wnngb728のブログ

( ´・ω・)y─┛~~~oΟ◯

2020年08月08日の記事

映画ドラえもん のび太の新恐竜

 



【公開日】                     2020年8月7日


【上映時間】                      110分


【あらすじ】



恐竜博の化石発掘体験に参加したのび太≠ヘ、恐竜の卵と思われる化石を発見する。


ドラえもんの秘密道具タイムふろしき≠使って化石を元の状態に戻すと、卵から双子の恐竜が生


まれる。


キュー≠ニミュー≠ニ言う名前を付けて大切に育てるのび太≠セったが、やがて2匹が現代で


生きて行くには限界が来てしまう。


2匹を仲間の元へ返す事を決意したのび太≠ヘ、ドラえもん£Bと共に6600万年前の白亜紀へ


と向かうので有った。




 



【感想】


本来は、今年の3月に公開予定だった通算40作目となる劇場版ドラえもん。


今回は、ドラえもん映画史上1・2を争う傑作と言われている映画ドラえもん のび太の恐竜≠フ2回


目となるリメイク(リブリートとも言うのかな?)。


恐竜が双子だったり、ドラえもんの秘密道具も時代に合わせてももたろう印のきびだんご≠ゥら


友チョコ≠ノ変化していたりとオリジナルとは違う箇所も多々有りますが、基本的な骨格は同じ。


実際に、テレビ版のジャイアン≠竝巾着のスネ夫≠ナ有っても昭和版に比べると随分とソフト


に描かれているので、時代に合わせるのも必要なのかも知れません。


そして、こののび太の新恐竜≠ナすが、オリジナルから受け継がれているのび太の成長≠ニ


のび太の長所≠軸に生命の尊さ=E自然の摂理≠ニ言う壮大なテーマに加えて、今回は


進化≠ニ言うテーマが付け加えられている。


序盤ののび太≠ェ恐竜の卵を見付ける件はオリジナルへのリスペクト。


そして、今回の作品ではどうして恐竜の卵がのび太の手に??≠ニ言う不思議も序盤からの様々な


伏線張りから終盤での回収も分かりやすく描かれております。


ピー助∴齣フだけだった、1980年のオリジナルと2006年版とも違い、双子の恐竜が産まれると言う


設定は新鮮味は有ったけど、双子の恐竜≠ノした意味は正直余り分からなかった。


ピンク色のミュー≠ェ食べ物は何でもOKなのに対して、グリーンのキュー≠ヘ食べ物を何も受


け付けない。やがて、羽根が生えて来る事に気付いたのび太とドラえもん=B


しかし、いくら成長してもミュー≠ヘ飛べるのに対して、キュー≠ヘ全然飛べない。


秘密道具では、飼育用ジオラマセット=Eたまご探検隊=Eともチョコ%凾ェ新登場して、笑わ


せる所は、しっかりと笑わせる。


リメイク(リブリート)なので、展開自体は想定内では有る物の、人の痛みが分かる・他者への思い


やり≠ニ言った身近で現代的なテーマも隠されております。


飛べないキュー≠フ未熟さとのび太≠フ劣等感・二人?の成長がリンクして行く件は良かった。


ゲスト出演とは言えピー助≠フ登場の件は、色々と疑問符が浮かんだけれど、深く考える方が


野暮なのかな?


恐らく、子供より大人の方が楽しめる内容になっております。










この記事の先頭へ▲

お名前メモする