wnngb728のブログ

( ´・ω・)y─┛~~~oΟ◯

2020年11月12日の記事

ラーメン いっぷく(名古屋市中川区)

 



【店名】                     ラーメン いっぷく


【場所】                     名古屋市中川区


【営業時間】      月〜木        11時20分〜15時


                            18時〜23時     


              金・土         11時20分〜15時        


                            18時〜24時


               日          11時20分〜15時


                            17時〜22時


【定休日】                         なし


【席数】                          12席



2020年99軒目は、ラーメン いっぷく=B初利用になります。


牛骨ラーメン≠提供するお店になります。




 

 




 



【メニュー】                   いっぷくラーメン(味玉付き)


【値段】                           800円


【2020年合計金額】                   90660円


【スープ】                          醤油


【麺】                           中太麺ちぢれ


【点数】                            70点


【感想】


メニュー構成は、ラーメン≠ニまぜそば≠ノなり色々と悩む所では有りますが、初めての店の場


合は、やはりその店の基本となるメニューから選択する。


つまり、いっぷくラーメン≠ニ店名が入ったメニューと言う事になります。味玉トッピングで。


牛骨ラーメン≠ニ言えば、鳥取県のご当地ラーメンで名古屋・岐阜では珍しいジャンルになる訳で


すが、勿論、以前鳥取で食べた牛骨ラーメン≠ニは店も違うし、塩<xースを食べたので一概に


比べる事は出来ないのだが、その時の記憶を辿る限り、結構濃厚な味わいで食後もしばらくの間


牛≠フ味が余韻として残っていた印象が有る訳ですが、今回はどうでしょうか?


スープの一口目・二口目は、確かに仄かでは有るが、牛骨≠フ旨味を感じます。


そして仄かにこってり感≠煌エじますが、思いの他醤油≠ェ強めなので徐々に牛骨≠フ旨味


は後退して行く。


しかしながら、この醤油≠フ香りも良く若干強めながらも丸みの有る後味でコクもしっかり。


麺≠ヘ、中太麺ちぢれ≠ナ、茹で加減は緩め。


中太麺≠ネのでプリプリとした食感は残っているし、舌触り・喉越しも滑らかなのは好印象だが、


もう少し歯応えが欲しい。


スープとの相性はまずまずと言った所かな?


チャーシュー・メンマ・海苔・味玉・キクラゲ・ネギのランナップ。


味玉はトロトロの半熟の黄身は嬉しいし、チャーシューもしっかりと旨味が分かる。


麺・スープ・具材とバランスは良いと思うのだが、何かが足りない気がする。



この記事の先頭へ▲

お名前メモする