wnngb728のブログ

( ´・ω・)y─┛~~~oΟ◯

2021年02月の記事

麺味(大垣市)

 



【店名】                          麺味


【場所】                         大垣市

  

【営業時間】                     11時〜24時


【定休日】                         元旦


【席数】                          38席



 



 



【メニュー】                      五目ワンタンメン


【値段】                           900円


【2021年合計金額】                   15170円 


【スープ】                           塩


【麺】                           中細麺ちぢれ


【点数】                            67点


【感想】


2021年17軒目は、約7年ぶりの麺味=B大垣市に有ります。


注文したのは、五目ワンタンメン=B


スープは鶏ガラベースの塩=B


全体的に優しい味わいのスープは、最初こそ塩気が強く感じる物の仄かな生姜の風味が効いてい


る。


そこに、キャベツ・キクラゲ・豚肉・イカ・海老等の旨味がスープに染み込み・スープが具材に染み込


むと仄かな野菜の甘み等が緩やかに感じる様になる。


やや小振りのワンタンの喉越し・舌触りに肉餡もプリプリ。


麺は、中細麺ちぢれ=B


程良い噛み応えを感じるが、麺その物は普通。


ラーメンとしては特別何かに秀でている印象は無いが、老若男女問わず普通に受け入れやすい1杯。



この記事の先頭へ▲

一番軒 総本家(名古屋市名東区)

 




【店名】                       一番軒 総本家


【場所】                        名古屋市名東区


【営業時間】           平日      11時15分〜23時30分


                 土・日・祝      11時〜23時30分


【定休日】                         不定休


【席数】                           35席





                            

 




 




【メニュー】                    謹製味玉ラーメン(赤豚骨)


【値段】                             800円


【2021年合計金額】                     12420円


【スープ】                            豚骨


【麺】                            細麺ストレート


【点数】                              73点


【感想】



約14軒目は、約2年ぶりの一番軒 総本家=B


一番軒の本店。


店内のレイアウトが変っていて少し驚いたし、注文がタッチパネル方式にも変わっていた。


そのタッチパネルから選んだのは、謹製味玉ラーメン(赤豚骨)=B


特製ジャンを加えた一杯だが、辛さも細かく設定出来るのも嬉しく、中辛≠ナ。


相変わらずクリーミーな口当たりで有りながらも濃厚な豚骨の旨味と甘みがジャンの辛さを引き立て


て、ジャンの辛さが豚骨の甘みを強く感じさせてくれているスープは健在。


麺も安定感抜群の細麺ストレート=B


茹で加減は、バリカタ≠ナ、替え玉時は食感を変えたいのとスープとの絡み具合を考慮してのカ


タ≠ノする。


小麦粉の香り・甘みが濃く、コキュコキュの歯切れの良さと喉越しにスープが濃厚に絡む。


チャーシュー・キクラゲ・味玉・海苔・白髪ネギ。


この具材の中で存在感を発揮しているのが、白髪ネギ=B


辛くなった口の中をリセットしてくれるのと、この白髪ネギ≠ェ逆にスープの甘み・辛みを引き立て


る。

この記事の先頭へ▲

博多ド豚骨ラーメン マルシン(稲沢市)

 



【店名】                  博多ド豚骨ラーメン  マルシン


【場所】                         稲沢市


【営業時間】            月〜金    11時〜14時30分


                            17時30分〜24時


                   土・日・祝    11時〜24時      


【定休日】                          なし


【席数】                           33席




 



 



【メニュー】                  豚骨台湾ラーメン(味玉付き)


