wnngb728のブログ

( ´・ω・)y─┛~~~oΟ◯

すべての記事を表示

からみそラーメン ふくろう 本店(名古屋市北区)

 




【店名】                  からみそラーメン ふくろう 本店


【場所】                        名古屋市北区


【営業時間】                    11時30分〜15時


                             18時〜21時


【定休日】                         水曜日


【席数】                            9席



2020年92軒目は、約1年ぶりのからみそラーメン ふくろう 本店=B


最近は、あれよあれよと言う間に支店が続々と増え客がばらける為なのか?以前の様に長い時間待


たなくても良くなった印象は有りますが、やはり本店≠ノ行く事は何となく特別≠ネ感じがしま


す。




 



 



基本的なメニュー構成は全く変わらない。期間限定メニュー(いつまでかは分からないが)も稀に出て


来るので見逃さない様にしたいが、今回期間限定のつけ麺≠ヘ食券を買った後で気付きました。


以前も、期間限定メニューが有って注文しようとしたら、モヤシが切れてるので出来ません≠ニ言う


摩訶不思議な理由で断られたのを思い出した。


ちゃんと、発注しておきなさい!!




 

 



【メニュー】                    味玉からみそまぜそば


【値段】                           980円  


【2020年合計金額】                   83890円


【スープ】                           なし


【麺】                         中太麺ちぢれ(平打ち)


【点数】                            70点


【感想】


いや〜急に寒くなりました!!今日の天気は雨のち曇り≠ニ言う事も有ってなのか?気温が15℃≠ニ


低く30分程の待ち時間が辛かった。


こんな時は温かいラーメン≠ェ良いと思うのですが、券売機から選択したのはからみそまぜそ


ば≠ノ味玉をトッピングした物。


麺の下に少し多めの味噌ダレ≠ェ沈んでいるので、ネギ・ニンニク・魚粉・刻み海苔・細切れチャー


シュー・メンマを卵黄を崩しながらまぜまぜ=B


味玉もさっさと割って崩します。


そして、この店の看板とも言える辛味噌≠ヘ、ラーメンの時はスープに徐々に馴染ませながら食す


事が出来るが、まぜそば≠フ場合は自分が不器用な事も有って、タレに馴染ませるながら一気に


全てを混ぜ合わせる。あ〜辛味噌≠別皿にして貰うのを忘れてた。


そして、モチモチの食感の弾力が嬉しい中太麺ちぢれ(平打ち)≠一気に頬張る。


最初は少し甘めの味噌ダレのコクを感じられる。そして徐々に、辛味噌のピリ辛感とコクが強くなって


行き、味玉の黄身と卵黄のコクもプラスされる。


そして、この薬味の中で存在感を発揮していたのが、魚粉。


魚の風味も当然だが、絶妙と言うよりも少し強めの塩気が、味噌の甘みを・辛味噌の辛味を引き出し


て、それぞれのコクも強く感じる様になる。


勿論、ニンニクの風味もアクセントとして十分。


単調と言えば単調なので、飽きるスピードが速いのも確かだが、味は濃厚でこってり≠ニしている


ので、食べ応えは有ります。

この記事の先頭へ▲

辣風旋(名古屋市瑞穂区)

 



【店名】                          辣風旋


【場所】                        名古屋市瑞穂区


【営業時間】         平日         11時30分〜14時


                              18時〜22時


                 土・祝         11時〜14時 


                              18時〜22時


【定休日】                      日曜日・第1木曜日


【席数】                            20席



2020年91軒目は、約半年ぶりの辣風旋=B




 




 




 

 



 



台湾ラーメン・担々麵・まぜそばと麺類のメニューが豊富



 



【メニュー】                   スタミナ台湾ラーメン(味噌)


【値段】                          750円


【2020年合計金額】                  82910円


【スープ】                          味噌


【麺】                          中細麺ちぢれ


【点数】                            67点


【感想】


豊富な麺類のメニューからスタミナ台湾ラーメン(味噌)≠選択。


ランチタイムと言う事も有って到着した時から多くのお客さんで賑わっており食後も外で待っている人


もおりました。


店長さん一人で調理しておりますが、基本的にラーメン屋は回転が早い。


しばらく待つと着丼。


鶏ガラベースの味噌スープに、ニンニク・ニラ・モヤシ・台湾ミンチ・鷹の爪が盛り付けられている。


そのスープは、芳醇な味噌の香りが漂い味噌独特のコクを感じる。


豆板醤?ラー油?鷹の爪なのかは判断しずらい(基本的味音 痴?なので)が味噌とは違う辛さを感じる


が、台湾ラーメン≠轤オさを思わせる辛さは控え目。


ニラ・ニンニクの風味とシャキシャキのモヤシの食感が麺に絡むと独特の食感。


麺は、中細麺ちぢれ≠ナ固めの食感でコシの強さも十分。


しかし、終盤に差し掛かると味噌辛さ≠ェ次第に強くなる。


その為、コップの水に手が届く回数が増えて行く。


可も無く不可も無く普通に美味い。






この記事の先頭へ▲

ラの壱 鳴海店(名古屋市緑区)

