yagi171のブログ

北海道の写真などをアップしてます^^ クリックすると写真が少し大きくなるよ^^

北陸の記事

合掌造り ラスト

五箇山とお別れです

 

 

 

 モノクロにしました 昔の写真みたいですね (´∀`)

 

 

 

 

 

 

いいね〜(´∀`*)

 

 

 





 




いい雰囲気です

 

 

 

 


 

バスは五箇山を離れて中部国際空港に向かいます

途中の高速の白川郷インターの近くから合掌造りの家が見えました

途中の道路が渋滞してました

 

 

 

 

 



雨が降りそうな天気です

 

 

 

 



 

途中で買った飛騨牛めし です

 

 

 





 コメはコシヒカリです 美味しかったです (^p^)

 

 

 

 

 


バスは愛知県の一宮市付近を走ってます

 

 

 

 




 もう一度合掌造りの家です (´∀`)

















この記事の先頭へ▲

合掌造り 3

今日も五箇山です

 

 

 

 

 今は高速が近くを通ってるけど、昔は山奥の秘境地だったんだそうです。

 

 

 

 

 



菅沼地区は観光客が少なめです

 

 

 

 




相倉地区や白川郷は、人がいっぱいなんだろうね。

 

 

 

 


 






いろいろな角度から写真を撮ってます

 

 

 

 


 





 

茅場です

 

 

 

 

 


屋根の材料の茅を植えてる場所です

 

 

 


 


展望所からの景色です

 

 

 

 


 

人があまりいませんね 同じ世界遺産の場所でも違うんですね

この記事の先頭へ▲

合掌造り 2

合掌造りの続きです

 

 

 

 

100年前の景色といっても言い過ぎじゃないですね (^_^;)

 

 

 

 

 







夢中になって写真を撮ってます ヽ(*´∀`)ノ

 

 

 

 



五箇山民俗館です 中に入りませんでした

五箇山は民謡の「こきりこ節」の発祥地です 

 

 

 

 

 



普通の民家なんです

 

 

 

 

 



屋根は縄で縛ってるだけです

 

 

 

 

 





一階の天井です 頑丈に作られてます

 

 

 

 

 


売店でソフトクリームを買いました 美味しかったです (^p^)




五箇山の写真は次回も続きます

この記事の先頭へ▲

合掌造り

五箇山も 白川郷と一緒に世界遺産に指定されました

 

 

 

 

屋根材は釘を一切使わず、縄で縛って組んでるそうです。

パラボラアンテナが有るのは時代ですね (^-^)

 

 

 

 



二階は昔蚕を飼ってたんだそうです

 

 

 



 


時代が戻ったような雰囲気です

 

 

 

 

 


 

この辺は豪雪地帯だそうです

 

 

 

 



 

屋根の葺き替えは20〜30年ごとにするそうです

 

 

 

 

 


世界遺産なので、火事から守るために防火設備が備えられてます。

 

 

 

 

 

 

 

水路があります

 

 

 

 


 

道は舗装されてます

 

 

 

 







 



この記事の先頭へ▲

五箇山へ

黒部峡谷から次は五箇山です

 

 

 

 

高速道路を移動中のバスの中で昼食です

 

 

 

 

 


鱒寿司弁当です 右下が鱒寿司です

 

 

 


 



ホタルイカも入ってました 美味しかったです (^p^)

 

 

 

 

 


五箇山です 当初の目的地は、となりの岐阜県の白川郷でした。

お盆中なので、白川郷は大渋滞で、駐車場に入るのに一時間以上待ちだそうです。

帰りの飛行機に間に合わなくなりそうです。

そこで目的地を同じ世界遺産の合掌造りの里の五箇山に変更したんです。

 

 

 


 


五箇山の菅沼地区につきました トンネルの先が合掌造りの家並みです

 

 

 

 




 菅沼の合掌造り集落です 庄川の河岸段丘に9戸の合掌造りが残ってます

 

 

 

 



1995年に五箇山相倉、白川郷とともに世界遺産に登録されたそうです。

 

 

 

 



 両手を合わせたみたいな形なので 合掌造りというそうです

 

 

 

 

 

 

 

それぞれの建物は、実際に人が住んでるんだそうです。

 

 

 

 




雪が多い地区なので急な屋根になったそうです
 





この記事の先頭へ▲

お名前メモする