┼──┨  持ち駒:桂 香
│  │▲角│▽銀│▽歩│▲歩┃二
┼──┼──┼──┼──┼──┨  【23手詰】
│  │  │▲と│▽金│▽玉┃三
┼──┼──┼──┼──┼──┨  #「2三」の▽香⇒▽金に
│  │  │▽歩│▲飛│▽歩┃四
┼──┼──┼──┼──┼──┨    入れ替えたもの
│  │  │  │  │  ┃五
┼──┼──┼──┼──┼──┨    詰手順は同じです

 

 

 

 最後の余詰チェックです。 2手目に▽同だと??

 5  4  3  2  1   

┯━━┯━━┯━━┯━━┯━━┓
│  │  │▽金│▽桂│  ┃一
┼──┼──┼──┼──┼──┨  持ち駒:金 桂 香
│  │▲角│  │▽歩│▲歩┃二
┼──┼──┼──┼──┼──┨  【??手詰】
│  │  │  │▽銀│▽玉┃三
┼──┼──┼──┼──┼──┨  #これが19手以下で詰めば
│  │  │▽歩│▲飛│▽歩┃四
┼──┼──┼──┼──┼──┨   良い訳です!
│  │  │  │  │  ┃五
┼──┼──┼──┼──┼──┨

 

さて・・どうなるか?

▲2五桂 ▽1二玉 ▲1三香 ▽同 桂 ▲2三飛成 ▽同 歩 ▲1三桂成 ▽同 玉 ▲2五桂 ▽1二玉 ▲1三銀 ▽2一玉 ▲2二金 ▽同 金 ▲同銀成(不成)▽同 玉 ▲3三角成 ▽1二玉 ▲2二(1一)金

まで 【19手詰】ふぅ〜あぶないあぶない・・^^;

 

 

   ≪詰め上がり図≫ 

 5  4  3  2  1   

┯━━┯━━┯━━┯━━┯━━┓
│  │  │  │  │  ┃一
┼──┼──┼──┼──┼──┨  #ギリギリセーフです\(◎o◎)/
│  │  │  │▲金│▽玉┃二
┼──┼──┼──┼──┼──┨
│  │  │▲馬│▽歩│  ┃三
┼──┼──┼──┼──┼──┨   もし21手以上になったら
│  │  │▽歩│  │▽歩┃四   今までの努力が水の泡になる所
┼──┼──┼──┼──┼──┨     でした・・  
│  │  │  │▲桂│  ┃五  
┼──┼──┼──┼──┼──┨

 

 

 

            以上いかがでしたか?

 

 

 

    詰将棋って本当に面白いですね〜(*^_^*)

 

 

        次回もお楽しみに〜♪(*^-^)ノ~~

 

                                 ついでにココをクリック!↓ 

この記事の先頭へ▲

【詰将棋の作り方44】

@本日放送のNHK杯戦「羽生」VS「中川」の終盤は凄かった・・(T_T)

 ネタとして詰将棋にしてみました。先手玉は受けなしで詰ますしかない

 局面。

  6    5   4    3   2   1
┯━━┯━━┯━━┯━━┯━━┯━━┓
│   │   │▲金│   │▽桂│▽香┃一
┼──┼──┼──┼──┼──┼──┨   ▲持ち駒
│   │   │   │   │▽金│   ┃二    ↓
┼──┼──┼──┼──┼──┼──┨    銀 桂
│   │   │   │▽玉│▲歩│▽歩┃三  歩 歩 歩
┼──┼──┼──┼──┼──┼──┨
│   │▲銀│▽歩│▽歩│   │   ┃四
┼──┼──┼──┼──┼──┼──┨   【15手詰】
│▲角│   │   │   │   │▲歩┃五
┼──┼──┼──┼──┼──┼──┨
│   │   │▲銀│   │▽歩│   ┃六
┼──┼──┼──┼──┼──┼──┨
│   │   │   │▲歩│   │▲香┃七
┼──┼──┼──┼──┼──┼──┨

▲4三銀成 ▽2三玉 ▲2四歩 ▽同 玉 ▲3六桂(1六桂)