 



【店名】                       ラの壱 鳴海店


【場所】                       名古屋市緑区 


【営業時間】                     11時〜翌2時


【定休日】                          なし


【席数】                           62席



2020年90軒目は、ラの壱 鳴海店=B約9年ぶりとなります。


株式会社メイフーズ(名鉄グループと言った方が早いかな?)が経営するチェーン店。


一風堂の経営者川原氏≠ェ監修を務めていて、随所に一風堂テイスト≠ェ見られる。






 




 




 



今月の限定メニューはもとあじプレミアム :1000円≠セが、通常メニューの特製もとあじ≠ヘ、


チャーシュー5枚に味玉が付いて1080円≠ノ対してタイプの違うチャーシューが3枚で味玉は


付かずで1000円≠ニ、う〜ん・・・・・余りお得感は感じませんが、チャーシュー好きなら試してみる


価値は有りそうかな?


因みに、ランチメニューは平日のみなので、土・日・祝は少し割高感を感じるのも事実ですが、今日は


日曜日と言う事も有って、ファミリー層中心に混み合っておりました。







 



【メニュー】                 台湾とんこつチャーシュー(味玉付き)


【値段】                            1130円


【2020年合計金額】                    82160円


【スープ】                          豚骨醤油


【麺】                            細麺ストレート


【点数】                             67点


【感想】


10月限定メニューは少し気になったが、結局食指は動かず通常メニューから台湾とんこつ≠ノ、


チャーシューと味玉を追加する。


スープは、お馴染みのもとあじ≠ェベースの豚骨醤油=B


そこに、ラー油?と台湾ミンチが乗っている。


最初こそはスープの旨味よりも程良い辛味とラー油?の香りを感じるが、台湾ミンチをスープに馴染ま


せると表情は一気に変わり、思いの他辛さが強め。


ライトトンコツだが、辛さの中に仄かな豚骨の旨味と甘みを感じさせると共に、甘みの中に辛さが際立


つ様になる。


麺は、お馴染みの細麺ストレート=B歯切れが良く小麦粉の香りもしっかりと感じる。


チェーン店と言う事も有って安定感の有る1杯だが、良くも悪くもない・・・・・普通かな?

この記事の先頭へ▲

辻商店(小牧市)

 



【店名】                         辻商店


【場所】                         小牧市


【営業時間】                  11時30分〜14時30分


                            18時〜24時


【定休日】                        火曜日


【席数】                          22席



2020年89軒目は、約3年ぶりの辻商店=B




 



メニュー構成は、とんこつの白と黒=Eつけ麺=E辛つけ麺=Eニボトン=E辛いラーメン


の6種類だが、個人的にはとんこつ≠中心に考えております。




 



【メニュー】                       煮卵ラーメン


【値段】                           800円


【2020年合計金額】                   81030円


【スープ】                          豚骨


【麺】                           細麺ストレート


【点数】                            70点


【感想】



何度も行っているのですが、今回は煮卵ラーメン≠チョイス。茹で加減は、バリカタ=B


スープは相変わらず濃厚な豚骨の旨味と甘みを感じるがクリーミーな口当たり。


初めて食べた時は、このスープの旨さに衝撃的でしたが、今となっては当たり前と言うか慣れだな?


麺は、細麺ストレート=B正直に言って茹で加減を指定しなくても基本的には硬めなのが特徴だが、


何となくバリカタ≠ニ言ってしまうのは性みたいなもんだな?


歯切れの良さとスープとの絡み具合は相変わらず。


ペラペラチャーシュー・海苔・味玉・ネギ・キクラゲと麺・スープとのバランスも及第点。



この記事の先頭へ▲

自家製麺 よなや(各務原市)

 



【店名】                      自家製麺 よなや


【場所】                         各務原市


【営業時間】                   10時45分〜14時30分


【定休日】                         月曜日


【席数】                           11席



2020年88軒目は、約2年ぶりのよなや=B今年の7月に移転後は初になります。




 



メニュー構成は、移転前と変わらない。




 



【メニュー】                       味噌らーめん


【値段】                            850円


【2020年合計金額】                    80230円


【スープ】                           味噌


【麺】                           中細麺ストレート


【点数】                             70点 


【感想】


さて〜メニュー表から選んだのは、未食で有る味噌らーめん=B


スープを一口・二口と蓮華にて口に運べば、動物系の旨味と魚介系の風味が広がる。


この動物系の旨味と魚介系の風味が主張し、最初こそは味噌感≠ヘ弱く思えるが、食べ進めて行


くと次第に味噌独特のコクを感じられる様になるが、味噌の香り自体は控え目。


自家製麺でも有る中細麺ストレート≠ニの相性も良く絶妙に絡む。


モチっとした独特の食感は相変わらず。


箸休めのメンマは小振りながらもコリコリの食感・味玉は半分ながらも半熟の黄身がとろ〜り。


チャーシューも柔らかく香ばしく脂身が甘く適度な噛み応えが有る。

この記事の先頭へ▲

お名前メモする