wnngb728のブログ

( ´・ω・)y─┛~~~oΟ◯

2021年01月09日の記事

濃厚中華そば 佐とう(名古屋市中区)

 



 



【店名】                      濃厚中華そば 佐とう


【場所】                        名古屋市中区


【営業時間】          月〜土・祝    11時30分〜14時


                  月〜金      17時30分〜20時


【定休日】                         日曜日    


【席数】                           16席       





 



        




 



【メニュー】                 チャーシュー中華そば(味玉付き)


【値段】                           930円


【2021年合計金額】                   1760円


【スープ】                          醤油


【麺】                          中太麺ストレート


【点数】                            78点


【感想】



2021年2軒目は、濃厚中華そば 佐とう=B


注文したのは、ほとんどの人が注文すると思われるチャーシュー中華そば≠ノ味玉をトッピング。


食券形式では無く、全て席でオーダーする形式ですが、待っている間に注文を取りに来てくれるの


で、着丼が早い。


普通の中華そばとは50円の差しかないのに、チャーシュー中華そばにすると、まるで肉の花びらの様


にチャーシューが覆っており中央に半熟玉子が鎮座しております。


確か〜普通の中華そばだとチャーシューは3枚・4枚だったかな?


そして!!見るからにこれ!!絶対に旨い奴でしょ!!≠ニ言う顔をしております。


スープを一口・二口と口に運べば、仄かな甘みを感じながらも非常に醤油の香りが濃厚。


見た目的には、肉そば≠フ様に思われるが、見た目以上に口当たりが、さっぱりとしていながらも


甘みと仄かな酸味の濃厚なコクが引き立っています。


そして、後からニンニクの存在感が際立って来ます。


油感は多めだが、殆ど気にならない程度。


味変に利用するブラックペッパー≠振り掛けると、富山ブラック≠彷彿とさせる風味になりま


す。


とは言え富山ブラック≠謔閧熨S体的に柔らかいスープです。


麺は、中太麺ストレート≠ヘ、しっかりと固めで小麦粉の風味が心地良く存在感が有ります。


スープの存在感と麺の存在感が喧嘩する事も無く、バランスが良い。


そして、豚バラ肉を使用したチャーシューは、トロトロ過ぎず脂の乗り具合が丁度良く、この脂身が


スープに染み込めば染み込む程、スープの旨味が強くなるし、スープの旨味をチャーシューに吸い込


めば、吸い込む程、チャーシューも更に旨味を増す。


このチャーシュー自体は控え目な味付け。


あくまでも主役はチャーシューでは無く、スープと麺で有ると言う事が分かる。


半熟玉子を割れば、文字通り半熟の黄身がスープに流れ出して、スープにまろやかさが生まれます。


ネギの程辛味の癖が強いですが、濃くなった口の中をリセットさせてくれます。









この記事の先頭へ▲

お名前メモする