▽2三玉 ▲2四歩 ▽1二玉 ▲2三銀 ▽同 金 ▲同歩成 

▽同 玉 ▲2四歩 ▽1二玉(2二玉) ▲2三金 まで

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

  6    5   4    3   2   1
┯━━┯━━┯━━┯━━┯━━┯━━┓  ▲持ち駒・・なし
│   │   │▲金│   │▽桂│▽香┃一
┼──┼──┼──┼──┼──┼──┨  ←【詰め上がり図】
│   │   │   │   │   │▽玉┃二
┼──┼──┼──┼──┼──┼──┨  #実戦でこんな
│   │   │▲全│   │▲金│▽歩┃三  綺麗なトン死
┼──┼──┼──┼──┼──┼──┨    珍しい!
│   │   │▽歩│▽歩│▲歩│   ┃四
┼──┼──┼──┼──┼──┼──┨  (▲全=▲成銀)
│▲角│   │   │   │   │▲歩┃五
┼──┼──┼──┼──┼──┼──┨   録画しといて

│   │   │▲銀│▲桂│▽歩│   ┃六   良かった。(^.^)
┼──┼──┼──┼──┼──┼──┨
│   │   │   │▲歩│   │▲香┃七
┼──┼──┼──┼──┼──┼──┨

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

@それでは講座に入ります。今回は「捨て絞りの応用」です。

 

        【第1図】

  5    4   3    2   1
┯━━┯━━┯━━┯━━┯━━┓
│   │   │   │   │   ┃一
┼──┼──┼──┼──┼──┨  ▲持ち駒・・金
│   │   │▲銀│▽玉│   ┃二
┼──┼──┼──┼──┼──┨   ←【7手詰】
│   │▲金│   │   │   ┃三
┼──┼──┼──┼──┼──┨
│   │   │   │   │   ┃四
┼──┼──┼──┼──┼──┨
│   │   │   │   │   ┃五
┼──┼──┼──┼──┼──┨

#ここからちょっと高級なテクニックを使って逆算しましょう。「合駒請求」 

というワザです。 「飛」「竜」「角」「馬」「香」で王手して玉方に合駒させ、それを取って持ち駒にして使う方法です。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

@「馬」を軸駒にして逆算してみましょう。

 

      【検討図】@

  5    4   3    2   1
┯━━┯━━┯━━┯━━┯━━┓
│   │   │   │   │▽玉┃一
┼──┼──┼──┼──┼──┨   ▲持ち駒・・なし
│   │   │▲銀│▽?│   ┃二
┼──┼──┼──┼──┼──┨  #▲3三馬と王手した
│   │▲金│▲馬│   │   ┃三   局面です さて・・
┼──┼──┼──┼──┼──┨  合駒は何が最善でしょう?
│   │   │   │   │   ┃四
┼──┼──┼──┼──┼──┨
│   │   │   │   │   ┃五
┼──┼──┼──┼──┼──┨

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

@まず「歩」を合駒してみると・・

 

      【検討図】A

  5    4   3    2   1
┯━━┯━━┯━━┯━━┯━━┓
│   │   │   │   │▽玉┃一
┼──┼──┼──┼──┼──┨   ▲持ち駒・・なし
│   │   │▲銀│▽歩│   ┃二
┼──┼──┼──┼──┼──┨  #▲2一銀成 ▽同 玉
│   │▲金│▲馬│   │   ┃三  ▲3二金 以下
┼──┼──┼──┼──┼──┨   5手「歩」余りになります
│   │   │   │   │   ┃四
┼──┼──┼──┼──┼──┨  #2二の合駒はタテヨコ
│   │   │   │   │   ┃五 効く駒でないといけません
┼──┼──┼──┼──┼──┨

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

@それでは「飛」を合駒してみると・・

 

