yagi171のブログ

北海道の写真などをアップしてます^^ クリックすると写真が少し大きくなるよ^^

2021年06月の記事

野鳥たち

トナカイ観光牧場に居た 鳥たちです






近づいても逃げません







鳥の種類がわかりません (ー_ー;)









スズメよりは大きかったです







この鳥はキツツキの仲間アカゲラだと思います






盛んに木をつついてました







餌を探してると言うより縄張りを主張してる感じでした






この記事の先頭へ▲

トナカイ観光牧場 2

続きです









必死に餌をねだってます







角はまだ成長してません








大きな鼻です (^o^;)







ヤギも居ますよ (^o^)







立派な角ですね











案内看板の文字がかすれてます







トナカイがサンタになってます (・_・;)




この記事の先頭へ▲

トナカイ観光牧場

道北の幌延町のトナカイ観光牧場です







深地層研究センターの隣のトナカイ観光牧場です







隣の深地層研究せんたーです







逆光です(・_・;) 大きなツリーです(^_^)







トナカイがいました トナカイは鹿科の動物だそうです








外に出てるのはすべてオスだそうです メスは出産が近いので小屋の中にいるそうです







幌延町は平成元年からトナカイを飼育してるそうです








トナカイは鹿と違ってメスも角が生えるんだそうです








トナカイというとクリスマスですね (^o^)







このツリーはクリスマスのときは飾られるんだそうです








トナカイの足は大きくて平べったいです 雪の上を歩きやすくなってるのかな?

この記事の先頭へ▲

深地層研究センター 2

室蘭市に仕事に行ってたのと、その後の疲れなどででブログを休んでました。

今日から再開しますね (^_^)







エレベーターで降りた先には何やらよくわからないものを展示してます








350メートルの地下の石だそうです タモリさんなら種類がわかると思います







近くで取れる化石です








地下350メートルのトンネルの様子です








閉館時間が近いので急いでみてます (^_^;)








放射性廃棄物を閉じ込めるバリアかな?








作業員の服装です







外に出て展望塔に登りました 隣りにあるトナカイ牧場です 後で行きますよ (^o^)








研究センターの建物群です マスコットキャラは幌延町の「ほろべー」です

トナカイのキャラです







周りは牧場が有るだけの広い原野です


次は隣のトナカイ牧場です





この記事の先頭へ▲

深地層研究センター

豊富町の南隣の幌延町の建物です






深地層研究センターです 展望塔が目立ちます







深地層研究センターとは いわゆる核のゴミを埋め立て処分するための研究をしてる場所です

核のゴミを処分する場所じゃないですよ








その中の建物の一つの「ゆめ地創館」に入ります 入場料は無料です







ここでは地下350メートルの研究施設の疑似体験が出来るんです







上の白い建物群が研究施設で 塔のある部分が管理棟や「ゆめ地創館」などです








使用済みの核廃棄物はガラス個体化されて分厚いコンクリートに閉じ込めて埋められるんだそうです








掘削した時のサンプルです







地下350メートルの立坑の金の暑さは40センチもあるそうです







掘削するためのドリルかな?







地下へ行くためのエレベーターに乗りました

実際はすぐ下の階に降りるだけなんだけど、350メートルも降りてるような表示が出て2分ぐらいの時間かかるんです。

350メートルも降りてる気分になれます (^o^)


この記事の先頭へ▲

お名前メモする