【値段】                           920円 


【2021年合計金額】                   16890円


【スープ】                          豚骨


【麺】                           細麺ストレート


【点数】                            67点


【感想】


2021年19軒目は、約1年半ぶりの博多ド豚骨ラーメン マルシン=B


如水監修店で本丸亭≠竍有頂天≠フ元になった店でも有る。


今回は、豚骨台湾ラーメン≠味玉トッピングで注文。麺の茹で加減はバリカタ。


スープは、豚骨=B


最初の一口・二口は辛さが強く感じるが、豚骨の旨味と甘みが良い感じで包み込む。


口当たりはクリーミーで、どちらかと言うとライトトンコツ≠フ様な濃度だが、豚骨の旨味や甘みは


しっかりと感じる事が出来る。


ニンニクとニラの風味がマイルドな豚骨の旨味に力強いパンチとコクが馴染む。


台湾ラーメンと言えば、台湾ミンチが定番だが、この店の場合はミンチの粒自体は小さめなので食感的


には乏しさを感じる。


麺は、小麦粉の風味と香りを楽しむ事が出来る細麺ストレート=B


歯切れも良く喉越しも及第点。



この記事の先頭へ▲

あらし 名駅店(名古屋市中村区)

 



【店名】                        あらし 名駅店


【場所】                        名古屋市中村区


【営業時間】                     11時30分〜15時


                            17時30分〜21時


【定休日】                         日曜日


【席数】                           30席




 




 



【メニュー】                   塩台湾らーめん(味玉付き)


【値段】                           900円


【2021年合計金額】                   13320円


【スープ】                           塩


【麺】                           中細麺ちぢれ


【点数】                            65点


【感想】


2021年15軒目は、あらし 名駅店=B


鵜沼に有る店は何度か行った事は有りますが、名駅店は初になります。


鵜沼店にて、まぜぞば系は一通り食べているので、未食のラーメンの部類から塩台湾らーめん≠ノ


味玉をトッピング。


スープは、説明書きにも有る様に鶏と魚介系のダブルスープ。


一言で言えば、随分とあっさり≠ニした優しい旨味に仄かに漂う和だしの風味が心地良い。


塩ダレも丸みが有るが、個人的には少しコクが弱い気もする。


そこに、台湾ミンチをスープに馴染ませる事で、ニラ・ニンニクの風味があっさり≠ニした中に程良い


力が加わったコクを感じる様になる。


台湾ラーメン=辛いと言うイメージが大部分を埋めるのだが、この台湾らーめんは辛くはない。


麺は、中細麺ちぢれ≠ゥな?自家製麺と書かれているが、かなりの柔らかい麺。


喉越しは良いが、もう少し麺のコシが欲しい所。


スープが少し温く感じた所は残念。




 

この記事の先頭へ▲

桜ラーメン 笠松店(笠松町)

 



【店名】                      桜ラーメン 笠松店


【場所】                          笠松町


【営業時間】                      11時〜22時


【定休日】                         火曜日 


【席数】                           28席




 




 



【メニュー】                     桜ラーメン(白みそ)


【値段】                           800円


【2021年合計金額】                   15970円


【スープ】                          味噌


【麺】                          中細麺ストレート 


【点数】                            65点


【感想】


2021年18軒目は、約2年半ぶりの桜ラーメン 笠松店=B


今回は、白みそ≠選択。


野菜のみで作られていると言うスープは全体的にさっぱり≠ニしています。


そこに、甘みと香りやコクの有る白みそ≠ェ主張する形。


最初は、さっぱり≠ニした中に程良い白みそのこってり♀エを感じる事が出来るスープですが、


この桜ラーメン≠ナ、意外と曲者なのが、麺の上に大量に盛り付けられたモヤシとネギ。


この大量のモヤシとネギをスープに馴染ませながら食して行く訳で、麺と共に食せばかなりの食べ応


えになる。


しかしながら、このモヤシとネギから出る水分が、徐々にスープの濃さが弱くなって行くと同時に、


スープが次第に冷めて行く。


その為、急いで食べなければ!!と言う焦りに繋がる。


しかしながら、中細麺ストレート≠ノ到達するまでが一苦労。


モヤシ・ネギを搔き分けながら、尚且つ麺と絶妙な量のモヤシを箸で掴まなければならない。


それでも、麺が伸びない様に最初から固めの茹で加減。


薄いチャーシューも、スープに馴染ませる事でスープの熱によって色が変わると同時に、絶妙な脂身


の甘みと程良い噛み応えに変わる。


最後の方は、何処か味噌汁の様な優しい味わいのスープになってしまいますが、ちゃんとラーメ


ン≠ノなっています。





この記事の先頭へ▲

お名前メモする