      【検討図】B

  5    4   3    2   1
┯━━┯━━┯━━┯━━┯━━┓
│   │   │   │   │▽玉┃一
┼──┼──┼──┼──┼──┨   ▲持ち駒・・なし
│   │   │▲銀│▽飛│   ┃二
┼──┼──┼──┼──┼──┨  #▲2二馬 ▽同 玉
│   │▲金│▲馬│   │   ┃三  ▲2三飛(2一飛)
┼──┼──┼──┼──┼──┨   以下の7手詰になります
│   │   │   │   │   ┃四
┼──┼──┼──┼──┼──┨
│   │   │   │   │   ┃五
┼──┼──┼──┼──┼──┨

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

@最後に「金」を合駒してみると・・

 

      【検討図】C

  5    4   3    2   1
┯━━┯━━┯━━┯━━┯━━┓
│   │   │   │   │▽玉┃一
┼──┼──┼──┼──┼──┨   ▲持ち駒・・なし
│   │   │▲銀│▽金│   ┃二
┼──┼──┼──┼──┼──┨  #▲2二馬 ▽同 玉
│   │▲金│▲馬│   │   ┃三  ▲2三金 以下の
┼──┼──┼──┼──┼──┨     9手詰になります
│   │   │   │   │   ┃四
┼──┼──┼──┼──┼──┨
│   │   │   │   │   ┃五
┼──┼──┼──┼──┼──┨

・・よって最長手数は「金合」ということになります。わかったかな?(^0_0^)

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

       【第2図】

  5    4   3    2   1
┯━━┯━━┯━━┯━━┯━━┓
│   │   │   │   │▽玉┃一
┼──┼──┼──┼──┼──┨   ▲持ち駒・・なし
│   │   │▲銀│▽金│   ┃二
┼──┼──┼──┼──┼──┨    ←【9手詰】
│   │▲金│▲馬│   │   ┃三
┼──┼──┼──┼──┼──┨   #ここから逆算を
│   │   │   │   │   ┃四    始めましょう!
┼──┼──┼──┼──┼──┨
│   │   │   │   │   ┃五
┼──┼──┼──┼──┼──┨

▲2二馬 ▽同 玉 ▲2三金 ▽1一玉 ▲2一銀成 ▽同 玉

▲3二金左 ▽1一玉 ▲2二金上(左) まで

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

@問題は「馬」がどこから来たか?です

 

       【第3図】

  5    4   3    2   1
┯━━┯━━┯━━┯━━┯━━┓
│   │   │   │   │▽玉┃一
┼──┼──┼──┼──┼──┨   ▲持ち駒・・なし
│   │   │▲銀│   │   ┃二
┼──┼──┼──┼──┼──┨    ←【11手詰】
│   │▲金│   │   │   ┃三
┼──┼──┼──┼──┼──┨   #▲3三馬 ▽2二金合

│   │   │▲馬│   │   ┃四  以下【第2図】に戻る
┼──┼──┼──┼──┼──┨
│   │   │   │   │   ┃五
┼──┼──┼──┼──┼──┨

#この場合は馬は「3四」が良いでしょう。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

@さらに2手逆算して11手詰にします。▽玉が「1二」から来たとすると

 

       【第4図】

  5    4   3    2   1
┯━━┯━━┯━━┯━━┯━━┓
│   │   │   │   │   ┃一
┼──┼──┼──┼──┼──┨   ▲持ち駒・・なし
│   │   │▲銀│   │▽玉┃二
┼──┼──┼──┼──┼──┨    ←【11手詰】
│   │▲金│   │   │   ┃三
┼──┼──┼──┼──┼──┨   #▲3四馬 ▽1一玉

│   │   │   │   │   ┃四  以下【第3図】に戻る
┼──┼──┼──┼──┼──┨
│   │   │▲馬│   │   ┃五
┼──┼──┼──┼──┼──┨

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

@さらに2手逆算して13手詰にします。歩の成捨てを入れましょう。

 

       【第5図】

  5    4   3    2   1
┯━━┯━━┯━━┯━━┯━━┓
│   │   │   │   │   ┃一
┼──┼──┼──┼──┼──┨   ▲持ち駒・・なし
│   │   │▲銀│▽玉│   ┃二
┼──┼──┼──┼──┼──┨    ←【13手詰】
│   │▲金│   │   │▲歩┃三
┼──┼──┼──┼──┼──┨   #▲1二歩成 ▽同 玉

│   │   │   │   │   ┃四  以下【第4図】に戻る
┼──┼──┼──┼──┼──┨
│   │   │▲馬│   │   ┃五
┼──┼──┼──┼──┼──┨

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

@さらに2手逆算して15手詰にします。銀を持ち駒にして・・

 

       【完成図】

  5    4   3    2   1
┯━━┯━━┯━━┯━━┯━━┓
│   │   │▽玉│   │   ┃一
┼──┼──┼──┼──┼──┨   ▲持ち駒・・銀
│   │   │   │   │   ┃二
┼──┼──┼──┼──┼──┨    ←【15手詰】
│   │▲金│   │   │▲歩┃三
┼──┼──┼──┼──┼──┨   #これで出来上がり!

│   │   │   │   │   ┃四
┼──┼──┼──┼──┼──┨
│   │   │▲馬│   │   ┃五
┼──┼──┼──┼──┼──┨

▲3二銀 ▽2二玉 ▲1二歩成 ▽同 玉 ▲3四馬 ▽1一玉

▲3三馬 ▽2二金 ▲同 馬 ▽同 玉 ▲2三金 ▽1一玉

▲2一銀成 ▽同 玉 ▲3二金左 ▽1一玉 ▲2二金寄(上)まで

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

@もう少し逆算出来るのですが・・

 

       【やり過ぎの図】

  5    4   3    2   1
┯━━┯━━┯━━┯━━┯━━┓
│   │   │   │   │▽玉┃一
┼──┼──┼──┼──┼──┨   ▲持ち駒・・銀
│   │   │   │▲歩│   ┃二
┼──┼──┼──┼──┼──┨    ←【17手詰】
│   │▲金│   │   │▲歩┃三
┼──┼──┼──┼──┼──┨   #う〜むくどい・・(^_^;)

│   │   │   │   │   ┃四
┼──┼──┼──┼──┼──┨
│   │   │▲馬│   │   ┃五
┼──┼──┼──┼──┼──┨

 

       【やり過ぎの図】A

  5    4   3    2   1
┯━━┯━━┯━━┯━━┯━━┓
│   │▲飛│▽銀│   │   ┃一
┼──┼──┼──┼──┼──┨   ▲持ち駒・・銀
│   │   │   │▽玉│   ┃
┼──┼──┼──┼──┼──┨    ←【17手詰】
│   │▲金│   │   │▲歩┃三
┼──┼──┼──┼──┼──┨   #やっぱりくどい・・(-_-;)

│   │   │   │   │   ┃四
┼──┼──┼──┼──┼──┨
│   │   │▲馬│   │   ┃五
┼──┼──┼──┼──┼──┨

 

@手を伸ばしすぎるのは良くありません。健康のためやり過ぎに注意しま

 しょう。(笑)

 

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

@さて 次はこの形にしましょう。 4三の「金」を「銀」に変えてみました。

 

         【第@図】

  5    4   3    2   1
┯━━┯━━┯━━┯━━┯━━┓
│   │   │   │   │   ┃一
┼──┼──┼──┼──┼──┨  ▲持ち駒・・金
│   │   │▲銀│   │▽玉┃二
┼──┼──┼──┼──┼──┨   ←【7手詰】
│   │▲銀│   │   │   ┃三
┼──┼──┼──┼──┼──┨
│   │   │   │   │   ┃四
┼──┼──┼──┼──┼──┨

▲2三金 ▽1一玉 ▲2一銀成 ▽同 玉 ▲3二銀成 ▽1一玉

▲2二成銀(金) まで

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

@今度は「竜」を軸駒にして逆算してみましょう。

 

         【第A図】

  5    4   3    2   1
┯━━┯━━┯━━┯━━┯━━┓
│   │   │   │   │▽玉┃一
┼──┼──┼──┼──┼──┨  ▲持ち駒・・なし
│   │   │▲銀│   │▽金┃二
┼──┼──┼──┼──┼──┨   ←【9手詰】
│   │▲銀│   │   │▲竜┃三
┼──┼──┼──┼──┼──┨  #▲1二竜 ▽同 玉
│   │   │   │   │   ┃四  以下【第@図】に戻る
┼──┼──┼──┼──┼──┨

#竜の位置は「1三」がベスト。王手になる変化が一番多いからです。

王手になる変化が少ないと後で手詰りになり易いのです。

 

※大駒は早詰や余詰にならないギリギリの位置まで「玉」に近づけておくのが上手な逆算のコツなのです。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

@さらに2手逆算して11手詰にしましょう。銀を持ち駒にして・・

 

         【第B図】

  5    4   3    2   1
┯━━┯━━┯━━┯━━┯━━┓
│   │   │   │▽玉│   ┃一
┼──┼──┼──┼──┼──┨  ▲持ち駒・・銀
│   │   │   │   │▽金┃二
┼──┼──┼──┼──┼──┨   ←【11手詰】
│   │▲銀│   │   │▲竜┃三
┼──┼──┼──┼──┼──┨  #▲3二銀 ▽1一玉
│   │   │   │   │   ┃四  以下【第A図】に戻る
┼──┼──┼──┼──┼──┨

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

@さらに2手逆算して13手詰にします。さらに銀をもう1枚持ち駒にして

 

         【第C図】

  5    4   3    2   1
┯━━┯━━┯━━┯━━┯━━┓
│   │   │   │   │   ┃一
┼──┼──┼──┼──┼──┨  ▲持ち駒・・銀 銀
│   │   │▽玉│   │▽金┃二
┼──┼──┼──┼──┼──┨   ←【13手詰】
│   │   │   │   │▲竜┃三
┼──┼──┼──┼──┼──┨  #▲4三銀 ▽2一玉
│   │   │   │   │   ┃四  以下【第B図】に戻る
┼──┼──┼──┼──┼──┨

※▲4三銀に▽3一玉は ▲3三竜で早詰です。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

@さらに2手逆算して15手詰にしましょう。さらにもう1枚銀を持ち駒に加えて・・

         【第D図】

  5    4   3    2   1
┯━━┯━━┯━━┯━━┯━━┓
│   │   │▽玉│   │   ┃一
┼──┼──┼──┼──┼──┨  ▲持ち駒・・銀 銀 銀
│   │   │   │   │▽金┃二
┼──┼──┼──┼──┼──┨   ←【15手詰】
│   │   │   │   │▲竜┃三
┼──┼──┼──┼──┼──┨  #▲3二銀 ▽同 玉
│   │   │   │   │   ┃四  以下【第C図】に戻る
┼──┼──┼──┼──┼──┨

 

#初手▲3三竜と一間竜で迫る手は ▽3二歩合で詰みません。

            ↓

         【変化A図】

  5    4   3    2   1
┯━━┯━━┯━━┯━━┯━━┓
│   │   │▽玉│   │   ┃一
┼──┼──┼──┼──┼──┨  ▲持ち駒・・銀 銀 銀
│   │   │▽歩│   │▽金┃二
┼──┼──┼──┼──┼──┨   ←【不詰】
│   │   │▲竜│   │   ┃三
┼──┼──┼──┼──┼──┨
│   │   │   │   │   ┃四
┼──┼──┼──┼──┼──┨

 

※初手▲3二銀に▽4二玉とかわすのは・・

            ↓

         【変化B図】

  5    4   3    2   1
┯━━┯━━┯━━┯━━┯━━┓
│   │   │   │   │   ┃一
┼──┼──┼──┼──┼──┨  ▲持ち駒・・銀 銀
│   │▽玉│▲銀│   │▽金┃二
┼──┼──┼──┼──┼──┨
│   │   │   │   │▲竜┃三
┼──┼──┼──┼──┼──┨
│   │   │   │   │   ┃四
┼──┼──┼──┼──┼──┨

#以下▲4三竜 ▽5一玉 ▲5二銀 ▽6二玉 ▲7三銀 

 ▽7一玉 ▲4一竜 まで早詰になります。 

               ↓

           【変化C図】

  7   6    5    4    3   2   1
┯━━┯━━┯━━┯━━┯━━┯━━┯━━┓
│▽玉│   │   │▲竜│   │   │   ┃一
┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┨
│   │   │▲銀│   │▲銀│   │▽金┃二
┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┨
│▲銀│   │   │   │   │   │   ┃三
┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┨
│   │   │   │   │   │   │   ┃四
┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┨

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

@さらに2手逆算して17手詰にしましょう。銀を1枚途中入手します。

 

         【第E図】

  5    4   3    2   1
┯━━┯━━┯━━┯━━┯━━┓
│   │   │▽銀│▽玉│   ┃一
┼──┼──┼──┼──┼──┨  ▲持ち駒・・銀 銀
│   │   │   │   │▽金┃二
┼──┼──┼──┼──┼──┨   ←【17手詰】
│   │   │   │▲桂│▲竜┃三
┼──┼──┼──┼──┼──┨  #▲3一桂成 ▽同 玉
│   │   │   │   │   ┃四  以下【第D図】に戻る
┼──┼──┼──┼──┼──┨

※この場合は「桂」で取るのが良いでしょう。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

@さらに2手逆算して17手詰にしましょう。「桂」を持ち駒にします。

 

         【第F図】

  5    4   3    2   1
┯━━┯━━┯━━┯━━┯━━┓
│   │   │▽銀│   │▽玉┃一
┼──┼──┼──┼──┼──┨  ▲持ち駒・・銀 銀 桂
│   │   │   │   │▽金┃二
┼──┼──┼──┼──┼──┨   ←【19手詰】
│   │   │   │   │▲竜┃三
┼──┼──┼──┼──┼──┨  #▲2三桂 ▽2一玉
│   │   │   │   │   ┃四  以下【第E図】に戻る
┼──┼──┼──┼──┼──┨

※そろそろ完成形です。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

@さらに2手逆算して21手詰にします。「竜」を隣のマスに移動して・・

 

         【完成図】

  5    4   3    2   1
┯━━┯━━┯━━┯━━┯━━┓
│   │   │▽銀│▽金│▽玉┃一
┼──┼──┼──┼──┼──┨  ▲持ち駒・・銀 銀 桂
│   │   │   │   │   ┃二
┼──┼──┼──┼──┼──┨   ←【21手詰】
│   │   │   │▲竜│   ┃三
┼──┼──┼──┼──┼──┨  #▲1三竜 ▽1二金
│   │   │   │   │   ┃四  以下【第F図】に戻る
┼──┼──┼──┼──┼──┨
│   │   │   │   │   ┃五
┼──┼──┼──┼──┼──┨

※▲1三竜には▽1二金の移動合が絶対。竜は「2三」の位置が絶妙です。ここしかありません。他の位置だと初手▲2三桂が生じます。

 

▲1三竜 ▽1二金 ▲2三桂 ▽2一玉 ▲3一桂成 ▽同 玉

▲3二銀 ▽同 玉 ▲4三銀 ▽2一玉 ▲3二銀打 ▽1一玉

▲1二竜 ▽同 玉 ▲2三金 ▽1一玉 ▲2一銀成 ▽同 玉

▲3二銀成 ▽1一玉 ▲2二成銀(金) まで

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

       【詰め上がり図】

  5    4   3    2   1
┯━━┯━━┯━━┯━━┯━━┓
│   │   │   │   │▽玉┃一
┼──┼──┼──┼──┼──┨  (▲全=▲成銀)
│   │   │   │▲全│   ┃二
┼──┼──┼──┼──┼──┨   #綺麗に決まりました
│   │   │   │▲金│   ┃三
┼──┼──┼──┼──┼──┨
│   │   │   │   │   ┃四
┼──┼──┼──┼──┼──┨

※このように詰め上がりが3枚になるものを「清涼詰」といいます。

 

 おっと この辺で字数オーバーになりました。(+_+) 今回はこの辺で・・ 

 

         次回もお楽しみに〜♪(*^-^)ノ〜〜 

 

この記事の先頭へ▲

お名前メモする